2609187 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぎふっ子くらぶ

全108件 (108件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

県庁とっておき情報(イベント・施設・研修)

December 8, 2017
XML

​​​​​みなさんこんにちは!!
すっかり気温の下がった​恵那は今、雪をかぶった中央アルプスがくっきり​!!​​​​​



​​​​​そんな緑豊かな里山の風景広がるひがしみの、恵那・中津川は、美しい空気に水、新鮮な食材あふれる、“おいしい”の宝庫!!!
そんなひがしみのの恵みを食べて、見て、触れて、楽しめる​「ひがしみの里山物産博覧会」​を、​12月15日・16日午前11時から午後6時まで、岐阜駅隣「アクティブG」にて開催​します!!!



当日は、天然素材100%のわらびもちや焼栗、国産の蜂蜜、製法にこだわった天然醸造味噌・醤油など恵那・中津川を訪れなければ味わうことのできないひがしみのの恵みを活かした産品を岐阜駅直結のアクティブGにて販売します。

​数々の商品の中でも今回特に紹介したいのはわたしの大好物!!
「やまもとのわらびもち!!!」


かわいい女の子のパッケージ音符
箱を開けると箱一杯にプルプルのわらび餅!!



​このわらび餅は、長野県との境に位置する中津川市の山あい、加子母地区で、​わらびの根からとった希少なわらび粉に源流の水を混ぜて作られる手作りの逸品​音符
生産者のご夫婦が、わらび粉の状態、水の状態、その日の気候、毎日異なるそれらを熟練の技の練り具合で調整し、お届けするこだわりの逸品で、私の大好物なんです!!!



早速いただきまーす!!
​​このもちもち食感がたまりません!!

​​気になった皆様、12月15日・16日はアクティブGに遊びに来てください!!
ひがしみのの恵みとともに、お待ちしています~音符

​​

ひがしみの里山物産博覧会 詳細
http://active-g.co.jp/event/







Last updated  December 8, 2017 11:30:25 AM

December 1, 2017

こんにちは!西濃県事務所です。

先日、養老町が≪養老改元1300年祭≫等のイベントで盛り上がっている様子をお届けしましたが、実はまだまだ紹介できていないイベントが…

というわけで、今回は前回ご紹介できなかった、芸術の秋にぴったりなイベントの様子をお届けします!


○養老アート・ピクニック
11月18日(土)・19日(日)は「養老アート・ピクニック」が開催されました!

“養老”と言えば養老の滝が有名ですが、最近メディアにちょくちょく取り上げられ じわじわ人気を集めてきているのが、養老天命反転地!
カラフルな建築作品等で有名な荒川修作とマドリン・ギンズによる構想を公園施設として形にしたもので、現代アートの中に入り込むという不思議な体験ができる場所です。

そんな現代アートの聖地ともいえる養老天命反転地と養老公園を会場に、岐阜県と情報科学芸術大学院大学(IAMAS)が連携して、見て・感じて・体験することのできるアートを集めたイベントが、この養老アート・ピクニックです!

会場にはいくつもの可愛らしいテントが立ち並び、様々なアートプログラムが行われました。

 

↓これはカメラをつけた大きな目玉がゆっくりと動き、上空から会場を映し出す『空の目』というプログラム。
ちょこちょこ動くたくさんの人たちの姿を、鳥のような視点で見ることができます。
普段あまり見ることのない自分たちを見下ろす映像、そして会場を俯瞰で見る映像は、日常の光景の一部なのに少し異なる雰囲気があって、ちょっぴりスリリングで不思議な感じがしました。

 

↓こちらは『ARアート・ピクニック』という作品。
写真では上手くお伝えできないのが残念ですが、携帯端末をかざすと、動かないはずの絵や彫刻がなんと動き出してしまうんです!
最近話題のAR技術という“拡張現実感”が使われた作品だそうですが、キャラクターたちがスマホをかざした途端 元気になって動き出すようで、ついついスマホを持って絵を追いかけてしまいました!

