4049148 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天×岐阜県美濃加茂市

全610件 (610件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 61 >

文化・芸術

2020年06月09日
XML
カテゴリ:文化・芸術

3月3日(火)から臨時休館しておりましたみのかも文化の森は、感染予防及び感染拡大防止対策を行い、6月2日(火)から開館いたしました。

開館に合わせ、現在2つの展覧会を開催しておりますので、ご案内いたします。



新収蔵品展 舩坂芳助・堀江良一

 

舩坂芳助(ふなさか よしすけ)さんは青年期を美濃加茂で過ごし、加茂高校を卒業後に上京して版画を学び、国内外で発表を続けています。堀江良一(ほりえ りょういち)さんは大学卒業後、美濃加茂に拠点を構え、加茂高等学校など岐阜県内の学校で美術教師を続けながら木版画の制作発表をしてきました。

 

この展覧会では二人の版画家の1960年代の版画を展示しています。今は日本の版画界に名を刻まれ、第一線で活動していらっしゃるお二人ですが、当時はまだ20代、作家として歩み始められた頃、「自分の版画」を見つけるために、試行錯誤していた若々しい時代です。

 

堀江さんの作品は、大胆で伸びやかな構図と発色の美しい色使いが心地よく、私たちの心に響いてきます。

舩坂さんの作品は、技法への冒険心と都会的な洗練された感性にあふれ、私たちの目を楽しませてくれます。

 

今もなお自分の世界に向き合って新しい作品を作り続けるお二人の創作へのやまない探求心と創造の喜びと豊かさを感じるとき、心が一歩前に進んでいけるような気持ちになります。

 

先行きの見えない今だからこそ、皆様にお届けしたいと願い選んだ作品です。

ぜひご来館いただき、どうぞ心のままにゆったりと、お楽しみください。

 

会期:2020(令和2)62()628()

休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館し、直後の平日休館) 6/86/156/22

時間:午前9時~午後5時

観覧料:無料

会場:美濃加茂市民ミュージアム 美術工芸展示室

みのかも文化の森ホームページへ








 

●収蔵品展 「蚕とまゆ」展

(くわ)を栽培して蚕(かいこ)を飼い、繭(まゆ)を生産することを養蚕(ようさん)とよびます。美濃加茂では明治期に養蚕が始まり、昭和40年代頃まで盛んに行われました。

1918(大正7)年、古井村(現・美濃加茂市本郷町)に、地元の製糸工場と合併して郡是(ぐんぜ)製糸美濃工場が進出すると、この市域の養蚕業はますます活気づくこととなりました。また、市を流れる木曽川沿いは砂地部分が多く、桑がよく育つ土壌条件がありました。

蚕は、病気になると収穫が見込めないことから、温湿度や桑のやり方など、常に注意を払って飼育しました。大きな繭を作るために、朝、昼、晩、夜中にと、こまめに桑をやり出荷まで家族総出で世話をしました。人間が普段生活をする部屋で飼育をしたため、座敷(ざしき)()いと呼ばれました。

この展示では、養蚕にかかわる道具を展示し、失われつつある養蚕の生業の記憶をたどります。

会期:2020(令和2)62()823()

休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館し、直後の平日休館)

6/86/156/226/297/67/137/207/278/38/118/17

時間:午前9時~午後5時

観覧料:無料

会場:美濃加茂市民ミュージアム 民具展示館・生活体験館

みのかも文化の森ホームページへ






 

また、みのかも文化の森内「カフェ ミエル」も営業しております。

テラス席もありますので、気候の良い日には風を感じながら新緑の森を眺めて過ごすこともできます。

(営業時間9001700

 


ほんの少し日常が戻って再び開館したみのかも文化の森に、ぜひご来館ください。

マスク着用、手指消毒、ソーシャルディスタンスの確保などに気をつけながらお過ごし頂き、少しでも気持ちが前を向きますように。また、日常にほんのちょっぴりの豊かさをえられる場所、みのかも文化の森はそんな場所としてあり続けられますように。

