4117578 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天×岐阜県美濃加茂市

全197件 (197件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 20 >

商工観光

2016年04月28日
XML
カテゴリ:商工観光
カウントダウン看板
▲写真の左から太田宿中山道まつり運営委員長の佐光重廣さん、 おん祭実行委員長の鈴木登さん、花火運営委員長の大山一仁さん

4月28日に、美濃加茂市の夏を彩る、「おん祭MINOKAMO2016夏の陣」の開催100日前を告げるカウントダウン看板の設置が行われました。
カウントダウン看板は、美濃加茂市役所、美濃加茂商工会議所、シティホテル美濃加茂にそれぞれ1枚ずつ設置されています。

実行委員長である鈴木登さんが「100」のパネルを取り付けました。
鈴木実行委員長は「美濃加茂市の一大イベントを市全体で盛り上げたい。あわせて熊本震災の被災者への義援金を夏、秋で募り、少しでも復興の力になれれば」と意気込みを語っていました。

スケジュールは夏の陣が8月6日(土)、秋の陣が10月16日(日)で開催されます。






最終更新日  2016年05月06日 08時30分39秒

2016年04月27日
カテゴリ:商工観光
子供たち.jpg

子供たち一生懸命応援してくれました!!ありがとう~

写真をご覧になった、そこの鋭いみなさんはもうお分かりと存じますが、何を隠そう、

本日27日は長良川鉄道の観光列車「ながら」の出発式なのです♪

今日の日を待ちに待っておりました~と言わんばかりに、乗客のみなさん、式典関係者、

報道関係者とぞくぞくと美濃太田駅構内に集まってきました。

出発式.jpg

そして、10時出発式が始まりました。

日置代表取締役社長の挨拶に始まり、この「ながら」をデザインされた水戸岡鋭治先生

からも祝辞をいただき、式典は厳かに執り行われていきます。

そこに、な、なんと!!「ながら」が美濃太田駅に入線ですー

入線.jpg

「おぉ~!」歓声とフラッシュが止まりません(笑)

式典も終了し、記念すべき第1号「ながら」美濃太田駅出発、郡上八幡駅行きの出発が

刻一刻と迫ってきました!!

運行開始の27日に美濃太田駅から乗車いただくお客様、また美濃太田駅

で降車されるお客様に、美濃加茂市からおもてなしのプレゼントをご用意させていただきました!

お土産.jpg

素敵なアシスタントからもらったら、お客さまの笑顔もよりにこやかに。

女性.jpg

1日駅長の神田京子さんの合図と共に、定刻通り「ながら」は、みなさんを特別なひと時

を味わえる旅へと誘っていきました。

神田さん.jpg

もう、これを読み終わる頃には乗りたくなっちゃった、そこのあなた!!

7月分は5月1日午前10時から一般予約受付開始だそうです。

GW、お出かけも楽しみつつ、予約も忘れないでね♪

長良川鉄道HP観光列車「ながら」

ちなみに!!
プレゼントの中身はこちらでございます~

中身.jpg

提供は、タンドール製菓株式会社様からチーズラングドシャ。
美濃加茂市観光協会様から記念せんべいと記念ウッドプレート。 (今回限定だよ♪♪)






最終更新日  2016年04月28日 18時16分28秒

2016年04月25日
カテゴリ:商工観光
美濃加茂市太田本町にある太田宿中山道会館で4月24日、「愛犬の命を守るフェス2016」が開催され、多くの愛犬家で賑わいました。

愛犬フェス1

会場ではLOVEわんコンテストやしつけ教室体験、ステージイベントなどの多くのイベントが快晴の中行われ、飼い主とわんちゃん達とがコミュニケーションを楽しみました。

愛犬フェス2

参加者からは「しつけの教室で学んだことを家に戻ってからも行いたい」や「さまざまな犬種に触れられて楽しかった」などといった意見が聞かれ、愛犬家同士で1日を堪能していました。

同フェスで販売されたチャリティーTシャツの売上の一部は熊本震災被災地への義援金として送られるとのことです。






最終更新日  2016年04月28日 08時36分44秒

2016年04月18日
カテゴリ:商工観光
4月17日(日)に美濃加茂市太田本町にある、太田宿中山道会館で春のまつりが開催されました。

朝方からの雨風により、いくつかの催事が開催できなくなりましたが、御神火太鼓の迫力満点な和太鼓演奏でお祭りが始まりました。

gojinka
▲御神火太鼓の皆さん


会場には、バルーンアート体験やどんぐり工作体験、猫ちゃんの指人形づくりなど、たくさんの無料体験コーナーが設けられ、多くの家族連れでにぎわいました。


ステージでは、市内蜂屋町出身「はちみつ」のお二人によるオリジナルソングでのライブ、みのかもアルプホルンクラブ、篠笛の会の皆さんによる演奏などが行われました。

harimitu
▲はちみつのお二人


horun
▲みのかもアルプホルンクラブの皆さん


fue
▲篠笛の会の皆さん



今回のお祭りでは、美濃加茂市生まれで関西を中心にライブ活動を行っている、田中慈人(たなかしげと)さんが、初の里帰りライブを行いました。

美濃加茂市役所の職員をバックバンドに迎え、地元応援歌「カモン!MINOKAMO!」を披露しました。
親しみやすいMCで会場の皆さんを楽しませ、「みんなで美濃加茂市を盛り上げていきましょう!」と呼びかけました。


