3995263 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天×岐阜県美濃加茂市

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2013年10月07日
XML
カテゴリ:その他

(ブログ)DSC_5720.gif

 岐阜県営平成記念公園北部地区で10月3日、山之上保育園児28人を対象に、山羊に対する知識や動物とのふれあいの楽しさを学んでもらおうと岐阜大学応用生物科学部を中心に「やぎさんふれあい講座」を開催されました。

 これは今年9月5日に、同地区に山羊を放牧して雑草の除去能力や植物の種多様性への影響などを研究し、荒廃地の維持管理手法を打ち立てて行こうと、岐阜大学応用生物科学部(福井博一 学部長)と有限会社FRUSIC美濃加茂支店(渡辺祥二 代表取締役)、市の3者で締結した「山羊による緑地再生に関する共同研究」の一環で行われたもの。

(ブログ)DSC_5701.gif

 この日は、岐阜大学応用生物学部八代田真人(やよた まさと)准教授と同大学の学生3人が講師となり、山羊の生体や餌のあげ方などを園児達に話していました。講師の学生らは「山羊は牛の仲間でいつもは崖や高い山に住んでいる動物。」「たくさん草を食べられるように胃袋が4つあり、お腹の硬さが違う」などと説明し、園児たちは「牛の仲間なの?」「本当にお腹の硬さが違う」などと話しながら羊に餌を与えるなどして山羊とのふれあいを楽しみました。

 八代田准教授は「地元の人とふれあいながら自分たちの研究を知ってもらえるのが非常に重要。今後はこの研究を地元の住民の方に還元できるようにしていきたい」と話していました。






最終更新日  2013年10月07日 07時08分02秒
[その他] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.