2599859 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぎふっ子くらぶ

全251件 (251件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

本日のおすすめ(飛騨地域-高山・下呂等)

December 18, 2018
XML

​​「第11回アレうたてぇな飛騨の味」について

​​

​​​​​雪深い飛騨高山では、毎年1月24日に冬の風物詩である“二十四日市※1”が開かれます。その開催に併せて高山陣屋前広場に来場いただいた方に“のくとまって※2”いただけるよう、​​​​「​アレうたてぇな※3飛騨の味」​​​​​として飛騨・高山産ジビエと野菜満載のジビエ(シカ)鍋を提供いたします!

※1二十四日市とは、農閑期に手作りした民具(小屋名(こやな)しょうけ(竹細工のざる)、有道(うとう)         
   しゃくし(朴ノ木から削り出した杓子)、宮笠(みやがさ)など)を持ち寄って販売し、年越しの支度
   を整えたことから始まった行事。
※2のくとなる:飛騨地方の方言で“温まる”。
※3うたてぇ:飛騨地方の方言で“ありがたい”。


​​​​​

【日 時】 平成31年1月24日(木)
      提供開始 11:00~ 
      ※申し訳ありませんが、食材がなくなり次第終了します。

【場 所】 高山陣屋前広場(高山市八軒町1丁目5)

【主 催】 岐阜県土地改良事業団体連合会飛騨支部
      岐阜県飛騨農林事務所

【お問い合わせ】
      飛騨農林事務所 アレうたてぇな飛騨の味実行委員会事務局
      TEL:0577-33-1111 (内線353)


​「アレうたてぇな飛騨の味」を通して皆さんに飛騨農林事務所について知っていただくため、当日は会場に農林事務所に関するクイズを用意します。あなたは何問正解できるでしょうか。

クイズに答えていただいた方には暖かいジビエ(シカ)鍋を提供させていただきます。​​農林畜産物や生産者への感謝を込めて​​、飛騨・高山産のジビエや新鮮な野菜をふんだんに使った鍋をご用意いたしますので、二十四日市にお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。​


(写真は過去のイベントの様子)








Last updated  December 18, 2018 03:23:50 PM

December 13, 2017

​岐阜県高山市の奥飛騨温泉郷にある、​平湯温泉でトレッキング​を楽しんできました!
平湯温泉では、自然散策路(平湯自然探勝路)が設定されており、木漏れ日を浴びながら散策することが出来ます!

※11月中旬からの冷え込みで、平湯温泉では雪が降り、積雪しております。
 緑の中でのトレッキングを楽しめるのは来春以降となるかもしれません。ご注意ください!!

​ 

散策路脇には小川が流れており、


水の音が心地よく爽快です。
 

そしてまるでアニメの世界に飛び込んだような苔むしたベンチ
さすがに座ることはできませんでしたが、自然の力強さを感じました。
 

先ほどのベンチの隣にある東屋でちょっと休憩。
※こちらは苔むしていません!スマイル
 

日頃の運動不足の自分を恨みながら階段を上ります。​

​​​​今回のトレッキングの目的地は「飛騨三代名瀑の一つに数えられる平湯大滝!!
ただ、坂が長い。
気持ちが折れかけたところ滝が見えました。
 

あと少し・・・
 

圧倒的な迫力です。滝は癒されますね。
とはいえ、足の疲れは残ったまま。​​​​

​​​でも、ここは天下の名泉​「平湯温泉」​!!
足湯や露天風呂が点在しています!!
 

