1484504 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やまなしブランド公式ブログ 山梨県知事と職員のブログ~やまなしものがたり

プロフィール


machiraku_yamanashi

カレンダー

サイド自由欄

本ブログの内容について

山梨県は、このブログに記載される個別の店舗情報や銘柄情報並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。

カテゴリ

バックナンバー

Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019
Dec , 2018
Nov , 2018
Jan 1, 2011
XML
カテゴリ:7.ビタミン物語
1992年『彩果農場』 大村春夫 【丸藤葡萄酒工業(株)】

第10話の3

 後になって考えれば、3週間ほかの仕事ができなくたって、それは何でもないことだと大村さんは振り返る。それよりも手間暇を掛けた分、思い入れの強い場所ができたというメリットの方が、丸藤にとっては大きい。

「そこへ行けば、『実はここはうちの社員がね……』って必ず言えるんですから。言うと『なんとなく暖かいわよね、足の下が』(笑)なんて言う風になってくるんですよ」

 瓶詰めラインの改装にしてもそうだ。「僕らは仕事をしながらぶどう畑が見たいんだ」という一念を押し通し、畑に面した壁をガラス張りにした。工場見学に来た人達は、そこでぶどう畑を眺めながら瓶詰め作業をする社員を見て「いい所で仕事ができていいなぁ」と思ってしまうだろう。それこそが大村さんの狙いだ。

「機械なんか見せたってしようがない。僕らが楽しそうに働く姿が見えればいいんですよ。あとは、ぶどう畑の傍らで一杯飲めるようなテラスとか、そういうものが欲しいですね」

 最先端の機械とフルオートメーションの工場を見学者に見せれば喜ばれるなんていう時代はもう終わった。わざわざ小さなワイナリーに来た見学者に大手と同じものを見せても仕方がない。楽しそうにワイン造りに励む自分達の姿をこそ、見て帰ってもらいたいと大村さんは考える。

かつて機械が主役だった工場が、働く人の姿を見てもらう場所に変わって行く。オープン・ファクトリーという言葉があるが、ここにはその一つの答があるのではないだろうか。





【やまなしPR3行広告】 -----------------------------------

わたしの人生に ビタミンやまなし。
    
都市生活者に必要なビタミンは、AからZまで26個。
栄養学的なビタミンと違ってどれかが欠けていても困りませんが、
すべて摂ると美しいです。
26個のビタミンは、やまなしで摂れます。

■26個のビタミンは・・・ http://www.vitamin-yamanashi.jp/
------------------------------------------------------------






最終更新日  Jan 4, 2011 10:58:19 AM


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.