  

18日の夜には、一夜限りで会場がライトアップされ、スペシャルプログラム『養老アート・ナイト』がスタート!
岐阜県出身の和太鼓奏者 加藤拓三さんによる和太鼓の演奏と、舞踊家 木室陽一さんの踊りがコラボレーションしたパフォーマンスが披露され、二人が感じたその一瞬一瞬を表現するステージに、寒さも忘れて会場中が釘づけになっていました。

素敵な舞台の後は、“PechaKucha(ペチャクチャ)”!
これは、1枚20秒で再生される20枚のスライドでプレゼンテーションをするもので、これまで世界1000以上の都市で開催されてきた、世界的に人気のあるイベントです。

  

このイベントの総合ディレクションも務めるIAMASの赤松教授が、自転車の存在意義や未来について語ったかと思えば、大垣養老高校 瓢箪倶楽部秀吉の生徒さんが、ひょうたんを使った町活性化の活動について語る…
 
県美術館館長も務める日比野克彦さんが、これまで携わってきたアートを活用した交流の場づくりを語れば、東京事務所代表の本間桃世さんと絵本作家の加藤志異さんが、荒川修作とマドリン・ギンズの人柄と魅力について熱く語る…

 

6人のプレゼンターが、岐阜県や養老に関する自分たちの思いや取り組みを自由にプレゼンするという、フリースタイルなイベントだったのですが、すべての方のプレゼンを聞き終わってみると、なぜか大きな1つの物語を聞いたような感覚に!
全く別の活動ですが、根底にあるものが“アート”や“養老の地”といったものでつながっているからでしょうか…?
プレゼンテーションで聞いたことを誰かに伝えたくなる、そんな おしゃべりの延長のような興味深いプログラムでした。

他にも、絵本を使ったワークショップ『アート絵本ピクニック』や、竹と和紙を使ってひょうたんをモチーフに大型の行灯をつくりあげる『ひょうたんアート・プロジェクト』等が行われ、“ピクニック”という名前のとおり、会場のあちこちで参加者が自由にアートを楽しんでいました!

養老という場所で、人・自然・アートが融合して化学反応を起こしたような面白くて不思議なイベント。
来年以降もパワーアップして続いていく予定なので、ぜひお見逃しなく!


●ひょうたんイルミネーション
養老町の盛り上がりは昼間だけじゃない!
なんと、11月11日(土)~26日(日)までの土日・祝日の期間限定で、養老の滝と滝までの沿道、そして養老駅がライトアップされていたんです。

  
しかも、滝までの道の途中には、養老町の名物“ひょうたん”を使ったイルミネーション作品が展示され、幻想的な雰囲気をかもしだしています…

  
↑こちらは、大垣養老高校 瓢箪倶楽部の作品。
入口をくぐると、ひとつひとつ丁寧に穴があけられたひょうたんライトが、優しい明かりを投げかけています…
その数なんと、1000個超!
高校生の気合のはいった超大作です!

  
↑こちらは、養老町の園児・児童・ひょうたん農家さんがつくった“ひょうたんウォール”。
その名のとおり、絵が描かれたひょうたんライトが、沿道の両脇を壁のように彩ります!
子どもたちが自由に絵を描いたライトは、個性あふれる作品ぞろい☆
制作した方の紹介写真とともに、時間が経つのも忘れて じっくり見入ってしまいます…

「もみじまつり」絶賛開催中の養老公園なので、紅葉ももちろんライトアップ!
これから色づく木々も多く、見頃が続きます。

 
そして養老の滝は…

  
な、なんと 全体がとっても美しく光ってます!
しかも7色!!(写真は、青から紫に変わりはじめたところです)
昼間の滝は迫力がありますが、ライトアップされた滝はまた一味違い、神秘的な美しさ…
これも、水の綺麗さゆえですね。

なかなか見ることのできない夜の滝。
帰り道に沿道から見える町の明かりもきれいで、養老の新たな魅力を発見できたイベントでした!


養老改元1300年祭も残りあとわずか…
ぜひ養老鉄道に乗り込んで、養老町に足を運んでくださいね!


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

◇養老公園もみじまつり
期間:開催中~11月30日(木)
   場所:養老公園一帯

◆クロージングセレモニー
 ・養老改元1300年祭のフィナーレ!養老町観光・広報大使の敦士さんも参加し、町民による「古代劇」の上映や町内小中学生による「未来宣言」が行われます。
日時:12月23日(土・祝)
      13時20分~15時
場所:養老町民会館
入場無料

養老改元1300年祭関連行事については、ホームページhttp://www.yoro1300.com/からもチェックしてみてくださいね!







