2457187 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マドレボニータ(美しい母)プロジェクト★

全4件 (4件中 1-4件目)

1

産褥記2

2010.07.17
XML
カテゴリ:産褥記2
産後セルフケアインストラクターの仲井果菜子です。

P1040734_profile.JPG

沖縄から上京してもうすぐ4ヶ月。

今月から下高井戸で産後クラスの開催も始めました。
杉並子育て応援券も利用できるようになりました!

今は、自分の「ホーム」がある喜びをひしひしと感じながら、

下高井戸クラスの認知度を上げるべく、日々色々なところに脚を運んでいます☆



さてさて、マドレストアより絶賛発売中の、

『産褥記』と、
16806320.JPG.jpeg

『産褥記2』
sanjyokuki2.jpeg
(お得な2冊セットもあります!)


今日は、『産褥記2』とともに(!)生まれた、

吉田紫磨子インストラクターの三女・衣りあちゃんの初めてのお誕生日。

その記念すべき日に、『産褥記2』の出版を記念してのトークショーを開催いたしました星
(ツイッター実況のまとめはこちら


進行は右から、マドレボニータ代表吉岡マコ、

ゲストスピーカーは吉田紫磨子インストラクターのパートナー、吉田良雄さん、

そして『産褥記2』著者の吉田紫磨子

産褥記2イベント4



スライドに映し出された「産褥期あるある」(産褥期、これが自慢、これが反省!)

産褥記2イベント5



「恋のから騒ぎ」風で進行。スマイル

産褥記2恋のから騒ぎ風



Googleドキュメントで作った、実際の産褥ヘルプのシフト表も見てもらいました。

産褥記2イベント5

参加者のおひとりが語ってくださった、

「自分が文化を作っていくなんて考えたことなかったけど、

マドレボニータとの関わりのなかで、

産後・産褥期という時期における『新しい文化』をつくる一員になれるかも、

という思いがわいてきた」

というお言葉が、とっても印象的でした。


いくら育休や時短勤務などの「制度」が整っても、

それだけではケアが行き届かない問題がある。

ならば制度だけに頼るのではなく、

かといって制度の欠陥にクレームをつけるだけでもなく、

私たちの手で、新しい「産褥期の文化」を作っていこうではないか~!

という思いで綴られたのが、まさにこの『産褥記2』



こうやって、産褥期についてみんなで語ったり、

語ったことをツイッターで実況して、

それを読んだ方がまた反応してくださったり…

するなかで、新しい文化をつくるための土壌を整えているのだとおもいます。


なんせ、産褥期という時期はあっちゅーまにすぎる…。

『産褥記2』の中では生まれたばかりだった

紫磨子さんちの三女・衣りあちゃんが、今日で一歳!

今ではおっぱいも卒業し、ヨチヨチ歩きもするって・・・

すごい成長です!


そんな風に子どもはあっという間に成長してしまうけど

だからといって産後の大変な時期のこと、

せめて私たちは「なかったこと」にせず、

もっと豊かで健やかな産褥期の過ごし方を、

こうして語り合いながら、模索し、

世の中に提案し続けていきたい!と強くおもっています。

産褥記2イベント3

衣りあちゃん、お誕生日おめでとう~ダブルハート

そして、参加くださった方々も、ありがとうございました☆

産褥記2イベント8


おまけ:良雄さん、当日も女性に大人気~!

自然な食事、助産院など、そこらのOLよりも詳しいそうです!

産褥記2イベント9

(仲井果菜子)






最終更新日  2012.06.20 21:39:04


2010.07.04
カテゴリ:産褥記2
コンニチハ!!
沖縄から来た阿波弁の女(笑)、(※徳島出身です。)
産後セルフケアインストラクターの仲井果菜子です。

P1040734_profile.JPG

新規開講の下高井戸教室も、来週火曜にいよいよスタート!まだまだ絶賛受付中です☆

さてさて、今日は『産褥記2』の発刊を記念しての
BIGイベントのお知らせです。
なな、なーんとびっくり
マドレボニータ代表・吉岡マコと、『産褥記』シリーズ著者・吉田紫磨子によるトークショー!
これはレアです!贅沢です!!
いつもお2人の生トークを身近で聞いて、悶絶している私が断言します!(笑)
ライブでしか話せない『産褥記』、そして『産褥期』を、掘り下げて行きます!
会場でお会いいたしましょうーーー!!


