540762 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おっさんの戯言

Dec 3, 2012
XML
カテゴリ:高野街道

高野街道の続きです。

koya1-37

玉屋宿跡。
玉屋宿は平安末期に書かれた石童丸物語にも出てくるそうです。

koya1-38

南海高野線、国道370号を続けて横断し、学文路の街へ。
学文路と書いて「かむろ」と読みます。難しい。

koya1-39

女人堂までの三里石。いままでと少し形が違いますね。

koya1-40

こんな立派な高野街道の道標も出てきました。

koya1-41

柿と青空はよくあいますな。夕焼けとも似合いますが。

koya1-42

第二の地蔵。国道370号から側道に入る手前にありました。

koya1-43

学文路天満宮の鳥居。ここから拝殿まではかなり距離があります。

koya1-44

まもなく左手には成就寺。

koya1-45

この辺りには古い建物も残っています。

koya1-46

第一の地蔵。逆から来たので、これで最後ですな。

koya1-47

三軒茶屋大常夜燈。
1587年、紀ノ川には橋が架けられたのですが、3年後には増水により流失。
その後は舟による渡しが行われていたそう。
この常夜燈はその渡場に建てられたもの。

koya1-48

今は舟はありませんので、少し先に見える橋本橋を渡ります。

koya1-49

紀ノ川の対岸には女人堂への四里石。

koya1-50

四里石の近くには常夜燈。先ほどの渡場の常夜燈の対をなすものです。

koya1-51

橋本の街から北に進路をとります。「かうや」、「京大道」とはいった道標。

koya1-52

JR和歌山線、南海高野線を続けてくぐって行きます。

koya1-53

国道24号線の高架をくぐり、国道371号線に合流し暫く国道を歩きます。
御幸辻南の交差点で左斜めの側道に入り、暫く側道を歩きます。
20分ほどで再び国道371号線に戻り、暫くいくと女人堂への五里石。
その後、大福寺のところから右側の側道へ。

koya1-54

慶賀野の集落を抜け、国道に戻る手前には大きめの祠がありました。

koya1-55

国道を登って行きます。歩いている人は相変わらずいません。

天気が良かったので、写真の数が多くなりなかなか前に進みません。あっかんべー

またまた長くなってきたので、続きは後程。

 







Last updated  Dec 3, 2012 10:52:25 AM
コメント(2) | コメントを書く
[高野街道] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


千里の路(゜∇゜)…   ゆきお さん
玉屋宿は跡だけで残念…平安のロマンを楽しめるお宿やったんですね♪
アンティークって感じで古くてもボロいとは感じさせない風格が今後も残って行きそうな☆
三里石の立っている場所、結構な珍百景ですね(・_・;)
他にもよろけてニョキって立っている物や少しビックリです〃今年は紅葉を見る機会がなく、夏と冬だけでしたが柿ノ木と青空、ここには秋が在りますね♪
成就寺まるで城跡のよう☆ 今回のシリーズロマンで惹かれる建物が多々…
お地蔵様みんなお家に入れて貰っているスタイルなんですね♪でも今回は扉を開いてお顔が見れる一面も有りで(*^o^*)♪
お地蔵様は御供えに団子休憩喜ばれそう☆(笑) (Dec 3, 2012 08:46:16 PM)

Re:千里の路(゜∇゜)…(12/03)   まちへい さん
ゆきおさん
昔の道標などは、国道の敷設などに伴い場所を移動したものが多いですね。
今でこそ古いものがもてはやされていますが、高度成長期には
古いものより新しいものが優先だったのでしょう。
移設されているだけまだましで、なくなってしまったものも多いのではないかと。
(Dec 4, 2012 08:23:56 AM)

PR

Profile


まちへい

Category

Calendar

Favorite Blog

半年の激走とか朗読… 内藤みかさん

仰木マジックと僕の… ミスチルファン1974さん
ナイスフィールド ドラン8565さん
孤雲日和(こうんび… JAN ★さん
明日くたばるかも知… たももも。さん

Archives

Oct , 2019
Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.