066046 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Gocce di memoria

PR

Calendar

Category

Favorite Blog

■コンサート concert New! natsuki.kawさん

とりあえず合格 さーにさん

I'll Sleep When I'm… り〜やん☆(^-^)ノさん
グローバルに活躍し… jolieasukaさん
しばたに中国を行く しばたに こうさん

Free Space

設定されていません。

Freepage List

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

映画

2006年05月05日
XML
カテゴリ:映画
映画祭3日目は、「母なる自然」と「クオ・ヴァディス・ベイビー?」の2本を見ました。

mater natura
「母なる自然」に出演したヴラディミール・ルクスリアさんは、イタリア初「トランスジェンダーの国会議員」として注目を集めている方なのだそうです。映画終了後の質問コーナーで、NHKテレビイタリア語講座に出演中のモニカさんが、「ヴラディミールさんの、先の選挙戦への出馬は、映画撮影中から考えていたことだったのか」との質問に、プロデューサーのマッサ氏が、結果として議員にはなったが、この映画への出演を決めた時はそのような構想はなかったのではないかと答えていました。後にあるイタリア人の友人に聞いたところ、今回の選挙でどうしても勝利したかった中道左派が票を獲得するために彼(彼女?)に声をかけたのだそうです。

さて映画自体は、トランスセクシャルの共同体「母なる自然」の存在が、逆に彼らの一般社会での生き難さを象徴しているように思え、見終えた後切ない気持ちになったのけれど、その直後に知った「トランスジェンダー議員」誕生のできごとは、そんな私の気持ちをかなり軽くしてくれました。


quo vadis
さて、話はかわって「クオ・ヴァディス・ベイビー?」
面白かった~!
「母なる自然」の後に見たので、また疲れて寝てしまったらどうしよう・・・
と心配だったのですが、ストーリーに目が離せなくなり、どんどん引き込まれていきました。
サルヴァトーレスの映画を観たのは「エーゲ海の天使」「僕は怖くない」に続きこれが3本目でしたが、劇場公開して欲しいと思いました。今回の映画祭の中でも私のお気に入りのベスト3に入るかな~。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006年06月07日 17時08分46秒
2006年05月04日
カテゴリ:映画
映画祭の二日目は座談会と”瞳を見ればわかる”。

座談会は途中ちょっと退屈になったけれどなかなか面白かったです。今回は去年のように感じの悪い人もいなかったし(誰とは言わないけど)。でも”恋愛マニュアル”で来日し、サルヴァトーレスの前作「僕は怖くない」にも出演したディーノ・アッブレーシャは、「僕は怖くない」の方が「クオ・ヴァディス・ベイビー?」よりずっといいというようなことを言ってて(そのまま訳されてはいなかったように思います。座もしらけるからでしょうか)、近くに座ってた「クオ・ヴァディス・ベイビー?」にでたアンドレア・レンツィはどう思ったのかな。と当事者ではないのにはらはらしてしまいました。イタリア人同士ってああいうの平気なのかな。

座談会の後はサイン会でしたが当初はパスしようと思っていました。というのも去年サイン会で体力を消耗し、その後の映画で寝てしまったのです。
ところが座談会のあと全速力でサイン会場に向かっている友達に遭遇。

友達:「サイン会行くでしょ!?」
私:「う~ん、今回はパスするかな~、並ぶの疲れるし~」
友達:「そんなの大丈夫だよ~」
私:「まあ久しぶりに○○にあえたから、とりあえずサイン会場まではつきあうよ」

ということで手を取り合ってサイン会場へ。

でも一緒に並んでるうちについでだから私もサインもらっちゃおう、と全く気合も入ってなかったのがよかったのか、最初にいた「母なる自然」プロデューサーのウンベルト・マッサ氏(面白い人だった)に、「明日朝の”母なる自然”の上映に私来るんです」となにげに声をかけてみました。
そうしたらサインと一緒に私の名前も書いてくれ、「じゃあ、絶対明日来るんだよ、約束!」といいながら「A domani!」(明日ね)と付け加えてくれました。