Last updated  December 1, 2017 04:41:23 PM

November 16, 2017

こんにちは!西濃県事務所です。

​今、養老町が注目の的になっているのを、みなさんご存知ですか?
今年は元号が「養老」に改元されてから なんと1300年。
​養老町は≪養老改元1300年祭≫の真っ最中​なんです!

​3月下旬から様々なイベントが行われ、今、養老町はイベントラッシュ!!
そんな大盛りあがりの町の様子を、ほんの一部ですがお届けします。​


○養老改元フェスタ
10月28日・29日、11月3日~5日は「養老改元フェスタ」が開幕。
3連休はお天気にも恵まれ、会場の養老公園にはたくさんの人が!



 

特設ステージでは伝統芸能披露やショーが行われ、みなさん養老改元物産展で買った美味しいグルメを片手に、パフォーマンスにじっくり見入っていらっしゃいました!

 
 

1300年前の奈良時代に元号を「養老」とした元正天皇にちなみ、奈良時代の衣装試着や火起こしといった体験ができるコーナーも登場。慣れない体験にとまどいながらも、楽しむ方々の笑顔でいっぱいでした!


 

他にも、元正天皇行幸行列や記念トークショー、歴史仮装ウォークラリーなどが行われました。
もちろん、養老の滝を訪れる人もたくさん!
色づき始めた紅葉を横目に見ながら、一歩一歩 養老の滝を目指して歩く方々の長い列ができていました。

 

​たどり着いた養老の滝は、さすがの迫力!!
水も透きとおって美しく、元正天皇が改元してしまうほど感動されたのも納得です。​

 

老若男女を問わず、養老町の魅力にたくさん触れることのできたイベントでした!


●企画展「養老の歴史1300年 Let’sタイムトラベル」
養老改元1300年祭を記念して、親孝行のふるさと会館では、企画展「養老の歴史1300年 Let’sタイムトラベル」が行われています!

 

​入場無料で、孝子伝説や元正天皇の改元、養老公園開園といった、1300年の養老の歴史をかたちづくる出来事について知ることができます。​

 

養老公園が誕生するまでの流れは、なんとミニシアターで見ることができちゃいます!
「養老の滝という貴重な資源をどうやって活かしていくか」に頭を悩ませてきた人々の様子を、映像で垣間見ることができました。

 

​当時の養老公園の設計図や養老鉄道開通時の新聞記事といった、貴重な資料も間近で見ることができます。
 
 

以前の養老駅・養老公園地図は、現在に至るまでの周辺環境の変化を見ることができて、とっても面白い!
一見の価値ありです!

知っているようで知らなかった歴史の流れを分かりやすく学ぶことができて、さらに養老ファンになること間違いなしの企画展です!


○Life of YORO! Kaleidoscope of Time ときの万華鏡
11月3日~19日までの土日祝日は、養老町の高田エリアおよび養老公園エリアで「Life of YORO! Kaleidoscope of Time ときの万華鏡」が開催されました。​

 

​これは、養老町以外の地域で暮らしている人が感じとった養老町の魅力をアート作品にするという、ちょっと珍しい取り組みです!
国際的アーティストや情報科学芸術大学院大学(IAMAS)の生徒などが、蔵や寺といった歴史ある建造物から鉄道まで幅広い空間を活用し、まち全体をアートスペースに変身させていました。​

 

↑こちらは、築160年以上も経つ、古民家「安田邸」の蔵。
「町の良さを世界に発信する拠点に」と改修され、ギャラリー兼アトリエとして、海外アーティストが作成したショートフィルムや小道具が展示されていました。

 

町民の方々が、自分の思い出を語られる姿が養老町の美しい風景とともに映し出されるフィルム。
古い道具とともに、見ているうちに自分もどこかで体験したことがあるような気がして懐かしくなる、そんな不思議な空間になっていました。

  

↑こちらは、一般の方のお家の一部を開放したスペース。
この建物も長い歴史があり、改修工事を行って養老町の方が現在も大切に住まれている古民家です。
昔の養老町の写真が展示され、当時の様子をお家の方が語ってくださるという、アート+コミュニケーションのスペースになっていました!

