3273690 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天×岐阜県美濃加茂市

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全9件 (9件中 1-9件目)

1

若者委員会

2018年06月28日
XML
カテゴリ:若者委員会

​​
平成29年度から始動した『若者委員会』

今年度も若者の居場所づくりを行います。

昨日から若者委員の募集を開始しました。

若者の力を最大限に発揮して、みなさんの想いをこの美濃加茂市で実現してみませんか?!

​◇ 募集について

【募集期間】

平成30年6月27日(水)~7月13日(金)※必着

【対象者】
美濃加茂市にゆかりのある18~25歳の若者

【募集方法(2パターン有り)】

・下記URLから募集フォームにて必要事項を入力してください。
・応募用紙に必要事項を記入の上、美濃加茂市企画課まで提出してください。


▶詳細は​​​コチラ​から


【問合せ先】
美濃加茂市経営企画部企画課
0574-25-2111(内線246)
kikakuka@city.minokamo.lg.jp








最終更新日  2018年06月28日 11時02分10秒

2018年03月23日
カテゴリ:若者委員会
​​2018.02.25 今年度ラストの第4回若者委員会開催しました!!

場所は、東京のエディトリー神保町で行い、若者委員が美濃加茂市に向け政策提案をしました。



若者委員会では、この1年間高校生を対象にした主権者教育「票育」の実施やまちで活躍している市民との出会いの中で、多くのことを学び、美濃加茂市と向き合ってきました。

そこで、若者委員会ではどうすれば、もっと若者が地域とつながることができるのか・・・

若者の活気溢れるまちにしたい!!

その一心で活動をしてきました。

「若者一人ひとりが、自分なりの方法で地域との関わりを、もう少しずつ感じられる美濃加茂」

それに向けて、若者委員会が提案したのは、次のとおりです。

1.ミノカモ編集部
 1-1)市長・広報課へのSNS講座
 1-2)高校生の知りたい!やってみたい!を応援
 1-3)COCO MINOKAMO ~知って、広がる。好きになる。~
2.東京美濃加茂市人会
3.外国人模擬選挙
4.美濃加茂ジュウダイ会議 ~10代から始まる人とマチヘ~
5.20代による「つなぎ手」計画
​​​​​​
各提案の詳細はこちら​​​​​​​​!!
ぜひ若者目線での提案、若者の想いが込められた提案をご覧ください。

第4回若者委員会では、若者委員が美濃加茂市に対する熱い想い、そしてより若者が地域とつながるために発表をしてくれました。
写真にて、当日の様子を紹介します!












▲若者委員一人ひとりが、美濃加茂市に、そして政策に対する想いを語ってくれました。


▲若者委員会アドバイザーの渡辺その子さんも駆けつけていただき、全体の講評をいただきました。


▲今回東京にて提案した内容を経営企画部長に手渡しました。




▲第2部では、美濃加茂市の特産品、美濃加茂市ならではのもので美濃加茂市を演出。
 美濃加茂市の空気を感じてもらいながら、若者同士の活発な意見が交わされました。



2018.3.1
そして今回東京で提案したものについて、美濃加茂市の職員にも聞いてもらう機会を設けました。




▲若者委員会から伊藤誠一市長に提言書を手渡しました。

今後も若者委員会は活動をしていきます。
ご興味のある方・参加してみたい!と思う方は、美濃加茂市企画課までお気軽にお問い合わせください。
※参加条件:18~25歳までの美濃加茂市にゆかりのある若者

◎問合せ先
美濃加茂市経営企画部企画課企画政策係
0574-25-2111
kikakuka@city.minokamo.lg.jp






最終更新日  2018年03月23日 16時15分13秒

2018年02月13日
カテゴリ:若者委員会
​平成30年1月24日(水)

平成29年度中濃圏域明るい選挙推進研修会(コミュニティリーダー育成ブロック別研修会)で
美濃加茂市が、若者委員会事業の中で取り組んでいる主権者教育「票育」の活動報告を行いました。

​若者委員会事業報告~若者が若者を育てる主権者教育~​​
をテーマにお話しさせていただきました。







当日は、80名を超える参加者に向けて、若者が主権者教育を実施する意義などを伝えました。

この事業の報告をするにあたり、若者委員会の事務局の企画課職員のほか
若者委員会から2名駆けつけてくれて、若者委員会として活動してきて
得たもの、感じたこと、その想いを参加者の方に直接訴えてくれました!!