足湯で乳酸のたまった足をマッサージして、
最後は飛騨牛グルメで今回のトレッキングをしめくくりました。​​​

​​​ところで、この平湯温泉ですが、来年5月に岐阜県内で初めて、​ONSEN・ガストロノミーウォーキング​が開催されるそうです。
​ONSEN・ガストロノミーウォーキング​って聞いたことありますか?
温泉地を散策して、その土地の景観や自然を体感しながら、地域の食を楽しみ、温泉で疲れを癒す という、 ​「たべる」「めぐる」「つかる」を堪能するウォーキングイベント​​です。
是非参加してみたいですね!!
​​​







Last updated  December 13, 2017 03:43:22 PM

November 20, 2017

​​虫の音に秋の訪れを感じる季節となりました音符
秋は気候も過ごしやすく、開放的な気分になります。普段はインドア派の私も、秋は外に出かけたくなるものです!!
ということで、高山市にぶらり食べ歩きの旅に行ってきました!!

 

高山市の観光といえば​​『古い街並み』​​ですよね。
昔から変わらない風景を維持していると思うと、なんだかほっこりします。さて、小京都と呼ばれる高山の古い街並みを舞台に美味しいものを求めて散策開始です。​​

​​到着がお昼頃だったこともあり、最初からがっつり食べたくなったので、​高山ラーメン​にターゲットを絞り、街を放浪。数々のラーメン屋さんを目の前に決められないわたし。そこに行列のできたラーメン屋さんを発見。特にリサーチもしていなかったため、行列ができているラーメン屋さんは美味いに決まっているという信念のもと、列の最後尾へ。15分ほど待ち、いざご対麺。
 

そして実食。美味い美味すぎる。やや濃いめの醤油ベースのスープに細縮れ麺が絶妙にマッチしている。ペロッとたいらげてしまいました。 ​「麺屋しらかわ」​​さんの中華そば、是非ご賞味あれ。​​

​さて、食後のお散歩中に目に飛び込んできたのが、これ。
 

やばい。かわいい。飛騨のゆるキャラ「ひだっち」だそうです。
眠そうな目がとってもキュートです。しかもハロウィン仕様。癒されました。​

​少し歩いてまた小腹は空いてきたため、食べ歩き再開(笑)
ここからは食べたものを一気にご紹介。

 
みたらし団子。​
私のなかのみたらし団子はもっとベトベトしているイメージだったんですが、飛騨のみたらし団子はカラッとしてるんですね。シンプルな醤油味で美味しかったですグッド

​​ 
続いて、飛騨牛串焼き。​
見たまんまの美味しさです。お肉は絶対に裏切りません大笑い

 
飛騨牛握り寿司。​
塩味を注文したんですが、口の中でお肉がとろけていき、お肉本来の味が広がっていきます。幸せ赤ハート
 お皿が煎餅なのもオシャレでエコ。​​

​​​ 
飛騨牛コロッケ。
お芋のなかからお肉がこんにちはしてました。とっても​​ジューシー​​。​​​

​​​いっぱい食べて満腹になったこともあり、せっかく高山まで来たので、かねてから行きたかった、丹生川町の​「飛騨大鍾乳洞」​に寄り道。「古い街並み」から車で30分ほどの距離に位置しています。人生初の鍾乳洞(たぶん)ということで、ウキウキで突入スマイル


 
ひんやりして気持ちいい。温度計をみると10度でした。年間を通して同じような気温だそうなので、夏の避暑地としてもおすすめですグッド

つららのような石の形がとても綺麗。ところどころライトアップきらきらもしてあって幻想的な空間が広がっておりました。約35分のコースですので、日ごろの運動不足解消にも一役買いそうです。
「古い街並み」に行かれた際にはちょっと足を伸ばしてみてはいかがですか?​​​

​ノープランで行った高山でしたが、町の雰囲気やグルメなどを堪能でき、大満足のぶらり旅でした。​







Last updated  November 20, 2017 12:00:46 AM

August 9, 2017

7月中旬に五色ヶ原へ行ってきました!


