4945288 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さかなおやじのひとりごと

全261件 (261件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

逸品堂通信

2014/09/25
XML
カテゴリ:逸品堂通信
PHOTO140925.JPG

 今回、自分の趣味もあったとは言え、「ほとんど期待薄の高額マーブル メス」を売れ残り覚悟で結構な数仕入れてきた訳ですが、意外や意外にも結構健闘してくれました。まぁ、ほとんどが会員様からの事前予約で掃けたとは言え、逸品堂での通常販売でもポツポツと注文が入りました。

 「オスよりも高額のメス」なんてねぇ~・・・とか考えてましたが、やはり良いものは良いって事なんでしょう。でも、これで調子付いて次回もどっさり仕入れたりすると、今度はサッパリ売れなかったりするから判らないもんです。

 そして、ご多分に漏れず「さかなおやじ一押しの個体は、必ず売れ残る」と言うジンクスは健在でした(笑)。逸品堂の一般販売に廻したトリカラー・マーブルのメスの中で、個人的には一番の好みだった、今日の画像のメスはしっかり売れ残りました。いやぁ~、顧客のと言うか世間様の好みが理解できない私が仕入れをするって言う所に無理があるんでしょうか。一度、仕入れの際に逆手をとって「まったく自分の好みから逸脱した個体ばかり」を仕入れてきたいものです。もしかして、逸品堂開業以来の大繁盛ってな事になるかもしれませんから。






Last updated  2014/09/25 02:06:50 PM
コメント(0) | コメントを書く


2014/09/18
カテゴリ:逸品堂通信
PHOTO140918.JPG

 スタート当初は「プラカット専門店」のつもりで始めたおさかな逸品堂でしたが、今ではすっかり「ベタ専門店」に(苦笑)。逸品堂会員様からの仕入れ要請を受けていると、どうしてもショーベタの仕入れが多くなりますからねぇ。ショーベタブリーダーの所に行けば、それなりの数を仕入れないと悪いし・・・。そんな事で、かつては一回の仕入れで200尾前後仕入れていたプラカットも、最近では80尾前後に。更に、その半分程度が会員様からの事前仕入れ要請の個体ですから、逸品堂で売りに出すのはせいぜい40尾位なものです。

 メスにいたっては更に仕入れ数が少なく、まったく仕入れの無い月もしばしば。これにはいくつか理由があります。まず、第一に「良質のメスは高い」と言う事が挙げられます。我が国ではベタのメスと言えばオスよりも地位が下で、価格的にもずいぶんと低いのが普通ですが、バンコクでは少々事情が異なります。市場にあるショップあたりではメスを扱っていない場合がほとんどです。また、ブリーダーから直接メスを仕入れるとなると、最低でもオスと同等、場合によってはオスの数倍の値段の場合さえあります。でも、逸品堂で販売する時は、オスの半値くらいじゃないと売れないんですよねぇ~。そんな訳で、利益率の低いメスはどうしても仕入れの際に後回しになってしまうと言うわけです。

 もう一つの理由は、バンコクから持ち帰る際の飛行機に搭載できる預け入れ荷物の重量の問題があります。今、ほとんどの航空会社でエコノミークラスの無料預け入れ荷物の重量は20~23kg辺りだと思います。ショーベタやプラカットのオスの重量だけで既に25kg位は軽く行ってしまうので、それ以上の重量だと超過料金必至です。この重量オーバーの際の超過料金は結構馬鹿にならず、「ANAやJALのエコノミークラスで超過料金を支払う位なら、チャイナエアでビジネスクラスいけちゃいますっ!」位の感じです。観光旅行で行くのならともかく、零細企業が仕事で出張に行くんですから、航空運賃にそうそう大枚はたいてられませんから。

 そんな訳で、逸品堂では結構冷遇されているメス個体ですが、今回は久々に気合を入れて「プラカットのメス」を仕入れてきました。・・・って言うか、単に久々に自分でもトリカラー・マーブルの繁殖を楽しみたくなったんで、繁殖用の種親を捜したついでなんですけどね(笑)。トリカラー・マーブルならコイツっ!って決めているブリーダーの所に出向き、彼が種親候補として育成しているメスの中から結構な数をチョイスしてきました。

