4044044 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さかなおやじのひとりごと

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

ここから始まるベタのお話

2015/03/17
XML
PHOTO150317.JPG

さて、前回の説明のように「各鱗に白銀色のスポットが存在し、それらが整然と並ぶ様があたかも龍の鱗のように見える」事からドラゴンと名づけられたこの品種ですが、品種が一度確立されれば更なる品種改良が進められるのは当然の事です。改良の一番の方向性としては「様々なカラーリングのドラゴン」と言う事になりますが、ドラゴン系品種の場合は、改良の方向はもう一つありました。

 ドラゴン系品種が登場した当初は、鱗の中心部分に「1枚の鱗の表面積中1/3程度のドラゴンスポット」と言う感じだったのを、このドラゴンスポットに着目し、より大きなドラゴンスポットの獲得を目標に改良が進みはじめました。

 結果、当初は「イチゴの果実」みたいな感じだったのが、瞬く間に今日の画像の個体のように「ドラゴンスポットがほぼ鱗全体」・・・つまりボディ全体がほぼ白銀色に光り輝く個体が作出されるようになってきました。そして、どうやら後者の表現形の方が一般受けしたらしく、いまやドラゴン系品種登場当初の「イチゴの果実」タイプはほとんど目にする事がなくなり、ほぼ全ての個体が「ドラゴンスポットがほぼ鱗全体」タイプになっています。

 ちなみに、逸品堂では「イチゴ果実」タイプをドラゴン、そして「ドラゴンスポットがほぼ鱗全体」タイプをメタルドラゴンと呼び区別していますが、もちろん元は同じ品種だけに両者の間に厳密な境界線があるわけではなく、あくまでも見る側の主観に過ぎません。






Last updated  2015/03/17 10:57:57 AM
コメント(1) | コメントを書く
2015/03/15
PHOTO150315.JPG

 今日からベタの品種名解説は「ドラゴン系」に進む事にしましょう。「ドラゴン」とは今日の画像の個体のように、鱗の大部分を白銀色の金属光沢のある大きな輝点が覆っており、その有様が我々の想像する所の「龍の鱗」みたいな感じだから、と言う事で付けられたネーミングです。まぁ、なかなかナイスなネーミングセンスと言えるのではないでしょうか。

 品種としての登場はずいぶん前になりますが、当初はレッド系つまりは「レッド・ドラゴン」のみでしたが、次々とドラゴン系品種の作出がなされ、「地色+ドラゴン」と言う品種名で親しまれています。チョット思いつく限りでも「ブラック・ドラゴン」「イエロー・ドラゴン」「オレンジ・ドラゴン」辺りが上げられます。

 この系統の特徴はボディは地色一色に染まっており、その上にベカベカに輝くドラゴンスポットが並ぶといったものです。その証拠に何らかの拍子でドラゴンスポットのある鱗が剥離すると、ちゃんと地色が顔を覗かせます。

 どちらかと言えばドラゴンスポットの存在は優美と言うよりは精悍なイメージなのか、ブラック・レッド辺りの方が、淡い配色のイエロー・オレンジよりも人気が高いようです。






Last updated  2015/03/15 08:35:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/03/04
PHOTO150304.JPG

マルチカラー・バタフライは品種としての制約が低めなので良個体を入手しやすいと書きましたが、例えば今日の画像の個体。色彩的には、一応は青・白・赤の「トリカラー・バタフライ」なんでしょう。ただ、理想的には赤の部分が、バタフライらしくリング状になっている方がいいと思います。

 この個体で注目すべき点は、そのフォルムのクオリティではないでしょうか。楽々ハーフムーンを凌駕しながらも、美しく開く尾ビレだけでなく、尻ビレや背ビレもなかなかのものです。しいて言えば、もう少し背ビレが前の方から生えていれば完璧だった気がします。