平成21年度に「岐阜の宝もの」に認定されており、ご存じの方も多いと思います。


五色ヶ原は、高山市丹生川町に位置し、1万年以上前の乗鞍岳の火山活動によって形成された広大な森です。
ルートは、カモシカコースとシラビソコースの2つがありますが、今回は滝めぐりを中心としたカモシカコースに申し込みました。なお、シラビソコースは池塘めぐりが中心とのことです。
 

いずれのルートも所要8時間程度であり、集合時間も7時台と早いので、朴の木平にある「ジョイフル朴の木」に宿泊。温泉も食事も最高でした。おまけに、ハイキング後の入浴もセットでしたので、お勧めですスマイル
 

ガイドは渡辺さん。老若男女混合の7人パーティを率いていただきます。
植物の名前や熊の爪跡などについて、詳しく説明をしていただきながらゆっくりと歩きますので、それほどきつくはありませんスマイル


  


ガイドさんの知識の豊富さには驚くばかりびっくり
「あの木はサワグルミですね。クルミは身が丸くって、クルンとしているからクルミという名前になったという説がありますよ。」
「あの声はオオルリですね。木のてっぺんで鳴くのでなかなか姿は見えないのですが、さっき聞こえたコマドリとウグイスと合わせて、三大美声と言われています。」
「森の父と言われているのがミズナラ。幹を切っても、横から生えてくる逞しさが理由でしょう。母はブナ。たくさんの葉を落として土壌を作るとともに、根を深くおろすので治山にも貢献しています。」





  
 
カモシカコース名物の壮大な滝の数々に圧倒されっぱなし。


  
 

お昼は綺麗な烏帽子小屋で。事前にお弁当をお願いすれば朝用意していただけます(800円)。

 


ツアーの最後を飾るのが「布引の滝」 。これは普通の滝のように川の水が流れ落ちているのではなく、すべてが湧水とのことで、だから、どんな豪雨のときでも水が濁ることがないそうです。

森にたっぷりと癒され、大満足のツアーでした。皆様も是非お出かけください。


五色ヶ原の森案内センター
〒506-2252 岐阜県高山市丹生川町久手471-3

0577-79-2280 Fax0577-79-2888
http://goshiki2004.com/
※ツアー参加には、10日前までの予約が必要です。

 







Last updated  August 9, 2017 12:00:47 AM

June 8, 2017

 

平成29年6月4日(日)に高山市の飛騨高山ビッグアリーナで公式ドッジボールの大会、

第12回さるぼぼカップ2017が開催されました!

景品(さるぼぼ).jpg
(入賞者への景品、大会専用さるぼぼです!)

 ドッジボールに公式?と思われるかもしれないですが・・・公式あるんです音符
ルールが色々と細かくありますが、簡単に言うとバレーボールよりも大きめで重い球を既定の広さのコートで投げ合います!
 基本的には小学生までのスポーツですが、最近は大人の大会も盛んに開催されています。ちなみに今回も大人の大会が小学生と一緒に開催されました。


 私は岐阜市内のクラブのコーチとして所属している関係で、大会スタッフ兼選手として参加しました。

開会式.JPG
(開会式)


子供たちは他県からも多くの参加があり、強豪チームも多くレベルの高い大会となりました。

小学生試合1.jpg

小学生試合2.jpg

(小学生の子供たちの試合風景です。この球がけっこう痛いんです・・・ショック

大人の試合もチームや選手によってレベルはバラバラになってしまいますが、なかなか盛り上がりました!
むしろ大人の試合の方が球速が出るので、スリルまんてんの迫力ある試合が楽しめます音符
ケガをしないで試合から帰ってくるのが一番の目標でもありますね・・・スマイル

大人試合.jpg


(大人の試合はこんな感じです。かなり優しい方の試合ですね~)

そんなこんなで盛り上がった高山の第12回さるぼぼカップ2017でした!


ご自身やお子さんなどがやってみたいと興味をもたれたら、最寄りのチームを探してみてください!


