2458753 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マドレボニータ(美しい母)プロジェクト★

全7件 (7件中 1-7件目)

1

マドレボニータの勉強会

2013.05.18
XML

こんにちは!マドレボニータ事務局の吉竹雅子です。

自己紹介ーマドレブログ

本日は、産後研究会のスタッフで前回の振り返りと、次回に向けてのブレストをしました。いろいろなアイデアが出て、ワクワクしております。詳細きまりましたらまたお知らせしますね。

さて、先日3月2日(土)に、開催しました、マドレボニータの新しい取組み・挑戦でもある
「産後研究会」の第一回勉強会『新生児訪問を語ろう』の開催報告、【後編】をお届けします。
【前編】はこちら

******************************************
当日の様子です。

まずは辻優子さんからの開会のごあいさつ。
「産後白書プロジェクト参加以来、マドレボニータの活動を陰ながら支援してきた。
産後ケアを医療と連携させたいという思いに共感して実行委員に」


続いて司会の佐藤孝子さん。
「都内私立大学のNICUの看護師で3女の母。
医療従事者だけでなく産後ケアをさまざまな立場から支えていきたい」


そして、代表の吉岡マコのごあいさつ。
「産後ケアと医療従事者の連携の仕方に決まった答えは無い。
まったく新しい形が必要だとおもう。
新しい時代の産後のあり方を考えていきたい。」

「この会はマドレボニータ初(発)、かつ会員さん主体で運営している。
『マドレボニータが何か言っている』ではなく、
ご参加者一人一人が思いや意見をもつ場として参加していただきたい。」


******************************************

【第一部】では、「新生児訪問の現状、取り組みについて」
実行委員メンバーの私がプレゼンテーションを担当。産後研究会 プレゼン.jpg

日本で、「新生児訪問」が開始されたのは、昭和36年。
実は歴史がけっこう古いのですね。

訪問は医師・助産師・保健師が担当、
翌年からは「妊産婦訪問指導」が開始され、
今につながる制度はこの時期にスタートしたそうです。

一方、「こんにちは赤ちゃん」事業は、平成21年から。
虐待防止の観点から制度を開始。

担当は専門家だけでなく、民生委員、児童委員、子育てサポーターなど。
地域によって様々ですが、一市民へも門戸を広げている自治体も多いそうです。

また、産後の母は、出産の疲労に加え育児負担で心身に体調きざしやすいうえに、
現代は、核家族・少子化がすすみ、周囲に頼れないという背景も。

私は新生児訪問については、まったくの素人、でも今回この会をきっかけに、
勉強し、自分の住む地域の新生児訪問の窓口に出向き、
いろいろと勉強させていただきました。

もし私も全国各地での取り組みや、自分の住む地域での取り組みを
妊娠中に知っていたら、もっと有意義に活用できたかもしれません...

その後、プレゼンを受けて、渡邉さんより、新生児訪問が始まるもっと前、
歴史的背景ふまえて現在の新生児訪問の仕組みや各地での取り組みについて
お話しいただきました。


【第二部】では様々な事例をもとに、ディスカッションを。
サミットでもおなじみのマドレボニータのお家芸?「寸劇」も登場!産後研究会 寸劇.jpg

事前に会員さんからいただいた事実に基づいた事例をもとに、
それぞれが思ったこと、考えたこと、こうしたらよかったのでは?
ということをワークシートに記入して、皆で振り返り、
ディスカッション。

事例にたいして、「あれがよくない」「これがだめ」というのではなく、
「提供側」「産後女性」「家族」というそれぞれの立場に置き換え、
其々が新生児訪問の今後に活かせることは、と、
実行委員メンバーが作成したワークシートを用いて
立場の違いを越え、話すことができ、

産後女性に関わる専門家の方だけでなく、私たちスタッフ含め、
一市民の私たちが何ができるか考え、深め、共有でき、
参加者ひとりひとりが言葉を紡ぎ、皆でじっくり語り合い、
深め合うことのできる会となりました。

これまで「新生児訪問」について、沢山講演されてきた
ゲストの渡邉さんにおいてもこのテーマで語れたのははじめてだったそうです。

~~ご参加者の感想より~~~~

*職種を超えて産後ケアについてアツく話せる場ができたことって、
本当にすごいと思いました。

*様々な発言が次々とあり、スタッフのみならず参加者の皆様が、
新生児訪問を受け手に取って意味と満足のあるものにしたいという、
質を問う訴えをしていらっしゃるように感じ、大変勉強になりました。

