107648 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やま、かわ、豊かな自然 大月探訪記

プロフィール


大月みどり

カレンダー

フリーページ

カテゴリ

2019年09月16日
XML
カテゴリ:資料館

こんにちは、郷土資料館です。
写真は岩殿山畑倉登山口近くにある新宮洞窟です。
ここにはかつて修験道の寺院であった円通寺の別院があったと伝えられています。
江戸時代の古絵図には、岩窟を天井にした社と、洞窟前の崖にせり出す舞台が描かれています。
また、『甲斐国志』には新宮についてこう書かれています。
「新宮の本尊は十一面観音脇士は三宝荒神毘沙門天是亦行基の作と云へたり
山下の北面にあり
岩掘りに柱を立て岩を直に天井とせること七社の造営と同し
冷水岩より注き殿前に飛流して数十丈の谷に落つ
甚た奇観なり
炎天の頃此洞中に入れは冷気冬の如し」と。
構造は清水寺と同じ懸崖造りです。
ググるとたぶん​​​こんな感じだろう​​​と思える社殿が見つかりました。
同じ「岩殿山」なのでびっくりしました。

円通寺は、明治新政府による神仏分離令、修験道禁止令により、廃寺になりました。
同じく、新宮も朽ち果て、今は跡方すらなく、ただの洞窟となってしまいました。
しかし、当時を偲ばせるものがただ一つあります。
それが写真に写るこの滝です。
かつては常に流れ落ちていた滝も、今は大雨の後にしか見ることができません。
歴史を知り、条件を知る限られた人しか「見る」ことができない滝です。
滝の流れをしばらくじっと見ていると懸崖造りの社殿がその向こうに見えてくる気がします。

※おまけ
岩殿山駐車場近くの岩殿山南麓から登る強瀬ルートは鏡岩崩落の恐れがあるので中腹の「ふれあいの館」までしか登れません。
東麓から登るルートは、2年前の台風5号による土砂崩れのために七社権現洞窟までしか登れません。
現在は、頂上に至るルートは北麓から登る畑倉ルートしかありません。
​ルート地図は​ここです。
なお、畑倉登山口近くには駐車場がありません。
大月駅から岩殿山駐車場までは約1km、徒歩15分。
岩殿山駐車場から東方向に巻いて約2km、徒歩30分。
乗車バス停は大月駅または高月橋の南詰にあります。
​​​下車バス停は『自動車教習所前』です。
そこから西へ100mほど歩くと左側に登山口が見えてきます。

​​こちらが富士急都留中央バスの​時刻表運賃です。
「熊出没注意」の看板が気になりますが.....。​​​






最終更新日  2019年09月16日 16時44分11秒
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.