サイン

これに気をよくした私は、次の「母なる自然」の主役、マリア・ピア・カルツォーネさんともちょっとお話。彼女は「映画を観てもし気に入らなくても私のこと殴ったりしないでね」と冗談を。

そんな楽しい会話のあと、ますます調子に乗ってきた私は、結局ほぼ全員とひとことふたこと言葉を交わし大満足のサイン会でした。

最も心に残ったのはサンドラ・チェッカレッリさんとの会話だったのですが、これは私の心の中にしまっておこうと思います。

で、その後に観た「瞳を見ればわかる」
te lo leggo
ですが・・・

やっぱりちょっと寝てしまいました(^^;
今回の映画祭の中では一番印象が薄い映画です。ステファニア・サンドレッリの存在感だけが印象に残ったかな。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006年05月14日 19時42分59秒
2006年05月03日
カテゴリ:映画
今年も映画祭の時期になりました。

私が今回観るのは6作品。見ないものは、イタリアやDVDで既に見ているのです。本当は既に見た作品も日本語字幕つき、ゲストの舞台挨拶つきでもう一度観たいところですが、
去年欲張って何本も観ようとしたのは良いけれど時々疲れてぐーすか寝てしまった苦い経験をもとに、今年は無理をしないでおこうかと。

といいながらも今日は3本観る日でした(これだけは避けたかったんですけど^^;)。でも3本ともなんとか寝ずに観ましたよ。

la spettatrice

まずは今日の1本目「見つめる女」。
主役バルボラさんは、本当におちゃめで素敵な方ですね。彼女の出演作品は去年イタリアの映画館で「聖なる心」とDVDで観た「Ovunque sei」 に続きこれが3作目でしたが、前2作では彼女にあまり魅力を感じていませんでした。でも、実際の彼女があまりにチャーミングな方なのでこの映画祭ですっかりファンになりました。これから注目していきたいと思います。

一つだけ残念だったのが、マッシモの恋人フラヴィアの声が吹き替えだったこと。声優の声って微妙な心の動きまでは表現できないんですよね。フラヴィア役の女優さんってフランス人なのかな?イタリアでは外国映画は基本的にイタリア語に吹き替えになるので、それには慣れてはいたけれど、他の役者がイタリア語を喋る中彼女だけ吹き替えっていうのは、彼女の声だけが浮いてしまって私にはちょっと興ざめでした。

i giorni dell’abbandono

2本目は「哀しみの日々」です。
私の大好きなマルゲリータ・ブイは、この映画でも熱演してます。鬼のような形相で夫をののしるシーンは圧巻。まさに迫真の演技です。
ロベルト・ファエンツァ監督は、去年イタリアで観た「Alla luce del sole」 の監督でもあります。そういえばこの映画でもルカ・ジンガレッティを起用していました。

あ、それから最後に流れたのがなんとカルメン・コンソリの曲というのが感激 。この映画のストーリーにドラマチックなカルメンの声はぴったりだったと思います。まさか映画祭で彼女の曲が聴けるとは思っていなかったのでそれだけでも観た甲斐がありました。

la seconda notte di nozze

さて、本日3本目は今回の映画祭で一番楽しみにしていたプーピ・アヴァーティ監督の の「二度目の結婚」です。

人がよいこと、誠実すぎることはイタリアでは常に評価されるわけではありません。要領よく立ち回れなければ損をする、それがイタリアなんです。日本でもそういうところもあるかもしれないけど、イタリアはより顕著。
私のイタリア人の友人にも、「あなたそれでやっていけるの?」とききたくなるほど人がよくて要領の悪い人がいます。「この人、イタリア人なのにイタリアに住むの大変そう。」と思わせるような人です。
でも、あのイタリアで、要領の良い人ほど得するあのイタリアで(すべてというわけではないでしょうが一般的にそういう印象があります)、打算的にならずにいられる人って、そうじゃない人よりずーっと強いのではないか、と最近思うようになりました。99%の人が打算的に行動する中で実直でいること。そういう強さを私は持っているだろうか。

