4117541 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天×岐阜県美濃加茂市

全197件 (197件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 20 >

商工観光

2017年03月07日
XML
カテゴリ:商工観光

平成28年10月25日(火)に発足した、タンドール製菓株式会社と美濃加茂市がチームを組み、美濃加茂市を広くPRできる新たな名産品の共同開発を行うプロジェクトチーム「ぎふぎふとPJ みのかも発信!」では、発足以来、"美濃加茂といったらコレ!"という、市民のみなさんの誇りとなり、大切な方へ贈りたくなるような名産品を作りたい!という思いのもと活動を続けてきました。





これまでの4ヶ月間の活動で、数多くの案の中から試作を繰り返し、3つの商品案が出来上がりました。

今回の会議では、いつものプロジェクトメンバーに市長と社長を交え、3つの商品案の試食と講評をいただきました。





「味はもちろんのこと、手土産として相手の方にお渡ししたときに、見た目にインパクトがあることや、なぜ美濃加茂でこのお菓子なのかというストーリーが伝わるものであると良いのではないか」

「商品の話題性や特徴は必要だが、長く続くものとしては、定番のものが強いのではないか」

など、たくさんの意見をいただきました。

さらに魅力的なお菓子となるよう、今回いただいた意見を取り入れながら開発を進めていきます。



今後は、市民の皆さんにも試食していただき、お菓子に対するご意見をいただける場を設けていく予定にしています。

開発段階から多くの方に関わっていただき、地元の皆さんに愛されるお菓子となることを願っています。







最終更新日  2017年03月07日 13時08分57秒

2017年03月03日
カテゴリ:商工観光

美濃加茂市太田本町の中山道太田宿にある酒蔵、御代桜醸造さんから、新商品「御代櫻 純米吟醸 あさひの夢」が発売となりました!!






市内の農家さんとの契約栽培によって実現した「美濃加茂のお米」
敷地内の井戸からくみ上げた木曽川の伏流水を使用した「美濃加茂の水」
杜氏をはじめ酒造りに携わるのはもちろん「美濃加茂の人」


100%、美濃加茂のお酒がついに誕生です!!


さらに、、、
なんと「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」に出品したところメイン部門で金賞を受賞されたとのことで、その味に期待が膨らみます!


サイズは3種類あり、手土産からご自宅用まで様々なシーンで楽しめそうです。





この商品は、パッケージの作成に「美濃加茂市食品ブランド事業補助金」を活用していただきました。

パッケージのイメージは美濃加茂市を流れる木曽川の流れをイメージしたさわやかなデザインとなっており、美濃加茂市産「あさひの夢」として前面に”美濃加茂”の文字を入れていただいております。

これから、美濃加茂ブランドの一つとして、美濃加茂市をどんどんPRしていただくのはもちろんのこと、美濃加茂の方に愛される本物の”地酒”となっていくことを期待しています。










最終更新日  2017年03月03日 10時48分43秒

2017年01月23日
カテゴリ:商工観光
今月5日から、フランスのアルザス欧州日本学研究所の学生で日本の文化について研究をしている、Bretez Anne(ブルテズ アンヌ)さんが美濃加茂市に滞在し、外国人の視点で美濃加茂市の魅力を発掘し、SNSで欧州等へ情報を発信していただいています。

<参考記事>
みのかも取材日記(2017年01月12日)「外国人目線で美濃加茂の魅力を発掘!!(産業振興課)」


美濃加茂市に滞在して2週間が経ち、市内の様々な場所へ行き、たくさんの方とふれあってきました。
その様子や、そこで感じたことをこちらのfacebookページで発信していただいています。
The beauty of Japan's Countryside ー facebook
記事はもちろん日本語ではないですが、美濃加茂の風景が写真と共に記事になっているのを見ると、うれしくなります♪


市内を巡っている様子を写真でいくつかご紹介します。



△小山観音



△みのかも文化の森



△堂上蜂屋柿振興会



△山之上トレザイール~地方創生マルシェ~






最終更新日  2017年01月23日 13時09分01秒

2017年01月12日
カテゴリ:商工観光
2015年11月に協力覚書を締結した、株式会社ANA総合研究所との協力事業のひとつとして、フランスのアルザス欧州日本学研究所の学生で日本の文化について研究をしている、Bretez Anne(ブルテズ アンヌ)さんが、美濃加茂市にいらっしゃいました。