先日テレビの朝のニュースでも産後ケアを取り上げていましたが、
豊かな産後を迎えたいというニーズはまさに高まっていると実感しました。

*今日集まる皆さんが意識を高くもっていてうれしく思いました。
現場で最前線で活動している医療従事者だけでなく、
市民だからこそできることもあるのではと思いました。


******************************************

マドレボニータでは、このように、
「産後」をテーマに勉強会を開催すること、
また、会員さんが主体となって活動するプロジェクトも、
新しい取り組みです。

今回は、会員さんとともに、会に向けて活動できたこと、
「産後ケア」を切り口に、力を発揮していただけたことがとても嬉しく、
今後もこうしたパワーを存分に発揮して頂く機会を設けていきたいと思っています。

また、これからも、「~~を語ろう!」シリーズとして、
周産期医療に関わる専門家を招いての勉強会を続けていく予定です。

会員のみなさまへは、ブログやメールレターでご案内させていただきますね。
どうぞご期待なさっていてください!

第一回勉強会にお越しくださったみなさま、
お声をお寄せいただきました会員のみなさま、
ご協力いただきまして、本当にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(文責:吉竹雅子)







最終更新日  2013.05.18 16:03:06


2013.03.29
こんにちは!マドレボニータ事務局の吉竹雅子です。

自己紹介ーマドレブログ

関東地方は桜が満開…とおもったらもう半分くらい散ってしまいました!
春本番…とおもえば、まだ冷える日も続いていて要注意ですね☆

今週末4月7日(日)にはPARACUP2013~世界の子どもたちに贈るRUN~
出場します。マドレボニータの会員さん、スタッフ、家族も出場する予定です!
よろしければ応援にいらしてください☆



さて、先日3月2日(土)に、マドレボニータの新しい取組み・挑戦でもある
「産後研究会」の第一回勉強会『新生児訪問を語ろう』を開催いたしました。

産後研究会 様子.jpg

長年「産後」について取り組んできたマドレボニータは、
「産後問題」は産後女性(当事者)だけで完結するものではない!
ということを日々痛感してきました。

そこで、母となる女性だけでなく、
その家族や、その家族が抱える問題に関わる人々と
たくさん言葉を交わし語り合いたい!語る言葉をもっと豊かに…
と考え、昨年夏に「産後研究会」を立ち上げました。

ひとりひとりが「産後」を語り、
産後を語る言葉をもっと豊富にしていくことで、
よりよい産後の過ごし方が見えてくるのではないか、
また、より豊かな産後文化を醸成していけるのではないか、
と思ったからです。

そして、日ごろマドレボニータの活動を応援してくださっている
マドレボニータ正会員のみなさん、「産後」の女性に接する機会のある
周産期医療・現場をお持ちの専門家のみなさんと、
「産後」という文脈で言葉をつむぐ機会を作りたい!
と思いで、第一回の勉強会を企画しました。

こちらの産後研究会キックオフミーティング(2012/8/14)リポートもぜひご覧ください!

出産すると誰もが経験する「新生児訪問」を第一回のテーマに
しよう、と決まったのもこのキックオフMTGの場でした。



実行委員メンバーに手を挙げてくださった会員さん3名と
事務局スタッフが一丸となり暑く長かった夏から「早朝スカイプミーティング」を重ね、
開催に向け準備を進めてまいりました。

なぜ早朝なのかといいますと、メンバーは皆、ワーキングマザー。
出勤前、そして、家族や子ども達が起き出す前が、
唯一、みんなが揃うことのできる時間帯なのです。

AM5:00から1時間、スカイプをつないで、対話を重ねてきました。

記念すべき第一回勉強会は、開業保健師で、
地域ネットワークづくり支援団体あかくら代表の渡邉玲子さんを
ゲストスピーカーにお招きしました。

助産師の方をはじめ、産後女性に触れる機会の多い現場で活動されている
理学療法士、臨床心理士の方などご専門家の方々、そして、
ぜひこのテーマについて学びたい!語りたい!とお申込みくださった
正会員の皆さんがご参加くださいました。

事前に正会員さんから寄せられた「新生児訪問」についての生の声を
いくつか事例として取り上げさせていただき、
ご参加者ひとりひとりが自分の体験を踏まえて考え、
自分自身の言葉を紡ぎ、皆で熱く言葉を交わしました。

産後研究会 集合.jpg
左から実行委員で正会員の佐藤孝子さん、辻優子さん、
ゲストの渡邉玲子さん、スタッフで実行委員のハラマリさんこと原万里子と、わたくし吉竹。


当日は参加できなかったものの、
正会員で、2期と3期でNECワーキングマザーサロンのファシリテーターを
務められた荒木智子さんも、実行委員メンバー。
アラーキー.jpg
今回は資料提供、作成などでメンバーの中心となって、
力を発揮してくださいました!