この映画を観ながら、いつのまにか主人公のジョルダーナに、その誠実すぎるがゆえにいつも割を食う友人をダブらせて見ていました。

選曲、映像の美しさは今回も冴えています。アントニオ・アルバネーゼやカーティア・リッチャレッリ(ホセ・カレーラスのもと愛人ですよね?)も熱演でしたが、「心は彼方に」 で私の胸を切なさでいっぱいにしたネーリ・マルコレも相変わらず素晴らかったです。
il cuore altrove「心は彼方に」





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006年05月05日 08時04分10秒
2005年10月14日
カテゴリ:映画
今イタリアではステファノ・アッコルシとキム・ロッシ・スチュアートの共演作品「Romanzo criminale」が上映中なのだそうです。

原作は、ターラント出身の作家ジャン・カルロ・カタルド(Giancarlo De Cataldo)の同名小説。

もともとは「輝ける青春」のマルコ・トゥッリオ・ジョルダーナが「La peggio gioventu'」というタイトルで映画化する予定だったそうなのですが、どういういきさつがあったのか、結局はミケーレ・プラチド監督作品ということに。

マルコ・トゥッリオ・ジョルダーナの「La peggio gioventu'」という作品としても見たかったような気がするけれど、でもそうなると配役も違ってたかもしれないから、ステファノ・アッコルシとキム・ロッシ・スチュアートの共演はなかったかもしれないですよね(あくまで私の想像ですが)。

あの「輝ける青春」のオリジナルタイトル「La meglio gioventu'」
(meglio は 形容詞としてはbuono”良い”の比較級。ここでは定冠詞がつき相対最上級で”最上の”の意)に対する
「La peggio gioventu'」(peggio は形容詞としてはcattivo”悪い”の比較級になる。ここでは定冠詞をつけ相対最上級で”最悪の”の意)というタイトルでの映画もとても興味をそそられるものなので、実現しなくてちょっと残念です。

一方、ミケーレ・プラチド監督ですが、
彼の作品「Ovunque sei」「Un viaggio chiamato amore」は私にとっては大はずれだったのであまりよい印象がないんですよね。

でも、なぜか私の大好きなステファノ君はミケーレ・プラチドが好きらしく、現にこの2作にも出演してるので、「う~ん、ステファノと私の趣味は違うのかも・・」と勝手に落胆してみたり・・・

ともあれ「Romanzo criminale」の評判はなかなかよいみたいだし、秀作だろうが駄作だろうがステファノ君の出演とあればなんでもオッケー!!な私なので、本当は明日にでもイタリアに飛んで映画館に駆けつけたいくらいなのだけれど、結局はDVDで見ることになるでしょう。あーあ。

あ、そうそう、キム・ロッシ・スチュアートのことも忘れてはいません。それにしてもこんなにも魅力的な俳優ふたりが共演する映画って、なんて贅沢なのでしょう。。。

詳しくはこちら(イタリア語)





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2005年10月15日 10時07分15秒
2005年06月30日
カテゴリ:映画
opera

念願のイタリア語版「オペラ座の怪人」のCDを入手しました。

も~びっくりです。イタリアで外国映画を上映する際、吹き替えが原則とは知っていますが、ミュージカル映画の歌の部分までが吹き替えになるとは・・・


詳しくはこちらをご覧下さい。
   ↓
らくちんイタリア語会話

先日このメルマガを読みさっそくイタリアにいる日本人の友人に送ってくれるよう頼んだのです。それが10日余りで届くなんて・・・

あ~シ・ア・ワ・セ

「オペラ座の怪人」を最初に見たのはもう15年ほど前になります。劇団四季の舞台で市村正親さんが怪人役。あまり乗り気じゃなかったのに、友人につき合わされて見に行ったのですが、最後のシーンで思わず涙がこぼれてしまったのを覚えています。

その後ロンドンでも見て、舞台の幻想的な美しさに感動。さっそくCDを買いこれまで何度聴いたことか。
もちろん先日映画も見に行きましたが、心の中でず~っと一緒に歌っていました。でも映画もCDも英語ですから、英語がまるでだめな私には「ららら~♪」で歌うしかなく(T_T)、いつも不完全燃焼。

