2462942 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マドレボニータ(美しい母)プロジェクト★

2012.09.04
XML
  • プロフィール3.jpg

こんにちは!マドレボニータ事務局の宮下ひかりです。
Eテレ「グラン・ジュテ〜私が跳んだ日〜」を観てくださったみなさま、
ほんとうにありがとうございます。
おかげさまでたくさんの反響をいただいております。
テレビの力って、、、やっぱりすごいです。

いまのところ、今後の再放送予定はないのですが、
みなさまがご感想をお寄せくださったら、アンコール放送されるかも!?

一言でも結構なので、番組サイトやTwitter(ハッシュタグ #nhketv )に
ご感想を投稿していただけたらとてもうれしいです。

さて、余談が長くなりました。

今日は、9月15日(土)開催のご夫婦・カップルでご参加いただけるワークショップ
「カップルのためのワークライフバランス・ワークショップ」のご案内です。

このワークショップは、
今年度、杉並区立男女平等推進センター講座として開催しているもので、今回が2回目。
前回の開催報告はこちらをご覧ください☆

「産後のボディケア&フィットネス教室」
「NECワーキングマザーサロン」で行っているコミュニケーションワークを、
カップルでご体験いただける、貴重な講座なんです。(って自分で言ってますが、、。)
しかもお二人一組でご参加費は1,000円で、
資料として『産後白書3』『マドレ式ワーキングマザーの教科書』がつきます。


また、生後210日以降のお子さまの託児も承っております。
(人数制限があるため、先着順とさせていただいております)

「マドレの講座は初めて!」という方はもちろん大歓迎なのですが

クラスやサロンにご参加いただき、
「パートナーとシェアリングやってみたいけど、家ではなかなか出来なくて…」
という方にはほんとうにおすすめしたいです。

とはいえ、一度ワークショップに出たからと言って、
なにか悩みが解決されたり、夫婦仲が格段に良くなったり、という
劇的な変化はないかもしれません。

でも、「シェアリング」という仕組みを借りることで、
短い時間であっても、お互いの気持ちや考えをじっくり聞きあい、共有することは
よりよい夫婦のコミュニケーションのための第一歩になるのではないでしょうか。
なによりケンカになりません(ほかのご参加者もいらっしゃいますしw)。

また同じように子育てしながら働いているほかのカップルの声を聞けることも、
貴重なチャンスです。
特に男性にとっては、「子育てしながら働く」ことについて語り合う場って
女性より少ないのではないかとおもうのです。

じつは前回も、「妻に誘われてきました」という男性が多かったのですが、
いざスタートしてみると、そんな男性がとても活発に発言してくださって、
それはパートナーである女性からしても意外な姿で、
驚いたし嬉しかったというご感想もいただきました。

ここでご感想の一部をご紹介しますね。

・普段なかなか聞けない他のご夫婦のお話(特に男性)のお話を
 じっくり伺うことができたのは貴重な経験でした(女性)
・いい面も悪い面も含めて夫からの話が聞けて良かったです(女性)
・夫婦でなかなか話せなかったので、ムリヤリひっぱってきて良かったです(女性)
・同じ立場の方達との意見の交流ができてよかったです(男性)
・漠然と考えていたことが、人と話すなかで少し明確になりました(男性)

9月15日(土)、3連休初日だけどお仕事やお出かけのご予定がない、という方は
高井戸地域区民センターへいらっしゃいませんか??

以下、詳細です。

☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆

「カップルのためのワークライフバランス・ワークショップ」
日時:2012年 9月15日(土)
   10:00〜12:00(9:30 受付開始)   
場所:杉並区高井戸地域区民センター 第3・4集会室

   
対象:出産を考えている・妊娠、子育て中のカップル。
   ※単身参加を希望の場合はお問い合わせください。
   ※杉並区内在住、在勤の方を優先させていただきます。

託児:生後210日(2012年2月17日以前にご誕生)以降、
   就学前のお子さまの託児を承ります。(人数制限あり・先着順)
   ※生後210日まで(2012年2月18日以降にご誕生)のお子さまは、
    ご一緒にご参加いただけます。
   
定員:10組20名さま(申込順)

費用:一組さま 1,000円
  (資料として『産後白書3』『マドレ式ワーキングマザーの教科書』をお渡しします)

申込:必要事項をご記入の上、マドレボニータ事務局(info@madrebonita.com)まで
   メールでお申込みください。
  【必要事項】
   ●タイトル 「9/15マドレボニータ・ワークショップ」参加希望としていただき、
   ●本文   ・ご住所・参加されるお二人の氏名(フリガナ)・ご年齢
         ・当日ご連絡可能な電話番号
         ・お子さまの託児、もしくはご同伴をご希望の場合は、
          お子さまのお名前(フリガナ)と生年月日


ファシリテーターは、インストラクターの竹下浩美です。

そしてそして、
次回のワークショップは11月10日(土)、阿佐ヶ谷地域区民センターでの開催です。
今回ご都合が合わない方は、ぜひ次回の予定をチェックしておいてくださいね♪

☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆


(文責:宮下ひかり)

-------------------------------------------------------------------
マドレ基金バナー

マドレ基金ではみなさまからのご寄付を募っています。
マンスリーサポーター制度もスタートしました!
継続的にご支援くださるマンスリーサポーターのみなさまには、
月に一度「マンスリーサポーターニュース」をメールでお届けしています。

ひとり親、多胎の母、障がいをもつ児の母、低体重出生児や早産児の母、
10代の母、東日本大震災で被災した母など、
社会的に孤立しがちな母親たちのひとりでも多くに産後ケアが届けられるよう
みなさまからの継続的なあたたかいご支援をお待ちしております。

button_Monthlysupporter.png






最終更新日  2012.09.09 20:30:35
[事務局からのお知らせ・告知] カテゴリの最新記事


PR

サイド自由欄

プロフィール


マドレボニータ

カテゴリ

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

持続化給付金の物語 New! 山田真哉さん

日刊シマン shimangさん
TOTO LE CARTIER bustedさん

フリーページ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.