みなさまのお越しをお待ちしております。










最終更新日  2020年06月11日 14時43分30秒

2020年03月01日
カテゴリ:文化・芸術
​​​​​​​令和2年3月22日(日)に生涯学習センターで開催を予定していました美濃加茂少年少女合唱団「定期演奏会」は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、​8月30日(日)に延期​とさせていただきます。
​​
また、3月7日(土)11時から上古井交流センターで予定しておりました「入団説明会」については中止​とさせていただきます。
​​
主催者により、来場者様の健康と安全を最優先に考えた措置ですので、ご理解のほどお願いいたします。​​​​​​






最終更新日  2020年03月01日 16時09分32秒

2020年02月27日
カテゴリ:文化・芸術

このたび、3月13日(金曜日)に西体育館で予定されておりました「第226回 ドリームコンサート」(出演:アンサンブル・ソロイスツ)ですが、感染予防や出演者の意向により開催を中止させていただきます。新型コロナウイルスの感染が岐阜県内でも確認され、全国的に拡大し続けている状況のためです。
ドリームコンサートを楽しみにお待ちいただいておりました皆様には大変申し訳ありませんが、何卒ご了承いただきたく存じます。
なお、4月以降のドリームコンサートについては、次回以降あらためてお知らせいたします。







最終更新日  2020年02月27日 17時48分16秒

2020年02月16日
カテゴリ:文化・芸術
​​​​​美濃加茂市島町にある文化会館で2月9日、美しい木曽川の風景と様々なジャンルの音楽・文化を楽しむ無料の和室ライブ​『木曽川和音会』​を開催しました。

今回で​10回目​となる和音会。訪れた観客数は​50人​以上!!
出演者は岐阜大唯一のお笑いサークル​​『岐阜大学落語研究会』​​から選りすぐりの3名が落語と講談を披露してくださいました。

トップバッターは、​鵜飼屋こまいぬさん。
​​​古典落語の​『新聞記事』​​​​を披露してくださいました。
隠居と馴染み男の茶飲み話の掛け合いが、毎回ダジャレが面白く、皆さん笑っていました!!
​​ ​▲鵜飼屋こまいぬさん


次は、​稲葉 景秋​さんによる講談。
今回、和音会で初めての講談でした。
一席目​『谷風の情け相撲』​​​​を披露してくださいました。
相撲の全盛期時代、「相撲の神様」と呼ばれていた谷風が一度だけ八百長相撲をしたという逸話を、身振り手振りで表現し、観客の視線を釘づけにしていました。

 
▲​稲葉 景秋さん


次は、​​​春雨亭弥治栄​​​さん。
​​​​​古典落語の​『禁酒番屋』​​​​​​を披露してくださいました。
酒飲みの話で、泥酔状態の演技がとても良かったです。こちらも笑いが収まらず大盛り上がりでした。
酒飲みの皆さん、飲みすぎには注意しましょう。

​▲春雨亭弥治栄​​​​さん​


最後は再び、​稲葉 景秋さんによる講談。
二席目、古典落語の『源平盛衰記~扇の的~』を披露してくださいました。
あの有名な那須与一の扇の的を射る話です。
この時点で実は予定の終了時間間近…。
時間もネタに織り込みながらすべて話終わるまで約4分。
あっという間のスピード劇でみなさん最後まで笑い、驚き盛り上がりました!!


