4118765 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天×岐阜県美濃加茂市

全80件 (80件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

自然

2020年02月13日
XML
カテゴリ:自然
美濃加茂市立山之上小学校の6年生30人が、令和2年1月30日(木)に丸七ヒダ川ウッド(七宗町中麻生)を訪問し、アベマキ学校机の天板づくりの工程について見学し、実際の作業の手伝いをしました。

この「アベマキ学校机プロジェクト」は、薪の需要が減り、使われることがほとんどなくなったアベマキを活用しようと2014年から始まりました。
山之上小学校では5年生時に学校裏の里山でアベマキの伐倒を見学し、6年生時に心を込めて製作した学校机を新1年生に贈呈しており、現在は1~4年生がアベマキ学校机を使用しています。

この日は来年度入学する新1年生9人に贈呈するための机の天板がどのように製作されているのかを見学しました。


まずは丸七ヒダ川ウッドの神戸専務より、アベマキの特徴や天板づくりの作業工程について説明してもらいました。
昨年伐倒を見学したアベマキがどのような過程を経て学校机になるのかを生徒たちは真剣に聞いていました。

工場では木材のカットやモルダー、プレスなどの工程を見学し、仕上げとしてサンダーという機械で天板を磨く作業を体験しました。


生徒たちはサンダーをかける前とかけた後の天板を触り比べて、その違いに驚いていました。

全ての工程を見学した後、感想交流の場では「地域の木からこんなにちゃんとした製品ができることに驚いた。」「大変な思いをしてアベマキの天板が作られているということが分かったので、新1年生には大事に使ってほしい。」など、様々な感想が出ていました。

6年生の生徒たちは、3月中旬に天板の取り付け作業を行います。
新1年生の子たちがアベマキ学校机を使って勉強している姿を見るのが今からとても楽しみです。






最終更新日  2020年02月13日 13時23分07秒

2020年02月06日
カテゴリ:自然
美濃加茂市山之上町にある、みのかも健康の森で1月19日、今年度5回目の森のようちえんを開催しました。
この日は1月にしてはとても温かく、絶好の森のようちえん日和となりました!

今回は朝の会を終えると森の家横のデッキで木笛を作成しました。


穴を空けた木に息を吹き込むための小さな竹の筒を取り付けて、最後に紐を通したら完成です!
木の種類、竹を取り付ける位置、紐の色・・・
みんなそれぞれ違った自分だけの木笛ができました!

さて今回は、年長さん年中さんそろって健康の森の頂上、よろこびの砦へ向けて出発です!


頂上へは777段の階段を使わず、ゴツゴツした岩がたくさんある作業道を通って向かいました。
なかなか険しい道もありましたが、こどもたちは元気いっぱいで、木の枝や松ぼっくりを拾いながら歩いていました。
みんなで応援しあいながら頂上までたどり着くと、そこには最高の景色が広がっていました!
綺麗な景色を見ながら食べるおにぎりはいつもよりも美味しく感じました。


初めて見た健康の森の頂上の景色はどうだったかな?
砦の上から景色を見たことも、たくさん歩いて疲れたことも、宝物を見つけたことも覚えていてくれていると嬉しいな!

今年度最後の森のようちえんは3月に開催します。
1年間の森のようちえんを通して、成長したみんなの姿を見るのをとても楽しみにしています!






最終更新日  2020年02月06日 17時41分01秒

2019年12月17日
カテゴリ:自然
美濃加茂市山之上町にあるみのかも健康の森と楽天の森で11月24日、今年度第4回目の「森のようちえん」を開催しました。
今回は第2回目の森のようちえんにも参加してくださった、中部学院大学短期大学部幼児教育学科の杉山ゼミの生徒さん方と、地域活性化スクールの若者未来創造部の方々がスタッフとして参加してくれました。


今回はいつもと違って、杉山ゼミのお兄さん、お姉さんが朝の会を担当してくれ、みんなに竹の筒をプレゼントしてくれました。
お兄さん、お姉さんからこの中にいろんなものを入れて、コルクで蓋をして振ると楽器になるんだよーと教えてもらいました。