岐阜県ドッジボール協会
〒500-8383 岐阜県岐阜市江添3-2-1 コーポ江添108号
TEL:058-337-1541







Last updated  June 9, 2017 02:01:42 PM

今年も5月15日に開通した乗鞍スカイラインを路線バスで登ってきました。朴の木平スキー場から畳平までバスで登ると、そこは今なお白銀の世界でした。気温は10℃位でさすがに涼しさを通り越していましたショック

今年は雪雪が多かったため、雪の壁もバッチリ見られました!!


WEB http://www.hida-norikura.com/norikura/

宿儺の湯.jpg


朴の木平スキー場バス乗り場のそばにある「宿儺の湯」温泉
WEB http://www.norikoku.com/joyful/sukuna/index.html


乗鞍岳火口.jpg

畳平近くにある噴火口炎

 

乗鞍岳雪の壁.jpg


最大高さ8mもある雪の壁は壮観!!

 下山した後は、高山市内でランチを食べました。お店は街中にある“ル・ミディ アイ”という洋食屋さんで、雰囲気も良くとてもおいしかったです音符
WEB http://www.le-midi.jp/i/index.html

ルミディi.jpg
 

 お腹が満たされた後は、古い街並みを散策しながら、定番の“みたらしだんご”を食べました。香ばしいしょうゆ味で懐かしい感じがする素朴な味わいです。

みたらし.jpg

これから暑い夏がまた来ますが、高山は湿気が少なくて過ごしやすいですよ音符
皆様ぜひ岐阜に来てみてください!!

                            <今度は自転車で乗鞍スカイラインを登ろうと心に決めた“チャリダー” >







Last updated  June 8, 2017 01:15:40 PM

April 26, 2017

 

 

attachment1

先日、白川村へ遊びに行き、道の駅「白川郷」へ立ち寄りました。
そこで店員さんから、今年は白山白川郷ホワイトロードが開通してきらきら40周年きらきらだと伺いました。
今はまだ、冬期閉鎖中下向き矢印なので、通ることはできませんが、せっかくなので、昨年の夏に行ったことを思い出してみました。

attachment2

 


さあ、いよいよ、ホワイトロードへ向かいます!!

attachment3


ここは、「ブナの小径」です。
青々としたブナの森がつづきます。

attachment4

 

おおっ!熊だっ~くま
なんちゃって、大自然の一部になってみましたあっかんべー

attachment5

ブナの小径を散歩したら、少しお腹がすいたので、蓮如茶屋に立ち寄りました音符

 

attachment1


「蓮如そば」をいただきました。
少し暑かったので、おばちゃんに無理を言って、冷たいそばに変えてもらいました。
ちなみに「蓮如そば」とは山菜そばのことです。

attachment2


そして、こちらが、最大の魅力の一つ「ふくべの大滝」です。
写真では少しわかりにくいですが、とんでもない迫力です!!
それでは、少し滝の楽しみ方をご紹介します音符

 

attachment3

のどが渇いたので、お水雫をすくって飲んでみました。
冷たくて、おいしい~!

attachment4

 

ついでに、頭も洗っちゃいました!!
きもちいい~!!

attachment5


そして、最後に、修行してみましたあっかんべー
心も体もあらわれ、とってもすてきなホワイトロードです
みなさんも是非、お試しあれ!

開通したら、みなさんもぜひ、行ってみてください上向き矢印足跡

                   from 291

白山白川郷ホワイトロード
大野郡白川村大字馬狩字幅上246の4
05769-6-1664







Last updated  April 27, 2017 10:31:09 AM

March 22, 2017
こんにちはスマイル
今回は高山市にある「HIDA TAKAYAMA Teddy Bear Eco Village」の
テディベアミュージアムに行ってきました足跡
以前、高山に住んでいた時には街中で看板は見ていたものの、なかなか行けなかったスポットですが、年末に初めて行ってから先日2回目に行きました!!

