2517882 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

身延Life

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2013.12.04
XML
カテゴリ:イルミネーション
こんにちは。
D(でぇ)です。

夜、国道52号を運転しているとき、この西嶋イルミネーションのきらびやかな灯りが視界の端に入るようになると、また冬が訪れたのだと実感します。
今年もこの季節がやって来ました。

■ 地図(googleマップ)⇒こちら

西嶋イルミ(H25.12.01.)01

12月1日の夜、早速見に行ってきました。
ちょうど日曜日に当たったことで、待ちわびた多くの人たちが見物に来ていました。
相変わらず、というか、さらにパワーアップした電飾。
オブジェの配置も昨年と少し変わっています。
西嶋イルミ(H25.12.01.)02

右側の緑と赤のアーチは、今年新たに追加されました。
西嶋イルミ(H25.12.01.)03

すっかり有名になりましたが、改めて説明しますと。
この身延町西嶋西町地区は、日本のどこにでもある、ごくごく普通の住宅地です。
そこの住民有志でつくる「六和会(むつわかい)」が中心になり、イルミネーションを住宅や通りに飾っています。
西嶋イルミ(H25.12.01.)04

2軒の家から始まったそれは年を重ねるごとにどんどん広がり、今では西町以外の地区も含めて35軒が参加。
灯りの数も10万個以上(推定)。
飾りから何から全て住民の皆さんの手によるものであります。
西嶋イルミ(H25.12.01.)05

例えば、この曲線が美しいドームは、家具職人であるこの家のご主人が手作りしたものです。 
西嶋イルミ(H25.12.01.)06

こちらの東京タワーやスカイツリーなども同じく手作り。
西嶋イルミ(H25.12.01.)07

12月1日のスタートに間に合わせるため、住民の皆さんは11月の土日は全てイルミネーション飾りに費やします。
西嶋イルミ(H25.12.01.)08

この大きなクリスマスツリーも、11月末にメンバーが山から切り出してきたものです。
西嶋イルミ(H25.12.01.)09

イルミネーションロードの一番奥まで行くと、斜面を這うように一筋の電飾が灯っています。
こちらを頼りに登っていくと。 
西嶋イルミ(H25.12.01.)10

広場があり、相合傘の下にはイスまで用意されています。
ここも今シーズン、新たに整備されたスポットです。
もともとは畑で雑草が生い茂っていたところを、メンバーが長時間かけて刈りました。
西嶋イルミ(H25.12.01.)11
 
イルミランドが一望できる、絶好のポイントであります。
西嶋イルミ(H25.12.01.)12

どこかの遊園地のような景色に大喜びのお孫さんと、やさしく手をつないだおじいちゃんが、満面の笑みで歩いていました。
西嶋イルミ(H25.12.01.)13

さすがに10万個以上もの電球が野外にあると、配線が切れてしまったり、老朽化して壊れてしまったりします。
そこは六和会のメンバー。
メンテナンスに余念がありません。
西嶋イルミ(H25.12.01.)14

こちらも、トンネルの右側と左側で点灯パターンが違っていたため、調整をしています。 
西嶋イルミ(H25.12.01.)15

県内はもちろん、昨年は「はなまるマーケット」で紹介されたりするほど有名になりました。
週末、特に土曜日(今年は12月7日、14日、21日)は、無料で「すいとん」と「ゆず湯」が振舞われますので、ものすごい数の人たちが訪れます。
車でいらっしゃる方は、必ず「イルミネーション駐車場」の看板があるところへ停めて、徒歩でお越しください。
西嶋イルミ(H25.12.01.)16

「なかとみ和紙の里」や、国道52号(旧道)の脇に、このような看板が出ています。
くれぐれも路上駐車はせず、マナーを守ってお楽しみください。
西嶋イルミ(H25.12.01.)17

 詳細はこちら
  ・西嶋イルミネーション ⇒ こちら(身延町HP内)
  ・身延Life ⇒ こちら(「イルミネーション」カテゴリ)
 






最終更新日  2013.12.04 18:00:10


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.