朝の会が終わると、年長さん、年中さんに分かれて探検に出発です!
今回は楽器の中身を探しながらの探検です。
落ちていた花や木の実を拾って入れたり、大きい石が入らないか試してみたり・・・
「これを入れたらどんな音が鳴るかな?」と目をキラキラさせていました。



探検を終えて、みんなでおにぎりを食べた後は、自分たちで作った楽器で演奏会を行いました!
杉山ゼミのお兄さん、お姉さんが用意してくれた衣装に着替え、3グループに分かれて「山の音楽家」の演奏をしてくれました。
お父さんやお母さんの見守る中、みんな恥ずかしそうにしながらも一生懸命音を鳴らしていました。

その後、全員そろって「パプリカ」を披露してくれました。
保育園でパプリカダンスを覚えた子も多く、とても楽しそうに伴奏に合わせて、歌ったり踊ったりしていました。

今回の森のようちえんはいつもとちょっと変わった活動をしましたが、こどもたちが自然の中の「音」に耳を傾けるいい機会になったと思います。
今年度の森のようちえんは残り2回です。いろいろな経験をしてさらに成長したみんなに会えるのを楽しみにしています!






最終更新日  2020年02月06日 17時40分37秒

2019年10月04日
カテゴリ:自然
美濃加茂市山之上町にあるみのかも健康の森と楽天の森で9月23日、今年度第3回目の「森のようちえん」を開催しました。
今回は前日まで雨予報のうえ、風も強くなると言われていて、もしかしたら開催できないかな~と不安に思っていましたが、当日になってみると雨が降っていませんでした!
みんなの日ごろの行いが良いおかげだね!



受付を終え、みんなで輪になって朝の会の始まりです。1回目の時は緊張して上手く話せなかった子も、3回目となると笑顔で自己紹介ができるようになりました。

今回は年中さんも年長さんも一緒に探検をしました!
健康の森を出て楽天の森へ向かう途中、こどもたちは色とりどりの花を摘んだり、木の実を拾ったり、虫を捕まえたりして、宝物袋の中に入れていきます。
捕まえた虫を先生に見せに来てくれたり、摘んだ花で冠を作ったりする姿にとても癒されました。

楽天の森周辺を歩き回った後、健康の森のあじさいの池に行きました。



こどもたちは第1回目の森のようちえんの時にこのイカダで遊んだことを覚えていて、また乗るのを楽しみにしていたようです。
みんなで協力しながら綱を引っ張って、何回も行ったり来たりして遊んでいました。

お昼ご飯を食べた後は、健康の森の「めだかの学校」という場所に行きました。
「めだかの学校」には、かつてめだかがたくさん住んでいたのですが、あまり管理がされていなかったので、つい最近まで池に泥が堆積し、雑草が生い茂り、全くめだかの住めない場所となっていたのです。
そこで市役所の有志で「めだかの学校復活プロジェクト」を立ち上げ、めだかの学校を整備してきました。
今回の森のようちえんでは、そのプロジェクトを通してきれいに整備された「めだかの学校」に、めだかを放流するという貴重な体験をさせてもらえることになりました。



先生からめだかについて学んだあと、色とりどりのめだか約1000匹をみんなで一斉に放流しました!
こどもたちは、自分の放流しためだかがどこに行ったかを見つけようと、池をじーっと見つめていました。
その後、すいすい泳ぐめだかを見て羨ましくなったのか、こどもたちは浅い池に入って遊んでいました!

森の家での読み聞かせが終わった後、こどもたちはお迎えにきたお父さんやお母さんにめだかを見せてあげようと、家族で「めだかの学校」に行っていました。
自分の放しためだかは見つけられたかな?

今年度の森のようちえんは残り3回です!元気なみんなに会えるのを私たちも楽しみに待っています!