『産褥記2』出版記念イベントのご案内

マドレブックスの新刊、『産褥記2』の出版を記念して、

マドレボニータ代表・吉岡マコと、

『産褥記2』吉田紫磨子の二人によるトークショーを開催します!



20194590.jpg


ご存じ、『産褥記2』は、

マドレボニータの産後セルフケアインストラクターである

吉田紫磨子の三回目の出産後1ヶ月間の様子を記した、

産褥期のドキュメント。



MOKUYOKU1.jpegMOKUYOKU2.jpeg

今まで、プライベートなものとして世の中の光があたってこなかった、

産褥期という特殊な時期に焦点を当て、

「たくさんの人の手を動員し」「みんなで支える」という、

まったく新しい産褥期の試みの、一部始終をまとめた一冊です。



MOKUYOKU3.jpegMOKUYOKU4.jpeg

トークショーでは、著者・吉田紫磨子と、

著者と長年のつきあいのあるマドレボニータ代表・吉岡マコが、

第一子から第二子、第三子へと変化していった著者の産褥期の過ごし方や、

「みんなで支える」ための仕組みづくりを、

どんな風に整えて行ったのかなどなど、

『産褥記2』の舞台裏について、たっぷり語ります。

また、Googleドキュメントを使った産褥ヘルプシフト表づくりも、

プロジェクターを使って、実際にお見せいたしますよ☆



MOKUYOKU5.jpegMOKUYOKU6.jpegMOKUYOKU7.jpeg

もちろんただお話を聞くだけじゃなく、

質疑応答・読者との交流の時間も。

本の著者に直接、感想や疑問を投げかけ、

読み手の熱い思い、熱い声を発信・交換するチャンス!



ひとりで読むだけじゃなく、

読んだ感想と興奮を、著者や、他の読者と分かち合えたら…

100倍楽しい!!



7月17日は、『産褥記2』とともに産まれた(!)、

著者の三女・衣りあちゃんの1歳の誕生日でもあります。

この記念すべき日に、

「みんなで支える産褥期」という新しい文化について

ともに考え、語り、じっくり掘り下げる場になれば幸いです。




参加費は無料、ただし、ご参加は『産褥記2』を持参の方にかぎります。

ぜひ当日までにじっくり読み込んで、お越しくださいませ。

『産褥記2』は、マドレストアで絶賛発売中です!


*****************************************************************
   ■『産褥記2』出版記念イベントのご案内■
 ~「みんなで支えた産後1か月…の舞台裏!」
    吉岡マコ*吉田紫磨子トークショー ~
*****************************************************************


●日 時:7月17日(土)10:30~12:00

●会 場:久我山会館 第2集会室

     (京王井の頭久我山駅より徒歩2分)

●参加費:無料(『産褥記2』をご持参ください!)

●定 員:30名

  ☆生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます
   が!単身の方が、お話を集中してじっくり聞けるとおもいますので、
   お子様を地域のサポーターや信頼できる方に預けて、
   単身での参加もお勧めいたします。
   土曜開催なので、パートナーに預けて参加というのもいいですね!
  ☆未婚・未妊の方、男性も、もちろんどうぞ!

●お申し込み:こちらからどうぞ。

●スピーカー:



imge0337242zik1zj.jpeg



吉岡マコ(よしおかまこ)

産後の女性のためのヘルスケアプログラムを開発・普及している
「NPO法人マドレボニータ」の発起人、代表。
1972年12月27日生まれ。やぎ座。O型。
12年前に出産したときに、
産後のヘルスケアのサービスが全くないことに驚愕!
産後の体調が回復しないまま子育てしている女性が多いことを知り、
なのに、その惨状が放置されていることにも憤りを感じ、
「産後はダイエットでなくリハビリが必要!じゃないと、
子育てにも支障をきたすわ」と実感。
以来、産後女性のためのヘルスケアプログラムを開発し、改良をかさねる。
マドレボニータ設立当時の赤ちゃんは今、中学1年生!
著者・吉田紫磨子とは11年来のおつきあい。
◆twitter:@maco1227
◆ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/madrebonita/


img21d20e77zikazj.jpeg 



吉田紫磨子(よしだしまこ)