当日の様子は後編に続きます!

(文責:吉竹雅子)






最終更新日  2013.04.02 00:21:55
2009.05.20
NPO法人マドレボニータのWEBミーティング。

月1回のペースで行っています。

井の頭線浜田山駅ちかくの閑静な住宅街の中にある浜田山会館が会場です。

メンバーは理事でWEB担当の高橋葉子インストラクターと

事務局の3人、そしてYSNeXTの佐藤さん。

webミーティング

佐藤さんご持参のPCをプロジェクター(レンタル料100円也)につないで

ホワイトボードに映し出しております。


わたくし事務局秋山は、このところSkype参加だったのですが

今回はリアルで参加。


最近手に入れたモバイルPCを持参し、参照しながら。

公式サイトのアクセス分析、
改善点を検討して、第3弾リニューアル構想まで。

⇒高橋葉子インストラクターの報告はこちらです。


事務局では、会員の受付は1月から、各種講座の受付は5月から

マドレセンターというシステムを利用しています。

自動化すると、作業は早くなるし、データも残る。

非常に便利なツールです。



けれども、まるっきりシステム任せにするとどうなるか。

受講者のみなさまや、会員のみなさまに対するケアは…?

しかし、そこが工夫のしどころ。

システムを使うのは人なのです。

体温を通わせることは可能です。



どうしたらいいかといえば、やはり「言葉」によって。

ひとりひとりにあわせた対応というのは

ひと手間かけるということ。

手間→時間がかかる→効率的ではない

ほんとうでしょうか。いいえ、ちがいます。



ひとりひとりにあわせた対応。

そこには、手間をかける価値があるのです。



ここが大切、要であるということは

佐藤さんの持論で、まさにわたしも同感するところ。



システムの恩恵にあずかり、ありがたく時間を短縮させていただく。

その分、頭(知恵)も心(気持ち)も余計に使う。

事務局として日々実施していくべきところをあらためて認識しました。



というわけで、マドレボニータ事務局、心をこめて受付しております。

ぜひ、産後クラス各種講座、ふるってご参加くださいませ。

会員も募集しております。
NPO_madre_0901.gif

受付でお会いできることを楽しみにお待ちしております。

(文責:マドレボニータ事務局 会員担当 秋山裕子)

だそうです!







最終更新日  2009.05.20 11:49:32
2009.05.17
テーマ:産後の人生(70)
どうも★産後セルフケアインストラクターの吉田紫磨子です!!

「自分自身のメイクのプロになる」というコンセプトの美塾内田裕士塾長(通称:アパッチ君/賛助会員)の
「メイク講座」は大好評のうち終了しました☆

もうすでに第2弾への熱いリクエストいただいております!
アパッチ君の教えてくれるメイクは
「自分の魅力に気づき、自分自身の素材を活かすメイク」!

これって、マドレボニータのセルフケアコンセプトとどんぴしゃー!
エビちゃんや山田優さんの体型にはがんばってもなれない。
だって、あの骨格や脚の長さは遺伝ですもの^^!
それをダイエットで目指すのではなく、
自分の持っている筋肉を使いながら、
自分が一番健康的にスっと見えるようにしていくマドレボニータのセルフケア。
アパッチ君の教えてくれたメイクも、
雑誌に載っている女優さんやモデルさんのメイクをスキルで目指していくのではなく、
自分の素材をまずじっくり見る!そしてそれを活かすメイクを探る。
違う誰かになるんじゃなくて、まずは自分自身!
言われると「なるほどーーー」なのに、
意外と振り回されちゃってますね大笑い

ではでは、メイク講座に参加された方のリアルな感想や
アパッチ君へのメッセージをご紹介します!