▲想いを語る若者委員の田口さん、渡邉さん

これからも若者委員会は、主権者教育「票育」をはじめとした
若者へのアプローチを続けていきたいと思います!








最終更新日  2018年02月13日 09時41分48秒

2018年01月10日
カテゴリ:若者委員会

​​​​​成人式を迎えられたみなさま​。。。

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ご​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​で​​​​​​​​​い​​ま​!!​​​​​​​​​​​​​​​
​​​

平成30年1月7日(日)

文化会館にて開催されました成人式にて
若者委員会のブースを出展し、若者委員会の案内を行いました。



​​​​▲若者委員会ブース


若者委員会のメンバーも成人式に駆けつけてくれて
一緒に成人になった若者たちを盛り上げました!!



▲左から若者委員の渡邉さん、山口くん、高橋くん


▲配布したチラシ(表)

▲配布したチラシ(裏)


成人を迎えた若者たちをお祝いしたいという気持ちとともに
一緒にこのまちを盛り上げたいという一心で
若者委員会からのPRをしてきました!!


 


来年度以降、​このまちを若者たちで盛り上げたい!!​​と思っている方…

​若者委員会一同お待ちしております!!​

◇問合せ先◇
美濃加茂市企画課
℡0574-25-2111(内戦246)







最終更新日  2018年01月10日 14時29分02秒

2017年11月30日
カテゴリ:若者委員会
​​​​​平成29年11月18日(土)

加茂高校定時制に引き続き、
(加茂高校定時制での票育の様子⇒​https://plaza.rakuten.co.jp/machi21minokamo/diary/201709130003/​)

美濃加茂高校の2年生を対象に若者委員会が主催の『主権者教育「票育」』を開催しました!!

今回のテーマは、人口流出を食い止めろ!!

来年3年生になり、進路選択を迫られたときに直面する自分のまちから出ることについて身近に考えてもらうために、このテーマに設定しました。

今回の票育は、若者委員会の副委員長でもあり美濃加茂高校出身である原口千夏さんが全体の進行を担いました。


▲副委員長の原口さんから高校生たちに向けて熱い想いを伝えました!


母校への熱い想いを胸に今回の票育が​スタート!!​

はじめに藤井市長から美濃加茂高校2年生のみんなに向けて、若者を活かしたまちづくりへの想いを語ってもらいました。




まずは、なぜ人口流出が問題となるかについてデータをもとに説明しました。




▲真剣に耳を傾ける高校生たち

候補者演説では、3名の若者委員会が政策提案をしました。




​No.1 高橋 宏維 候補​




若者と農業をつなぐ場所として

①中高生の農業体験ボランティア

②社会人・大学生の若者農園の運営

を提案しました。


​No.2 渡邉 明日香 候補​




心を育てる子育てサポート。
みのかもで育ててよかった、みのかもで育てたいを広げるため

①自由に遊べるプレーパークの拡充

②赤ちゃんふれあいボランティアの開催

を提案しました。


​No.3 山口 寛之 候補​




若者をつながるまちにをモットーに

①市内の小中高での「地域を考える授業」を実施

②市内企業とのコラボ企画を実施

を提案しました。


▲今回配布した選挙公報(若者委員会作成)



ではここからが、自分の想い、考えを深める時間となります。

今回は、参加してくれた高校生もおよそ250名と大変多かったため、1人ひとりの想いを示してもらうために用いたのが・・・

カラー版です!!

最初に高校生には、候補者演説後に緑(高橋候補)、ピンク(渡邉候補)、黄色(山口候補)と3色のカラー版で自分がどの意見にもっとも近いのかを示してもらいました。


▲カラー版を使って自分の考えを主張する高校生たち

その後、今回は高校生3名を“代表弁論人”と称し、みんなの前でどの意見に賛同するかを話してもらいました。


▲3名の高校生が各候補者についてなぜ賛同するのか精一杯語ってもらいました!


候補者、代表弁論人の話を聞いたあと、再度カラー版を提示してもらい、高校生×若者委員会でディスカッションを開催!!

