540179 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おっさんの戯言

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

伊勢本街道

Jan 26, 2010
XML
カテゴリ:伊勢本街道

今回の伊勢参りは全て日帰りで行ないました。ちょき

道中、美味しそうなものでも探しながら歩こうか、とも思ったのですが、
時間もかかってしまうし、団子など甘いものはもともとダメ。失敗
なので、朝や昼はもっぱらコンビニのオニギリおにぎりにお世話になりました。

とはいえ、それだけではあまりにも淋しいので、伊勢に着いてから名物一気食い。ちょき
ただ、内宮前のおかげ横丁の周辺は人が多すぎて、
とても簡単に食べられる状態ではなかったので、
駅の周辺まで行ってから探すことに。

ise7-13

伊勢といえば、まず赤福なのでしょうが、私はパス。しょんぼり

isemeibutsu1

伊勢うどん。
ぶっかけうどんのように、濃い目のタレが少量かかっています。タレは少し甘め。
うどん自体は、すこし柔らかめでした。
毎日食べるにはちょっと醤油と砂糖の味が濃いので、私にはしんどいですが、
たまに食べる分にはなかなかいい。結構好きな部類にランクイン。スマイル

isemeibutsu2

的矢の生牡蠣。
時間が余ったので、鳥羽まで足を伸ばしたときに食べてみました。
生臭さもなく、ツルッといけます。潮の香りがいいですね。

isemeibutsu3

こちらは蒸したもの。貝に残ったスープがたまりません。目がハート

その後、伊勢まで戻り、どうしようかと悩んだのですが、
居酒屋で地の魚でも食べようと、駅の観光案内所で美味しそうな店の情報を入手。ちょき

12~3分歩いてお店にたどり着くと、「本日貸切」の文字が。ショック
電話すりゃよかった‥

案内所でもう一度聞こうと、駅まで戻ると‥
すでに案内所は閉まってました。涙ぽろり

仕方なく、駅前にあったチェーン系の居酒屋へ。

「この辺の名物とか、地のものって何になります?」とオネエサンに聞いて注文。

isemeibutsu4

さめのたれと蛸ワサビ。
さめのたれとは、さめをみりん干しにしたもの。コレ、なかなかいけました。ちょき
蛸もこの辺でそれなりに獲れるようですが、味は特に変わったものではありません。

isemeibutsu5

ふぐの唐揚。ふぐもよく獲れるそうです。そういや今年はまだてっちり食べてない。

isemeibutsu6

てこね寿司。
ヅケ(といっても少し甘めなので、みりんがはいってるのかな)にしたマグロが
酢飯の上にのっかり、大葉と白ゴマがパラリと。
想像したとおりの味ですが、これも美味しかったです。
名前が、「てこね寿司」なので、混ぜて食べてみましたが、よかったのでしょうか?

7日もかけて歩いたわりには、お見せできる食事なんてこれぐらい。

らしくない、という声も聞こえそうですが、メインは「歩き」なのでご勘弁を。

 







Last updated  Jan 26, 2010 03:50:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 25, 2010
カテゴリ:伊勢本街道

伊勢まで歩いて行ってみよう、と思い立って2ヶ月半。

1回目を11月の頭にスタート。そこから1ヶ月強開いてしまいましたが、
2回目を12月中旬にスタートさせ、そこからは順調に消化。

全部の行程をまとめてみると‥

集計表

こんな感じです。
距離はMapionのキョリ測を使用して図りました。
峠越えの場合、実際にはかなり曲がりくねった道なのですが、
地図上では簡略化されほぼ直線で表してあったり、道そのものが載ってなかったり。
なので、キチンと図れなかったところは、+α としています。
というわけで、実際の距離は170km前後でしょう。

時間や歩数は人それぞれのペースがありますし、
道中の寄り道分も入っていますので、ご参考程度。
たぶん、寄り道なしで真っすぐ歩けばトータル32~3時間ってとこでしょうか。

今回伊勢本街道を歩く際、お世話になったサイトがこの2つ。
 kazさんのHP → こちら
 伊勢本街道保存会のHP → こちら
特に、kazさんにはmapを頂いたり、大変お世話になりました。ちょき

上記の2つのHPを参考に、出発前にできるだけ昔の本街道に沿うよう地図を作成。

MAP

迷わないよう、かなり詳細な地図に歩くべきルートと距離、標準ラップを入れました。
地図の左端から右端まで1kmにも満たないので、頻繁に捲る必要があり、
面倒かとも思いましたが、かえっていい気分転換になりました。

振り返ってみると、一番キツかったのは、初回の暗峠を抜ける生駒越えかな。
まだ長距離を歩くのに慣れていなかったこともそう思う原因のひとつでしょうが、
10km以上歩いた後のあの坂はしんどかった。ショック その次は石割峠と飼坂峠かな。