受付を過ぎるとひときわ大きいベアが出迎えてくれますくま
後で知ったのですが、記念写真カメラができるとのこと。次回来訪時には必ずやろうと思います!
 1.大きいベア.jpg
続いて進むと、何ともかわいい舞妓ベア。癒されます四つ葉
 2.舞妓ベア.jpg
そして広い場所ではテディベアの歴史ノートということで、1900年代前半から様々な年代のテディベアが並んでいます音符
 3.年代ベア(その1).jpg 4.年代ベア(その2).jpg
 5.年代ベア(その3).jpg 6.年代ベア(その4).jpg
また、真ん中にはベアとともにリスやウサギなども。
 7.真ん中.jpg
木の中には、隠れベア?もいました。見つけられてちょっとラッキー音符
 8.隠れベア.jpg

ミュージアム奥へ進むとなんと、テッド・ぷーさん・
 9.テッド・ぷー.jpg
名だたるくまたちが集結していました。
その他にはマイケル!?も。
 10.マイケル.jpg
そして外には結婚式を模した場所が。
連れからは顔出しNGNGが出ましたので、ベアたちの写真を。。。
 11.式場写真(その1).jpg  12.式場写真(その2).jpg
さらにいろいろ見て回ると、このミュージアムのもう一つのテーマである「Eco」をテーマにしたものも。
 13.エコ(その1).jpg 14.エコ(その2).jpg
 15.エコ(その3).jpg
ただ楽しめるだけではなく、環境について改めて考えさせられるそんなミュージアムです。

そしてミュージアムは1度行くと、次の来館時には来館料が100円引きとなるしおり?ももらえるため、またまた行きたくなりましたスマイル

また、ミュージアム横にはショップやカフェも併設されており、お買い物や食事も楽しむことができますOK
市街地からもそんなに離れていませんので、みなさんもぜひ高山へお越しの際は足を運んでみてはいかがでしょうかバイバイ


HIDA TAKAYAMA Teddy Bear Eco Village
〒506-0031 岐阜県高山市西之一色町3-829-4
TEL:0577-37-2525
FAX:0577-37-2528






Last updated  March 22, 2017 02:27:21 PM

March 16, 2017
平成28年8月26日より、公開された映画「君の名は。」
こちらの大ヒットのおかげで、ヒロイン「宮水三葉」の住む「糸守町」の風景モデルとなった、岐阜県飛騨市には全国(最近では海外)からの、お客様が「聖地巡礼」にみえております。

そんな、お客様の足として重宝されるのが、高速バスバスですね。

今回、高山市に本社のある、「濃飛バス」さんが、高速バスの1台をラッピングバスとして、運行を始めました!!

 ちなみに、「濃飛バス」さんが、ラッピングバスを走らせるのはこれで2台目ですひらめき
 ※その作品は高山市が舞台となったTVアニメ「氷菓」
「私、バスになりました」http://plaza.rakuten.co.jp/machi21gifu/diary/201304230000/
「氷菓ラッピングバス運行終了」ttp://plaza.rakuten.co.jp/machi21gifu/diary/201310090000/

さて、今回はお披露目式きらきらもありましたので、そちらから参加しました音符

イベント 飛騨市ラッピングバスお披露目式
日付   2017年2月27日(月)
場所   飛騨市役所 駐車場
13:00~13:30 ラッピングバスお披露目式
13:30~14:30 ラッピングバス展示
15:25 古川駅発 高速バス 新宿行きとして使用開始
(以降は濃飛バス担当各高速バス路線にて使用)


まずは、お披露目式の会場にて、ラッピングバスを待ちます。
 khn001.JPG
 お披露目会場朝の状態(飛騨市役所)
 khn002.JPG
友人・知人と昼飯をすませて、飛騨市役所にもどったら、ラッピングバス配置済みOK
 khn003.JPG  khn004.JPG
上映開始から6か月たちましたが、「君の名は」との公式コラボのラッピングバスはこれが初めてということもあり、相変わらずの報道陣!!
 khn006.JPG
都竹飛騨市長より挨拶
 khn007.JPG
運行会社の濃飛バスの社長さんからも挨拶がありまして。
 