tanaka
▲田中慈人さん


アンコールでは「カモン!MINOKAMO!」を観客の皆さんとともに歌い、会場を盛り上げました。



お祭りの締めくくりは、恒例の餅つき大会。
ご来場の皆さんに、つきたてのお餅で作ったきな粉餅が振舞われました。




太田宿中山道会館では、今週末、4月24日(日)には「愛犬の命を守るフェス」が開催されます。
犬好きの皆さん!春の中山道太田宿にぜひお越しください!


太田宿中山道会館ホームページ
http://kaikan.ootajuku.net/






最終更新日  2016年04月18日 14時09分35秒

2016年04月12日
カテゴリ:商工観光
ぽかぽか陽気に包まれると、思わずお出かけしたくなっちゃいますね♪

そんなお出かけしたくて、うずうずしているみなさんに4月の一大イベント教えちゃいます~

観光列車「ながら」平成28年4月27日運行開始!!
「長良川鉄道株式会社HPより」

関連ブログ:観光列車「ながら」に美濃加茂市の「アベマキ」が天板として使われています!

さて、前置き長くなりましたが本題に。。。

運行開始まで、あと2週間。

昨日は、「ながら」で乗客のサービスを担当するアテンダントが初めて車内で研修すると

いうことで、密着?!5時(間)研修に同行させていただきました。


1

2



本番と同じ時刻で、実際の運行区間を走りながらの研修がスタート。

アテンダントを優しさの中にも真摯なまなざしで指導にあたっているのは、この4月より

シティアテンダントとして、ANA総合研究所から派遣で出向中の企画課職員、

元客室乗務員の高橋直子さん。

3

4

研修に参加した2人のアテンダントは、笑顔で品格よく見えるようにご案内することや、

食事の配膳に仕方などについてアドバイスを受けながら接客の流れを確認していました。

アテンダントの船戸由香さんは、「お客様に特別な気分を楽しんでいただき、また乗りたい

と思っていただけるように、精一杯のおもてなしをしたい」と話していました。

この2週間研修を積み重ねて、お客様の心に寄り添えるおもてなし目指して、

頑張ってください!!

5

みなさん、いかがです?

このGWは、きめ細やなかおもてなしのアテンダントさんの隣で素敵な景色を見ながら、

特別な時間を「ながら」で味わってみませんか?!

6


運行開始日:平成28年4月27日
予約受付時間:10:00~16:00
予約専用ダイヤル ☎0575-46-8021








最終更新日  2016年04月12日 18時26分34秒

2016年03月28日
カテゴリ:商工観光
(ブログ)DSC_0325.png

 加茂エリアの観光スポットをバスで巡る「スキカモモニターツアー」が3月27日、名古屋圏域在住の人を対象に開催され、32人がツアーに参加しました。

 これは、みのかも定住自立圏域の市町村が連携し、それぞれの魅力を名古屋圏にPRすることで、加茂地域の将来的な定住に結びつけることを目的とした「みのかも魅力発信!名古屋交流拠点事業(通称:スキカモ)」の一環で行われたものです。

(ブログ2).png

 この日のツアーでは、JR名古屋駅を発着に「中山道太田宿」の散策をはじめ、白川町の「地歌舞伎」の鑑賞や八百津町の「杉原千畝記念館」などの見学をしたほか、昼食には、市出身の料理研究家長尾明子(minokamo)さんがプロデュースし、昨年新たに発表した「美濃加茂釜めし」が振る舞われ、参加者は加茂地域の美しい景色を見ながらその味を堪能していました。

(ブログ3).png

 参加者は「中山道太田宿の景観など地域の文化に触れ、改めて加茂圏域の魅力を認識した」や「是非とも時間をかけて改めて訪れたい」などと話しながら各市町村の魅力に触れていました。






最終更新日  2016年04月01日 00時23分17秒

2016年03月23日
カテゴリ:商工観光

DSC_4350(ブログ).jpg

 美濃加茂市は3月19日、名古屋圏の住民へ美濃加茂市の魅力をPRするモニターツアーを開催し、19人の参加者がグルメや町並みの散策などを楽しみました。

 これは、市の観光PRと名古屋圏の住民のニーズを図ろうと初めて企画したもので、まちの魅力などを題材に「授業」を開いている名古屋市のNPO法人「大ナゴヤ大学」の一環として行われたものです。