 さすがに種親候補だけあってなかなかのレベルですが、やはり問題は「お値段」!ショーベタのオスが3,4尾購入できる価格でしたが、このクオリティなら仕方ないでしょう。ただ、自分で繁殖に用いる分はそれでもいいんですが、逸品堂の販売用となるとねぇ(苦笑)。そうかと言って、オスの倍とかの価格設定する訳にもいきませんし・・・。と言う事で、ひとまずオスと同等の価格設定にしましたが、どうなる事やら(笑)






Last updated  2014/09/18 11:00:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/08/03
カテゴリ:逸品堂通信
PHOTO140803.JPG

 ひょんな事からおさかな逸品堂をスタートさせてもう10年近くになりますが、この仕事を始める際に「あくまでも副業なんだから無理をせず、そして何よりも楽しくやろう」と心に決めました。実際、その方針に従って勝手気まま、傍若無人にやってる訳なんですが、そんな副業だけに「自分でバンコクに出向き、自分の目で見てベタをチョイスする」事も当たり前と言えば当たり前です。

 過去に一度、どうしても本業の関係で長期間バンコク入りできない時に親戚の若い者を代理でバンコクに行かせたことがありましたが、あれはまぁ大学生になった甥っ子に海外旅行をプレゼントしたついでってなもんでした。しかし、今回逸品堂のさほど長くない歴史の中で初めて「日本から電話で現地のブリーダーに依頼し、彼の見立てで仕入れたベタを空輸」させちゃいました。

 ここの所、隣の家でぼや騒ぎがあったり近い親戚が亡くなったりと予想外のハプニングが連発し、本業の方のスケジュールが大幅に遅れているので、おさかな逸品堂の為にバンコクにまで出かけていく時間がどうしても取れません。そんな時、懇意にしているバンコクのベタブリーダーから「ここの所、売上げが少なくて非常にピンチ」とのSOS電話があったので、確かに手持ちのベタもほとんどいないし人助けにもなるしって言うことで、今回の輸入となった訳です。

 まぁ、ドアtoドアと言う訳ではなく、私が成田空港まで荷受に出向かなくちゃなりませんでしたが、輸入自体は結構すんなり出来ました。台風の影響でバンコクからの航空貨物便が大幅に遅延した位のものです。費用的には、この時期の航空券が非常に高い事を考えれば、ある程度まとまった量を仕入れるのであれば、今回のような方法のほうが安上がりかもしれません。

 でも、つまらないんですよねぇ~。自分でバンコク入りして仕入れる時のようなワクワク感が無いし、仕入れた魚に対する思い入れと言うか愛着が湧かないし・・・。

 次回は、何が何でも時間を調整しバンコク入りして自分の目でベタを選んでこようと深く心に決めたさかなおやじなのでした。






Last updated  2014/08/03 05:52:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/07/16
カテゴリ:逸品堂通信
PHOTO140716B.JPG

 別に会員登録しても何の特典もなかった(苦笑)おさかな逸品堂会員制度ですが、さすがにそれは酷いだろうって常々思ってはいたんですよ、本当に。・・・そんな訳で、今年度後半は「おさかな逸品堂会員制度の拡充」を頑張ろうと思いました。

 まずは、手始めに「旧会員IDからの変更」をしなくっちゃ。と言うのも、現行の会員IDは地域別に区分すべく付けられています。それは、冬季になると輸送中の保温の観点から発送が出来なくなる地域や、航空便を使わないと発送翌日にお届けできない地域などを区分する事で、例えば「厳寒期にその時期発送できない地域の会員の方にセール情報をお送りしてしまう」などの事態を避けるのが目的でした。でも、今後「会員制度の拡充」を図る際に、例えばポイント制の導入などでは「会員ID」は通し番号にした方が断然管理が楽なようなのです。

 そんな訳で、現在「旧IDから新IDへの移行&登録作業」を開始したのですが、何分その辺に疎い親父ですから、手間&時間のかかる事(涙)。完全に移行作業が完成するまでには最低でも1ヶ月位はかかりそうです。まぁ、本業の方の手を抜く訳にもいきませんしねぇ。

