1957404 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

えェとコたント!!岐阜市

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

伝統工芸

2018年08月31日
XML
カテゴリ:伝統工芸

みなさん、こんにちは星

「岐阜市歴史博物館」ですスマイル

 

岐阜市歴史博物館では、9月9日(日)まで、

特別展「長良川が育む 竹の造形 和紙の彩」を開催しています晴れ

 

<岐阜市歴史博物館HP>

http://www.rekihaku.gifu.gifu.jp/

 

みなさんは、岐阜市の伝統工芸品(岐阜県郷土工芸品)のひとつに、

​「美濃筒引き本染め(みのつつびきほんぞめ)」
があるのをご存知ですか?

 

模様の輪郭など、白く残したい部分に糊置きする染色の技法で、
相撲、歌舞伎、武者絵のぼり旗や、大漁旗、のれん・日除け幕などが
この技法で染付けられています!!

 

​岐阜の染物業は​​長良川の豊富で清らかな水​​を背景に発展しました四つ葉

 

<現在、岐阜市歴史博物館に展示中の作品>



この落語の後ろ幕を制作された「()吉田旗店」様による染物体験を

8月25日(土)に開催しましたので、その様子を少しご紹介しますグッド

 

<染める前はこんな感じです>
 

<筆で丁寧に染めていきます>








<完成はこんな感じです>




    

小学生もたくさん参加してくれましたスマイル

みなさん、なかなかの出来栄えですちょき

 

また同じ日には、特別展示室実演コーナーで、

​​髙橋和傘店 髙橋美紀さん、仐日和 河合幹子さんによる​

和傘制作の実演も行われました晴れ






 

これは「糸かがり」の作業ですひらめき

ひとつ、ひとつとても丁寧に作られていますグッド

職人の鮮やかな手さばきにみとれてしまいましたびっくり

 

特別展「長良川が育む 竹の造形 和紙の彩」は、

9月9日(日)まで開催しています。

 

次は、9月1日(土)・9月2日(日)に岐阜提灯の伝統工芸士による摺り込みの実演、

9月8日(土)・9月9日(日)には変形提灯の製作実演を予定していますきらきら

 

詳細はチラシをご覧ください。

 

<岐阜市歴史博物館HP>

http://www.rekihaku.gifu.gifu.jp/

 

みなさんのご来場お待ちしていますスマイル

 

                   以上、「岐阜市歴史博物館」さんからの投稿でした。

 

 







最終更新日  2018年08月31日 09時04分00秒

2018年08月13日
カテゴリ:伝統工芸

みなさん、お久しぶりですスマイルヤッシーです星

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日は、前回、岐阜市歴史博物館さんから投稿のあった、

特別展に行ってきたので、その様子をちょっとだけご紹介します!!

 

岐阜市歴史博物館さん投稿
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/machi21gifushi/diary/201807050000/

  


 

まずエントランスに入って目に付くのが、

ガラスに貼ってある美濃和紙のデコレーション、水うちわ、和紙のイヤリングですひらめき


涼しげですねきらきら


 

続きまして、入って正面の野点傘(岐阜和傘)!!

圧倒的な大きさで、約5メートルもありますびっくり



野点傘のとなりでは、和紙の「のぼり鯉」が元気よく泳いでいますスマイル



エントランスではいろんな種類の岐阜提灯を見ることが出来ますスマイル



武者絵幕、のぼり旗も迫力満点ですグッド






和傘、提灯、うちわの体験や、製作工程を映像で見ることのできるスペースがあります星

ここでは和傘や提灯の製作実演が行われる日もあるそうですウィンク

 

 

残念ながら、特別展示場内は写真撮影禁止のため、

その素晴らしさをお伝えすることが出来ません・・・


※エントランス部分の展示は撮影可能です。
 今回の写真もすべてエントランス部分の展示になります。

 

みなさん、この夏は岐阜市歴史博物館に行って、

「岐阜の伝統工芸とわざ」に触れてみてはいかがでしょうか?

