000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぎふっ子くらぶ

Profile


岐阜県おすすめ隊

Category

Archives

August , 2020
July , 2020
June , 2020
May , 2020
April , 2020

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

デジタル水族館 開… New! 大垣市さん

美濃白川ポイントカ… 白川町観光協会さん

ハッスル黄門の諸国… ハッスル黄門さまさん
関市役所ブログ 関市職員さん
えェとコたント!!岐阜市 岐阜市職員さん
日本一アツい多治見… 多治見市さん
Gifu Crossroads webmaster2010さん

Calendar

May 25, 2010
XML

今日は、みなさんに幻の一品をご紹介します。
その名も「飛騨かわい雪中酒」!!

飛騨かわい雪中酒

その名の通り、日本酒なのですが、地元の人間でもほとんど口にしたことがないくらいのちょ~幻の酒です。なぜ、幻なのか??
それは、年間6千本の限定製造販売だから・・・。

なぜ、6千本しか作れないのか??
詳しくご説明しましょう。

今から17年前、全国で「村おこし事業」が盛んだった頃、県内有数の豪雪地帯である飛騨市河合町(かわいちよう)(当時、河合村)は、「雪と共に生きる=利雪」を目指して、公共施設の「蓄雪冷房システム」などいろんなアイデアを実行してきました。

そんなアイデアのひとつとして、厳冬期に搾った、搾りたての生酒を天然の雪室の中で寝かせて、真夏に出荷することを思いつきました。

この天然の雪室は、高さ約10m、幅約30mで、内部は常に0度前後、高湿度に保たれるため、ゆっくり熟成されることでまろやかさが加わると言われています。

雪室

いまでは、雪中酒もいくつかあるようですが、このお酒は、まさに先駆けです。
天然の雪室を作る作業、蔵入れ・蔵出しの作業、発送作業、すべて地域の人(北飛騨商工会むらおこし実行委員会)の手作業で行われるため大量生産ができないから6千本の限定なのです。

発送作業中

そこで、肝心のお味は???

もちろん、ベースとなるお酒も、ブナの原生林がはぐくんだ地元 天生(あもう)山麓の湧き水と醸造米も地元産の「ひだほまれ」を使用し、地元の造酒屋の蔵人さんがしっかり作ってみえます!

これだけのお酒なので、雪室に貯蔵しなくても十分おいしいのですが、「天恵の水、米、蔵人さんの技、そして雪室の中での時間」が、辛口なのにまろやかで芳香の漂う一品となっています。

出庫は、7月中に5回に分けて行いますが、天然の雪を詰めると共に、雪室でお酒と一緒に眠っていた桃の小枝が添えられて発送されます。一輪挿しに立てておくと1週間くらいで開花します。

雪中酒&桃の小枝

お値段は、1本(720ml)3,500円、2本で5,700円(消費税・送料込み)。
真夏に、桃の花を愛でながら、幻のお酒で乾杯!! なんていかがでしょうか。
お中元にも良いかもしれませんね!

今年も、6月1日から下記で受付開始ですが、毎年、予約開始数日で売り切れてしまいますので、お早めに!!


申込み・お問い合わせ先

   岐阜県飛騨市河合町角川223-1
   北飛騨商工会 村おこし実行委員会 (事務局:北飛騨商工会)
    TEL 0577-65-2261 FAX 0577-65-2918  E-mail  info@kitahida.org

P.N ほろ酔いオヤジ







Last updated  May 25, 2010 07:45:47 PM
[本日のおすすめ(飛騨地域-高山・下呂等)] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.