 この日参加者は、山之上町のナシ園を見学した後、蜂屋町にあるみのかも文化の森で美濃加茂市出身の料理研究家である長尾明子さんが考案した「美濃加茂釜めし」やみのかも伝承料理の会の会員が作ったみそ汁、菜の花のおひたしなどを食したほか、市内の製菓工場の菓子も味わいました。

合成01.jpg

 午後は、太田本町の中山道周辺を散策した後、中山道会館へ移動し、ワークショップを開催。長尾さんが試作した4種類の堂上蜂屋柿入りのソースが「どんな料理と合うか」や「どんなパッケージが似合うか」などといったテーマに対し、参加者全員でアイデアを出し合いました。

合成02.jpg

 ツアーを終えた参加者からは「美濃加茂市にはおいしい食べ物がいっぱいあって良かった」や「いいものがたくさんあるので、もっと効果的にPRできるといい」などといった感想が聞かれました。







最終更新日  2016年03月23日 13時20分46秒

2016年03月12日
カテゴリ:商工観光
(ブログ)DSC_9190.jpg

 名古屋市にある名古屋パルコの屋外イベントスペースで3月5日、加茂地域の魅力を名古屋圏域の住民にPRするキャンペーンイベントを開催しました。

 これは、みのかも定住自立圏域の市町村が連携し、それぞれの魅力を名古屋圏にPRすることで、加茂地域の将来的な定住に結びつけることを目的とした「みのかも魅力発信!名古屋交流拠点事業(通称:スキカモ)」の一環で行われたものです。

(ブログ).jpg

 この日は、美濃加茂市の「堂上蜂屋柿」をはじめ、白川町の「地歌舞伎」衣装を着る体験や七宗町の「でかきん」などが紹介されたほか、加茂地域にある6つの蔵元による「カモ6蔵地酒BAR」での試飲体験なども行われ、会場は多くの人でにぎわいをみせていました。

 会場に訪れた人は「名古屋の近くにこんないい所があるなんて初めて知った」や「堂上蜂屋柿を初めて食べたが、上品な甘さでおいしかった」などと話しながら各市町村の魅力に触れていました。

 また、同事業の一環でJR名古屋駅を発着に加茂エリアの観光スポットをバスで巡るモニターツアーも3月27日(日)に開催予定です。対象は名古屋市周辺に在住・在勤の18歳から40歳代までの人で、定員は30人です。参加を希望する人は3月15日(火)までにこちらから(http://www.ne-planning.com/)お申込みください。なお、応募者多数の場合は抽選となります。






最終更新日  2016年03月14日 12時19分38秒

2016年03月04日
カテゴリ:商工観光

DSC_3382-1(ブログ).jpg

 美濃加茂市太田本町にある太田宿中山道会館と旧小松屋で2月28日、太田宿の活性化グループ「太田宿草鞋の会」とNPO法人「宿木」が主催したお茶会が行われ、多くの市民らが茶会を楽しみました。

 このお茶会は、毎年この時期に行われる恒例行事。太田宿中山道会館では黄檗松風流による煎茶が、旧小松屋では裏千家による抹茶が、それぞれ楽しめるよう茶席が設けられ、両方でお茶を楽しもうと、中山道を行き来する人の姿も見られました。

合成 1.jpg

 参加者からは、「毎年楽しみにしています。気持ちが落ち着きます」、「茶席の違いも楽しめました」などと感想を話していました。







最終更新日  2016年03月07日 05時45分59秒

2016年01月27日
カテゴリ:商工観光

DSC_1329-1(ブログ).jpg

▲左から、藤井市長、井戸さん

 美濃加茂市は1月26日、西中学校2年の井戸アビゲイル風果さん(14歳)に「もっとみのかも夢大使」を委嘱しました。

 「もっとみのかも夢大使」は、市にゆかりがあり、芸能、スポーツ分野などで活躍する人に、活動を通して市の魅力を全国に発信してもらうとともに、市を挙げて応援していこういうものです。

 井戸さんは、昨年開催された第42回全日本中学校陸上競技選手権大会の女子100mおよび女子200mで共に4位入賞、また、第46回ジュニアオリンピック陸上競技大会のB(中学2年)女子100mで優勝した活躍により、10人目の委嘱となりました。

 この日、同市役所で行われた委嘱状交付式で藤井浩人美濃加茂市長が「昨年は素晴らしい活躍をされ、周りから期待されています。今年もけがに気を付けて頑張ってください」と委嘱状を手渡すと、井戸さんは「いろいろな大会に出場して良い結果が出るように頑張りますので応援をお願いします」と話しました。

 また、井戸さんは、当面の目標として夏に行われる全日本中学校陸上競技選手権大会での優勝を挙げながら「2020年の東京オリンピックに出場したい」と将来の夢を力強く語っていました。







最終更新日  2016年01月28日 14時05分57秒

全197件 (197件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 20 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.