1465945 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やまなしブランド公式ブログ 山梨県知事と職員のブログ~やまなしものがたり

プロフィール


machiraku_yamanashi

カレンダー

サイド自由欄

本ブログの内容について

山梨県は、このブログに記載される個別の店舗情報や銘柄情報並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。

カテゴリ

バックナンバー

Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019
Dec , 2018
Nov , 2018
Oct , 2018
Sep , 2018
Jul 31, 2010
XML
『これは親に手伝ってもらったな』 松沢安行 ワイズジュエリー
(第11話)

経営者としての夢

 松沢さんの会社は、組合に入っていない。ただ同じ種類の貴金属を扱っているだけで、一色単にくくられるのをとても嫌う。たまたま、貴金属の範ちゅうに入るわけだが、形態がまるで違うというのだ。松沢さんところは、やはりクリエイティブが先行して、それが会社の経営を成り立たせている。その松沢さんが、経営者としての夢を語る。

「今のものづくりのスタイルからいっても、他の会社のようにいろんな形で分業して規模を大きくしていくということはできないと思うんです。また、そうしてしまうと駄目になってしまうという気もしています。それより、イタリアの中小企業みたいに、小さくてもキラリと光るような会社にしたいですね」

「小さい。でもそれでいて、それぞれの人が、大きいところより充実した、満足した収入と生活ができるということを目標にしたいなと思うんです。経営者の立場としてはね。デザイナーとしては、またちょっと違うかも知れないけれどね」

 そんな企業があちこちにできれば素敵だ。甲府にこんな会社が10社できれば本当のジュエリーの産地として情報発信ができていくに違いない。

 それにしても、やりたいことをやりながら経営的にも成立しているのは理想で、現実は違うとよくいわれる。でも、理想は追い求めないと近づかない。そして、近づいたかと思うとまた遠のいてしまう。いつから私たちは、この夢をあきらめてしまったのか。松沢さんの姿は、私たちにこの夢の実現をあきらめるなと語っているようだ。

(終わり)






最終更新日  Jul 31, 2010 07:42:36 AM
[週末連載 ビタミンやまなし ジュエリー物語] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.