代表弁論人の意見を聞いて自分の考えを変えた人はなぜ考えを変えたのかなど各クラス単位で高校生の意見を聞きだしていきます。










​◆模擬投票◆​



票育のポイントのひとつでもある模擬投票。

美濃加茂市選挙管理委員会にもご協力いただき、実際に使う投票箱や記載台を使って模擬投票を実施しました。

どの高校生も初めての投票に心弾ませながら、そしてどの候補者を選ぶのか真剣に悩み、投票をしてくれました。

 


また開票のときには、計数機を使い、選挙管理委員会事務局から開票のポイント等の豆知識を教えてもらいました。




▲計数機にて投票結果を集計している様子



そして結果発表…


今回の投票結果は、激戦を極めました。


発表は、





高橋 宏維候補(農業)         47票


渡邉 明日香候補(子育て)      100票


​山口 寛之候補(コミュニティ)    10票​




…そうです。

渡邉候補と山口候補がまさかの1票差!!!

より高校生たちにとって​『1票の重み』​を感じることができる模擬投票となったのではないでしょうか。

最後は、美濃加茂中学高等学校 校長 赤﨑様そして美濃加茂市選挙管理委員会委員長 太田様よりご講評をいただきクロージングです。

 


美濃加茂市では2回目の票育となりましたが、今回の票育でも若者委員会にとっても大変大きな学び、気づきが生まれました。

何より、若者がわくわくしながら、まちづくりをしていく姿勢を高校生たちに見せることができ、大変有意義な時間となりました。


美濃加茂高校のみなさん、ありがとうございました!!







最終更新日  2018年01月11日 10時38分47秒

2017年09月13日
カテゴリ:若者委員会
​​​​​​​​​​​​​​​​平成29年9月8日(金)

加茂高校定時制の3、4年生を対象に

若者委員会が主催の『主権者教育「票育」』を開催しました!!

「票育」とは、若者委員が候補者となり、

まちの課題を争点に、若者委員で考えた政策を提案し



グループディスカッションをして学生一人ひとりが考え、
​​
最後には、模擬投票をして自分たちでよりよいまちづくりの政策を決めていくというものです。

今回のテーマは、外国籍の生徒が多数在籍する特色を踏まえ、


日本人と外国人、両方が住みやすいまちにするためには?


に設定しました。

このブログをご覧頂いている方にも当日の雰囲気を味わってもらえればと思います。


では票育​​​​​​S​​​​​!!!​​​​​

はじめに…


▲加茂高校の平野校長先生から票育について感じてもらいたいことなどお話いただきました。


▲藤井市長からも学生たちと若者委員会のみんなに向けてエールをいただきました!!

ここからは若者委員会のみんなが進めていきます!



まずは導入として、美濃加茂市の現状(外国人の割合etc...)や

“ふるさと”に対する想いを

若者委員会の委員長である山口くんから学生たちに向けて想いを語りました。

このあとも司会を若者委員会の山口くんと田口さんの2人の絶妙な掛け合いで進んでいきます!!

ここから若者委員会が今まで調査してきたことをもとに3人の候補者が政策提案をしていきます。


No.1 渡邉 明日香 候補
 

渡邉候補からは、日本人と外国人の壁を壊すため、

次の3つの提案をしました。


①信頼づくり⇒「しんらいカード」の発行

②仕事づくり⇒外国人インターン制度

③友達づくり⇒外国人と日本人同士の友達づくりのための「かもコン」の開催


​​No.2 寺口 友基 候補​
 

寺口候補からは、日本人と外国人がお互いに持ちつ、持たれつの関係

give and takeな関係づくりのため2つの提案をしました。


①日常生活の言語をお互いに教え合う場「言語教室」の開催

②自分の国籍とは違うお店に行ってポイントが貯まる「異文化ポイントカード」



No.3 藤吉 哲平 候補
​​ 

藤吉候補からは、自分たちの属するグループ、コミュニティの生活をより良くすること、

それぞれが暮らしやすいまちづくりをテーマに2つの提案をしました。


①ブラジル人、フィリピン人それぞれの「集会所の設置」

②リオのカーニバル、フェスタ・ジュニーナ、シヌログ祭りやカダヤワン・サ・ダバオのようなブラジルやフィリピンで人気のあるお祭りを日本で再現!!
​​

各候補者がこのまちをよくしたい!!という強い想いを学生たちに演説をしました。


▲どの提案もデータやニーズに合わせて作られており、学生たちも真剣に聞き入っています。

候補者の3つの提案を聞いて、学生×若者委員会でディスカッションを実施しました。

このディスカッションを通して、どの候補者の考えのどの考えに共感できるかなど

学生たち1人ひとりの考察を深めていきます!!