―――――――――――――――――――――――――――
アパッチ君☆本当に目から鱗のメイク術ありがとうございます★
スキルというより、メイクへの概念・哲学が変わってしまいました!
そもそもナンのためにするのか?から毎朝考えメイクしていきます。
メイクが楽しみになりました。
【艶/吉田紫磨子
―――――――――――――――――――――――――――
テカリはツヤ?!ファンデーションは3か所しか塗らない!など、
驚きメイク連続に、熱くなってつっこみいれまくってしまいました!
先生がもってきていた大きなメイクボックス、一向に使われないので、
こっちが恐縮!荷物になったなーとおもって(笑)
【艶/野田カオリ
―――――――――――――――――――――――――――
2時間の講座で意識革命が起きました!!メイクそして美に
対する考え方、見方が根本から変化!いままでとらわれていた
呪縛からときはなたれ、自分らしい魅力を笑顔で追及していく
勇気をいただきました。ほんとうにありがとうございました。
それにしてもアパッチ君、おもしろすぎ。
【凛/秋山裕子
―――――――――――――――――――――――――――
「みょん」やら「ファーまゆ毛」やら先生の独特の表現、
言い回しに気がついたらアパッチ★ワールドにはまっていました!
メイク術はもとより、名言もゴロゴロ飛び出し、一度で5度おいしい!
そんな時間を過ごせました。自分のことをもっと知ろうと思います。
ありがとうございましたー☆
【艶/白石あすか
―――――――――――――――――――――――――――
アパッチ君、メイク講座ありがとうございました☆楽しかったです!
今まで勝手に持っていたメイクの常識(非常識?)を覆されました~。
自分らしさをいかすメイクさっそく実践しています。
【清/永田京子
―――――――――――――――――――――――――――
内田先生、いやアパッチ師匠!メイク講座ありがとうございました☆
いままでにないアプローチに目から鱗々&比喩の表現が素晴らしく
笑いっぱなしの2時間でした!また、自分でもうすうす感付いていた
ところをズバリ指摘され、「もっと自分の素材を活かそう」という決心が
つきました。まずは塗る量を減らすことから実践します☆
【清/水口陽子
―――――――――――――――――――――――――――
とっても楽しい2時間、どうもありがとうございました☆あっという間でした。
育児の大変さを理由に、どんどんすっぴん率が高くなっていたのですが、
メイク楽しい~~!!と乙女心から再びよみがえったような気がします。
いつもデパートで似合わないメイクをされることが多かった私・・
アパッチ君の”その人に似合うメイク”の提案は、とてもしっくりきました。
今度は顔まるごとアパッチ君にメイクしてもらいたーい!!です。
【萌/まりなっちょ
―――――――――――――――――――――――――――
メイクの概念がガランガランと音を立てて組み替えられました!
自分を知ること、自分を愛しむことなんだなーとおもったら、
ややっこれもセルフケアなのか!と。とっても楽しくなりました。
まずは塗りすぎに気をつけまーす(^^)ありがとうございました☆
【清/高橋葉子
―――――――――――――――――――――――――――
気持ちよく、美しく生きるためにメイクってすごく有効な手段だなと思いました。
メイクは目的じゃなくて手段だよな、と再確認した次第です。
そして何よりすっごく面白かったです!!
メイク講座であんなに爆笑するとは思いませんでした。
男性目線って、緊張しますがとても的を得てるなと思いました。
女性同士だと、本当の美しさ以外のところでもいろいろ視点が入ってきちゃうので…(笑)
【萌/信田綾子】
―――――――――――――――――――――――――――
アパッチ塾長☆
「自分を生かす」って、まさか自分の脂までとは…!!
とにかく笑いっぱなしで、肝心のメイク方法は身についたのかな?とちょっと心配に
なるくらいでしたが、ちゃんと翌朝再現できました。一度聞いたら絶対忘れないよう
な斬新かつ効果的な手法をおしげもなく公開してくださった塾長に感謝です。
ありがとうございました!
【艶/八田 吏
―――――――――――――――――――――――――――
楽しく驚きまくりの2時間でした。翌日試してみたら、
本当に頬とおでこのファンデ不要でした!!
客観的な目を持つのはマニュアルメイクより難関?な気もしますが
目指せ自分の魅力を知る女、がんばりたいですー。
【艶/山内京子】
―――――――――――――――――――――――――――
アパッチくん♪
本当に短い2時間の間でとってもポイントが明確で記憶に残るすぐに活かせる講座でした!
艶とテカリの違いは本人の考え方次第、、 本当にこれってまさにYes,and!!
内(自分自身)にYes,andできたら外も輝く!!
本当に共感しました。ありがとうございました。
【艶/ひかる
―――――――――――――――――――――――――――
内田先生☆笑いの絶えない楽しいメイク塾をありがとうございまし
た。翌日から、明らかに目まわり頬まわりが明るくなりました!
さらに、自分の顔は凛だと思っていましたが、それは「なりたい」顔
で、自分の「ありのまま」の顔は清だと知ったのが本当によかった…
メイクも自分と向き合うのが大事と納得しました。
【清/小野 史】
―――――――――――――――――――――――――――