 最後まで笑いが止まらない1時間となりました。
来場者の方々からは「また、岐阜大学の落語を聞きたい!」「素晴らしいネタで良かった。」と多くの感想をいただきました。

出演してくださった​​『岐阜大学落語研究会』​​の皆さんありがとうございました。


 ______________________________________
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*​​​​​​    

次回は、5月に開催予定です。






最終更新日  2020年02月18日 14時20分21秒

2020年02月07日
カテゴリ:文化・芸術
​​​​​美濃加茂市島町にある文化会館で1月17日から19日まで、​「第40回市民書き初め展」​が開催されました。
幼年から小中学生の学年別、高校生、一般、家族などの​13​部門226​点​の応募があり、そのうち​​​57​​​入選​しました。
また、今回は​書き初め展40周年​を記念した特別賞を設け、入選者の中から各部門1名ずつ受賞されました。



▲展示の様子

会場には、応募のあった全作品が展示され、「おとし玉」や「未来の夢」などと書かれた小中学生の作品をはじめ、「令和」の由来となった万葉集や漢詩をしたためた高校生一般の作品など、日ごろの練習の成果が発揮された力作が多く並びました。

​​​​​






最終更新日  2020年02月07日 15時48分03秒

2019年12月19日
カテゴリ:文化・芸術
​​​​​12月13日に、無料で良質な音楽が気軽に楽しめる​​「ドリームコンサート」​​を開催し、会場に集まった市民ら77人が生演奏を楽しみました。

この「ドリームコンサート」は毎月第2金曜日の午後7時から同会館で開催しており、今回で225​回目
この日は、美濃加茂市文化会館の改修工事に伴い、会場を​みのかも文化の森​へ移し、​​『美濃加茂ハンドベルクワイア “マザーズ”』​​の皆さんによるイングリッシュハンドベルをお届けしました。​​​​

 ▲美濃加茂ハンドベルクワイア “マザーズ”のみなさん

 もうすぐクリスマスということで、楽曲にはGマイケルの「ラスト・クリスマス 、M.キャリーの​​​「恋人たちのクリスマス​​​を披露されました。会場に集まった人たちは、ハンドベルのきれいな音色にうっとりされていました。

また、お客様もハンドベルを体験され、「きよしこの夜」​​を演奏し、
子どもたちに人気の​​「パプリカ」​​の曲では、みんなで手拍子をし、大変盛り上がりました♫



 来場者からは​​「クリスマスソングがとても良かった。ステキな音色に癒されました。」​​​「息がピッタリ合っていて、とても素晴らしい演奏でした。」​と多くの感想をいただきました。​​​​

出演してくださった​『美濃加茂ハンドベルクワイア “マザーズ”』​​​​の皆さん、ありがとうございました。


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
次回の開催は​3月​です!!3月のドリームコンサートの会場は​​​​「西体育館」​です。
※1月・2月はお休みになります

皆さま会場をお間違いないようにお越しくださいm(_ _)m

日 時:3月13日(金)午後7時より
出演者:【吹奏楽アンサンブル】アンサンブル・ソロイスツ美濃加茂​​​​​






最終更新日  2019年12月19日 11時28分07秒

2019年12月18日
カテゴリ:文化・芸術

 第67回 (令和元年度)全国高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会-定通高校生の青春メッセージ-に出場した岐阜県立加茂高等学校定時制2年の小林虎流(こばやしたける)さんが美濃加茂市役所を訪れ伊藤誠一美濃加茂市長に大会の結果報告を行いました。
 大会は令和元年11月17日(日)に東京の六本木ヒルズ ハリウッドプラザで行われました。各県の代表58名が参加し、小林さんは「今度は僕が。」を発表し、見事「厚生労働省人材開発統括官賞」を受賞しました。



 副校長の浅野忠一郎先生が大会の趣旨や内容をご説明され、
「加茂高校定時制の特徴は外国籍の生徒が多くいます。小林君は最初なかなか溶け込めなかったが、いろいろな活動の中でいろいろ溶け込むことができました。少しずつ成長したことが書かれています。生徒の成長を感じさせられる作文でした。」と解説していただきました。
 続いて受賞した小林さんは
「今までは友達と話すことが苦手でしたが、一つの目的のために協力して頑張っていくということを経験したことで、外国籍、日本国籍ということを感じることなく、かかわっていくことで、意思や感情がわかっていきました。笑いあえることを知ってから自分の中で価値観が変わって、一緒にやれる仲間となりました。以前は、友達は遊んだり、話をしたりする関係だと思っていました。今は、いろんな意見を言い合える、一緒に何かすることで大きな絆が生まれ、一緒に成長しあえるのが友達だと思えるようになりました。今回の経験はこれで終わりでなく、通過点として、この経験を次の何かに生かせるような学校生活としたいです。」と楽しそうに語ってくれました。