 
​​
 
▲先生方にも入っていただき、活発な意見交換をしている様子です。

ディスカッションを通して、いよいよ学生たち一人ひとりの想いを投票することで決めていきます。



模擬投票をする前に、若者委員の田口さんから○×クイズ形式で

投票のルールについて問題を出しました!!




?1 投票は、当日その日しかだめ??


?2 手ぶらでいってもOK??

?3 名前を書くとき、ひらがなで書いても問題ない??

?4 候補者の違いが分からないときはどうするの??


学生たちも相談し合いながら、○×クイズに参加してもらい

みんなで楽しみながら選挙のルールについて学びました!!


​◆模擬投票◆​
 

 

美濃加茂市選挙管理委員会にもご協力いただき、

実際に使う投票箱や記載台を使って

校長室を投票所に見立て実施しました!!

学生たちにとって初めての投票ということで、みんな真剣に悩み、

1人の候補者を選ぶため投票してくれました。

若者委員会のメンバーにとっても、初めて模擬選挙の選挙事務に携わることで

多くの学びがあり、選挙に対する見方も変わりました!!


 
▲開票の間は、学生たちにもどうすれば、外国人と日本人の両方が住みやすいまちになるのかを話し合いました。

バスケットができる場所がほしい!!

ダンスで国境を越えて交流したい!!

バンジージャンプできるとこがあったら盛り上がりそう!!

など、学生たちだからこそのアイデアをたくさん出してもらいました!!

ディスカッションの後は、いよいよ投票結果の発表です・・・


▲3人の候補者もだれか選ばれるのかドキドキ・・・


このブログを呼んでいるみなさんは、誰が選ばれると思いますか??​






























それぞれが住みやすいまちづくりを提言した

​藤吉哲平くん​​​​当選​​しました!!!​​




▲藤吉くんから学生に向けて、実現していけるようがんばりたいという決意表明をしてもらいました!!


▲最後には、亀山副校長から今回の票育の講評をいただき、クロージングです。



​​若者委員会×学生だからこそ生まれるものが多くありました。

何より若者委員会も定時制の学生たちもみんなが楽しくまちづくりについて

考えれたことは貴重な体験になったのではないでしょうか?



加茂高校の定時制のみなさん

ありがとうございました!!!​

​Thank you!!​

​Obrigado!!​​
​​​






最終更新日  2017年09月13日 17時31分54秒

2017年08月29日
カテゴリ:若者委員会

9月8日(金)に加茂高校定時制にて行われる票育に向けて

8月27日(日)~28日(月)の2日間にかけて

若者委員会の中で美濃加茂市に在住している委員が

実際に美濃加茂市で生活をしている外国人との交流を通して、

外国人の生活の実情や悩みなどを聴きました。


◆27日(sun.)

外国人のご家族と意見交換を行いました。


▲外国人のご家族から美濃加茂市について聴いている様子

美濃加茂市の「ここがいい!!」や「こうなるといいな!!」をテーマに交流をしました。

言語の問題や、交通機関の問題、そして生活をしていく上での外国人ならではの問題点など

初めて聴くことばかりで、気づきが多く生まれました。

若者委員が考えたテーマが、実情とあっているのかを確認することのできるいい機会となりました!

最後には、お互いに涙を流しながらお話をすることもあり、とても温かい会でした。



Muito Obrigado.


◆28日(mon.)

朝から市役所で通訳をしている方にも聴きこみをしました!

 
▲若者委員会×通訳の様子(美濃加茂市役所に来ているインターン生にも参加してもらいました!)

ここでは、外国人のコミュニティの現状や、習慣などを学びました。

また、今後若者委員会として外国人の方と活動するためのポイントなど

教えてもらったことで、今後の参考になりました!!