談笑しているアベックの二人乗りのバイクに抜かれ、
登り坂では登坂車線をしんどそうに登っているトラックにもあっという間に置いてかれ、
トンネルを抜ければすぐなのに、わざわざ峠を上り下りし、
4時間かけて歩いたものを、バスに乗りスタート地点へ40分で戻ったり‥

時々、何をしているのかわからなくなりそうにもなりましたが‥。あっかんべー

一部の区間、なにもなく単調で飽きがきそうなところもありましたが、
随所に見所も多く、なかなか楽しめました。

個人的には歩いてみてよかったです。

皆さんも是非ドーゾ、といって、ハイやります!という人が現れるとも思えないのですが、
万一、そのような方がいらっしゃるのであれば、作成した地図ぐらいは提供します。

折角長距離に慣れたことだし、今度はどこを歩こうかな。歩く人

 







Last updated  Jan 25, 2010 04:48:24 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jan 24, 2010
カテゴリ:伊勢本街道

昨年の11月初旬に始めた分割伊勢参り計画。
ようやく最終回を迎えることができました。ちょき

ise7-1

まずは近鉄特急で松阪へ。朝早かったこともあり、車内はガラガラでした。

ise7-2

松阪駅からJRに乗り換え、多気駅まで行ったのですが、
名松線の発着ホームには通票の表示が。
まだタブレットの交換をしているのでしょうかね。そうであれば見てみたい気もします。

ise7-3

多気駅の1kmほど南の踏切が今日のスタート。
天気はいいのですが、若干風が強く少し寒さを覚えながらのスタートです。

ise7-4

程なく伏拝坂へ。ここが最後の未舗装&峠です。
峠といっても言われなければわからないぐらいの起伏。
その昔、伊勢参りの旅人がここで残りの距離を尋ねたところ、「三里山道、五里畷」と
聞き、これからの難儀を思い参宮するのを諦めて帰っていったとのこと。
実際にはそんなにないと思うのですが、諦めた人は残念だったことでしょう。
モチロン、私は諦めるつもりはありませんでした。

ise7-5

人柱供養碑塚。
昔、経分を街道の六十六箇所の霊場に奉納しようとこの街道を歩いていた老僧が、
ここまで来たとき重い病で倒れてしまったらしい。その老僧は自分の死期を悟り、
街道を往来する旅人の安全を祈り、この場で人柱に立ったといわれているそう。

無事に歩けているのも、この老僧のおかげかな。しょんぼり

しばらくの間は、民家の中の平地を歩いていきます。

ise7-6

尾崎咢堂記念館。憲政の神様といわれた有名な政治家サン。
それにひきかえ、今の人達は‥

ise7-7

宮川に架かる度会橋。これを越えれば外宮はもうすぐです。

ise7-8

外宮の少し手前にある筋向橋。その昔、関西からの参宮道と中部・関東からの
参宮道がここでひとつになったところ。今は橋の欄干だけが残っています。
当時、「おたくはどこから?」 「へい、京からどす。そちらさんは?」 「江戸からだよ!」
なんて会話がなされていいたのでしょうか。

ise7-9

外宮手前で月夜見宮へ寄り道。こちらは参拝客はいませんでした。

ise7-10

外宮に到着。
コチラは凄い人です。宮内はいろんな所で紹介でれているので、ここでは省略。
外宮から内宮までは5km弱。気を引き締めて再スタート。

ise7-11

内宮までの道沿いにあった伊勢古市参宮街道記念館。
寄ってみたかったのですが、どうもお昼の間は休憩のようで開いてませんでした。ショック

ise7-12

猿田彦神社を通り過ぎ、おはらい町へ。もうここまでくれば、内宮は目と鼻の先。ちょき

ise7-13

赤福本店。赤福の創業は1707年。本店の建物は明治初期のものだそうです。
こちらも凄い人でした。個人的には興味がないので、立ち寄らなかったのですが‥

ise7-14

内宮手前ではご覧のとおり。芋の子を洗うような状態。食事をするにもどこも大行列。
後ほどお店の人に聞くと、1月は特に参拝客が多いそうです。

ise7-15

内宮に到着。階段より上は撮影禁止です。道中の無事を感謝し参拝。
多気から内宮までは約29500歩。外宮や月夜見宮への参拝、おはらい町での
ひやかしの時間も含め約4時間半。

ise7-16

昨年11月に架け替えられた宇治橋。
こんど社殿を建て替える式年遷宮が行なわれるのが2013年。
その4年前(つまり2009年)に架け替えるのが恒例だそうです。

このあと、月読宮まで歩いていき参拝。その後近鉄の五十鈴川駅へ。

ise7-17

真っすぐ帰ろうかとも思ったのですが、折角なので伊勢で祝杯をあげたかったんです。ビール
五十鈴川駅に着いたのが3時半頃。まだ時間が早かったので鳥羽に行ってみました。

