5086989 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さかなおやじのひとりごと

2005/10/16
XML
カテゴリ:熱帯魚
 今日のアップはロージーテトラ(Hyphessobrycon rosaceus)です。南米に生息する体長4cmほどの小型カラシンで、昨日紹介したレッドファントムや、以前登場したロバーティテトラに近いテトラです。その名の通り、全身がバラ色に染まる非常に美しい種類だったのですが・・・

 この魚は古くから愛好されてきた美麗種だけあって、最近では東南アジアでの養殖が盛んです。そのこと自体は、野生動物を乱獲から守ると言う意味でまったく文句の付けようがない行為なのですが、残念な事に最近の養殖個体はロージー本来の美しさからはずいぶんと後退したものとなってしまっています。上の写真は、養殖個体のオスなのですが、どう頑張って飼育しても全身がローズピンクに染まる事はありません。

 どういう理由かは定かでありませんが、この手の体高のある小型カラシンは養殖による体色の劣化が著しい気がします。ロージー、ブラックファントム、ダイヤモンドテトラ・・・どれも天然物の素晴しさと養殖個体の体色には雲泥の差があると言わざるを得ません。個人的な見解としては、体高のあるカラシンは、育成にやや余裕のあるスペースが必要である事が原因と考えています。このタイプのカラシンは、本来群泳すると言うよりは、ある程度の縄張りを各自が保有して暮らすので、養殖場の水槽で過密状態で育成されると、ヒレの伸びも悪くなり色彩的にも悪影響が出るのではないでしょうか?

ロージーテトラ メス

 しかし、もし養殖物の体色が劣化するのが、育成環境などの後天的な要因によるものだとすればそれは次の世代に遺伝する事はないはず!という事で、今回はダイヤモンドフレームテトラに引き続き「ロージーテトラの自家繁殖個体はどこまで美しく育成できるかっ!」と言う実験?をしてみる事にしました(笑)

 ロージーテトラのオスメスの見分け方は容易で、冒頭のように背ビレが大きく伸長し先端まで真っ黒に染まっているのがオス、背ビレ先端部分にホワイトチップがあるのがメスです。繁殖自体の難易度は低めのカラシンですから、すぐにでも繁殖させる事は可能だと思います。

 ただ、育成スピードはややゆっくり目なので完全に成魚と言えるサイズまで育成するとすれば、この実験結果を皆さんに報告するのは早くても半年後位となるので、気の長い話ではありますが頑張ってみたいと思います。はたして、自家産ロージーテトラのクオリティや如何に!?






Last updated  2005/10/16 04:53:15 PM
コメント(13) | コメントを書く


PR

Category

Comments

かなかな@ Re:ムギツクって性悪?(04/05) つまり背乗りってことやね
ブランドN級品ブランドコピー 代引@ ブランドN級品ブランドコピー 代引 スーパーコピーブランド専門店 スーパ…
坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
マンボウ@ Re:ブラックテトラ 最近見掛けなくなりました(12/10) マンボウみたいでかわいいですよ
こんにちは@ Re:まさか自分が心の病に罹るとはなぁ(04/21) こんにちは。 私は長年うつ病を患っていた…
玉木漱石@ Re:コロンビア・レッドフィンテトラ(11/29) 貴重な情報をありがとうございました。
TOKORO@ Re:2008年プラカット総括vol.05 ブラック・ドラゴン(12/28) はじめまして。所と申します。 ベタを飼い…
魚介の王♀@ Re:まさか自分が心の病に罹るとはなぁ(04/21) この二年間の間になにかあったのですか
おさかな娘@ Re:まさか自分が心の病に罹るとはなぁ(04/21) また、楽しい文章読みたいです!!
グッピーの母@ Re:熱帯魚用フードを斬るっ! テトラミンスーパーの巻(05/01) うちの300匹程のグッピーたちは、一度ニュ…

Calendar

Archives

2022/05
2022/04
2022/03
2022/02
2022/01
2021/12
2021/11
2021/10
2021/09
2021/08

Favorite Blog

そのへんのシダを愛… サイレスさん

No Aqua. No Life. tetr@m@nさん
ソコモノ偏愛生活 DreamCastさん
Seiichi Takeshige O… @セーイチさん
日々の話 ☆なるい☆。さん
あなたの暇つぶし♪ ☆プラティ☆さん

© Rakuten Group, Inc.