 それと、今回の「会員ID変更」が決まってから、すでに会員登録いただいている皆様にお知らせのメールをお送りしたのですが、結構な数のメールが不達でした。おそらくは、連絡用にご登録いただいたメールアドレスを変更してしまった為と思われます。「おさかな逸品堂会員登録」が既に完了している方で、今回のお知らせメールがまだ届いていない方は、お手数ではございますがご一報ください。

 ちなみに、「会員ID変更」には期限はございません。「旧会員ID」は有効なままですが、今後ポイント制の導入や会員様限定コンテンツへのご入場などの際には「新しい会員ID&パスワード」が必要になります。お手隙の際にでも更新手続きを賜れば幸いでございます。

 また、「会員ID変更手続」が完了するまで結構な時間がかかりそうなので、その間の「会員様限定サービス」といたしまして、現在会員様限定セールを行っております。期間中は、おさかな逸品堂会員様に限り、1尾ご購入で10%、2尾で20%、3尾以上の場合は定価の30%オフにて販売させていただきます。これは、本来「会員IDの更新作業」が完了していれば、ポイント制が導入され、実質的な割引の恩恵を受けられるはずなのに、管理者である私の能力のなさというか力不足で導入が遅れている為に、「この値引きでポイントつかない事をお許しください」って言う意味です(笑)

 なお、まだ会員登録をしていない新規の方でも、ご注文の際に「会員登録申請」をいただければ、その回のご注文分から会員セール割引を適用させていただきます。






Last updated  2014/07/16 09:33:33 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/07/14
カテゴリ:逸品堂通信
PHOTO140714.JPG

 濃いローズピンクの地色にヒレ先の純白に輝くバタフライバンド、「ラベンダー・バタフライ」は、まぁ誰が見ても美しいと言える素晴しい品種です・・・と言うか「でした」。と言うのも、昨今では他の品種との無計画な交配がたたって、かつての様な美しい発色の個体は、まったくといってよい程眼にしなくなってしまったからです。

 最近、その様なラベンダーの現状を憂いたのか、はたまた単なる商魂か(笑)、この品種の再生に力を入れるブリーダーが登場しました。彼が扱っているのは、ショーベタではなくプラカットタイプなのですが、すでに改良を始めて3世代が経過し、現在は4世代目の稚魚がすくすくと育っています。

 しかし、慎重に選別淘汰した同腹の種親を用いてもまだまだ全盛期の美しい表現形には遠く及びません。それでも、バンコクでも他のブリーダーの所では絶対にお目にかかれないレベルにまでは洗練されてきています。

 個人的には、なんとしても彼に頑張ってもらって、またあの美しい「ラベンダー&サラマンダー」を入手したいものです。もちろん、彼を可能な限り応援したいのですが、ここで問題が・・・。現在改良を始めて3世代目になった彼の「ラベンダー&サラマンダー}ですが、いくらなんでも価格が高すぎだろぉっ!ちなみに、ハーフムーンクラスのショーベタが2ダーズほど仕入れられるお値段です(苦笑)。いまの我が国じゃあ、この価格で仕入れても販売できません(涙)。

 そんな訳で、彼の成功を「遠くからそっと見守る」事にして(笑)、現時点で他のブリーダーから仕入れられるラベンダー&サラマンダーは、今日の個体レベルでも本当に入手が困難になりました。これが、ボディにパステルが入った個体なら、結構楽に見つかるんですけどねぇ~。






Last updated  2014/07/14 10:59:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/07/04
カテゴリ:逸品堂通信
PHOTO140622.JPG

前回「品種作出当時のソリッド・カッパーの頭部は黒かった(ブラックマスク)」と書きましたが、その後改良が進み、今では今日の個体の様に頭部までベッタリとカッパーが載る「フルフェイス」タイプも見られるようになりました。むしろ、最近ではこの「フルフェイス」タイプの方が一般的かもしれません。「ブラックマスク&フルフェイス」のどちらを選ぶかは好みの問題ではありますが、ソリッド(=単色系)と言う観点から見れば、後者の方がより優れていると言えるでしょう。