最終更新日  2019年10月04日 19時26分15秒

2019年09月26日
カテゴリ:自然

9月19日()、セブン工業株式会社さん(市内牧野)から製品化した木製ブロック寄贈していただきました。

 同社は、集成材等を利用した住宅部材の製造販売および付帯事業を中心に行う会社で、今回寄贈いただいたブロックは、同社で通常使用している構造材の材料(住宅の梁材 断面サイズ105mmX210mm)を使用して、一般的なコンクリートブロックとほぼ同じ寸法で加工・製品化されたものです。

 寄贈式では、セブン工業株式会社の田中太郎代表取締役社長から伊藤誠一市長に対して、市の取り組みである「里山千年構想」のロゴマークと、美濃加茂市のロゴマークがそれぞれ刻印された木製ブロック2個が手渡されました。

 田中社長は、「私たちの木材加工技術が少しでもこのまちの力になれたら嬉しい。自治体との連携を通じて、私たちが何をしている会社なのかを皆さんに知っていただければ幸い」とコメント。伊藤市長は「これからのインバウンド需要などを見越して、美濃加茂の木が持つ可能性や、新しい形を一緒に創造していきたい」と話していました。

 今後は、同社と連携し今回のブロックの3分の1ほどのサイズのものを制作し、みのかも健康の森や、東図書館、総合福祉会館などの木育広場に順次配置していく予定です。


▲左)セブン工業株式会社 田中代表取締役社長 右)美濃加茂市長


▲minokamoのロゴが印字された木製ブロックと小型木製ブロックの例







最終更新日  2019年09月26日 16時09分53秒

2019年09月11日
カテゴリ:自然
​​​​​​

​ 美濃加茂市と加茂郡の8市町村は共同で、豊かな自然を未来へ引き継ぐための計画書「生物多様性地域戦略」を作っています。
 その冊子に、あなたが撮影した写真を掲載しませんか。

 テーマ 「未来に残したい景色」 
美濃加茂市と加茂郡の風景やお祭りなどの写真
 応募先 撮影した場所の市町村担当課
 受付〆切 令和元年9月30日(月)







​​







最終更新日  2019年09月11日 09時28分59秒

2019年08月27日
カテゴリ:自然
​​​​
​▲ディナーの「温しゃぶの定食 1,600円」​                          
 
 名古屋市千種区星が丘元町の星が丘テラスにある「TT a Little Knowledge Store(トド アリトル ナレッジ ストア)」で、美濃加茂市が掲げる「里山千年構想」のPRブースを設け、当市の食材を使用したメニューが登場しました。

 このメニューは、お店のスタッフが美濃加茂市を訪問し、市内の農業者との交流を通して集められた米や野菜、果樹などを使って考案されたものです。

 昼のランチや夜のディナーの時間では、当市と同じ可茂地区の白川町産あんしん豚の温しゃぶに美濃加茂市産のアスパラガスやナス、ピーマンなどを使った料理が添えられ、ごはんやみそ汁の「みそ」も美濃加茂産の定食が、味わうことができます。                            
 
     
▲和梨のかき氷 ​900円​

 また、美濃加茂産のナシをシロップに加工し、角切りしたナシの果肉をまぶし、さっぱりとした味に仕立てた「和梨のかき氷」も登場しています。



​▲「里山千年構想」を紹介したPRブース

 一方、店内には、当市が推進している「里山千年構想」にちなみ、アベマキで作られた学校机や食器、パンフレット、パネルなどを展示し、事業の紹介をしています。                   
 「美濃加茂産」のメニューや里山千年構想の紹介は、9月1日(日)までです。         
 ぜひ、ご来店ください。

▲お店のご紹介 TT a Little Knowledge Store 
〒464-0802 名古屋市千種区星が丘元町16-50 星が丘テラス EAST 3F
電話 052-753-5147









最終更新日  2019年08月28日 08時14分13秒

2019年07月16日
カテゴリ:自然
美濃加茂市山之上町にある、みのかも健康の森と楽天の森で7月7日、今年度2回目の「森のようちえん」を開催しました!
今回は中部学院大学短期大学部の幼児教育学科、杉山ゼミの生徒さんたちがスタッフとして参加してくれました。杉山ゼミの皆さんは今年度「木育」をテーマに学習を進めており、その一環としてこの「森のようちえん」に参加してくれました。