 マルチカラー系のバタフライは種親の選択の自由度が高い分、両親のクオリティを考慮して選択できる為に今日の個体のようになかなかの逸品を安く入手する事が出来ます。

 もっとも、色彩面で言えば観賞価値は高くとも前述の様に品種としての固定度は低めですから、このカラーリングのまま系統維持するのはかなり大変だと思います。まぁ、普通に考えればブルー・バタフライの系統に導入して、その優れたフォルムを生かして行きたいところではありますが、赤の発色を完全に消すのはかなり大変かも。しかも、頭部の感じから、もしかするとマーブル系の可能性も考えられます。その場合は、その後の系統にかなり長い間マーブルの影響(悪い面での)が出てくる可能性も大ですし・・・

 コンテスト目的で無いならば、品種維持にはこだわらず鑑賞を楽しむか、もしくはフォルム最優先での交配を考えた方が気が楽かもしれませんねぇ(笑)。






Last updated  2015/03/04 06:04:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/02/27
PHOTO150227.JPG

 改良ベタの品種としてはソリッド系(単色系)の次に、品種としての特徴が明確なバタフライは、それぞれの品種名に適合した外見の個体を得る事がその分だけ難しくなるのは当然の事です。これがマルチ系やマーブル系であれば、言い方は悪くなりますがそれこそ「何でもあり」状態なので、好みの問題さえ別にすればその作出難易度はそれだけ低いものとなります。

 そんな比較的ハードルの高いバタフライ系の中にあってマルチカラー・バタフライは「ひとまずヒレ先にバタフライバンドさえあればOK!」みたいな感じなので、バンコクでも最もよく見かけるバタフライ系品種となっています。もちろん、その色の組み合わせから品種名は無限にあると言っても過言ではありません。例えば今日の画像の個体ならば、ベースはブラック&ブルー・マルチですから。無理やりこのベタの品種名を付けるとすれば「ブラック&ブルー・バタフライ」と言う感じでしょうか。

 こんなお手軽なマルチ系バタフライですが、色の組み合わせの自由度が高い分観賞価値から言えば非常に高いというか、飼育者の好みから言って思い切り「ど真ん中直球ストライク!」な個体が存在する可能性も多々あるという訳で、お気に入りの個体を探す楽しみがある品種とも言えると思います。

 反面、ブリーダーがバタフライ系×他の品種と言う、その場の雰囲気かなんかでペアリングをさせている場合も多く、その品種としての固定度は無きに等しいレベルである事がほとんどです。せっかく外見的には同系統と思えるペアを用意して繁殖させたとしても、その子供が親とまったく同じ外見で生まれてくるかどうかは、それこそ「神のみぞ知る」というレベルですから困ったもんです。

 まぁ、どちらかと言えば自分でその系統を累代繁殖させて系統を維持する事を楽しむ上級者やコンテストブリーダーよりは、生け花や鉢植えの花を楽しむような感覚で、愛玩するようなアクアリストに向いた品種といえるのではないでしょうか。






Last updated  2015/02/27 12:41:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/02/26
PHOTO150225.JPG

 実は「ホワイト・バタフライ」と言う品種は有りそうで有り得ない品種と言う事ができます。なぜって、今日の画像の個体の様にヒレ先がクリアに色抜けした個体は間違いなく「バタフライ系」なのですが、このクリアフィンの部分が「純白のバタフライバンド」になっちゃったら・・・これはもうソリッド・ホワイトとの区別が付きません、というかそのものになっちゃいますから。それだったら、はじめからソリッド系で追求した方がより素晴らしい形質の個体を作出できる事は間違いありません。






Last updated  2015/02/26 02:07:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/02/23
PHOTO150223.JPG

 個人的には「オレンジ」と言う色はけっして嫌いではないのですが、なぜかベタ界ではあまり人気が高いとは言えません。・・・となればその派生系であるオレンジ・バタフライも当然の事ながら、生産量が少なく良個体を見かけることも稀なのはやむを得ない事でしょう。

 正直、「これぞオレンジ・バタフライっ!」と言う事には、過去にお目にかかっていません。今日の画像の個体のように、ヒレがクリアに色抜けした個体ばかりなのが現状です。ただ、レッド・バタフライの項でも述べたように、オレンジ・バタフライの作出難易度が特別高いとは思えませんから、単純に「手掛けているブリーダーが少ない=生産量が少ない=改良が進まない」と言う図式なんだと思います。