 

<特別展詳細>

http://www.rekihaku.gifu.gifu.jp/tenrankai/2018taketowashi/taketowashi.pdf


<岐阜市歴史博物館HP>
http://www.rekihaku.gifu.gifu.jp/
                         
                     以上、「ヤッシー」さんからの投稿でした。 







最終更新日  2018年08月13日 09時01分57秒

2018年07月05日
カテゴリ:伝統工芸

みなさん、こんにちは。岐阜市歴史博物館です。
本日は7月27日から始まる特別展のご案内をいたします。
 

 


美濃地方は古くから良質な竹や和紙の産地に恵まれ、長良川中流域に位置する岐阜は水運を利用した物資の集散地となっていました。

このような地理的条件のもと、岐阜では良質な竹や和紙を材料とした傘・提灯・団扇の生産が発達し、名産品として名を馳せたほか、清らかな水を利用した染物も盛んに行われてきました。

これらは日常の用具であるだけでなく、その繊細優美なデザインで多くの人の目を惹き、特に明治以降は海外でも高い評価を得ました。

さらに近年ではこれらの伝統的なモノづくりは文化としても評価され、国の伝統的工芸品や登録有形民俗文化財、県の郷土工芸品などの指定を受け、職人の製作技術についても注目が高まっています。

本展ではこれらの歴史や卓越した機能、デザイン、職人の手仕事の道具などを紹介し、その魅力に迫ります。

講演会、講座、和傘や提灯の制作実演等の予定もございます。
この機会に是非、岐阜の伝統工芸とわざに触れてみてはいかがでしょうか。
たくさんの方のご来場をお待ちしております。
詳細は以下URLのチラシをご参照ください。

「長良川が育む 竹の造形 和紙の彩」チラシのダウンロードはこちらから
http://www.rekihaku.gifu.gifu.jp/tenrankai/2018taketowashi/taketowashi.pdf

なお7月16日(月・祝)までは、特別展「粋な古伊万里 江戸好みのうつわデザイン」 を開催中です。
古伊万里とは、江戸時代に作られ、伊万里港から全国だけでなく海外へも輸出された焼物です。
初公開の古伊万里コレクションを通じて、都市・江戸の人々が好んだ、どこか粋で洒落た雰囲気が漂う意匠(デザイン)の世界をご紹介しています。



「粋な古伊万里」チラシのダウンロードはこちらから
http://www.rekihaku.gifu.gifu.jp/tenrankai/2018koimari/ikinakoimari.pdf


以上、「岐阜市歴史博物館」さんからの投稿でした。







最終更新日  2018年07月06日 16時23分20秒

2016年06月27日
カテゴリ:伝統工芸

みなさん、こんにちは晴れ

管理人の「ヤッシー」ですウィンク

雨が続きますが、本日は「涼」を感じるおすすめスポットを

ご紹介したいと思います音符

まち1 

やってきたのは、「鵜飼観覧船事務所」や「十八楼」さんがある長良川左岸の「川原町」ひらめき



本日ご紹介するのは、

平成28年6月1日にオープンした岐阜が誇る伝統工芸品を中心としたセレクトショップ

「長良川デパート湊町店」さんと、そのお隣、岐阜うちわの専門店「住井冨次郎商店」さんですひらめき

 

で5

まずは、「長良川デパート湊町店」さんからグッド

大変涼しげな店構えですひらめき

で4

店内は岐阜の魅力ある伝統工芸品などでいっぱいです上向き矢印

で2

で6

で7

郡上下駄などは、これからの季節にピッタリではないでしょうか?


続きまして、「住井冨次郎商店」さんひらめき

う1

こちらは「岐阜うちわ・渋うちわ・水うちわ・鵜飼扇子」

の製造・販売をされていますオーケー

う2

少しわかりにくいですが、

写真のようにうちわを作っているところを見ることが出来ます音符

う5

いろんな種類があるため、どれにしようか迷ってしまいますびっくり

う3

みなさんも、これからの暑い季節、

「涼」を求めて、「川原町」探索をしてみてはいかがでしょうか?


【長良川デパート 湊町店】

500-8009 岐阜市湊町45

営業時間 10001800  日・月定休

HP:http://nagaragawadepart.net/?tid=6&mode=f6

 

【住井冨次郎商店】

500-8009

岐阜県岐阜市湊町46番地

※鵜飼期間中(5月11日~10月15日)

  営業時間:朝7時~夜9時、無休

※鵜飼期間外

  営業時間:朝9時~夜6時、日曜定休

HP:http://www.ccn.aitai.ne.jp/~gf-utiwa/

                     

                        以上、「ヤッシー」からの投稿でした。

 

 

 

 







最終更新日  2016年06月29日 09時49分51秒

2016年01月26日
カテゴリ:伝統工芸
 

こんにちは、みっちょんです!

 

今回は岐阜市の伝統的工芸品の岐阜提灯について紹介したいと思います。

去る1月15日(金)に岐阜提灯の製作用具及び製品(1,004点)が国登録有形民俗文化財に登録されるよう答申されました。

なんと岐阜県初となりますびっくり!!