 お披露目式(除幕)
 khn008.JPG
 関係者が並び
 khn009.JPG
 除幕しますきらきら
 khn010.JPG
 除幕終了!!
 
 khn011.JPG
都竹飛騨市長濃飛バス社長ラッピングバス記念写真カメラ
 khn012.JPG khn013.JPG  
        背面                      反対面
 khn014.JPG  khn015.JPG  
関係者がまず、全周をゆっくり見ます。
  khn016.JPG
私は屋根が気になったので、飛騨市役所西庁舎(飛騨市図書館)3階から撮影カメラ
 khn017.JPG
 前面は普通の濃飛バスです。
 khn018.JPG
 なかなか綺麗です

すこし、人が少なくなったところで、私の知人が「痛車と撮影していいです」と許可OKを採れたとのことですから、
早速実施!!
  khn020.JPG  khn021.JPG  khn022.JPG  
この後、ラッピングバスは早速、15:25 古川駅発 高速バス 新宿行きとして使用開始のため、古川駅へ移動ダッシュ
 khn023.JPG  khn024.JPG 
発着までの待機場所でも撮影カメラ

 khn025.JPG  khn026.JPG 
映画本編で瀧君が三葉の住む糸守町への行き方をタクシーの運転手に聞くあの場所から出発ダッシュ

この後、私はバスを追走車し、高山のバスセンターまで行き、そこでも撮影ちょき
  khn027.JPG

ラッピングバスの運行については、濃飛バスバスの高速バスサイトをご覧ください!
https://www.nouhibus.co.jp/status/

それでは、来年(2018)3月31日まで運行していますので、あなたが乗車する、高速バスがラッピングかもしれません。

                                                   PN:隊長(近いうちになにか発表があるかも?)






Last updated  March 16, 2017 01:11:13 PM

March 7, 2017

みなさん、こんにちはスマイル
寒さ雪も和らぎ、全国のアスリートのみなさんは今年の強化合宿先を探しはじめている
ことでしょう!!
「いつも同じ合宿先…なにか刺激がほしいな」と感じているそこのあなた!
本県自慢飛騨御嶽高原高地トレーニングエリアで「高地トレーニング」合宿を
行ってみませんか?
 写真1(外観).jpg
(下呂市濁河温泉高原スポーツレクリエーションセンター:外観)

当エリアはひらめき いなずまなんときらきら!!リオデジャネイロオリンピック2016の陸上男子10,000
メートル走で金メダル王冠を獲得したモハメド・ファラー選手(英)が利用するなど、世界的にも
かなりアツい施設です音符
ちなみに、当施設は文部科学省の指定も受けているしっかりした施設で、ハード面、ソフト面共に、海外ナショナルチームが国際大会の事前合宿に訪れるほどバリバリの第一線級ですひらめき

<施設概要>
標高1,200mから2,200mの気圧が低く酸素濃度が薄い高地でトレーニングを行うことにより心肺機能の強化が可能で、全天候型400m陸上競技場、クロスカントリーコース、ウッドチップランニングコース、各種トレーニング機器の活用など、バラエティーに富んだ練習を行うことができます。

 写真2(トレーニング機器).JPG(トレーニング機器)
 写真3(日和田ハイランド).jpg(日和田ハイランド陸上競技場) 
 写真4(ウッドチップコース).jpg(ウッドチップランニングコース)
 写真5(クロカンコース).jpg(池ノ原クロスカントリーコース)

また、施設の近隣には日本三大名泉と名高い下呂温泉温泉もあり、
トレーニングの疲れを癒しながら観光も楽しめますきらきら
こんな高トレ施設、他にはない!!Let‘s 高トレ!!


                                P.N コーヒー大好き






Last updated  March 13, 2017 09:20:53 AM

全251件 (251件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.