540465 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おっさんの戯言

Nov 30, 2012
XML
カテゴリ:高野街道

高野街道の続きです。
ケーブルの下側の駅である極楽坂駅から先、舗装道を歩いていきます。

koya1-18

石標がありました。
高野山まで4200メートル、一里二町三十間、との表記が。

koya1-19

石標が何本かまとめて置いてありました。
左から二本目の石標が女人堂までの距離が記されています。
これが俗にいう一里石。

koya1-20

日本最後の仇討墓所。
??? 以前、熊野に向けて紀伊街道を歩いていたときも、
日本最後の仇討ち、を見ました。 その内容はこちら
それぞれの内容をよく見てみると、
紀伊街道の仇討ち:日本で許された最後の仇討ち(合法)
高野街道の仇討ち:日本で最後に行われた仇討ち(違法)
ということのようです。

koya1-21

鉄塔にはなんの意味もありませんが、抜けるような青空だったのでつい。

koya1-22

第六の地蔵。第六ということは、当然第一~第五もこのあと出てきます。
江戸時代の後半、高野街道を歩く旅人の安全を祈願して建てられたそうな。

koya1-23

いい眺め。ちょき

koya1-24

こちらは第五の地蔵。作水の集落にあります。

koya1-25

第五の地蔵の先、道は左に曲がっていますが、正面の急な下りの方へ。

koya1-26

写真ではわかりづらいですが、かなりの急な下り坂。
天気はよかったのですが、日陰になると寒いです。

koya1-27

千石橋を渡ったところには、女人堂への二里石。

koya1-28

中屋旅館。河根宿の本陣でした。

koya1-29

県道を越え、登り坂にさしかかった所には日輪寺と丹生神社。

koya1-30

ここから先、急な登り坂になります。下向き矢印

koya1-31

登り坂の途中には第四の地蔵。

koya1-32

繁野の集落には第三の地蔵。

koya1-33

石標がありました。何が書いてあるのか殆ど読み取れません。

koya1-34

二股のところに、こんな案内板が埋め込まれていました。
基本は高野に向かう人を念頭において作られています。
逆から歩いてきている私には、あまり役に立ちません。あっかんべー

koya1-35

青空が気持ちいいですね。

koya1-36

今年は気温が一気に下がり、適度な雨もあったので紅葉が見事ですな。

まだ続きますが、長くなったので後程に。

 







Last updated  Nov 30, 2012 09:53:17 AM
コメント(4) | コメントを書く
[高野街道] カテゴリの最新記事

PR

Profile


まちへい

Category

Calendar

Favorite Blog

半年の激走とか朗読… 内藤みかさん

仰木マジックと僕の… ミスチルファン1974さん
ナイスフィールド ドラン8565さん
孤雲日和(こうんび… JAN ★さん
明日くたばるかも知… たももも。さん

Archives

Oct , 2019
Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.