362274 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本一アツい多治見市 うながっぱのお友だちブログ

Calendar

Freepage List

Recent Posts

Archives

December , 2020
November , 2020
October , 2020
September , 2020
August , 2020

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

多治見市は、このブログに記載される個別の店舗情報や銘柄情報並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。
February 1, 2011
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

~今日はたじフィルMamaさんからのお便りです~


初めて携わった映画は「長い散歩」でしたかちんこ
奥田瑛二監督、緒形拳さん、津川雅彦さん、はなちゃん、高岡早紀さん、松田翔太さん・・・
非日常的な生活をすること、およそ2ヶ月。
制作現場に流れる独特な空気。
「よ~ぃスターット!」「カァ~ット!」

mikawaya.jpg

上向き矢印新町みかわやでのロケ風景。中には松田翔太さん



何時になろうが妥協はない。納得いくまで集中する。
とても多くの人が関わる ものづくりの大好きな集団でしたグッド

やきものを造る過程にも似ています。

最近では、現在公開中で木村拓哉さん主演の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
チラシやポスター、映画の冒頭シーンに出てくる荒廃した地球の様子は、多治見市内で撮影されたものです。

1年ちょっと前の、11月にしては暖かく真っ青な秋晴れの日に
その撮影は行われました。
監督、俳優さん、スタッフ、そして地域の人達のもてなし。
そんなところに地域ロケの醍醐味があります。
そして、映画をつくっていく過程で育っていく仲間意識。


senpan.jpg

上向き矢印NHKドラマ「最後の戦犯」ロケ風景。右から中尾彬さん、ARATAさん



岐阜フィルムコミッション、名古屋ロケーションナビ、日本ラインフィルムコミッション、伊勢志摩フィルムコミッション・・・そして多治見フィルムエンジン・・中部の仲間たちスマイル

一つの映画を中部地区で撮影をしてもらおうと、それぞれのフィルムコミッションの担当者が色々なシーンを想定したロケハンをして、お互いの情報交換をします。
「うちにはこんな所があるけど、そっちにはあんな所ない?」
自分の所だけでは、監督の望むシーンが揃わないのです。

一見華やかに見える映画の表舞台ですが、
その舞台裏は忍耐の二文字かもぐー
ロケハン・・これが映画の撮影支援の8割を占めると言っても過言ではありません。

tonnel.jpg

上向き矢印地球村にて撮影された、竹野内豊さん、水野美紀さん主演の映画「あの空をおぼえてる」では
この風景が見つからなかったら、撮影は北海道で行われることになっていました。



そうまでしてロケ地にしたいのには理由があります。
一つは経済効果です。
「長い散歩」の撮影では、ロケ弁などの飲食代や宿泊など
多治見市内での直接経済効果は1500万円以上でした。

その他に、知名度アップや
まちや人々が活き活きとする、という魅力的な効果があります。
ロケ現場ではエキストラ、見物人、誰もが笑顔なんです。



まちも人も魅惑する映画のロケ。
今後もすくすく育ててね“多治見フィルムエンジン!”

satajan.jpg

suito.jpg







Last updated  February 1, 2011 08:45:22 AM


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.