他にも、専念寺でのライブイベント、参加型ワークショップやコーヒーショップの出展等があり、たくさんの町民の方々も参加される、飾りすぎないありのままの町の魅力でいっぱいのイベントでした。


●まるごと肉まつり養老
食肉産業が盛んな養老町。
そんな魅力をさらに多くの人に知ってもらおうと、11月11日・12日は「まるごと肉まつり養老」が養老公園で行われました。​

もともと、県外から県道56号線の「焼肉街道」を訪れる人もいるほどファンの多い養老町のお肉。
イベントも、スペシャルゲストの敦士さんがびっくりするほど たくさんの人たちがつめかけました!

 
 
(株)丸明さんや養老ミート(株)、焼肉山びこといった、養老町自慢の有名どころが提供する肉料理に、たくさんの人が列をつくります。​

  

会場はお肉の焼けるいい匂いでいっぱい…
私もフランクや牛すじをいただきましたが、お肉が柔らかくて、うまみがすごい!お箸が止まりません!!

 

最近復活した幻の養老サイダーも気になっていたので、お肉料理のおともにゴクゴク…
 ​

まろやかで後味がすっきりとしていて、飲みやすい!
これなら、炭酸飲料が苦手な方でもチャレンジできるのでは…!?

美味しい水に美味しいお肉が堪能できる養老町のすごさを、改めて実感しました。

​​
ステキな風景にアート、グルメと、魅力いっぱいの養老町☆
10月にインターチェンジもでき、アクセスもしやすくなりました。
まだ間に合うイベントもあるので、ぜひぜひお越しください!


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

◇企画展「養老の歴史1300年 Let’sタイムトラベル」
日時:開催中~11月26日(日)まで
     10時~16時(最終日は15時)まで。月曜休館。
場所:養老公園内、親孝行のふるさと会館
入場無料

◇ひょうたんイルミネーション
 養老の滝が神秘的にライトアップされます!期間中はフードメニューも登場。
日時:11月11日(土)~26日(日)までの土日、祝日
 17時~21時(最終入場20時30分)
  場所:養老公園(松風橋~養老孝子坂一帯~養老の滝)
     養老駅

養老改元1300年祭関連行事については、ホームページhttp://www.yoro1300.com/からもチェックしてみてくださいね!







Last updated  November 16, 2017 03:09:31 PM

October 26, 2017

​ こんにちは、砂防課です。
 今回は現在募集中の​「岐阜県親子砂防バス」​についてご紹介します。​

​​​​​近年多発している土砂災害から身を守るため、県では11月12日(日)「岐阜県さぼう遊学館」で土砂災害について学ぶイベントを無料で開催します。
このイベントでは、さぼう遊学館で土砂災害について学ぶだけでなく、養老山地を展望台から望むとともに、みかん狩りを通じて​、養老山地の特徴である扇状地形とそのもたらす恵み、土砂災害との関係についても学びます。
それでは、当日の行程を少し紹介します。​​​​​

まずは、 ​「木曽三川公園センター」​​

展望タワーから養老山地を眺め、養老山地の特徴であるに扇状地形について学びます。

​​次は、 「道の駅 月見の里 南濃」
 地域の特産品の販売や、無料の足湯でも知られる道の駅で昼食をとります(各自)。​​

​​​ そして「さぼう遊学館」
 今年4月にリニューアルした施設です。3D映像による土砂災害の疑似体験や、全国各地の土砂災害の映像など、判りやすく砂防について学ぶことができます。今回は施設見学だけでなく、岐阜大学・木村正信名誉教授から土砂災害について、判りやすく説明していただきます。​​​









 最後に
 養老山地ふもとの扇状地に作られたみかん園で、みかん狩りをし、扇状地のもたらす恵みについても体感していただきますスマイル(園内食べ放題+ふくろいっぱい詰め放題)。​​

※注 荒天時には一部行程を変更またはツアーの中止することがあります


<概要>
1.日時 平成29年11月12日(日)9時00分から17時00分まで
2.集合場所 岐阜県庁(岐阜市薮田南2-1-1)

3.お申し込み方法等


「郵便」、「FAX」または「Eメール」にて下記必要事項を記入のうえ、申込みください。

【記入事項】
(1)参加人数
(2)参加者全員の氏名及び年齢
(3)代表者の住所
(4)代表者の電話番号(自宅電話番号または携帯番号)
※天候等により中止の連絡が必要となる場合がありますので、開催当日に確実に連絡がとれる番号をご記入ください。(複数記入可)
(5)代表者のEメールアドレス