 また、この個体でもそうなのですが、最近のカッパーは「以前の様なあぶら粘土色じゃなくて、シルバーに近い金属光沢」のある個体が増えています。おそらくは、ドラゴン系の進化型であるメタル・ドラゴンとの交配から来たものだと思われますが、中には完全に「シルバー」と言えるほどのピカピカな個体も出てきましたから、近い将来カッパーとシルバーはきちんと区分されるようになるのかもしれません。ただ、現時点では中間的な発色の個体が多く、両者の明確な境界線はありません。

 そう言えば、前回このブログで紹介いたしました様に、現在「おさかな逸品堂設備一新計画」が進行中です。・・・って言うか、明後日に新しく伸長したアングル台や水槽などが大量に届いてしまうんですけど(涙)。現在、おさかな逸品堂では前々回の告知のようにセールを行っているのですが、まだ手持ちの在庫が結構あります。新しいアングル台設置するには、古い台を除去しなきゃいけないし、でもその時ベタの入った容器を一体どこに移動すれば・・・うーん、結構頭の痛い問題です。

 そんな訳で(苦笑)、現在ではセール割引率をアップし、おさかな逸品堂在庫処分セールを続行中でございます。
おさかな逸品堂在庫一掃セール 全品表示価格の50%引
 と言う奴をやっておりますので、お時間がございましたらお魚逸品堂のHPの方にお越しいただければ幸いでございます。なお、セール期間は7月7日までとさせていただきます。えっ?何でって??だって、新しいアングル台や水槽を導入した後なら、無理にセールする事ありませんからね~(笑)。7月8日以降はセールが終了し通常価格に戻ってしまいます事、ご理解ください。






Last updated  2014/07/04 12:11:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/06/26
カテゴリ:逸品堂通信
PHOTO140627.JPG

 先月末の隣家の出火から始まった、温室崩壊&脊椎損傷による入院が嘘の様に平和な日々を送っております(笑)。でも、改めて感じたのですが消火活動による放水の為の水害からの復旧の為に一度設置した水槽群を動かすのって嫌になるほど大変です。でも、水槽アングル台の下とかも水浸しになった訳ですから一度綺麗にしとかないとね。更に、電気系統はほとんどすべてがオジャンですから、本当にウンザリです。

 ただ、元来非常にポジティブと言うか楽天的な発想の持ち主なんで、「どうせ一度温室内を再セッティングしなくちゃいけないんだから、いっその事すべて一新しちゃえばいいんじゃね?」・・・って事で、唐突ですがアングル台から何から一新しちゃう事にしました(笑)。

 家族からは、「またあの馬鹿が、勢いだけで深い考えなく動いてるよ。そのうち、腰や背中に激痛走って卒倒するくせに」とか非常に冷たい眼で見られておりますが、思い立ったが吉日って言うじゃないですか。体と言うか腰の耐えられる限り頑張って、新装開店を目指します。

 まぁ、水槽とかも10年近く使ってた奴とかあるし、今回の事故が無くてもそろそろ飼育設備更新しなきゃいけなかったんですよね~。

 そうそう、そんな訳で今保有しているベタがとても邪魔でして(笑)、こちらも唐突ではございますがおさかな逸品堂温新装改修の為のセールって奴を始めています。現在販売中の全商品を30%オフにて販売いたしますので、お時間のある時にでもおさかな逸品堂のHPの方にお越しいただければ幸いでございます。






Last updated  2014/06/27 12:26:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/06/17
カテゴリ:逸品堂通信
PHOTO140617.JPG

ブログ更新がしばらく滞っておりました。その間、別にサボっていた訳ではなく結構大変なめにあいました(涙)。
まず、始まりは隣の家からの出火!幸い我が家に火が燃え移る事はなかったものの、ベタを収容している部屋は生憎な事に、火元となった隣家に面してます。しかも、この時期日中の室温が上昇しすぎるのを防ぐ意味で、仕事に出かける際に隣家に面した側の窓を少し開け放って言ったから大変!駆けつけた消防車がこれでもかと言うほど水をぶっ掛けた結果、室内は思い切り「尾瀬の湿原」状態になってしまいました。