IMG_8249.JPG

現物は岐阜市歴史博物館に展示されていますスマイル

 

ちなみに、有形民俗文化財とは、「人々が日常生活の中で創造し、継承してきた道具や製品など」、「国民の生活の推移を理解する上で欠くことのできない道具や製品など」です。

 

IMG_8212.JPG

製造のための道具類

 

IMG_8237.JPG

明治時代に作られたという御所提灯。歴史が感じられます。

 

 

IMG_8224.JPG

ちょっと奇抜な形の変形提灯。現在では主に東海地方で子どもが初めて七夕を祝う「初七夕」の提灯として使われています。

 

IMG_8223.JPG

置き型の大内行灯。美しい草花が描かれています。

 

お盆になると提灯を飾られるご家庭も多いと思いますが、生活様式の西洋化、お盆行事の希薄化に伴い、提灯を飾る風習が薄らいでいるのも事実です。

また、提灯のような手工芸品は後継者不足もあり、その市場は縮小の一途を辿っています。

そんな中、今回の登録は製品だけではなく道具にもスポットが当たり、手工芸品の素晴らしさを後世に残すためにも非常に意味の深いものであったように思います。

 

IMG_8216.JPG

提灯の灯りは心が休まりますよねぽっ光は和紙を通すことで人の目にやさしく届きます。

みなさんも「やさしい光」に触れられてはいかがでしょうか?

 

 

 

【岐阜市歴史博物館】

住所   〒500-8003 岐阜市大宮町2丁目18-1(岐阜公園内)

開館時間 午前9時~午後5時 入館は午後4時30分まで

休館日  毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、

       祝日の翌日、年末・年始(12月28日から1月3日)

観覧料  大人300円、小人150円

 

みっちょんさんからの投稿でした。







最終更新日  2016年01月26日 10時55分01秒

2015年11月13日
カテゴリ:伝統工芸
 

肌寒い日が続きますが、みなさんお元気ですかスマイル??

管理人のロッシーです。

 

今日はそんな寒い日でも心がほっこりあたたまる展示会、『ISAMU NOGUCHI AKARI EXHIBITION 2015』をご紹介しますウィンク!

 

本日11月13日(金)~18日(水)の間、(株)オゼキAKARI倉庫の特設会場にて、本美濃紙にスポットをあてた「AKARI」の発表と展示があります。

 

 1.jpg

 

オゼキさんといえば、国の指定を受けた伝統的工芸品【岐阜提灯】を作っている会社ですが、世界的彫刻家イサム・ノグチ氏がデザインした照明器具「AKARI」も作っているんですよ音符

 

イサム・ノグチ氏の代表作の一つとして数えられる「AKARI」は、岐阜の提灯との出会いによって誕生し、イサム・ノグチ氏は亡くなるまでの約40年にわたり、たくさんの「AKARI」を生み出しました。

 

今年は、昨年ユネスコ無形文化遺産に登録された本美濃紙を使用した「AKARI」が発表されます。

 

また、オゼキさんからも本美濃紙を使用した提灯の数々が展示されるほか、提灯製作実演が会期中の全日において開催されます!!

岐阜市の誇る伝統的工芸品ですが、製作風景をみる事はなかなかできないので、これはいい機会ですねウィンク音符

2.jpg

「AKARI」の圧倒的な造形美と、手漉き和紙が映し出すほんのりとしたやわらかい光、そして職人さんの素晴らしい手仕事を堪能できる『ISAMU NOGUCHI AKARI EXHIBITION 2015』。

ぜひ皆さん足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

『ISAMU NOGUCHI AKARI EXHIBITION 2015』

会期:平成27年11月13日(金)~18日(水) 午前10時~午後4時   15日(日)は休館です

入場料無料

岐阜市笹土居町30番地 (株)オゼキAKARI倉庫1・2・3階特設会場

※メディアコスモス鶯谷高校口バス停から徒歩4分

お問い合わせ先:058-263-0111(オゼキ本社)

http://www.ozeki-lantern.co.jp/topics/cont.php?page=0&cont_no=00019

 

ロッシーからの投稿でした。







最終更新日  2015年11月13日 12時04分55秒

2015年01月23日
カテゴリ:伝統工芸
 

食べるの大好きラビットです満車

 

突然ですが、みなさん岐阜市の伝統工芸品は、何があるかご存知ですか???

 

岐阜提灯、のぼり鯉、岐阜渋うちわ、美濃筒引き本染め・手刷り捺染などがあります!

 

岐阜市のホームページでもご紹介していますので、ご覧くださいパソコン

 

そして、本日ご紹介するのは、同じく岐阜市の伝統工芸品の「岐阜和傘」です雨

 

岐阜市の加納という地区は、和傘の町として知られていますがみなさんご存知ですか?