 生き生きと語る小林さんの話を熱心に聞いた伊藤市長は
「感動した。
 作文を読ませてもらって、自分の思いができたということがすごく伝わってきました。作文にあった『すっげー充実した四年間だった』といえるような学校生活を楽しんで、自分の夢に向かってぜひ頑張ってもらいたいと思います。」とエールを送りました。
 日比野安平教育長は
「いい学校、いい友達、いい先生に出会えてよかったですね。すごい賞をいただくまで成長していくことを伺っておりますと、若者が脱皮していく典型みたいなものですね。偶然来るきっかけをつかんでものにできるのはあなたの力なんですね。先生や友達の影響で目を出したことだと思います。将来が楽しみですね。」と成長の過程を評価されました。
 担任の若宮洋介教諭は
「入学した時から見ていて、入学当時は常に周りを警戒していたようでした。この学校ですごく成長でき、いい経験ができました。僕らも見ていてそう思います。」と成長の過程を述べてくださいました。



 学校生活の経験を活かし、さらに成長し、自分の意見が言えるような立派な社会人に成長してもらいたいと思います。







最終更新日  2019年12月18日 12時06分01秒

2019年12月13日
カテゴリ:文化・芸術

 ​美濃加茂市文化会館とみのかも文化の森、ヒメロック実行委員会が美濃加茂市蜂屋町の“みのかも文化の森”で12月8日(日)、​“女性が輝く街で開催される女性が輝く音楽祭”「みのかもヒメロック2019」​​を共同開催しました。



 ​​​​美濃加茂市では、​「女性が輝けるまち みのかも」​をスローガンとして掲げており、女性活躍を推進する様々な取り組みを行っています。また、美濃加茂市の中心部に位置する「中山道太田宿」は、江戸時代に皇女 和宮をはじめ多くの姫が通ったことから「姫街道」と呼ばれており、毎年秋に開催される「おん祭MINOKAMO 太田宿中山道まつり」では、当時の絢爛豪華な姫様の行列を現代に再現した「姫道中」が行われています。こうした女性の活躍や、「姫道中」という文化を背景に、女性アーティストに特化した音楽イベント「みのかもヒメロック」は誕生しました。

 昨年度に続き3回目の開催となった今年は、約100人が来場。ステージでは、花*花として「あーよかった」「さよなら大好きな人」で一世を風靡した“こじまいづみ”さんとシンガーソングライター“高田志麻”さんがプレミアム感満載のフリーコンサートをお届け。サポートギターには年に一度横浜で開催される日本ソロギター界最大の祭典『フィンガーピッキングコンテスト』で優勝した“わたなべゆう”さんが演奏を行い、会場を盛り上げていました。


▲“こじまいづみ”さん

▲“高田志麻”さん(左)

▲ギターでソロ演奏する“わたなべゆう”さん
​​​​

 ​圧巻のステージパフォーマンスで、ご来場された皆さんからは「とても良い空間で歌声を聴けて良かった」「また3人のコンサートが聞きたい」「パワフルな声、優しいギター全てに感動しました」などコンサートに満足されるとともに、早くも次回のコンサートを期待する声がアンケートに寄せられました。

▲コンサート後の集合写真​​







最終更新日  2019年12月13日 08時22分00秒

2019年11月19日
カテゴリ:文化・芸術
​​​​11月8日に、無料で良質な音楽が気軽に楽しめる​「ドリームコンサート」​を開催し、会場に集まった市民ら87人が生演奏を楽しみました。