【申込受付期間】
 平成29年11月6日(月)まで(申込み多数の場合は抽選となります )
 抽選の結果については、Eメール等でお知らせします。
 なお、その際に当選者には集合場所、中止の際の連絡方法など詳細をお知らせします。

【お申込み、お問い合わせ】
〒500-8570
 岐阜市薮田南2-1-1 岐阜県県土整備部砂防課
 TEL:058-272-8621(平日8:30~17:15まで)
 FAX:058-278-2755
 e-mail:c11653@pref.gifu.lg.jp

 詳細はこちらのページ(県参加者募集案内)をご覧ください。

​​







Last updated  October 26, 2017 06:03:45 PM

October 12, 2017

みなさんこんにちは!

​​​​​​揖斐特別支援学校です(❛ω❜)ノ​​​​​

今月も10月18日(水)10時から、旧名鉄谷汲駅で作業製品の販売会を行います♪

​今回は販売する商品の中から『食品加工班』の超人気商品
揖斐郡産の大豆を茹でて顆粒状にしたものを生地に練りこんだ『大豆クッキー』​​を詳しく紹介します!
(写真1)​



大豆クッキーの人気の秘訣はそのバリエーション!



現在は8種類のクッキーを販売しています(*’▽’)
どの味も生徒と職員が試行錯誤を繰り返して出来上がったこだわりの品です!

​また、大豆クッキーは安心でおいしい製品をお届けできるよう、徹底的な衛生管理の下、生産されています。
今回はそんな作業風景を少しだけご紹介します。
生地を作る工程では手洗い、消毒を徹底し、エプロンも粘着シートで糸くずなどを取ってから作業を進めています。



また、毎回同じ品質のクッキーを製造できるよう、計量はどの生徒もとても慎重に行っています。
(写真4)


おいしく作るために、マーガリンをしっかりと柔らかくしてからグラニュー糖を入れています。
地味な工程ですが、​ここがおいしさの大きなポイント​になっています(*´ω`)



だんだん生地が仕上がってきました!
サクサクの生地にするために、粉を入れてからはゴムベラで切るように混ぜていきます。​

大方の生地が出来上がったところで今回は緑色の粉が入りました!




生地もどんどん優しい緑色に染まっていきます。

出来上がった生地はそれぞれ成型され、焼きあがった後は一つ一つ丁寧に袋詰めして…



​しっかり密封したら…




大豆クッキーの完成です!
ちなみにこれは緑茶味!
揖斐川町の名産品である​『上ヶ流茶』(かみがれちゃ)​を使用した人気商品です!

​​そんなこだわりぬいた​『大豆クッキー』​ですが人気の理由がもう一つ!
実はこのクッキーは​全種類100円​​!
コーヒーに、紅茶に、日本茶にも合うクッキー!ぜひお好みを見つけていただきたいです(^^♪​​

​​​そのほか食品加工班からは新商品の​『ロゼットクッキー』​​『サブレ』​(各100円)​​​

前回ブログで紹介した竹工芸班からはサイズ色々なポーチや組み紐ストラップ(100円)

また農園芸班からは限定商品の秋の寄せ植え(1000円)や、とれたてのサツマイモ(100円)
などなど紹介しきれないほど様々な各班の力作が出品されます。

​​10月18日(水)はぜひ旧名鉄谷汲駅までお越しください!







Last updated  October 12, 2017 01:11:04 PM

August 18, 2017

こんにちは、砂防課です。

 今回は現在募集中の「夏休み親子砂防ツアー」についてご紹介します。

近年多発している土砂災害から身を守るため、台風が多く土砂災害が発生しやすくなる季節となってきました。県では8月26日(土)に「岐阜県さぼう遊学館」で土砂災害について学ぶツアーを無料で開催します。このツアーでは、お住まいの地域の「災害避難マップ」を作りながら、親子で土砂災害から身を守る知識を身に着けることができます。
それでは、当日の行程を少し紹介します。