 

和傘の紹介については、さきほどご紹介したホームページをご覧くださいねウィンク

 

ところで、最近は、和傘を見る機会がほとんどなくなってしまいましたよね~しょんぼり

 

けど、「和傘を見たい、堪能したい」という方に朗報ですグッド

 

創業100年以上の歴史があり、加納で和傘を作っている会社「坂井田永吉本店」さんが、名古屋のノリタケの森ギャラリーで展示会を開催されますきらきらきらきらきらきら

 

SKM_654e15010910040.jpg

 

 

 

SKM_654e15010910050.jpg

 

コンセプトは、「普段着の和傘」スマイル

 

普段着の和傘。どういった傘なのか・・・・とても気になります音符

 

みなさんも見に行ってみてくださいOK私も見に行ってみようと思います目

 

******************

株式会社坂井田永吉本店

住所    岐阜市加納中広江町27

電話    058-271-6958

会社HP:http://kano-wagasa.jp/index.html

 

ラビットさんからの投稿でした。







最終更新日  2015年01月23日 14時36分01秒

2014年08月04日
カテゴリ:伝統工芸
 

今年の3月の話ですが、岐阜提灯協同組合さんが組合員さん向けに開催した実技研修会を

見学させていただきました。

 

2日間に亘る研修会で、1日目は「摺込み(すりこみ)」、2日目は「張り」研修でした。

 

専門用語で、どんな内容かわかりにくいと思いますので、簡単に説明しますと...

 

摺込みとは、木版を元に作った型紙で和紙に絵を摺込むことで、

 

摺込師作業写真.jpg

 

そして張りは、ヒゴを巻いて和紙を張る作業をいいます。

 

張師作業写真.jpg

 

 

研修の話に戻ります。

講師の先生が、「せっかくなので体験してみてください」とおっしゃってくださいましたので、

摺込みと張りの一部を体験させていただきました。

張り.JPG

 

上の写真は提灯の形をした木枠にヒゴ(研修は竹ではなく、細い針金に紙をまいたヒゴを使用)を

巻く作業です。木枠にヒゴ用の切り込みが入っていますので、それにあわせて巻きつけます。

簡単そうに見えますが、力を入れすぎると角ばった八角形になり、丸い膨らみをおびた提灯に

はなりません。緩すぎるとヒゴが外れてしまいます。この力加減が難しくて、がたがたになって

しまいました。

 

IMG_4729.JPG

そして糊付け作業。

刷毛に適量の糊を含ませ、素早くかつリズミカルに糊付けします。

糊がダマになってしまったりして、均等につけるのは難しい。

つけすぎも少なすぎも和紙の張り具合に影響します。

 

その後、和紙を張り、余分な和紙を切り落とす工程も体験させていただきましたが、

本当に細かく繊細な作業でしたほえー

 

改めて、岐阜提灯の職人さんの技術のスゴさを感じました。 

 

体験させてもらった工程はほんの一部で、あとは手直しして完成させてくださいました。

 

こちらです。

 

DSC_1268.JPG

 

近くでみると和紙の重なり部分がガタガタになっていて、愛嬌たっぷりですが、

遠目でみると立派な提灯にできあがりました。

 

優しい水色をした透けた和紙が見ている私たちに涼を与えてくれます。

 

もうすぐお盆です。提灯を飾られているご家庭も多いと思います。

是非ご自宅の提灯を観て、提灯の繊細さを感じてみてください。

 

最後に提灯づくりに興味を持たれた方にご案内です。

岐阜市歴史博物館では、市民向けに提灯づくりの講座を開催しています。

詳しくは、こちらまで http://www.rekihaku.gifu.gifu.jp/kouza.html

 

 







最終更新日  2014年08月04日 10時52分42秒

2014年05月30日
カテゴリ:伝統工芸
 

今日は、岐阜市の伝統工芸のお話です。まずは、簡単に紹介させていただきます。

岐阜提灯(ぎふちょうちん)   経済産業大臣指定伝統的工芸品

ちょうちん.jpg

 

岐阜和傘(ぎふわがさ)  岐阜県郷土工芸品

わがさ.jpg

 

岐阜渋うちわ(ぎふしぶうちわ)   岐阜県郷土工芸品

ぎふうちわ.jpg

 

のぼり鯉・花合羽(油紙)(のぼりごい・はながっぱ(あぶらがみ))  岐阜県郷土工芸品

のぼりごい.jpg あぶらがみ.jpg

美濃筒引き本染め・手刷り捺染(みのつつびきほんぞめ・てずりなっせん)

*伝統的な技法をいいます。     岐阜県郷土工芸品

そめ.JPG

 

