1493783 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やまなしブランド公式ブログ 山梨県知事と職員のブログ~やまなしものがたり

プロフィール


machiraku_yamanashi

カレンダー

サイド自由欄

本ブログの内容について

山梨県は、このブログに記載される個別の店舗情報や銘柄情報並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。

カテゴリ

バックナンバー

Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019
Dec , 2018
Jan 2, 2011
XML
カテゴリ:7.ビタミン物語
1992年『彩果農場』 大村春夫 【丸藤葡萄酒工業(株)】

第12話の1

ワイン学校、勝沼

 丸藤には様々な人々がやって来る。「最近、何だか知らないけど、おもしろい人が多く来ます」と大村さん。

 ソムリエ、酒屋やレストランのご主人、マニアックなワインファン、そして一般の観光客。勝沼は国内最大のワイン産地であり、なおかつ東京からは世界で一番近いワイン産地だ。

 勝沼がこれからワイン産地として生き続けるためには、そんな人達にワインの事をもっと知ってもらいたいと思うと同時に、勝沼をもっと知ってもらい、勝沼のファンになってもらうことが重要だと大村さんは考える。

「当然いいワイン造りが前提ですが、それに加え、やっぱり僕らが生活してる姿が格好良くなくちゃいけないと思うんですよ。『田舎っていいわよね』ってね(笑)」

 畑でぶどうの世話をした後、ワインを飲みながら歓談をする。そんなとき、大村さんはなるべく屋外でワインを飲むようにしている。

 手塩にかけたぶどう畑の傍らで、甲府盆地を見下ろしながら飲むワインは格別の味に違いない。そしてそれを見る人はまた、その何ともうらやましい風景に新しい勝沼の姿を見ることになる。

 そんな風に勝沼のファンづくりを考えていくと、どうしても外せないのがぶどう作りの世界だ。

「基本的にワイン造りは農業なんですよね。だから今、都会の人達にもっと農業やぶどう畑のことを知ってもらわないと、勝沼のワインは守っていけないと思うんです」





【やまなしPR3行広告】 -----------------------------------

「やまなし大使」人気パティシエの柿沢安耶さん
   ☆ オススメの やまなし食材 ☆  

清里ミルクプラント、黒富士農場など、ただいま楽天市場で紹介中!

■詳しくはこちら↓
http://event.rakuten.co.jp/ent/suppin/kakisawaaya/
------------------------------------------------------------






最終更新日  Jan 4, 2011 11:01:59 AM


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.