終わってみれば‥
長かったような、思ったほどでもないような‥
しんどかったような、それほどでもなかったような‥

ただ、内宮の正宮前に立った時の感動と、歩き終えた達成感は大きなものでした。ちょき

総括は別途書きたいと思います。

 







Last updated  Jan 25, 2010 10:54:31 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 23, 2010
カテゴリ:伊勢本街道
目標達成につき、一人打ち上げ開始。

帰りの電車は爆睡しそうです。








Last updated  Jan 25, 2010 09:16:13 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:伊勢本街道
内宮に着きました。

7日かけ、約180km歩いて到着。

参拝後、一気に脱力感が襲ってきたのは、いうまでもありません。







Last updated  Jan 25, 2010 09:17:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:伊勢本街道
外宮に着きました。

身の引締まる思い。

食事して内宮へ向います。








Last updated  Jan 25, 2010 09:17:52 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:伊勢本街道
もう少しだ…






Last updated  Jan 25, 2010 09:18:44 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:伊勢本街道
伊勢参りの続き。

ついに最終回。絶好の参拝日和です。








Last updated  Jan 25, 2010 09:19:30 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 18, 2010
カテゴリ:伊勢本街道

伊勢参り分割計画の6回目。

ise6-1

前回終了地点の飯南までは松阪駅からバスで30分ちょっと。
今回は前回の40kmと比べると約半分。余裕を持って歩き始めました。歩く人

ise6-2

飯南は松阪牛のふるさとだそうで‥ 今回の伊勢参り中、まだ一度も食べていません。
ゴールしたら食べようかな‥目がハート

ise6-3

途中、所々で茶畑を見かけました。霜が降りててまだ白いまま。

ise6-4

しばらくは櫛田川沿いに歩きます。変わった形の岩が多く、見ていて飽きません。

ise6-5

櫛田川にかかる津留橋。当時は橋もなく、旅人にとってはここ津留の渡しは
宮川の柳の渡しとともに渡川の難所の一つであったそうな。
渡し場の川の中に岩があり、それが水量を測る目安とされ、この「はかり岩」が
水没すると「川とめ」となったそう。
今は橋が架けられ、何も考えることなく通行できます。

ise6-6

上牧の集落を抜けたあたり。二つの小山の間の切れているところに見えるのが
伊勢自動車道。自宅から伊勢まで車なら3~4時間で行けるのですが‥。

ise6-7

鍬形の集落の外れにある仏足跡碑。
仏足跡とは、釈迦の足跡のことだそうです。

ise6-8

ん?何の団体だ? と思っていたら、同じことをされている一行でした。
ただ、アチラはちゃんとした案内兼解説ガイド付でスローペース。
追い抜かすとき、西行法師の歌碑の前でガイドさんが説明されていたので、
ちゃっかり聞かせてもらいました。あっかんべー

ise6-9

目的地まではあと少し。後を振り舞えると、まだ山々が見えますが‥

ise6-10

前方は視界が開け平地に降りてきたんだなあと実感。
伊勢本街道では一番高い標高は石割峠の695m。いくつ峠を越えたっけ?

ise6-11

そうこうしているうちに、目的地のJR多気駅周辺に到着。
20km弱をゆっくり歩いて4時間弱。約25300歩。

この日は松阪駅まで車車で来ていたので‥

ise6-12

帰りにスーパー銭湯温泉に立ち寄り。
風呂上りにビールビールをグビグビいきたかったのですが、さすがにパス。

伊勢参りも残すところあと1回。
ラストも20kmほどで距離的にはたいしたことはありませんが、
外宮・内宮を参拝する時間を考えるとやはり1日仕事。

泊まって祝宴でもしようかな?







Last updated  Jan 18, 2010 11:17:57 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 17, 2010
カテゴリ:伊勢本街道
本日の目的地に到着です。

ほぼ平地の行程だったので、楽に歩けました。ちょき

車できているので、お決まりのビールは帰ってからですが…








Last updated  Jan 18, 2010 08:35:26 AM
コメント(0) | コメントを書く

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

Profile


まちへい

Category

Calendar

Favorite Blog

半年の激走とか朗読… 内藤みかさん

仰木マジックと僕の… ミスチルファン1974さん
ナイスフィールド ドラン8565さん
孤雲日和(こうんび… JAN ★さん
明日くたばるかも知… たももも。さん

Archives

Oct , 2019
Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.