CIMG7249m.JPG


マドレボニータ東京支部では、会員のみなさまが
たくさん刺激し合い、交流できるようなワークショップを
これからも企画していきます!

次回は、毎回大好評の樋栄ひかるさんのワークショップです★
いままでずっと参加して下さった方、
いままで機を狙っていた方、
ぜひぜひご参加ください!
こちらも抱腹絶倒!「人見知り」とかそういう言葉吹っ飛んで、
交流できますよー。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
『第8回樋栄ひかる先生の
 アクティブコミュニケーション・ワークショップ』
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【日 時】6月10日(水)14:00~16:00

【会 場】高井戸地域区民センター 第1集会室
   杉並区高井戸東3-7-5
   京王井の頭線高井戸駅徒歩3分
   地図はコチラ
        
【参加費】樋栄先生のご厚意により、マドレボニータ正・賛助会員様向けの
     超特別価格です!お申し込みの際にご確認ください。

【定 員】20名
   
【講 師】樋栄ひかる先生
  
【お申込み】
 必要事項をお書きの上、マドレボニータ東京支部にメールでお申し込みください。
 追って詳細をお送りいたします。
◎件名:【樋栄ひかる先生WS申込(お名前)】
◎本文:
(1)お名前 (2)会員番号  (3)メールアドレス (4)ご住所 
(5)お電話番号(携帯番号もお願いします) (6)ひと言メッセージ

※単身でのご参加をお願いいたします。
 (生後6か月までの赤ちゃんは同伴可能です。お申し込み時にお伝えください)
※満席になり次第、受付終了とさせていただきます。


(文責:吉田紫磨子)






最終更新日  2009.05.17 22:07:21
2008.07.09
産後セルフケアインストラクターの野田カオリです。


9日(水)は、まるがり~た♪こと樋榮ひかる先生の、

アクティブコミュニケーションワークショップがありました!




↑コチラの本に書かれてある「Yes,and・・・」なコミュニケーションを

インプロビゼーション(即興)のゲームをつかって体感できる貴重なワークショップ。


樋榮ひかる先生のご報告はコチラ。紫磨子先生のご報告はコチラにあります。


前回に引き続き、腹直筋がケイレンしそうなぐらいに、笑いが絶えない120分ちょい。

imgc12fe836zik8zj.jpg (日刊シマン

前回よりまた進化した自己紹介の風景。

呼んで欲しい名前と出身地、そして「人生は●●だ!」を一人ずつ紹介・・・で、

終わったらまだいいが(!)先に言った人の言葉をつなげてつなげてつなげて・・・、

「・・・の隣にいる私は●●です。」・・・これをメモひとつ取らないでやるという!


「おいおいおい・・・そりゃムチャでしょ?・・・無理っす、無理っす。」と、

この私でさえおもってしまったのですが(笑)

これまた・・・なぜか、できているんです、全員!!! なじぇなじぇ??不思議。


その後、名前呼びゲームや、リズムしりとり、リズム連想ゲームなど、

小学校のお楽しみ会的(!)なワークがつづきます。

ひとつひとつに気付きがあったのですが、メモをとる隙がない・・・。


このワークショップ、人とコミュニケーションを取るのが苦手(と、おもっている)人ほど

受けておくといいです。職場復帰を控えている人は必須だとおもいます。


imgb5bdce2dzik6zj.jpg img06311590zikbzj.jpg

でも、なんだかちょっと・・・インストラクターの皆さんの個性が強すぎて・・・ねえ。

と、躊躇してしまう方は、ぜひ、産後クラスへいらしてください。


ボールエクササイズの終盤で「あめんぼ発声」をやるのですが、

きっと・・・、いや、絶対!役にたつとおもいます。


次回ワークショップは9月頃を予定。

マドレボニータ会員特別価格で受講できますので、

告知を楽しみにお待ちくださいね!