そこへ、このイタリア語の「オペラ座の怪人」です!
これなら私にも歌詞付きで歌えま~す。

肝心の出来ですが、これ以上の歌い手はいないだろうと思われるマイケルクロフォードとサラブライトマンのCDを聴きすぎて、満足できなかったらどうしようという私の思いも杞憂でした。素晴らしいです。

マイケル・クロフォードに比べたらファントムがかなり人間くさい感じはするけど、まあそれは人間味溢れるイタリア人ってことで・・


イタリア語が好きで尚且つ「オペラ座の怪人」がお好きな方には超お勧めです。

こちらがイタリア語版のCDです。全曲30秒だけ聴けます。イントロだけで終わってしまうのもありますが、2番目の曲「pensami」等は歌詞も聴けるのでイタリア語だということが確認できるはず(注:14番目の曲は英語です)。
こちらのネットショップで買う場合、イタリアのお店で直接買う場合、いずれも英語版かイタリア語版かのご確認をお忘れなく。
        ↓
イタリア語版CD





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2005年06月30日 17時20分27秒
2005年05月10日
カテゴリ:映画
今年の3月29日付けの日記で、映画「あるイタリアの犯罪(pasolini, un delitto italiano)」 のことに触れましたが、ここ数日イタリアでは、今までパゾリーニ殺害の犯人とされていたPino Pelosiが証言を翻したとの報道がなされています。「犯人は自分ではない、別にいる」と・・

以前からパゾリーニの死に関しては謎が多いとは知っていましたが、また新たな展開があるのでしょうか。これからの成り行きを注目しています。

以下、この映画の監督であるマルコ・トゥッリオ・ジョルダーナの発言

«Penso che Pelosi sia stato un semplice spettatore del delitto: i veri esecutori lo costrinsero ad assumersi la responsabilitá perché all'epoca era minorenne e avrebbe avuto una condanna meno severa».

spettatore 目撃者
esecutore 実行者
minorenne 未成年者
condanna 刑罰

この監督は映画を製作する際、数人の目撃者から事件に関しての証言も得ているのだそうですが、Pelosi単独の犯行ということには疑問を投げかけてはいたものの、それ以上深いところまでは掘り下げていなかったように思います。でももう一度見たら、なにか新たな発見があ・・・・るわけないか。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2005年05月11日 00時31分08秒
2005年05月02日
カテゴリ:映画
ricordatidime

さて、「ローマの人々」でローマでの思い出にどっぷり浸っていた私はこのまま映画祭を後にするのが辛くなってしまいました。

そこでひとまず外に出て、銀座をぶらぶらしながら、午後に上映される「私のことを覚えていて」を見ようかどうしようか悩んでいました。この映画はローマでも観ていますしDVDも持っているから当初は映画祭で観る予定ではなかったものです。

でも一方で日本語字幕付きでも見てみたいと思ってもいました。
というのも登場人物が機関銃のようにものすごい勢いで喋り捲るので、なかなか耳がついていかないのです。
それでもイタリア語字幕つきで観ればなんとかなるし、どうしよう・・・
といじいじ悩んでいましたが、ふと数日前に映画好きのある友人にこの映画を観るよう薦めたことを思い出しました。
そこでさっそく彼女にメールを入れてみると、彼女も観たいと思っていたらしくすぐに銀座に向かうとのこと。そんなわけで嬉しいことに映画祭最後の映画は友人と観られることになりました。

この映画は、役者揃いのうえとっつきやすいストーリーなので、誰にでも楽しめる映画だと思います。叫びまくったり怒鳴りまくったりと、かなり騒々しい映画ではありますが。

案の定友人も気に入ってくれました。誘った手前退屈だと思われたら残念だと思っていたので私も彼女が気に入ってくれてほっとしました。

さて、この映画のエンディングに流れる曲はエリザの「Almeno tu nell'universo」。もとはミア・マルティーニの曲です。

ミアは愛する人への一途な思いを心の奥から搾り出すような声で歌っています。一方エリザはまったりゆったり。そのまったりゆったりさが、映画を観ている間聞き続けた叫び声、怒鳴り声に疲れ果ててしまった耳を癒してくれるようで心地がよいのです。