まずは、「養老鉄道乗車」

ローカル線の養老鉄道に揺られ、車窓から養老山地を眺めながら養老公園へ向かいます。養老山地の特徴であるに扇状地形と土砂災害の関係について学びます。



次は、「養老公園」
養老公園内の谷に作られた砂防設備を見学し、砂防事業で作られた親水施設で遊んだり、もちろん、養老公園で遊ぶこともできます。さらに今回は、このツアー特別優待で、あのユニークで不思議な感覚を身体全体で味わえる養老天命反転地に入場することもできます!
お昼ご飯は各自でどうぞ。おすすめは公園内にある楽市楽座 養老でのグルメです。




 
そしてメインである、「さぼう遊学館」
 今年4月にリニューアルしたばかりの施設です。3D映像による土砂災害の疑似体験や、全国各地の土砂災害の映像など、判りやすく砂防について学ぶことができます。今回は施設見学だけでなく、お住まいの地域の「災害避難マップ」を作成します。夏休みの宿題にも使えるかも。




 最後に「道の駅 月見の里 南濃」
 一休みし、地域の特産品のお土産はいかがでしょうか。

※注 荒天時には一部行程を変更またはツアーの中止することがあります

<概要>
1.日時 平成29年8月26日(土)8時45分から16時30分まで

2.集合場所 OKBぎふ清流アリーナ前(岐阜市薮田南2-1-1)

3.お申し込み方法等


「郵便」、「FAX」または「Eメール」にて下記必要事項を記入のうえ、申込みください。

【記入事項】
(1)参加人数
(2)参加者全員の氏名及び年齢
(3)代表者の住所(自宅)
(4)代表者の電話番号(自宅電話番号または携帯番号)
※天候等により中止の連絡が必要となる場合がありますので、開催当日に確実に連絡がとれる番号をご記入ください。(複数記入可)
(5)避難マップ作成時の住所(代表者の住所でよい場合は、記載不要)
(6)代表者のFAX番号
(7)代表者のEメールアドレス
 ※(1)~(5)は必須 (6)(7)はできる限りご記入ください。

【申込受付期間】
 平成29年8月17日(木)まで(申込み多数の場合は抽選となります )
 抽選の結果については、8月18日(金)までにEメール等でお知らせします。
 なお、その際に当選者には集合場所、中止の際の連絡方法など詳細をお知らせします。

【お申込み、お問い合わせ】
〒503-0807  大垣市今宿6丁目52-18 
(公財)岐阜県建設研究センター 企画部企画課
TEL:0584-81-1332
FAX:0584-81-1352
e-mail:yahashi-m@gifu.crcr.or.jp

 詳細はこちらのページ(県参加者募集案内)をご覧ください。







Last updated  August 18, 2017 01:32:02 PM

July 13, 2017

こんにちは、東濃県事務所です。

今回は、 「ぎふ東濃アートツーリズム2017」の紹介をします!

 ぎふ東濃アートツーリズムでは、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市とその周辺の多くの美術館、博物館、道の駅などが協力して東濃の魅力を発信しています。

現在、 「スタンプラリー」と「絵てがみコンテスト」を実施中です!
「スタンプラリー」は平成30年6月30日まで、「絵てがみコンテスト」の募集は平成29年10月23日までです。

今回の絵てがみコンテストのテーマは「ぎふ東濃のお祭り」です!

大きなお祭りだけではなく、地域や町内、子ども会などの小さなお祭りも含みます。

また、今年9月15日~10月22日に開催される「国際陶磁器フェスティバル美濃’17」も含みます。

この機会にぜひ東濃のお祭りに参加して、絵てがみをつづってみませんか?

入賞者には副賞として、ぎふ東濃アートツーリズム参加施設からのすてきなプレゼントがありますので、ふるってご応募ください!

 詳しくはこちらまで
  https://www.facebook.com/GifiTohnohArtTourism.