この「ドリームコンサート」は毎月第2金曜日の午後7時から同会館で開催しており、今回で​224​回目
この日は、美濃加茂市文化会館の改修工事に伴い、会場を​あまちの森​(加茂野交流センター)へ移し、​『謎の前座バンド NZB9002』​の皆さんによるブリティッシュロックをお届けしました。​​​​


▲謎の前座バンドのみなさん

ビートルズの​「Ob-La-Di, Ob-La-Da 」​Day Tripper、エリック クラプトンの​​Over The Rainbow」​​​などなじみの曲を披露し、会場に集まった人たちは大迫力の演奏を堪能しました。



アンコールは、ビートルズの​​​Hey Jude​​​​を披露。来場者も一緒に歌ったり、手拍子で一緒に参加し楽しみました。

 来場者からは​​「とても良いコンサートでした。」​​​「懐かしい曲が多く、楽しかった」​と多くの感想をいただきました。​​​​

出演してくださった​『謎の前座バン​​​​​​ NZB9002』​の皆さん、ありがとうございました。


◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
12月のドリームコンサートの会場は​​​​「みのかも文化の森」​です。

皆さま会場をお間違いないようにお越しくださいm(_ _)m

日 時:12月13日(金)午後7時より
出演者:【イングリッシュハンドベル】美濃加茂ハンドベルクワイア”マザーズ"






最終更新日  2019年11月19日 15時42分17秒

カテゴリ:文化・芸術
​​​​美濃加茂市下米田町にある津田左右吉博士記念館で11月9日、小・中学生の作文コンクール「第35回津田左右吉賞」の受賞者が決定し、受賞者の表彰式と記念公演会が行われました。​​​​

津田左右吉賞は、美濃加茂市出身で日本を代表する歴史、思想史研究者である津田左右吉博士の業績を長く顕彰するとともに、児童・生徒の自由な発想や、夢を育てることを目的として津田左右吉博士顕彰会(佐合隆治会長)が、毎年作文を募集し表彰を行っているものです。

今年は、「夢」「津田左右吉博士」を題材にした作品を募集した結果、市内をはじめ岐阜県下から小学校5・6年生の部:410点、中学生の部:106点、計516点の応募がありました。

表彰式では、入賞者11人に表彰状を贈った後、最優秀賞の受賞者2名による作文の発表が行われました。
小学校5・6年生の部 谷口文芽さん(美濃加茂市立古井小学校5年)は、図書館司書になりたいこと、中学生の部 草間日菜さん(多治見市立北稜中学校2年)からは、看護師をめざしているという夢が語られました。発表が終わると、会場の参加者からは、大きな拍手が送られました。





表彰式の後には、みのかも「声のドラマ」会の皆様による「津田左右吉博士」の幼少期を題材とした朗読記念公演が行われました。
 
なお、受賞者は以下のとおりです。
<小学校5・6年生の部>
最優秀賞 美濃加茂市立古井小学校5年  谷口 文芽さん
優秀賞  揖斐川町立谷汲小学校6年   浅野 麻美さん
優秀賞  美濃加茂市立山手小学校5年  村雲 柚空さん
佳作   美濃加茂市立太田小学校5年  渡邉 拓海さん
佳作   美濃加茂市立加茂野小学校6年 高井 蓮さん
佳作   美濃加茂市立山手小学校6年  齋藤 里緒さん

<中学生の部>
最優秀賞 多治見市立北陵中学校2年   草間 日菜さん
優秀賞  美濃加茂市立西中学校1年   鈴木 和さん
優秀賞  川辺町立川辺中学校3年    大角 彩流さん
佳作   美濃加茂市富加町中学校組合立双葉中学校2年  山田 菜緒さん
佳作   川辺町立川辺中学校2年    脇本 亜柚夢さん

※文化の森HPでも掲載しております(こちらからどうぞ)→​文化の森HP






最終更新日  2019年11月19日 09時00分14秒

全610件 (610件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 61 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.