 ちなみに、こちらにはボディがパステルホワイトのオレンジ・パステル・バタフライという近縁品種も存在し、こちらの方が生産量が多いのかカラーリング&フォルム共に優れた個体の入手が少しは容易な気がします。






Last updated  2015/02/23 12:11:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/02/22
PHOTO150222.JPG

 「日の丸」を国旗にもつ我々日本人からすれば紅白のバタフライはしっくり来るものなのでしょうが、実際にこの系統の良個体はほとんど見当たりません。どういう訳か、バタフライバンドが明瞭に発色せずにクリアに色抜けした個体がほとんどです。今日の画像の個体でもヒレの先端部分がクリアフィンになってしまっていますが、正直これでもレッド・バタフライとしてはかなりレベルの高い個体と言えると思います。

 もっとも、別にこの品種が特別作出困難とは思えないので、単純にこの品種を手掛けるブリーダーがほとんど存在しない為、きちんと系統維持されていない事が原因だと思います。ソリッド・レッドを真剣に系統維持しているブリーダは数多くいますが、そんな彼らにとって、自分のソリッド系統にバタフライの血を導入するなどは絶対にしてはならないと言うかしたくない事でしょうからねぇ。他品種を交配するのは至極容易な事ですが、一度交配してしまった系統から、元の種親の形質を復活させるのは気の遠くなるほどの年月と苦労が必要になりますから。例えて言うならば、ミルクにコーヒーを混ぜてカフェオレにするのは簡単でも、カフェオレからミルクとコーヒーを完全に分離するのは不可能に近い、と言うようなものです。






Last updated  2015/02/22 01:30:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/02/21
PHOTO150221.JPG
 前回紹介したカッパー・バタフライはすでにレッドデータ・ブックに記載されるほどの希少品種になりつつありますが、外見の似たこちらの「ブラックカッパー・バタフライ」の方は結構人気が高く生産量もそこそこの為、現在でもその入手はさほど難しくありません。

 元となる「ブラックカッパー」についての説明は、後で扱う「ドラゴン系品種」の項で詳しく説明しますが、要は「黒鉄色」が特徴で、カッパーよりも更に精悍な感じがすることや、致死遺伝の関係で「ブラック」の良個体がほとんど見当たらない事から、その代替品として常に高い人気を誇る品種です。カッパーよりもより漆黒に近い地色だけに、純白のバタフライバンドとの対比もより鮮明で美しく映えます。

 今日の画像の個体はボディのブラックカッパーの発色や純白のバタフライバンドに関しては申し分ありませんが、頭部をご覧いただくとお判りの様に、実際にはマーブル系の血が入っており「ブラックカッパー・マーブル・バタフライ」と呼ぶのが正しいでしょう。






Last updated  2015/02/21 12:43:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/02/20
PHOTO150220.JPG

地色がカッパーのバタフライと言う系統は、品種的にはかなり古典的なバタフライと言えると思います。ただ、現在では結構レアな存在になっていてその入手は正直容易ではありません。

 といっても、別に品種的に系統維持が難しいとか作出難易度が高いとか言う訳ではなく、原因はただ一つ「カッパー系は人気がないため、ブリーダーが手掛けたがらない」と言う点に尽きます。

 個人的には渋い魅力のカッパー系は嫌いではなのですが、やはり実際に購入する立場としては、より華やかな品種に目が向いてしまうのもやむを得ない事なのでしょう。ブリーダーにしてみれば、少しでも売れ行きの良い品種を生産するのは当たり前ですからねぇ。生活かかってますし。

 本来この手の品種は採算とは無関係に自由に楽しめるアマチュアブリーダーに系統維持をになっていただきたい所ではありますが、「アマチュアだって華やかな方が好きだぃっ!」となるのもこれまた人情ってもんでしょう。そんな訳で、バタフライ系に限らず、カッパー系の全品種が最近ではどんどん姿を消しつつあるのが現実です。