出演者の一人Silvio Muccinoはこの映画の監督の弟ですが、この映画以降売れっ子になりましたね。去年はイタリアで彼主演の「Che ne sara' di noi」(日本未公開)という映画も話題になりました。

che ne sara di noi

映画はいまいちでしたが、これも曲がよかったです。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2005年05月05日 02時16分43秒
カテゴリ:映画
今日の日記は映画の感想ではなく、あくまで自分の個人的な感傷です。そんなわけで、この映画がどんな映画かを知りたい方にとっては参考にはならないと思いますm(_ _)m

gente di roma さて、「ローマの人々」(gente di Roma)を観ました。私にとっての映画祭最後の作品のつもりで観ました(実はそうはならなかったのですが)。

映画ではいかにもローマでおこりそうなエピソードがいくつも綴られていきます。ローマが舞台になった映画を観るときの常で「そうそう、こんなこといかにもありそうだわ・・」と思いながら観ていたら、突然とっても懐かしい光景がスクリーンに現れました。2002年9月にナンニ・モレッティによって開催されたサン・ジョバンニでの集会。確かなことはわかりませんが、きっとこの時の集会が撮影されたのではないかと思います。かなり大規模でしたもの。

そうだとしたら、あの日あの時、私はこの集会に参加していました。あの日はテルミニ駅でバックを盗まれたこともあり、財布も取られて一文無しの私はメトロにも乗れず、テルミニ駅から歩き始め、あのmanifestazioneの集会場所であるサン・ジョバンニを何十分もかけて通り抜け、ポンテ・ルンゴにある家まで普段の何倍もの時間をかけて帰ったのです。その後カード会社に電話をしたり、待ち合わせしていたRに連絡をとったりと大変でした。それでもそんな嫌な出来事のために日本人の友人MさんやRと約束していたmanifestazioneへ参加を断念するのは嫌だったので、気を取り直し彼らとの待ち合わせ場所へ。その後3人で群集にもまれながらナンニ・モレッティのスピーチを聞いたのを思い出しました。

これがそのときの写真
      ↓
manifestazione

これがその集会に関する記事です。
      ↓
http://www.nippon.it/article.php?sid=215

そしてその懐かしいmanifestazioneのシーンの後には夏にテスタッチョで催されたGay villageの映像までがでてきて、ただただ懐かしさに胸がきゅーんとなりました。

Gay villageと聞くと抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょうか。私はたまたま一番親しい友人がゲイですから、その友人を通して自然とゲイの知り合いが多くなりました。
そんな彼らに誘われて行ったのがGay village。

あやし~い雰囲気も感じなくはないですけど、実際は女性の私にはいたって健全な場所です。というのも、確かに映画のシーンにあったように女性同士のカップルもいるのですが、9割は男性同士のカップル。だから女性がナンパをされたりすることはあまりないのです。私達と一緒に来たスペイン人の女友達が「女性にとってこんなに安全なディスコテカは初めてだわ」と言ってたほど。

私が何度か足を運んだ2002年の最終日にはパオラ&キアラのコンサートがあり、しかもローマ市長までがスピーチをしに来たほど。最後にヤング・マンの曲が流れ私も一緒になって大声で歌いました。
そういえばスペイン人友Bが言うには「ヤングマン」はゲイのテーマソングのような歌なのだそう。

ともあれ、なんとそんな思いで多きGay villageまでが映画のシーンに・・・
胸が締め付けられるほどにローマが恋しくなり、映画を観終えても暫くの間映画の中の数々のシーンを反芻していました。

Gay villageの様子です。
  ↓
gay village

gay2





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008年08月27日 14時40分56秒
2005年05月01日
カテゴリ:映画
各映画ごとに日記をアップしようと思いましたが、たくさん見すぎて全映画の感想をまとめる思考能力がないので、3本一気にのせてしまいます。