 帰宅後、ひたすら室内の水をタオルで吸い取り除去する作業に追われてしまいましたが、本当に大変だったのはこの先。どうやら、隣家に面した窓の側に設置してあった水槽アングル台は、火災の際の放熱の影響をもろに受けたらしく、水温が物凄く上昇した模様。火災のあった日から毎日のように、窓側に設置したあったアングルのベタたちがポツポツと死亡しはじめました。窓に面していない壁に沿って設置したあったアングルのベタにはなんら異常が認められない事から、火災の際の放熱のダメージと考えて間違いないと思われます。

 しかぁ~し!!本当の災難はこの後に訪れるのでした。仕事を持っている立場なので終日温室の復旧にかまける訳にもいかず、帰宅後にちまちまと跡片付けを行う日々の中、なんだか腰に違和感を・・・。そうなんです、私学生時代にテニスの試合中に痛めて以来の「重度の腰痛持ち」なんですが、その持病の腰痛の気配が・・・・って、そんな甘いもんじゃありませんでした。温室で作業を行っていると、なんだか背中が自然に曲がってきたような感覚が・・・その後いきなり来ましたねぇ~、想像も出来ないほどの激痛!!思わずと言うか、その後は意識が遠のきその場に崩れ落ち卒倒する私。しかし、後から冷静に考えると人間の体はうまく出来ているものです。おそらく、過度の激痛から神経や脳を守る為に「気絶」するように出来てるんだと思います。

 その後の事は記憶に無いのですが、温室に崩れ落ちるように倒れている私を発見した家族が救急車で病院に搬送、そのまま入院と言うコースでした。気が付いたときには病院のベッドの上って訳です。思わず家族には「たかが腰痛で救急車とか頼んじゃいかん!」とか言ってしまいましたが、医者の話では「脊椎損傷の恐れもあり、下手すればこの後、後遺症で歩行に支障をきたす恐れが・・・」とか言われる始末。

 幸い、悪運が強かったのか単に鈍いのか、歩行に支障をきたすことなく無事に退院する事が出来ました。でも、今でもあの時の背中を走った激痛を思うと、なんだか恐る恐るヘコヘコと歩いている自分がいたりします。まぁ、何はともあれ、無事に退院してきたんですから良しとしましょう!ブログの更新も再開できましたし、頑張ってオークションの出品も再開いたしました。入院中まったくの放置状態だった「おさかな逸品堂」のホームページも現在、メンテナンス&更新作業中ですから、明日の朝までには再開できると思います。






Last updated  2014/06/17 05:37:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/07/09
カテゴリ:逸品堂通信
PHOTO130709.JPG

 ご無沙汰しております。完全に死火山状態のこのブログですが、いい訳めいた事を述べさせていただけるならば、以前手術した後も視力の状態が芳しくなく、仕事でPCを長時間使ったりすると、その後偏頭痛と眼のかすみが激しくとてもブログを更新する為にPCに向かう気力が起きない状況でした。しかし、先頃そんな状況を心配した医者の友人が母校の大学病院を紹介してくれたので再度手術を受け、術後の状況が非常に良好なので、やっとブログ更新の為にPCの前に座る気力も湧いてきたと言う訳です。もっとも、視力自体はかつて「視力検査で2.5とか3.0の文字が実は見えてしまっていた」、マサイ族並の(笑)視力はとても戻ってきませんが、まぁ年齢相応の視力は回復できた様です。

 以前から、おさかな逸品堂のHPで「ベタの飼育や繁殖に関するコンテンツを早く完成させろ」と、多数の叱咤激励を受けておりましたので、そこの所にいよいよ着手しようかと(笑)。せっかくですから、こちらのブログで公開した後、ある程度記事がたまったらその都度、おさかな逸品堂のHPの方でアップしていくと言う方針で行こうと計画しております。

 すでに、かなりの項目に関して原稿は仕上がっているのですが、何しろ11日から海外出張に出てしまうので、その前に中途半端にスタートしてもすぐに空白の期間が出来ちゃいますから、スタートは帰国後の来週からと言う事にいたします。いつも言っている事ですが、「何で楽天ブログでは事前に原稿アップしておけば、指定した日時にその原稿が自動的にアップする機能」付けてくれないのでしょうか?今や情報発信のメインがブログじゃなくなっちゃったから、力を入れたくないって事なのかと邪推しちゃいます。でも、FacebookやTwitterじゃ発信できる情報量に限りがありますし、まだまだブログの存在価値は十分あると思うんですけどねぇ。