受付を済ませ、朝の会を終えると、杉山ゼミの生徒さんたちが10種類以上の木で作られた楽器で演奏会をしてくれました。
たくさんの種類の音を、子どもたちは手拍子をしながら聞いていました。

演奏会のあと、年中さん年長さんみんなで森の探検に出発です!
「森の神様、お邪魔します!」
みんなで森の神様に挨拶をしてから森に入っていきます。



前回の「森のようちえん」で楽天の森に入った年長さんたちは、早くも森の中で楽しい場所を見つけていました。
木に登って遊んだり、森の中に空洞を見つけて秘密基地にしたり。
目を輝かせながら自然との触れ合いを楽しんでいました。

年中さんたちは森に入る前にトンボやバッタを探したり、四葉のクローバーを探したり、きれいな花を見つけたりしていました。
森に入ってからお昼ご飯を食べて、みんな森の中で楽しいことを見つけて遊んでいました。
虫取りやかくれんぼ、秘密基地づくりや、横向きに生えた木を使った綱渡り・・・などなど。
ある子は、落ちているボタンを見つけて「森の神様の落としたボタンだよ!」と教えてくれました。
本当に子どもの発想力は無限大だなと改めて思いました。



楽天の森でたくさん遊んだ後、健康の森の水のカーテンでクールダウンをしてから、森の家で絵本の読み聞かせをしました。この日は七夕ということもあり、みんなで短冊にお願い事を書いて、笹の葉につるしました。みんなのお願い事が叶いますように!

今年度の森のようちえんは残り4回です!次回も元気いっぱいのみんなに会えるのを楽しみにしています!






最終更新日  2019年07月16日 12時36分46秒

2019年07月05日
カテゴリ:自然
現在、美濃加茂市では企業と連携した里山整備を実施しています。
6月22日(土)には、豊田合成株式会社が美濃加茂市山之上町にある「豊田合成 樹守の里」にて森林整備活動を行ってくれました!
豊田合成株式会社は今年で創立70周年を迎え、その記念事業の一つとして美濃加茂市で里山整備を行っていただいています。
この里山づくりツアーには、幹部職員の方と環境部の社員総勢30名が参加し、下草刈りを行っていました。



参加された方はノコギリを使い、集中して若竹や雑木を刈り取っていました。
1時間半ほどの活動を終えた後、キレイに整備された里山を見た皆さんの顔はとても晴れやかで達成感に満ち溢れていました。



今回は豊田合成株式会社の環境部の方を対象に行いましたが、次回からは全従業員とその家族の方を対象に下草刈りと木工工作を行います!
豊田合成のみなさま、お疲れさまでした。
また、これからもよろしくお願いします。






最終更新日  2019年07月05日 11時45分00秒

2019年06月27日
カテゴリ:自然
6月23日(日)にみのかも健康の森園内にて、第20回あじさいまつりが開催されました!
今年も数多くの方に参加していただきました。



当日は絶好の撮影会日和で、園内に6000株ほど植えられているあじさいもちょうど見ごろを迎えていました!
撮影会のモデルとして、あじさい看護福祉専門学校の学生さん3名に来ていただきました。
3名のモデルの方に「あじさいの池」から「水のカーテン」まで移動してもらいながら、色とりどりのあじさいをバックに撮影を行いました。


あじさいまつり写真コンクールの応募は、モデル撮影会で撮った写真だけでなく6月23日から7月6日に撮影された、「みのかも健康の森のあじさいや森の風景、園内で遊ぶ子供や家族連れ」がテーマの写真で、コンテスト等で受賞歴のない作品であればOKです!
写真の応募は7月14日(日)まで受け付けています。
詳しくはみのかも健康の森か美濃加茂市役所農林課までお問合せください。
たくさんのご応募お待ちしております!






最終更新日  2019年06月27日 17時41分13秒

全80件 (80件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.