(文責:野田カオリ)


<お知らせ>

●7月12日(土)の『マドレ・ネットワークサロン』(に名称決定しました!)も
参加者、まだまだ大募集中です。会員でも、会員でなくても参加できます。

●7月21日(月・海の日)の長野県諏訪市での講座の詳細はこちらです。

マドレボニータを応援しませんか。実践会員・サポート会員募集中

●産後白書プロジェクト バナーリンク用のページができました。
hakushobana.gif

●全国のお教室
bana02.gif

●好評開店中↓マドレブックス取り扱っています。
madrestore.gif


**************************************
★2008年7~8月★マドレスケジュール★
**************************************

7/10(木)踊れるカラダづくり講座≪超基礎≫
7/17(木)ボールエクササイズ講座/ウォーキング講座
8/7,21,9/4,18(木)踊れるカラダづくり講座≪4回コース≫

:一般向け基礎クラス :アドバンスクラス(産後クラス卒業生~) 
:インストラクター養成コース






最終更新日  2008.07.10 23:06:56
2008.01.22

産後セルフケアインストラクターの

吉田紫磨子です。

1月18日、Ellie先生にお願いして、

『話し方講座<<発声編>>』を開催しました。

前回の『話し方講座』から、

少し進んで実践編に。

マドレボニータでは認定インストラクターのコミュニティ、

そして現在インストラクターを目指している方たちも含めて、

外部の方にたくさんお願いして、

講座をがんがんやっていこうと思っています。



集中講座で学べる

・産後プログラムの概要

・運動生理学

・解剖学

や、それ以外に「踊れるからだづくり講座」で身体をつくっていく。



それ以外の内容をどんどん企画していきたいと思います。



2008年のテーマは「美」と「オモシロ」です。


・・・ということで、「美」もありながら「オモシロ」がかなり濃ゆいEllie先生は、

まさに理想的な先生です(笑)!



現役のイントラも、これからの人も笑いながら交流できるのが何より!

コミュニティ自体、どんどん魅力的になっているなー(すんません、完全自画自賛です)と

思っています。

ワタイも!というかたは、ぜひ、お仲間になってくださいませ。


0801話し方講座<発声>
ではでは、参加者の感想集です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ellie先生、今回もありがとうございました。
漢字が読めてよかったです。。。(ここが一番の成長?)
先生にほめられ、話し方に少し自身がつきました。
これからも日々鍛錬し、インストラクターとして、
一人の大人の女性として、さらにステップアップしたいです。
次回もお願いいたします、スペースたんぽぽで!!
【白石あすか/http://plaza.rakuten.co.jp/slice3//ピンク】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の話し方に少しでも自信を持って、まわりの人にいい意味で
パワーを伝えたい!と参加させていただいた2度目の話し方講座。
“人生いろいろ”。どんな心の状態でも、笑っていなきゃいけないで
しょ?
とのEllie先生のお言葉に話し方以上の大切なものを学びました。
話し方をどんどんバージョンアップさせて、人生そのものを
楽しんでしまいたい!と心が叫んでおります。
【中桐昌子/ http://plaza.rakuten.co.jp/quevela/水色&白】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ellie先生、今日はありがとうございました。お会いできてうれしかっ
たです。
相手に思いをしっかりと届けるために、具体的な技術を教えていただき
ました。
自分の体の良い使い方、これからも追求していきたいと思います。
腹筋も顔筋も日々の鍛錬ですね☆口角上げて、口あけて、のどひろげて。
実践していきます!!!
【伊藤加奈子/ http://plaza.rakuten.co.jp/hahamichi/紫&青】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ellie先生、今日はお会いできて本当に嬉しかったです。
基本の発声練習から、声の高さ、話す速度、語尾を変えるだけでも
印象が変わる、という今すぐ活用出来るテクニックまでお教えくださり、
本当にためになる講座でした。是非次回もよろしくおねがいします!
すばらしい講座を企画してくださったTAMIさん、かなり苦しい体
勢ながら
はしゃぐ私達を撮影してくださった磯貝さんにも深く感謝いたします。
ありがとうございました!
【岡田令子/http://plaza.rakuten.co.jp/leicoco//オレンジ・シルバー】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ellie先生、今日はありがとうございました。
話し方講座。気持ちや心は決して技術では補い切れないけれど、
もっときちんと「気持ちを相手に届ける」には技術が必要なんですね。
今日はほかの人のレッスンを目を閉じて聞いていました。
段々と皆の声が自分に染み込むように入ってくることに感動しました。
発声練習がんばります!次の講座もぜひ伺いたいです!
【中里桃子/http://plaza.rakuten.co.jp/peach1982//黄色】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またEllie先生&TAMIさんにお会いできて嬉しかったです!
人間のカラダは本当に素晴らしい楽器なんだなぁと、皆さんの声が
変化するのを聞きながら感動すら覚えました。
一生付き合っていく声とカラダ。大切に使っていきます。
スペースたんぽぽ、木曜、金曜と使わせて頂きありがとうございました。
いっぺんに大好きな場所になってしまいました!
是非これからもよろしくお願いいたします。
【小山史未子/http://plaza.rakuten.co.jp/peachbomb//オレンジ+茶色】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ellie先生、とても素敵な講座をありがとうございました。
頬が目の端に見えるような感じで話すと、声が丸くなる気がします。
日常でも、クラスでも、しっかり活かしていきます!
TAMIさん、磯貝さん、このような機会を作ってくださって
本当にありがとうございました!またうかがいますね(お風呂も♪)
今後ともどうぞよろしくお願いしまっす!
【高橋葉子/http://plaza.rakuten.co.jp/bambibambi//紫+ パールホワイト】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ellie先生!本当にありがとうございました!話し方って変えられる!
2回目の仲間たちの大きな変化を見て、
またその人に合った発声をすると即変化するのを見て、
改めて実感しました。
自分の声・話し方を大切に、たくさんの人に届けたいです!
次回講座も企画いたしますので、是非ヨロシクお願いします☆
スペースたんぽぽも気持ちいい空間で、これからも利用させてください。
【吉田紫磨子/http://plaza.rakuten.co.jp/totolecafe//緑】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (文責:吉田紫磨子)


