116510 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マダム豆大福の読書の小部屋

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Category

2011年04月18日
XML
カテゴリ:自己啓発
【送料無料】子どもの心のコーチング

【送料無料】子どもの心のコーチング
価格:580円(税込、送料別)



著者:菅原裕子

知人に借りて読んだ本。

副題が「ひとりで考え、一人でできる子の育て方」とある。子育ての究極の目的は子どもの自立。

子どもをよい子に育てたい、そのあまり声をかけ、世話を焼きすぎて依存心の強い、自立できない子が増えているという。

著者は「援助」を「ヘルプ」と「サポート」に分けて考えている。

「ヘルプ」はできない人のためにその人のかわりにやってあげること。

「サポート」は人を「できる」存在ととらえてそばで見守り、よりよくなるために必要なときは手を貸すこと。サポートこそが親の仕事だとしている。

「ヘルプ」は子どもをダメにするとか。

子どもの話を「聴く」ことがサポートの基本であり、その具体的な方法も記されている。

参考になる記述がいろいろあった。「ほめて」育てることの弊害。子どもを朝、起こさないこと。「I(私)メッセージ」で伝えること。親が自己肯定感を持つ方法などなど。

これから、子どもが「魔の二歳児」を迎えたり、成長していくにつれて「ガミガミ母さん」「面倒くさいからこっちがやっちゃう母さん」になりそうだけれど、子どもの自立を妨げないようにせねば。

「自分自身の頭で考える子」になって欲しくて名前もつけたことだし。

たびたび読み返したい本。返さなきゃいけないけれど、文庫だし自分でも買っちゃおうかなー。






Last updated  2011年04月18日 12時56分00秒
コメント(0) | コメントを書く
[自己啓発] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.