 まぁ、ともかく来週からスタート予定の「執筆者の思い込みが激しい(笑)改良ベタの飼育と繁殖の実際」を乞うご期待!・・・そうそう、それからこの場をお借りしてなんですが、現在、おさかな逸品堂では「海外出張前在庫一層セール」として全品50%オフにて販売しております。すでに、あまり在庫もありませんし、7月11日までにお受け取り完了の場合のみと異常に短いセール期間ではございますが、もしお気に入りの個体でもあるようでしたら、是非この機会をお見逃し無く!






Last updated  2013/07/09 04:29:06 PM
コメント(2) | コメントを書く
2013/04/12
カテゴリ:逸品堂通信
PHOTO130412.JPG

 いきなりではありますが、ベタの繁殖に最も最適な時期が到来いたしました!今年こそベタの繁殖にチャレンジしてみたいと思っている方は、この時期を逃しちゃいけません。

 理由その1:ベタの繁殖にとって最初で最大の関門である孵化した稚魚の初期餌料の給餌に関しては、その給餌スタートのタイミングがその後の稚魚の歩留まりに大きな影響を及ぼします。その為。理想的には給餌開始予想日時の前後1日くらいは24時間体制を取り対応するのが好ましい(笑)のですが、仕事や学業などでそうしたくともできないのが世の常ってもんです。しかし、ゴールデンウィークならば数日間と言う単位で自由な時間を作る事ができる訳で、自分の休みの時期にちょうど稚魚が摂餌を開始するタイミングで繁殖水槽をセッテイングすれば良い事になります。

 理由その2:ベタの繁殖において一番の悩みは、成長した子供たちが、少なくともオスに関してはいずれ単独飼育が必要になると言う点です。なかには、ベタのオスは繁殖後ずっと一緒にしていれば、互いに殺しあうような闘争はしないと言う方もいらっしゃいます。確かに、その様な飼育環境ならオスたちはせいぜい小競り合い程度でうまく共存していますが、少なくともその様な環境で優れたフォルムのベタの育成は絶対にありえません。となると、やはりオスは隔離飼育すべきと言う事になります。

 問題はその時期ですが、豊富な生き餌と高水温、頻繁な水換えの可能なバンコクでは、生後3ヶ月くらいからオスベタはもう販売可能なサイズにまで成長しますが、仕事や学業を本業にしている我が国の一般的なアクアリストであれば、4~6ヵ月後に成魚になるのが普通だと思います。仔魚の育成の過程で選別淘汰を繰り返し最終的には数尾のオスを残すにしても、その過程においては、大量のオス個体を単独飼育しなくてはなりません。しかし、我が国ではほとんどのシーズンは保温が必要な為、大量の小型容器を維持するのはコスト的に並大抵の事ではないのがベタマニアの頭痛の種です。

 しかし、今の時期に繁殖させれば、大量の小型容器を必要とする一番大切な時期が「日本の夏=保温の必要がない」に来る訳で、この時期であればスペースさえあれば、保温対策に悩まされる事なく大量の小型容器を管理できると言う訳です。

 そう言う訳ですから、ベタマニアは今すぐ繁殖の準備を!そこでメスベタを逸品堂でお買い求めくださいっ!!・・・って言おうと思ったら、メスの在庫ほとんどないじゃないですかぁ(涙)。ここん所本業が多忙で逸品堂は力はいってなかったからなぁ~。しょうがないから、いきなり無計画ですがバンコクにメスベタ仕入れに行っちゃうかぁ~??ちょうどアメリカ出張もあることだし、その帰路に(笑)。でも、今回は残念ながらアメリカからの帰路にバンコクに立ち寄るのは日程的に難しそうです。






Last updated  2013/04/12 12:54:39 PM
コメント(0) | コメントを書く

全261件 (261件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

PR


© Rakuten Group, Inc.