マドレボニータのお仲間になりませんか。実践会員・サポート会員募集中

産後セルフケアインストラクターに関心のあるかたは、

コチラをプリントアウトして、

熟読してください。

**************************************
★2008年1・2月★マドレスケジュール★
**************************************
OK1/7.8(月.火) 産後プログラム指導法集中講座2DAYS≪基礎編≫
OK1/10(木) 踊れるカラダづくり講座≪超基礎≫
1/24(木) ウォーキング講座/ボールエクササイズ講座
1/31(木) インストラクター認定≪実技≫試験
2/5(火) 産後プログラム指導法集中講座≪応用編≫
2/7.21.3/6.27(木) 踊れるカラダづくり講座≪4回コース≫
2/28(木) ウォーキング講座/ボールエクササイズ講座
2/29(金) インストラクター認定≪筆記≫試験







最終更新日  2008.01.22 18:14:31
2007.10.12
昨日の午後は、

福島からママブルーの宮崎弘美さんをお招きして、

産後ウツの勉強会をおこないました。



実は、こういうパワーポイントとかスクリーンとかを使うような勉強会は、

マドレボニータとしては、なにげに初めてで・・・

2007_1011準備.JPG
(パソコンをチェックする宮崎さんとカオリ先生)

パソコンとか、スクリーンの準備とか、緊張しましたが、

無事終了しました。

2007_1011自己紹介.JPG

文武両道、質実剛健&乙女心がモットー(?)のマドレボニータとしては、

このような勉強会を主催し、

産後ウツという重い話にも向き合い、

考える機会をもてたこと、

とても嬉しくおもいます。

2007_1011自己紹介2.JPG

ほんとにたくさんの人が、ひとりひとり、問題意識をもって

集まってくれました。

そして、ひとりひとりが、自分を語る言葉を持ってる、

というのに静かに感動しました。



詳しい感想などはこちら


宮崎さんを囲んで
宮崎さんを囲んで(産後セルフケアインストラクターたち)



これからも、このような勉強会を定期的に開催していきたいとおもいます。

(次回は子育て応援券報告会かな。)

会員のかたには、

優先的にお知らせをお送りします。(参加費も安くなります。)

よろしければ、ぜひお仲間になっていただき、

活動を支えていただければ幸いです。

オンラインでのご案内はこちら


(文責:吉岡マコ)

ウォーキングバナー.jpg

ボールバナー.JPG

集中講座応用編バナー

集中講座22バナー






最終更新日  2010.08.03 22:32:49

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.