365904 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本一アツい多治見市 うながっぱのお友だちブログ

Calendar

Freepage List

Recent Posts

Archives

January , 2021
December , 2020
November , 2020
October , 2020
September , 2020

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

多治見市は、このブログに記載される個別の店舗情報や銘柄情報並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。
March 15, 2011
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

~今日は、ストロベリーニアさんからのお便りです~


2月10日から住吉窯(市之倉町)に
スロベニアからの旅人が、志野焼を学びに来ています。
旅人の名はMrs.イネス・コバチッチ
陶芸を始めた最初の3年間は、陶芸の基礎をスロベニアのスタジオで学び
1999~2000年はイギリス・オックスフォードの
Richard Pheatheanさんのスタジオで陶芸を勉強。
その後、自分でスタジオを持ち、作陶したり教えたりしているとのこと。

イネス1.jpg

住吉窯での作陶風景

イネスさんは、日本の陶芸のやり方を学びたくて
旅行社(有)インバウンドがインターネット上で
2010年早春に販売した商品にアクセスし、
夏頃に行程を決め、多治見を訪れました。
http://www.explorejapaneseceramics.com/travel/30daytajimi.html

志野ちゃわん.jpg

イネスさん作の器

3月6日(日)には、イネスさんが作った器でお茶会が開かれました。
和服に着替え、いつもとは全く違う雰囲気のイネスさん。
お茶を点て、和の文化に触れると
歩き方まで変わり、中身も和になるようです。^^

イネス2.jpg

イネス3.jpg

お国へ帰ったら、さっそく志野釉を使ってみたいとのこと。
住吉窯の小木曽教彦先生は、自らもスロベニアに出かけて行って
交流をしたいと考えておられます。

志野花瓶.jpg

今回、旅行社を通した初めての長期滞在作陶ツアー。
イネスさんに気持ちよく一ヵ月を過ごしてもらう事が
今後の多治見の国際交流とインバウンドに繋がると思います。

交流.jpg

市長(手前左)と話すイネスさんと指導した住吉窯の小木曽先生(中央奥)






Last updated  March 15, 2011 09:37:53 AM


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.