アンヌさんには、約1ヶ月間、美濃加茂市に滞在し、中山道太田宿をはじめ、市内の史跡や文化財を訪れたり、地域のイベントにおける市民との交流を通して、訪日外国人の視点で美濃加茂市の魅力を発掘し、SNSで欧州等へ情報発信をしていただくことと、外国人誘客に向けた美濃加茂市の課題や対策について提言をいただきます。




▲初日は日本昭和村へ行きました。これから市内各所を巡ります。



近年、日本を訪れる外国人が急増するなかで、日本の歴史や文化に興味を持って来日することの多い、欧州の方を、美濃加茂市にも呼び込んでいくために、日本人、あるいは美濃加茂に住んでいる私たちにとっては日常となっており、気がつかない魅力や課題を知る良い機会となることを期待しています。






最終更新日  2017年01月12日 12時42分47秒

2016年11月29日
カテゴリ:商工観光
美濃太田駅構内のKioskに美濃加茂市のお土産品を扱う特設コーナーが誕生しました!!





実は、これまで美濃太田駅のKioskには地元の美濃加茂市のお土産品があまり置いてありませんでした。。。


が、この度、東海キヨスク株式会社様のご協力により、美濃加茂市のお土産品をセレクトした販売ワゴンを店舗前面に設置していただけることになり、駅でお出かけ前にお土産を買うことができるようになりました。


市の玄関口のひとつである美濃太田駅でお土産品を買えるようにすることで、旅行や仕事でいらっしゃった方や、美濃加茂市のお土産品をもってお出かけされる方に、地元の魅力的な産品を手に取っていただく機会を増やし、美濃加茂市を広くPRすることにつなげていきたいと考えています!





今回の商品ラインナップは「中山道太田宿チョコクランチ」(左)、「堂上蜂屋柿ふぃなんしぇ」(中)、「御代櫻パンダカップセット」(右)の3種類。
設置商品は美濃加茂市観光協会様の協力を得て、候補商品を募集し、東海キヨスク様の選定により決定しました。



特設ワゴンは、美濃加茂市の象徴でもある木曽川と美濃加茂の風景をイラストで表現したデザインです。
ワゴンを設置している最中から、何人もの方に興味を持っていただき、ワゴンを設置してすぐ、記念すべき第一号のお客様がいらっしゃいました!




これから多くの方にご利用いただけることを期待しております!!






最終更新日  2016年11月29日 11時57分51秒

2016年11月16日
カテゴリ:商工観光
11月12日(土)、13日(日)に日本昭和村で『みのかも市民まつり』が開催されました。
 
 12日はに開会式が行われ、みのかも市民まつり実行委員会の鈴木登会長の挨拶や藤井浩人美濃加茂市長の祝辞があり、まつりがスタートしました。




 晴天に恵まれ、2日間で45,000人もの方々にお越しいただきました。


 食べ物や特産品などの販売はもちろん、現地からのラジオ放送や働く車への乗車、牛の乳搾り、餅つきなどのブースもあり、参加者は楽しそうに体験していました。







 まつりを盛り上げてくださいました、吉本住みます芸人の三ツ星ジョージさんも一緒に餅つき。

 昭和村園内ではステージイベントや稲わらアートの展示なども行われました。




 

 ご来場くださいました皆様本当にありがとうございました。






最終更新日  2016年11月17日 11時06分40秒

2016年11月11日
カテゴリ:商工観光
『美濃加茂市民まつり』が今週末(11月12日・13日)に日本昭和村で開催されます。日本昭和村も入場が無料となります!


 
 日本昭和村の駐車場や園内に約80のお店やブースが並びます。
 美濃加茂焼きそばや松茸ご飯、へぼ飯や朴葉寿司など、地域の美味しい食事はもちろん、梨や柿などの果物や、新米、野菜、お酒、お味噌など特産品などのお買いものも楽しめます。


 
 また、美濃加茂市と交流のある富山県氷見市、宮城県東松島市、和歌山県由良町、大阪府泉佐野市からも特産品の販売があります。

 園内では里芋煮や餅の無料配布などお得なイベント、堂上蜂屋柿の皮むき体験(500円)などの体験イベントを実施します。
 
 地域の魅力が詰まった市民まつりへ是非お出かけください。

 お車でお越しの際は大変混雑しますので、できる限り乗り合わせてお越しください。
 また美濃太田駅北口、美濃加茂市役所から無料のシャトルバスが運行します。まつりの期間中は特別に「あい愛バス」の文化の森公園線も無料でご利用いただけます。この機会に是非お子様とあい愛バスを利用されてはいかがでしょうか。


 チラシや時刻表は美濃加茂市のHPからダウンロードできます。

 今年は天気も晴れ予報です。この週末は是非『みのかも市民まつり』へお出かけください!