さて、今日観た3本のうちの一本目は
「スリー・ステップ・ダンス」(ballo a tre passi)

ballo a tre passi

イタリア映画を観にきたはずなのに、話されている言葉が全くわかりませんでした。サルデーニャの言葉ってイタリア語とは全く違うのですね。方言という程度のものではなく別の言語のようでした。
この映画では、サルデーニャの自然や人々の暮らしが季節ごとのちいさなエピソードによって淡々と語られていきます。かなり淡々としていて、リズムもゆったりなのでとっても眠くなってしまいました。サルデーニャに関心のある人が見ればまた違った感想を持つと思います。

そして次は「愛はふたたび」(L'amore ritrovato)です。

ritrovato

ステファノ・アッコルシとマヤ・サンサ共演の映画です。私のイメージの中で彼ら二人の共演はなんかしっくりこないように思っていました(もちろん私の勝手なイメージですが・・・)。二人とも大好きな役者ではありますが、共演となるとどうかな・・・と。そのイメージは映画を観終えた今でも変わってないのですが、でも座談会でも彼らは隣同士で二人でお喋りもしていて仲良さそうでしたね~。
・・・って関係ないですね、はい^^;

ステファノ・アッコルシもそうですが、特にマヤ・サンサはとっても感じの良い方で、そのうえ可愛らしくって、実際に会えて(見れて)本当に嬉しかったです。

映画評論家であり座談会の司会進行役であった岡本太郎氏が「この作品には原作があり、その中では、マヤ・サンサが演じる女性はより受け身タイプの女性に描かれている。一方映画の中では随分強い女性として描かれている」と話していました。それを聞いて、だからマヤ・サンサが抜擢されたのかと勝手に納得しました。
だってマヤ・サンサは内面的に強い女性を演じるのがとっても似合ってると思うんです。監督が「強い女性像」を求めていたのだったらマヤ・サンサは役柄にぴったり。そういう映画の背景にあるものを知った上でもう一度見たらまた違った見方ができておもしろいかもしれません。

そして3本目は「真夜中を過ぎて」(Dopo mezzanotte)。

dopo

ストーリーとは関係ありませんが、監督のダヴィデ・フェラーリオ氏と出演者のジョルジョ・パゾッティがなかなかユニークで、座談会、舞台挨拶共に楽しませてくれました。監督は既成のものにとらわれない自由な発想をする方なのかなという印象を受けました。本日3本目ということで疲れてしまいなかなか集中できなかったのが残念です。

今回の映画祭とは関係はありませんが、ジョルジョ・パゾッティは、私が前回のイタリア滞在で観たいと思っていた「Volevo solo dormirle addosso」(日本未公開) という映画の主人公でもあったようです。

これがそのDVDの表紙です
  ↓
volevo

あらすじはこちらへ
 ↓
http://www.icine.it/fmm/schedafilm.php?id=15488





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2005年05月04日 00時16分22秒
2005年04月30日
カテゴリ:映画
「愛の果てへの旅」の後に、何故気持ちがますます暗くなるような映画を持ってきたのでしょうか。映画祭主催者は2本続けて見る観客の疲労度合いまでは考えなかったのでしょうか。

なんとも重い映画でした。ローマ近郊が舞台ですが、そのあたりに滞在することの多い私には、とても映画の中だけの話とは思えません。「こういうのがローマの嫌なところなのよ~~」と思わず口をついてでてしまうようなシーンが随所にちりばめられていました。昨日の「ママは負けない」といい、この映画といい、リアリティに溢れた映画はもともと嫌いではありませんし、それゆえイタリア映画好きでもあるのですが、それにしてもリアリティありすぎ。
ジプシーの生活や、映画の中で語られるエピソード自体には、それが本当に起こりうることなのかどうかはわかりませんが、ジプシーをとりまくイタリア人がみんな実在の人物に思えてきます。

こういう映画もたまにはいいですけど、こうつづくともうたくさん、と思ってしまいます。明日はもう少しリラックスして楽しめる映画が見たいです。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2005年05月01日 01時19分19秒

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.