練馬・吉祥寺を中心に活動する産後セルフケアインストラクター。
1971年5月12日東京生まれ。おうし座。O型。
慶応義塾大学(仏文)卒業。予備校勤務(講師、テキスト編集)、
大学研究室秘書⇒自動車メーカー勤務。退社後2002年、
長女を出産(松が丘助産院)妊娠&出産オタクで激しく予習していたものの、
産後には思い至らず「産後うつ」に。
現マドレボニータ代表吉岡マコの教室に通い、
運動による心身への影響に開眼。2004年インストラクターデビュー。
2006年二女を出産(自宅)、『産褥記』をマドレブックスより上梓。
2009年三女を38歳で出産(自宅)。
◆twitter:@shimang
◆ブログ: 日刊シマン http://plaza.rakuten.co.jp/totolecafe/


●主催:マドレボニータ東京支部
●協力:NPO法人マドレボニータ http://www.madrebonita.com


※満席になり次第、受付終了とさせていただきます。
*****************************************************************


メール






最終更新日  2010.07.04 19:54:17
2010.05.04
カテゴリ:産褥記2
何年も前からマドレボニータを応援してくれている佐藤由美さんから

産褥記2のフレッシュな感想が届きました!!ご本人に許可いただき、ご紹介します。


産褥記2ありがとうございました。届いたのは私の誕生日で、うれしさ倍増でした。

わしづかみにして読みだしたい衝動をおさえて、掃除をすませ、、、ようとしましたが
誘惑に負けて一気読みしました。

根底で
「産褥」の時期の大事なポイントを
ふまえているからこそのリレ-だなあとおもいました。

「なんのために」を、ちゃんと共有して
おせっかいしたりされたり。

上の子の有り余るかまってモ-ドをこねくりまわす気力、全身全霊で遊ぶ体力、
自分や家族の口に入るおいしいごはん、、、

産後、何が嬉しいかって、それらへの手助けですよね。

産後の文化が根付いていけば
産後に限らず
もちつもたれつのおせっかい仲間が増えるのではないかと思います。

感謝して
次は 役にたちたいとおもうし。

産後の恨みをやり過ごすのではなく
こうして新しいかたちにして還元していく
うみだしていくパワ-を母たちはきっとだれもがもっていて
マドレボニ-タを通して感じて、気づいていけたらなあと思います。

まずは
身近な人たちに配っていこうとおもいます!
ありがとうございました。

私がむさぼりよんでる向こうで、夫が、、、「それ、産ナニ記ってよむの?」とのほほんと聞いいてましたが。



佐藤さん、いつもいつもありがとうございます!

こうやっていつもすぐに反応してくれて、考察して感想を送ってくれる佐藤さん。

佐藤さんの働きかけで、ちょっとずつ職場環境もかわってきているそうです!



産褥記2を友達に読ませるとか、ひとりひとりに、何かしら、出来る事があるっていうのは、

何も手だてがないよりも、ずっと勇気づけられますね。



そうそう、ちょっとずつ読もうとしてたけど、一気読みしちゃったという声、

多数いただいてます!!



母になったばかりの友達に「母の日」プレゼントとしてもおすすめです。

マドレストアからご購入できます☆


(文責:吉岡マコ)






最終更新日  2010.05.05 00:22:21
2010.04.23
カテゴリ:産褥記2
あたち、衣りあ!よしだ家の三女9か月なうよ。

産褥記2味見.jpg

あたちが表紙をかざる『産褥記2』発送作業ちたわー。
マコたんちで発送作業だじょーーー!!
マコたん(もちろんANVIL Tシャツ着てたわ)、スライスたん、タケシたんも
手伝ってくれたのー。
でね、出資者のみなたんには、マドレストアの店長:秋山裕子りんから宅急便で送付。
先行予約分はメール便で送付よ。


あゆみちゃんの手紙.jpg

「みんなでつくる『産褥記2』プロジェクト」リーダーのあゆみちゃんからの
お手紙が熊本から届いて、同封ちたから楽しみにね!
あゆみたんの可愛いイラストつき!

発送作業終了.jpg

ふーー!サクサクっと発送作業をすませたら、いろんな打ち合わせ!
マコたん、めずらしく喉を痛めて「今日しゃべれなくてごめんねー」と言いつつ
イッパイしゃべってたわー泣き笑いダイジョーブかちら!?


twitter.jpg

twitterを携帯から更新するには・・・
「やっぱりiPhoneね」という結論。。。。
画面がうつくちくて、みやすいのよーーあっかんべー


さてさて、『産褥記2』とどいたら、ぜひぜひtwitterでも感想つぶやいてね。
ハッシュタグ #sanjk2
前後に半角いれてねー!!

みんな楽しみにしててねー!
お申し込みはコチラからだわー。

【文責:吉田衣りあ】






最終更新日  2012.06.20 21:36:53

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.