通訳さんとの会話の中で、可児の「DINAMUS」のことをきき

通訳さんとの交流の後、現場に行ってきました。

そこでは、多くの外国人の方のコミュニティが生まれており

多くの気づきが生まれる可能性を秘めていたので、再度

若者委員会全員で視察に行ってみたいと思っています。


◆若者委員会×東大生(ふるさとワーキングホリデー)



27日(日)は、美濃加茂市にワーキングホリデーで来ている大学生と

若者委員会との交流会を行いました。

 
▲「若者」どうしの交流に、みんな生き生きとしています!!

今回の交流会では、外からみた美濃加茂はどのように写ったのか?などについて

東大生が感じたことを共有しました。

リーダーの西岡くん初め、ワーキングホリデーに来ている学生1人ひとりの想いを聴き、

若者委員の今後の活動のやる気につながりました!!


この2日間は、いろいろな人に会うことで、たくさんの気づきが生まれました。

この気づきを気づきだけで終わらさず、形にするため、現在活動しています!!

今後も若者委員会の活動にご注目ください^^









最終更新日  2017年08月29日 16時02分28秒

2017年08月21日
カテゴリ:若者委員会
8月11日(金)~12日(土)2日間

東京や静岡から美濃加茂市にゆかりのある若者たちが美濃加茂市に集まり、第2回若者委員会を開催しました。



1泊2日のこの若者委員会、若者委員会アドバイザー(※)を含め多くの人にお会いし、大変濃い内容になりました。

ぜひ頑張っている若者たちの姿を最後までご覧ください。

※若者委員会アドバイザーとは
⇒若者委員会の活動に協力および助言をする美濃加茂市にゆかりのある有識者。


若者委員会アドバイザー 計3名(平成29年8月18日現在)

○野口 真人氏(株式会社 プルータス・コンサルティング 代表取締役社長)

○渡辺 その子氏(国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 理事)

佐古 則男氏(ユニー株式会社 代表取締役社長)


【Day1】

◎藤井市長から若者委員会に向けて激励の言葉をもらいました。



藤井市長から若者委員会に向けてビデオレターでの激励の言葉をもらい、若者委員会が始まりました!!

◎若者委員会アドバイザー「佐古 則男氏」×若者委員会



平成29年7月1日から若者委員会アドバイザーに就任いただいた佐古様にお越しいただき、若者委員会との懇談会を実施しました。

佐古様のプロフィール、ユニーの事業環境への対応、中期経営計画、そして紹介ビデオを通して佐古様からお話を聞きました。

 

そのあとは、若者委員から佐古様にいろいろ質問をさせていただき交流を図りました!!

「美濃加茂市に多い外国人労働者。大企業の経営者の目線から見るとどう見えるのか?」

「店舗展開のマーケティングの視点を参考に、若者の移住・定住を進めるためのヒントはありますか?」

「事業の紹介の中で女性をターゲットにしたマーケティングの事例が多くありました。美濃加茂市も女性をテーマにした事業に取り組んでいますが、どのような視点でもって考えているのか?」

など佐古様にいろいろと質問させていただきました。
懇談会終了後の委員の顔には満足感が溢れていました。

◎若者委員会アドバイザー「野口 真人氏」×若者委員会



若者委員会アドバイザーである野口様にもお越しいただき、活動報告をしました。

 

活動報告後、若者委員会の在り方など、若者委員会がどうあるべきか、どう行動するべきかなどのお話を聴きました。

どの話も、若者委員会の今後について大変参考になるものばかりでした。


『票育』に向けた打ち合わせ@加茂高等学校 定時制

9月8日に実施する主権者教育『票育』の打ち合わせを、加茂高校定時制の先生と生徒と行いました。



若者委員会としては初の学生たちに向けた発信の場となります。

どのように学生たちにアプローチしていけばいいのかなど現場の意見をもとに、票育の内容の構成を考えています。

委員のみんなも気合十分で臨みます!!


モリビルでの若者委員会活動

夜は、駅前の空きビル「ミノカモノモリビル」を借りて、若者委員会同士の情報交換等を行いました。

 

票育に向けた準備など、夜遅くまで白熱した意見交換をしていました!!