最終更新日  2016年11月11日 10時57分29秒

2016年11月07日
カテゴリ:商工観光
平成28年10月31日(月)、美濃加茂市は大阪の泉佐野市と「特産品相互取扱協定」を締結しました。

▲泉佐野市 千代松市長と美濃加茂市 藤井市長の調印式の様子

この協定は、地域の特産品を、相互の地域から広くPRをしていくものです。

泉佐野市は全国各地の自治体とこの協定を進めており、美濃加茂市は9番目となります。
千代松市長は「美濃加茂市のフルーツなどは泉佐野市にないもの。市民や関空の利用者に知ってもらい、互いの産業の発展に寄与したい」と話されました。

藤井市長は「関空があり、人の交流が活発な泉佐野市から、こうした協定のご提案をいただけたことは光栄。ご縁を大切にしながら、協定を活用してお互いの地元産業の交流やふるさと納税の充実を図りたい」と応えました。

美濃加茂市では、協定に基づいて11月12日から始めるシティホテル1階のアンテナショップ Minok'mon(みのかもん)5周年フェアで、泉佐野市の特産品を活用します。

▲泉佐野市と美濃加茂市の特産品






最終更新日  2016年11月07日 16時05分11秒

2016年11月01日
カテゴリ:商工観光
本年4月にお披露目された、新たな観光資源である観光列車「ながら」を、美濃加茂商工会議所の女性会としても、広くPRをしていきたいと考え、その第一歩として、まずは「ながら」の魅力を知ろう!ということで、実際に乗車し、「ながら」の魅力をそれぞれ体感しました。


▲30名ほどのメンバーが集まりました



▲窓から見える景色や上質な車内の雰囲気を楽しみました



今回の乗車で、それぞれの目線で感じた「ながら」の魅力を、女性会の活動を通して広くPRを行い、「ながら」のファンを一人でも多く増やしていきたいとのことでした。




▲ケーブルテレビ「チャンネルCCN」の取材を受ける一幕も


「ながら」の車窓からは、四季折々、さまざまな表情を見せる大自然の風景を楽しむことができます!
今の時期、清流の流れとともに、鮮やかに紅葉した山々の景色を楽しみながら、時間を忘れ、ゆっくりと列車に揺られる、そんな贅沢な時間をお楽しみいただけます。
冬の雪景色も楽しみです♪

今後、観光列車「ながら」が多くの方に愛され、美濃加茂市を代表する観光資源となることを期待しています!



▲贅沢な列車旅がお楽しみいただけます






最終更新日  2016年11月01日 15時51分57秒

2016年10月28日
カテゴリ:商工観光

 美濃加茂といったらコレ!という、市民のみなさんの誇りとなり、大切な方へ贈りたくなるような名産品を作りたい!という思いを実現させるべく「ぎふぎふとPJ みのかも発信!」が新たに発足されました。(PJ=プロジェクト)
 
これはタンドール製菓株式会社 と 美濃加茂市がチームを組み、全国的に知られる新たな名産品の共同開発を行うものです。

 平成28年10月25日(火)にタンドール製菓㈱の若尾達也代表取締役と美濃加茂市長らによるキックオフを行い、プロジェクトが本格始動しました!


 藤井浩人美濃加茂市長からは、「日本のお菓子の製造技術というのは世界に誇れるほどのもの。今回のプロジェクトでは、市民の方々への認知から、将来的には世界への発信までを視野に入れて動き出したい。」と思いを語りました。

 若尾代表取締役も、「現在は堂上蜂屋柿ふぃなんしぇのような焼き菓子が好まれる傾向がある。市場調査から含めて官民の連携を図っていきたい。」と思いを語りました。



 今後は、月2回程度開催する商品開発会議の中で、試作品を実際に用意し、名産品の開発を平成29年の秋ごろ完成を目処に調整を行います。







最終更新日  2016年10月28日 11時55分43秒

全197件 (197件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 20 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.