536613 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おっさんの戯言

全5件 (5件中 1-5件目)

1

高野街道

Dec 4, 2012
XML
カテゴリ:高野街道

高野街道の続きです。

koya1-56

国道371号線を登り、左手のGSの先から左の脇道へ。
紀見峠を目指します。車であれば紀見トンネル。
つまり山を越えるということで、これからは登り坂ということですな。

koya1-57

急な坂道を上がっていきます。

koya1-58

そのうち、集落もなくなりますが、道はちゃんと舗装されていました。
ただ、疲れてきてからのこの登りはキツい‥

koya1-59

国道から分かれて、20分程で紀見の集落に到着。見事な紅葉でした。

koya1-60

峠にある茶屋の丹波屋さん。11時まではモーニングサービスもあるそうな。

koya1-61

集落の端には女人堂六里石。

koya1-62

紀見峠が和歌山県と大阪府の県境です。ここから大阪府に入ります。

koya1-63

しばらくは下りの道(旧の国道371号線)を歩きます。

koya1-64

国道371号線に合流。ここからは国道を歩きます。

koya1-65

少し日が陰ってきましたが、まだ日の当たるところは紅葉が綺麗に見えます。

koya1-66

この国道が曲者。歩道がありません。
紅葉の時期の休日だったせいもあり、ガンガンと車が来ます。
写真には車が写っていませんが、車が写らないタイミングを探すのが難しいぐらい。
カーブも多く見通しも悪いので、歩かれる際にはご注意を。

koya1-67

国道の傍らには女人堂七里石。

koya1-68

南海高野線の千早口駅の手前、ここで危険を感じた国道ともオサラバ。

koya1-69

こういう道の方が落ち着いて歩けますな。

koya1-70

道なりに歩いていき、高架をくぐってしばらく行くと‥

koya1-71

千早口駅に到着。この日はここでおしまい。

koya1-72

約32kmを7時間、46900歩でした。

koya1-73

駅前にお店があり、電車が来るまでのお楽しみ。

予定では河内長野の駅まで歩くつもりだったんです。
ところが高野山からの下りで思いのほか時間がかかってしまいました。
距離から比べると歩数もいつもより多いです。
よく考えれば、山を一気に下ってくるのですし、そのあとも山を越えますので、
時間がかかって当たり前なのですがね。

さて、続きはいつ歩こうかな。

 







Last updated  Dec 4, 2012 09:33:22 AM
コメント(4) | コメントを書く
Dec 3, 2012
カテゴリ:高野街道

高野街道の続きです。

koya1-37

玉屋宿跡。
玉屋宿は平安末期に書かれた石童丸物語にも出てくるそうです。

koya1-38

南海高野線、国道370号を続けて横断し、学文路の街へ。
学文路と書いて「かむろ」と読みます。難しい。

koya1-39

女人堂までの三里石。いままでと少し形が違いますね。

koya1-40

こんな立派な高野街道の道標も出てきました。

koya1-41

柿と青空はよくあいますな。夕焼けとも似合いますが。

koya1-42

第二の地蔵。国道370号から側道に入る手前にありました。

koya1-43

学文路天満宮の鳥居。ここから拝殿まではかなり距離があります。

koya1-44

まもなく左手には成就寺。

koya1-45

この辺りには古い建物も残っています。

koya1-46

第一の地蔵。逆から来たので、これで最後ですな。

koya1-47

三軒茶屋大常夜燈。
1587年、紀ノ川には橋が架けられたのですが、3年後には増水により流失。
その後は舟による渡しが行われていたそう。
この常夜燈はその渡場に建てられたもの。

koya1-48

今は舟はありませんので、少し先に見える橋本橋を渡ります。

koya1-49

紀ノ川の対岸には女人堂への四里石。

koya1-50

四里石の近くには常夜燈。先ほどの渡場の常夜燈の対をなすものです。

koya1-51

橋本の街から北に進路をとります。「かうや」、「京大道」とはいった道標。

koya1-52

JR和歌山線、南海高野線を続けてくぐって行きます。

koya1-53

国道24号線の高架をくぐり、国道371号線に合流し暫く国道を歩きます。
御幸辻南の交差点で左斜めの側道に入り、暫く側道を歩きます。
20分ほどで再び国道371号線に戻り、暫くいくと女人堂への五里石。
その後、大福寺のところから右側の側道へ。

koya1-54

慶賀野の集落を抜け、国道に戻る手前には大きめの祠がありました。

koya1-55

国道を登って行きます。歩いている人は相変わらずいません。

天気が良かったので、写真の数が多くなりなかなか前に進みません。あっかんべー

またまた長くなってきたので、続きは後程。

 







Last updated  Dec 3, 2012 10:52:25 AM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 30, 2012
カテゴリ:高野街道

高野街道の続きです。
ケーブルの下側の駅である極楽坂駅から先、舗装道を歩いていきます。

koya1-18

石標がありました。
高野山まで4200メートル、一里二町三十間、との表記が。

koya1-19

石標が何本かまとめて置いてありました。
左から二本目の石標が女人堂までの距離が記されています。
これが俗にいう一里石。

koya1-20

日本最後の仇討墓所。
??? 以前、熊野に向けて紀伊街道を歩いていたときも、
日本最後の仇討ち、を見ました。 その内容はこちら
それぞれの内容をよく見てみると、
紀伊街道の仇討ち:日本で許された最後の仇討ち(合法)
高野街道の仇討ち:日本で最後に行われた仇討ち(違法)
ということのようです。

