2017年03月10日

二代目

カテゴリ:散歩

日本酒と旅マラソンを愛する小生…、

月に一度、名古屋の大須にある小さな寺で、

写経…半紙に御経などを書き写していく坊主の修行、

ひたすらに般若心経を書き写し、心を整える。

その帰り道、名古屋駅で…、

甘いものには目が無い小生

http://plaza.rakuten.co.jp/machi21gifushi/diary/20161208/

必ずこの、好物の、伊勢の虎屋ういろを求める。

1ういろ.JPG

以前は、岐阜高島屋でも手に入ったのだが、

いつの間にか、なくなっていた。

「いせとら」と呼び、馴染んでいた。

さて、そうこうするうちに、岐阜駅。

2岐阜駅前.JPG

2017年、

織田信長が、この地を「岐阜」と命名して450年の今年、

さまざまなイベントが催される岐阜ちょき

まだまだ、変わっていくきらきら

その昔、岐阜と尾張の熱田神宮を結んでいた御鮨街道の、

http://plaza.rakuten.co.jp/machi21gifushi/diary/20151211/

現代の御鮨街道の道標と、カラー舗装も、知らぬ間にずいぶんと整備されていた歩く人

3御鮨街道.JPG

そして今日も、例によって例の如し、

あの大好きな町へ、御鮨街道をなぞる歩く人

このマンションの角を曲がり、

4踏切.JPG

踏切電車をこえ、

5看板.JPG

溝旗公園を右手に…、

現代の御鮨街道、カラー舗装が続く歩く人

6菓子問屋.JPG

ここらあたりは、市場であったと聞く。

その名残か、こうした懐かしい菓子問屋をはじめ、

ぽつりぽつりと卸問屋が残るきらきら

7交差点.JPG

…いつもの交差点、

大好きな町「美殿町」と御鮨街道の交差点は、すぐだった晴れ

もうすぐ、「梅まつり」のこの時季、

8梅.JPG

梅林公園へ向かう人も、ちらほらと流れているが、

小生は、最近、気になる、一本の木に向かう歩く人

9気になる木.JPG

美殿町の通りから、少し南に入った、

以前は小料理屋か何かだったか、そんな体の建物の、

佇む一本の気になる木きらきら

いつ、どんな景色を見せてくれるのか、気になる木…、

そして、もうひとつ気になる…、

10縄のれん.JPG

そこは…、まるで江戸時代の煮売屋を思わせる店表の、縄のれんをくぐると、

11厨房.JPG

広い厨房と、

12店内.JPG

高い天井に、引き寄せられる!!

13餃子.JPG

隣の客の様子を伺いながら…、

まずは、名物「あかつ餃子」に、一口のビールをビール

この餃子、この一口のビールに、なかなかに合うきらきら

14麻婆豆腐.JPG

これも名物「麻婆豆腐」食事

この旨みと、しびれ具合が、なんとも言えず心地よいOK

ここは、中華料理の店…、

15馬刺し.JPG

と、熊本の馬刺しが…、一口…、

これは甘い!なかなかに旨い!

もう、熱燗に限るというものだ日本酒

ここは、馬肉料理の店…、

16心臓.JPG

と、今度は豚の心臓を、炙って喰らう食事

この、コリコリとした歯ごたえが堪らない!

17鶏.JPG

続いて、鶏を、焼いて喰らう食事

この、ギュッとした筋肉の弾力が、また堪らない!

ここは、焼肉の店…

18タンメン.JPG

と、最後に、野菜たっぷりの「タンメン」を啜れば、

もう、大満足なのであるちょき

ところで、この店…、

19鍋振り.JPG

厨房で独り、中華鍋を振るこの店の主…、

先代より受け継いだ、肉をみる目と中華の味に、

その間違いのない仕事に、遠方より通う客も少なくないひらめき

「二代目 あかね家」

20屋号.JPG

乞うご期待!!

 

                     以上、「あにい」さんからの投稿でした。 






TWITTER

最終更新日  2017年03月10日 09時36分23秒
[散歩] カテゴリの最新記事