Jan 11, 2010

連携

高齢や病気などで日常生活の介護や支援が必要になったときに、
介護保険を利用してサービスを受けることができます。

なかなか複雑多様ですが、このあたりが整理されているかも。
http://www.wam.jp/kaigo_guide/category1/index6.html

この中で仕事上関係するものが、住宅改修の際の費用支給制度。
簡単に言うと「改修費は1割負担。
最大18万円まで支給される」制度で比較的使いやすい制度です。
(自治体によっては、独自にプラスαの制度があります。)

当時、日本一の生徒数(1学年18組)とNHKで紹介された母校がある
横浜の戸塚というエリアには、今も多くの同窓や親御さんがいて、
親しかった友人のお母さんから、転んで杖が必要な生活になって、
家に手すりを付けたいという相談を受けて、手続きをすることに。

そんな中で見つけた地域活動に参画することになりました。
在宅医療の医師、看護師、薬剤師、ケアマネージャー、
病院のリハビリ科や訪問看護の理学療法士、
福祉用具レンタルの業者、改修をする建設業者、
老人ホームの施設長、地域ケアプラザの専門員、
区役所の担当課長など、40名以上が集まるネットワーク。
それぞれの活動発表、事例紹介があり、
後半は懇親会を兼ねてフリートーク。

様々な仕事・職種があるものだな...と驚き、
その連携作業の現実、人と関わる究極の仕事の大変さに驚き、
人の命の重さ、大切さに気付かされるひとときでした。

★介護★





TWITTER

Last updated  Feb 11, 2010 02:24:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
[イベント・活動記録] カテゴリの最新記事