 正直、過去10年以上にわたる私の「ベタ画像コレクション」を捜してみても、これぞカッパー・バタフライの逸品!と言えるような個体が見当たりませんでした。今日の個体も、バタフライバンドが半ばクリアに色抜けしてます。もちろん、バタフライの本質から言えば、この部分は「純白のバタフライバンド」である方が好ましい事は言うまでもありません。






Last updated  2015/02/20 06:42:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/11/14
PHOTO141114.JPG

 前回述べたように、ソリッドベースのバタフライと言うものは、ブルー系を除くと意外なほど希少なもので、今日も「イエロー・バタフライ」の典型的な個体を紹介しようと画像のストックを見てみたのですが、はずかしながらこれといった決定的な画像はありませんでした。ほとんどの個体は、バタフライバンドがクリアフィンになってしまっているか、今日の個体のようにボディとヒレの色彩が異なり、ソリッドベースとは言えない個体ばかりです。

 今日の個体は、ヒレはイエロー・バタフライですが、ボディはパステルホワイトと言うバイカラータイプになっています。イエロー系のバタフライはかなり希少な存在で、今日の個体のようなパステル系でさえ常時見かけるレベルではありません。バタフライとしてみれば、バタフライバンドの部分が幅広すぎる気がしますが、イエロー系バタフライがどうしても欲しいと言う方は、このカラーリングでこのフォルムならば文句を言わずにゲットすべき!・・・と言うのが、現時点でのイエロー系バタフライの現状です。

 正直、「イエロー・バタフライ」と言う品種を意識して繁殖させた事がありませんから、この系統が希少な原因が作出が困難な為なのか、手掛けるブリーダーがほとんどいないからなのかはよく判りません。まぁ、奇特なブリーダーがこの品種の系統維持を目指したとしても、ブルー・バタフライの様に種親とすべき良個体を入手する事が容易な品種と違い、ほとんど一からのスタートとなるので、かなりの時間がかかってしまうでしょうし、何年間にもわたって未完成な売りにくい未完成な品種を手掛けていられるほど、バンコクのベタブリーダーの懐具合は暖かくはありませんから、こちらはかなり期待薄でしょうねぇ。






Last updated  2014/11/14 12:00:49 PM
コメント(0) | コメントを書く

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

PR

Category

Comments

マンボウ@ Re:ブラックテトラ 最近見掛けなくなりました(12/10) マンボウみたいでかわいいですよ
こんにちは@ Re:まさか自分が心の病に罹るとはなぁ(04/21) こんにちは。 私は長年うつ病を患っていた…
玉木漱石@ Re:コロンビア・レッドフィンテトラ(11/29) 貴重な情報をありがとうございました。
TOKORO@ Re:2008年プラカット総括vol.05 ブラック・ドラゴン(12/28) はじめまして。所と申します。 ベタを飼い…
魚介の王♀@ Re:まさか自分が心の病に罹るとはなぁ(04/21) この二年間の間になにかあったのですか
おさかな娘@ Re:まさか自分が心の病に罹るとはなぁ(04/21) また、楽しい文章読みたいです!!
グッピーの母@ Re:熱帯魚用フードを斬るっ! テトラミンスーパーの巻(05/01) うちの300匹程のグッピーたちは、一度ニュ…
gaogaoryu@ Re:まさか自分が心の病に罹るとはなぁ(04/21) オヤジ元気になってほしいな、お祈りしま…
牛太郎@ チーズに含まれる恐るべき添加物とは? 食べてはいけない! チーズに含まれる恐る…
みーー@ Re:コッピー?それともアカヒレ その3(07/17) みーーさん >質問よろしいでしょうか >…

Calendar

Archives

2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01
2018/12

Favorite Blog

カープ 残念なこと… サイレスさん

柊聖也の日記 柊聖也さん
No Aqua. No Life. tetr@m@nさん
ソコモノ偏愛生活 DreamCastさん
Seiichi Takeshige O… @セーイチさん
日々の話 ☆なるい☆。さん
あなたの暇つぶし♪ ☆プラティ☆さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.