以上の5つが岐阜市の伝統工芸です。

 

その中でも、今日は「岐阜渋うちわ」をご紹介したいと思います。

 

岐阜のうちわは、美濃地方の手漉き和紙や良質の竹を用いて江戸時代から作られました。

幕末には漆を塗った「塗うちわ」がつくられ、美しいツヤと深い色合いを引き出すとともに耐久性を

高めました。

この塗りが岐阜うちわの特徴なのです。また漆だけではなく、柿渋を塗った「渋うちわ」や

雁皮紙(がんぴし)にニスを塗った「水うちわ」もあります。

 

みずうちわ.JPG 塗半分.JPG

右の写真は、「塗り」を視覚的にわかってもらうために半分塗ってあります。

塗ることにより透明感が出て、涼しげになるのですねぇ。

 

みずうちわ横.JPG

 

うちわづくりを見学させていただきました。

 

のりづけ.JPG

 

竹の骨に薄い紙を張る作業です。この紙はあぶらとり紙と同じ紙だそうです。

刷毛でたたいて空気を抜いていきます。

 

刷毛.JPG

 

職人さんの慣れた手つきで、次から次へと紙が貼られていきました。

作業を続けながらも、職人さんならではの話をしてくださいました。

改めて岐阜うちわのよさを知ることができました。

 

店内にこのようなものがありました。

ぬきがた.JPG

これは何だかわかりますか?

この道具は、「ぬきがた」といって、紙をはった竹骨を打ち抜いて、うちわの形に

するそうです。道具も昔ながらのもので作られているのですね。

 

今週は気温30℃を超える暑いあつ~い1週間でした。

今年こそは水うちわを買って、見て、扇いではエコな生活を送ってみようと

思った投稿者でした。

 

岐阜渋うちわを製造しているお店は、

岐阜市湊町46

住井冨次郎商店  TEL 058-264-4318 

 

岐阜市の伝統工芸のパンフレットを岐阜市役所産業雇用課にて配布しています。

数に限りがありますが、興味を持たれた方は是非ご覧ください。

 

 

 

 

 







最終更新日  2014年05月30日 17時13分04秒

2012年12月05日
カテゴリ:伝統工芸
以前ブログで告知されていましたが、

岐阜市の伝統的工芸品「岐阜提灯」を味わうイベント、つなぐあかりに行ってきました。

 

1.JPG

 

すっかりおなじみになりました長良川うかいミュージアム

いつもの風景...ん?

 

2.JPG

あれ、いつもこんなの置いてあったっけ...??

 

3.JPG 4.JPG

5.JPG 6.JPG

ちょうちんがこんなにたくさん!

7.JPG 8.jpg

飼育小屋の中のウミウも不思議そうです。

敷地一帯に約100個ものちょうちんが飾られていました。

お盆ちょうちんのイメージが強い「岐阜提灯」ですが、

こうしてみるととってもモダンなディスプレイです。

 

また、休憩所「四阿(あずまや)」では、

9.JPG

 

無料のちょうちん絵付け体験パレットも行われていて、

子どもたちがちょうちんに楽しそう音符に絵を描いていました。

10.JPG 11.JPG

じょうずにできたかな?猫

 

さて、このちょうちんたちは暗くなってあかりを灯したら

いったいどんなふうになるのでしょう?犬

ということで、日が沈んでからも見に来てみました。

 

12.JPG

 

どうぞご覧ください。

13.JPG 14.JPG

15.JPG  16.JPG

きれ~!! :*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

電飾によるイルミネーションとは違い、とてもやわらかで温かなあかりです。きらきら

 

お客さんたちは手に小型のちょうちん「レター提灯」を持って

辺りを散策していました。

17.JPG 18.JPG

また、川沿いに降りると、「川呑み友の会」による飲み物コーヒーサービスも。

19.JPG 20.JPG

みなさん思い思いに秋の夜長を楽しんでいました。

 

ライフスタイルの変化とともに、「岐阜提灯」が活躍する場は徐々に減ってきています。

しかし古くから受け継がれてきた伝統美はやはりすばらしいものです。

みなさんも「岐阜提灯」を、ご家庭で楽しんでみてはいかがでしょう?

 

お問い合わせ・お求めは岐阜提灯協同組合加盟店へどうぞ。

 

21.JPG

 

≪岐阜提灯協同組合≫

岐阜市小熊町1-18((株)オゼキ内)

TEL:058-263-0111

URL: http://www.gifu-chochin.or.jp/

 

わっきーさんからの投稿でした。







最終更新日  2012年12月05日 09時12分52秒

このブログでよく読まれている記事

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.