000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やまなしブランド公式ブログ 山梨県知事と職員のブログ~やまなしものがたり

プロフィール


machiraku_yamanashi

カレンダー

サイド自由欄

本ブログの内容について

山梨県は、このブログに記載される個別の店舗情報や銘柄情報並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。

カテゴリ

バックナンバー

Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019
Dec , 2018
Nov , 2018
Oct , 2018
Sep , 2018
Jan 1, 2011
XML
カテゴリ:7.ビタミン物語
1992年『彩果農場』 大村春夫 【丸藤葡萄酒工業(株)】

第11話

蔵コン

 丸藤では1988年から、ワインの貯蔵庫を開放したコンサートを開いている。通称『蔵コン』と言われるこのコンサートは毎年、勝沼周辺が桃の花でピンク色に染まっていく季節に行われる。これまでアコーディオン、ジャズ、シャンソン、ハワイアン、フォークと種々様々なジャンルのライブが開催された。

 ワイン蔵の中に、ぶどうの収穫ケースが椅子がわりに敷き詰められ、数百名のワインファン達がグラス片手に蔵の中でワインと音楽に酔いしれる。

 ワイナリーのコンサートは色々な所で開催されているが、尾崎紀世彦、cobaなど形式ばらないアーティストの人選、屋外ワインパーティの和気あいあいとしたフレンドリーな雰囲気は、数あるワインコンサートの中でも異色の存在だ。

「僕らが自分たちできれいにした蔵を見てもらいたいっていう気もあるんです」

 こんなことを話す大村さんだが、このコンサートも実は、従業員の手作りと、そして常連客となった熱狂的な丸藤ファン達のボランティアによって成り立っている。手作りだからこそ、ある意味では完成度が高くない。

 だからこそ参加者はお客さんの立場だけでは我慢できず、いつの間にか私も何かしたいと、思わずもてなす側になってしまう。蔵コンのフレンドリーな雰囲気のひみつはどうやらそこにあるようだ。

 家庭的な匂いのするこのコンサートは、小規模ながら毎年定員超過を繰り返す丸藤の人気イベントに成長している。





【やまなしPR3行広告】 -----------------------------------

ソムリエ田崎真也氏とコラボした
東京・日本橋のレストラン「Y-wine」(わいわい)
県産の食材を使ったイタリアンや県産ワインなど
「おいしい山梨」をお楽しみください。

■詳しくはこちら↓
http://www.tasaki-shinya.com/restaurant/restaurant.html
------------------------------------------------------------






最終更新日  Jan 4, 2011 10:59:14 AM


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.