koya1-21

鉄塔にはなんの意味もありませんが、抜けるような青空だったのでつい。

koya1-22

第六の地蔵。第六ということは、当然第一~第五もこのあと出てきます。
江戸時代の後半、高野街道を歩く旅人の安全を祈願して建てられたそうな。

koya1-23

いい眺め。ちょき

koya1-24

こちらは第五の地蔵。作水の集落にあります。

koya1-25

第五の地蔵の先、道は左に曲がっていますが、正面の急な下りの方へ。

koya1-26

写真ではわかりづらいですが、かなりの急な下り坂。
天気はよかったのですが、日陰になると寒いです。

koya1-27

千石橋を渡ったところには、女人堂への二里石。

koya1-28

中屋旅館。河根宿の本陣でした。

koya1-29

県道を越え、登り坂にさしかかった所には日輪寺と丹生神社。

koya1-30

ここから先、急な登り坂になります。下向き矢印

koya1-31

登り坂の途中には第四の地蔵。

koya1-32

繁野の集落には第三の地蔵。

koya1-33

石標がありました。何が書いてあるのか殆ど読み取れません。

koya1-34

二股のところに、こんな案内板が埋め込まれていました。
基本は高野に向かう人を念頭において作られています。
逆から歩いてきている私には、あまり役に立ちません。あっかんべー

koya1-35

青空が気持ちいいですね。

koya1-36

今年は気温が一気に下がり、適度な雨もあったので紅葉が見事ですな。

まだ続きますが、長くなったので後程に。

 







Last updated  Nov 30, 2012 09:53:17 AM
コメント(4) | コメントを書く
Nov 28, 2012
カテゴリ:高野街道

長らく街道歩きもサボってました。

以前歩いた鯖街道は夏の事。
それ以降は100kmウォークに出ただけで、殆ど歩いていません。
まあ、100kmウォークに向けて、練習はしていたのですが、
自宅の近所をウロウロ歩き回るだけだったので‥

なかなかここを歩きたい!って、思える街道がなく、決められませんでした。

ようやく高野街道を歩くことに決定。というのも‥

以前、熊野を歩いてみました。
大阪の八軒屋浜から、紀伊街道、田辺から中辺路に入り本宮へ。
本宮から速玉大社、那智大社と周り、大雲取、小雲取と越えて再び本宮。

ここで終わっています。そう、地元まで戻ってきていないんですよね。
ということで、本宮からの帰り道を歩くことにしました。
同じルートは面白くないので、本宮から小辺路を通り高野山へ。
そこから高野街道・西高野街道を使って帰阪するルート。
本来であれば、本宮からスタートするのが本当なのですが、
寒い季節に入ってしまったので、先に高野街道を歩いてしまい、
少し暖かくなったら小辺路を歩こうと思っています。

koya1-1

そんな訳で、始発の電車で出発。JR、南海、ケーブルと乗り継ぎ高野山駅へ。

koya1-2

さらにバスで金剛峯寺まで移動。ここをスタートにします。




koya1-3

高野山のエリアマップ。
高野山へは何度か来たことがありますので、どこにも立ち寄らず。

koya1-4

女人堂。
高野山は明治5年に女人禁制が解かれるまで、女性の立ち入りは不可。
そのため、いくつかあった登り口に女性のための参籠所が設けられ、
女人堂と呼ばれたそう。これは女人堂で唯一現存するもの。

koya1-5

女人堂の少し先、右手に下る道がありますので、そこを下ります。

koya1-6

舗装された綺麗な道。不動坂と呼ばれる道。

koya1-7

女人堂から5分ほど下ると、地道との分かれ道が。
案内板によると、舗装された不動坂は大正4年にルート変更されたもの。
平安時代からある古い道は、改修以後、全く人に手が入っていませんでしたが、
平成22年になって再整備が始まったようです。
もちろん、古い方の道を歩きます。

koya1-8

再整備といっても、舗装されているわけでなく、通れるように伐採された程度。

koya1-9

急な道を下ると清不動堂。ここで一度新しい道に合流しますが‥

koya1-10

すぐに左手に旧の道が現れます。

koya1-11

紅葉の絨毯の中を歩いて下ります。

koya1-12

伐採した切り株が多く残ってますので、足元には要注意。

koya1-13

さいごに「いろは坂」と呼ばれる難所が待ち受けます。
当初は「四十八曲がり」と呼ばれていたそう。
かなり急な坂道。ところどころ立木につかまりながら下るぐらい。
登りは考えたくもありませんね。

koya1-14

いろは坂を過ぎると、舗装道になり、やがて高野山ケーブルの軌道が見えてみます。

koya1-15

ちょうど登りのケーブルカーがやってきました。

koya1-16

橋を渡り、極楽橋駅方面に出ます。
女人堂からここまでは2kmほどしかないのですが、45分もかかりました。
2kmで標高400mを一気に下るのですから、それだけ急な坂だったと。

koya1-17

ここからは一般道を歩いていきます。

まだまだ続きますが、長くなってきたので続きは後程。

 







Last updated  Nov 28, 2012 11:31:44 AM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 25, 2012
カテゴリ:高野街道
久しぶりに歩きを再開。

朝一番の電車、ケーブルカー、バスと乗り継ぎ、
高野山の金剛峯寺まで来ました。

高野街道を使い、大阪方面に向かいます。

天気はいいのですが、しかし寒い…

今の気温は4度…






Last updated  Dec 14, 2012 02:08:38 PM
コメント(2) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

Profile


まちへい

Category

Calendar

Favorite Blog

看取り犬と犬を看取… 内藤みかさん

仰木マジックと僕の… ミスチルファン1974さん
ナイスフィールド ドラン8565さん
孤雲日和(こうんび… JAN ★さん
明日くたばるかも知… たももも。さん

Archives

Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.