                 子供の部 知事賞(縮小版).jpg                    一般の部 知事賞(縮小版).jpg

     (H28子どもの部:最優秀賞)      (H28一般の部:最優秀賞)
 

 平成28年度の入賞作品は、以下の場所で展示中です。
  
横井照子ひなげし美術館(恵那市大井町2632-105)      7月 5日(水)・ 7月17日(月)

上矢作ラ・フォーレ福寿の里(恵那市上矢作町3566−1)  7月19日(水)・ 7月31日(月)

ストーンミュージアム博石館(中津川市蛭川5263-7)      8月 2日(水)・ 8月14日(月)

道の駅 おばあちゃん市・山岡(恵那市山岡町田代1565-169) 8月16日(水)・ 8月28日(月)

サイエンスワールド(瑞浪市明世町戸狩54)        8月30日(水)・ 9月11日(月)

ミュージアム中仙道(瑞浪市明世町戸狩331−1)       9月13日(水)・ 9月25日(月)

道の駅 どんぶり会館(土岐市肥田町肥田286-15)       9月27日(水)・10月 9日(月)

道の駅 志野・織部(土岐市泉北山町2-13-1)                    10月11日(水)・10月23日(月)

土岐市美濃陶磁歴史館(土岐市泉町久尻1263)       10月25日(水)・11月 6日(月)

多治見市文化工房ギャラリーヴォイス(多治見市本町5-9-1)11月8日(水)・11月20日(月)

幸兵衛窯(多治見市市之倉町4-115)           11月22日(水)・12月 4日(月)







Last updated  July 13, 2017 03:43:50 PM

May 23, 2017

みなさんこんにちは!西濃県事務所です。

暖かくて天気の良い日が続いていますね!
絶好の“おでかけ日和”ではないでしょうか?

そんな おでかけ日和を満喫すべく、今回は神戸町の「ばら公園いこいの広場」に行ってきました!


到着してすぐに、びっくり!
“ばら公園”の名前にぴったりの、まるで外国の庭園のような景色!!

 写真1.JPG

公園内には なんと300品種のバラがあるそう…
岐阜県内の切りバラ生産量の約6割、出荷量 東海地方随一を誇る神戸町だからこそ ですね!
園内はバラでいっぱい…音符

 写真2.JPG

品種によって少しずつ香りも違うそうで、紅茶のような香りのバラ発見!
「香りのゾーン」というエリアで香りの違いまで堪能できちゃいました星

個人的に面白いと思ったのが、この「アルフレッド・シスレー」という品種。

 写真3.JPG

イギリス人画家の名前をとったフランス生まれの品種で、バラなのにストライプがはいっていて、とっても不思議な雰囲気…
“バラ”のイメージを見事に覆されました!びっくり

 写真4.JPG

 写真5.JPG

 写真6.JPG

 

園内には噴水や遊具、一息つけるこかげもあって、家族連れやお友達同士でいらっしゃっている方がたくさん!


期間限定で「薔薇café」コーヒーもオープンしており、皆さん ばらのお茶や薔薇のシフォンケーキなどのオリジナルメニューを楽しみながらバラを眺め、ゆったりとした時間を過ごされていました。

 みなさんもぜひ、ばら公園いこいの広場でバラに囲まれた贅沢な時間を過ごしてみませんか?


○ばら公園いこいの広場
 住所:岐阜県安八郡神戸町大字前田449-1
 ・24時間無料開放
   ・薔薇café 5月7日~約1か月(薔薇が散るまで)  10時~15時(雨天時閉店)
   ・お問い合わせ 神戸町役場ふるさと発信課(0584-27-3111)
 写真7.JPG写真8.JPG   

 







Last updated  May 23, 2017 11:35:02 AM

October 20, 2016

 01.jpg

こんにちは郡上農林事務所です。
9月24、25の両日、ご当地グルメによるまちおこしの祭典『東海・北陸B-1グランプリin坂井』が開かれ、岐阜県郡上市が誇る、あのソウルフードも出場していたので福井県坂井市三国町まで応援に行ってきましたダッシュ(三国町はグラスリップの舞台でしたね~)
 02.JPG
岐阜県郡上市からの出展はこの下矢印2つ
奥美濃カレーひっちゃく棒 (郡上奥美濃カレーファミリー)
めいほう鶏ちゃん(めいほう鶏ちゃん研究会)
 03.JPG  04.JPG
 
Q.どんなB級グルメなの?
A.説明は、5年前に書いたブログで紹介えんぴつしています。そちらを見てね音符
  まぁ鶏ちゃんを今更説明する必要も無かろうOK
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
第6回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin姫路に行ってきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/machi21gifu/diary/201111250000/

筆者は、奥美濃カレーひっちゃく棒めいほう鶏ちゃんを応援、そして食べ続けて5年が経ちまして、本当に感慨深いものですいなずま特にめいほう鶏ちゃんは、google IMEで一発変換パソコンできるようになって嬉しいわスマイル左矢印何の話や・・・