【Day2】

◎まちづくりコーディネーター「加藤 慎康氏」×若者委員会



2日目の朝は、1日目に引き続きミノカモノモリビルにて、まちづくりコーディネーターの加藤さんと交流をしました。

 

加藤さんがどういった経緯で、今があるのかを聴くことで、若者委員のみんなもすごく刺激があったようです。

また、加藤さんから見た美濃加茂市はどうなのかということを聴きながら、今ある課題について若者委員会が感じていることを伝えながら、意見交換をしました。


◎有限会社 春見ライス「春見 秀則氏」×若者委員会



若者委員会からみのかもファーマーズの春見さんにお会いしたい!という強い要望から実現しました。

春見ライスについて、そして東京で開催するブラジルごはんについてお聞きしました。



どの話についても委員のみんなは興味津津で目を輝かせながら話を聞いていました。

また実際に美濃加茂市で活躍して見える市民の方と会うことで多くの気づきがあることを知り、これからの若者委員会でも多くの方と関わり合いながら進めていきたいという声がたくさんありました。


◎ブラジル料理から多文化を学ぶ

2日目のお昼は、市内にあるブラジル料理のお店に訪れ、美濃加茂市職員の大里さんからブラジルの文化などについてお話を聞きました。

実際に話を聴くだけでなく、ブラジル料理を食べながらブラジルの文化を学ぶことでより美濃加茂市の多文化という点について深く考えることができました。

昔から美濃加茂市に住んでいた若者委員でも、ブラジル料理を食べたことがない人もおり、貴重な体験となりました。




◎中学生対象『夏のボランティア体験』

2日目の最後のプログラムでは、若者委員会主催で中学生を対象とした夏のボランティア体験を開催しました。



 



中学生と若者委員会が実際に美濃加茂市のまちを歩いて、中学生の視点から美濃加茂市を見てもらい、

ここが美濃加茂市のいいところだ!!

こんなのがまちにあったらいいな・・・

この2つの点を3つのグループに分かれて考えてもらいました。

・中山道会館グループ
・中之島公園グループ
・文化の森グループ

最後には、目で見て、耳で聴いて、肌で感じてもらったことを中学生がプレゼンテーションをしました。

どの中学生も若者委員会のお兄さん、お姉さんたちと楽しみながらまちを見ることができ、最後のプレゼンテーションでも大変立派に話してくれました。

 

↑中学生が今回のボランティア活動のまとめのプレゼンテーションをしている様子

若者委員会としても、地域の若者と関わる喜びを知ることができ、貴重な経験となりました。



・・・と多くの人に出会い、多くの気づきが生まれ、若者委員会としても成長することのできた2日間となりました。

次は、9月8日の主権者教育「票育」の実施に向けて活動を進めていきます!!






最終更新日  2017年08月21日 10時25分02秒

2017年06月05日
カテゴリ:若者委員会
平成29年6月3日(土)東京にて第1回若者委員会を開催しました。
若者委員会が平成29年3月に発足し、今回が記念すべき1回目の若者委員会となりました。

若者委員会とは・・・
18~25歳までで美濃加茂市にゆかりのある若者によって構成された組織。
美濃加茂市の各学校に対し、主権者教育「票育」を提供することで、未来を担う人材育成と活力ある地域社会の形成に寄与することを目的とし活動しています。

まずは、5月に「視点」をテーマに自分たちが住んでいるまちの魅力・課題について学んだことや感じたことを共有し、フィードバックを行いました。



次に美濃加茂市若者委員会のアドバイザーである渡辺その子さんからの講演を受け、「ユニバーサル未来社会の実現に向けて」をテーマにまちづくりについて学びました。
若者委員のみなさんもすごく熱心に学んでおり、それぞれで学ぶところがありました。



また、アドバイザーである野口真人さんからはVTRで若者委員に向けて温かい励ましのお言葉をもらい、各委員がそれぞれ美濃加茂市について熱い想いを持つことができました。



最後には、アドバイザーからの助言を踏まえつつ、「若者らしさ」とは何かということについて考えました。



若者らしさとは、なにか。
若者だからこそ、できることがあるんじゃないか。

それぞれの美濃加茂市への強い想いを再確認した第1回若者委員会となりました。







最終更新日  2017年06月05日 18時09分55秒

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.