000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やまなしブランド公式ブログ 山梨県知事と職員のブログ~やまなしものがたり

プロフィール


machiraku_yamanashi

カレンダー

サイド自由欄

本ブログの内容について

山梨県は、このブログに記載される個別の店舗情報や銘柄情報並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。

カテゴリ

バックナンバー

Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019
Dec , 2018

全1件 (1件中 1-1件目)

1

甲州ワイン

Sep 1, 2013
XML
カテゴリ:甲州ワイン

みなさんこんにちは。

やまなしものがたり編集長の杉山です。

昨日は、国産ワインコンクールの公開テイスティングに行ってきました!

これは、コンクール入賞ワインが324種類も味わえるワイン好きにはたまらないイベントです。もちろん有料なのですが、その値段はわずか4,000円!?たったそれだけで、国産ワインの美味しいところをひとりじめ出来ちゃうわけです!!
国産ワインコンクールについてはこちらをご覧ください。
  ↓
JapanWineCompetition(国産ワインコンクール)2013
http://www.pref.yamanashi.jp/jwine/

会場はこんな感じで、各ブースに番号が書いてあり、手もとのリストを見ながら飲みたいワインの前でグラスを差し出すと、ワイナリーの方が約10mlずつ注いでくれます。ワイナリーの方が注いでくれるので、その場でワインの質問などもできちゃうわけです!


ワイン01

そうこうしているうちに、通路もいっぱいになってきました!?

大盛況です!!

いつも、先ほど紹介したHPにて案内しているのですが、すぐにチケットはソールドアウト。ある意味、夏フェスのようなものです。


ワイン02


こちらがワインリストに付属の会場見取図。

金賞、銀賞は中央の四つのテーブルにあり、ワイナリーの方が注いでくれます。
銅賞ワインは壁際のテーブルに置いてあり、自分で注ぎます。
好きなワイナリーの方にお話を伺ってもいいし、ひたすら飲み回ってもいいのです。


ワイン03

リストはこんな風になっていて、飲んだかどうかのチェックとメモが書けるようになっています。

2012年がグレートビンテージといわれていますが、あえて同じ銘柄の2011と2012を出品しているワイナリーもあり、作り手の自信を垣間みた感じがしました。
ちなみに私の感想は2011はスッキリとした辛口、2012はふくよかな甲州の果実味を感じることができ、どちらも美味しかったです!


ワイン04

今年はもう終わってしまいましたが、来年はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

また、コンクール入賞ワインは専用のシールが貼られて、ワインショップに並び始めています。専門家による今年の高評価なワインをあなたの舌で味わってみてはいかがでしょうか?


【やまなしPR3行広告】-----------------------------------

東京駅八重洲北口から徒歩4分の「富士の国やまなし館」

山梨の魅力をご紹介する情報総合館です。観光パンフレットの
配布のほか、山梨県の特産品の販売、ワイン販売・試飲
カウンターなどがあり、様々なイベントも随時開催しています。

■詳しくはこちら↓
http://www.yamanashi-kankou.jp/tokyo
------------------------------------------------------------







最終更新日  Sep 2, 2013 08:32:11 PM

このブログでよく読まれている記事

全1件 (1件中 1-1件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.