余談は置いといて、会場の様子を紹介しましょう!!
今回の会場は、会場が3箇所に分かれていていました。そのおかげか、人が分散していた事と、全国大会では無かったので、どのB級グルメもあまり並ぶことなくOK、食べることができましたよ音符
 05.JPG
 06.JPG  07.JPG
そして、奥美濃カレーひっちゃく棒のブース
今回はひっちゃく棒にカレー付きで、1食500円(食券5枚)でした。
 08.JPG
上矢印ちょっと客足が伸びてないようでした雫
他のB級グルメの値段が300円~400円でしたので500円というのは高い印象があったのかも?頑張れー!!

こちら下矢印は、めいほう鶏ちゃんのブース
1食400円(食券4枚)でした。
 09.JPG
きらきらなんと大行列満車
他の人気店舗と接戦していて、優勝を予感!?させていました。

PRタイムの紹介をしましょう!!
奥美濃カレーひっちゃく棒
 10.JPG
真ん中は、Cちゃんっていう、ゆるきゃらです。5年前から居るね。何号目かな?
「奥美濃カレーや ほっほっほほ~音符I love カレーやほっほっほほ~音符
たのC奥美濃カレーの歌で会場が盛り上がりましたw
 11.JPG
売り子は郡上北高校の現役女子高生がしていましたよ。
若い子が地元を応援する姿は嬉しくなりますねスマイル

めいほう鶏ちゃん
 12.JPG
めいほう鶏ちゃん研究会がダンスを披露していました。
初めて見たw
 13.JPG
優勝王冠を決めるのは、食べ終わったお箸です!!
投票所にいって、お箸を投票箱へ入れてその重さを競います。

そして・・・26日の新聞記事によると、1位のゴールドグランプリに「津ぎょうざ小学校」(津市)、2位のシルバーグランプリには「Do it!松阪鶏焼き肉隊」(三重県松阪市)が選ばれたそうです。
松阪鶏焼き肉は食べましたが、肉質のジューシーさと美味しさは、めいほう鶏ちゃんの方が勝ってると思ったのに! ショックひいき目線
残念ながら、郡上市からはグランプリが出ませんNGでしたが、これからも諦めず出店を続けてほしいです!!がんばってくださいグッドまた応援しに行くよーバイバイ
 14.JPG
会場でB級グルメのゆるキャラ等々大集合をカメラ富竹フラッシュいなずまお疲れ様でした!

                                     PN.富竹







Last updated  October 20, 2016 11:03:04 AM

September 27, 2016

こんにちは、東濃県事務所ですスマイル
今回は、「ぎふ東濃アートツーリズム2016絵てがみコンテスト」の紹介をします!

ぎふ東濃アートツーリズムでは、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市とその周辺の多くの美術館、博物館、道の駅などが協力して東濃の魅力を発信していますスピーカ

現在、『スタンプラリーと『絵てがみコンテストを実施中です!!
スタンプラリーは平成29年1月15日まで、『絵てがみコンテストの募集は10月17日までです。

この機会に東濃に住んでいる方も住んでいない方も、東濃歴史や文化東濃良さなど、東濃見つけたものを、味わい深く伝えられる「絵てがみ」につづってください

入賞者には副賞として、ぎふ東濃アートツーリズム参加施設からのすてきなプレゼントがありますので、ふるってご応募ください。

 詳しくはこちらまで下矢印
 https://www.facebook.com/GifiTohnohArtTourism.

   H27 子供の部 最優秀賞.jpg        H27 一般の部 最優秀賞.jpg
   (H27子どもの部:最優秀賞)        (H27一般の部:最優秀賞)

えんぴつ平成27年度の入賞作品は、以下の場所で展示中です。
    9月19日(月)~10月 1日(土) 道の駅どんぶり会館
  10月  3日(月)~10月15日(土) 道の駅志野・織部
  10月17日(月)~10月29日(土) 土岐市美濃陶磁資料館
  10月31日(月)~11月12日(土) 多治見市文化工房ギャラリーヴォイス
  11月14日(月)~11月26日(土) 幸兵衛窯







Last updated  September 27, 2016 09:33:18 AM

全108件 (108件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.