2457810 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マドレボニータ(美しい母)プロジェクト★

全92件 (92件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

マドレボニータの運営

2013.02.17
XML

こんにちは、マドレボニータ事務局の北澤ちさとです。

去る2/2は日本財団ビルで
「CANPAN・NPOフォーラム「NPOのクラウド事務局1DAYセミナー」

~短時間勤務、ワークシェア、在宅勤務、多地域展開しながら
求心力を持ち続ける団体運営~」

と題して、マドレボニータの事務局運営をさまざまな角度からご紹介する
セミナーを開催しました。

私が入局した2009年10月には、4人だった事務局。
それが今は9人!業務内容も広がりましたが
「ワークシェアリング」「在宅勤務」という軸は変わらず、
多様な業務にあたっています。

私自身も、自分のことを紹介するとよく
「え~在宅なんていいね」とか、
「どうやって働いているの?(そんな風にできるの?)」
聞かれることもしばしば。

じっくり説明するのがなかなか難しいけれど、
この働き方を伝えたい!と日々思っていました。

マドレボニータの事務局スタッフは、
自分たちの働き方が大好き。
そして、この働き方がもっと世に広まったら、
もっとよい社会になる!と、確信を持っています。

「そういう企画をやりたいよね…」という雑談から生まれたこのセミナー。
いっしょに形にしてくださった日本財団の山田さんに心から感謝いたします。

ちなみに、その山田さんは開催直前にインフルエンザに…!!
当日は、なんと病床から、「ひとり裏セミナー」を開催!
セミナーを心底愛し、ユーモアとK.U.F.U.(工夫)にあふれた
山田さんのお人柄に感動しました!ここからお読みいただけますよ★

セミナーに備え、前日から
福岡のくろろん(黒田)、三重のまっきー(卜部)も上京。

経理スタッフ2人で明日のプレゼン打合せ!


もちろん、せっかくの機会を存分に生かし、
打合せ以外にも映画『EDEN』研修、高井戸のレストラン『カレタナ』訪問など
精力的にスケジュールをこなしていました(笑)
その様子はくろろんのブログからどうぞ!内容が濃すぎて、連載になっています(笑)

そして当日。首都圏だけではなく、全国からご参加者がいらっしゃいました
(当日使用したスライドは、CANPANさんのブログからご覧いただけます



<全セッションのご紹介!>

●事務局運営を円滑にするさまざまなITツールベーシック講座
CANPANセンター吉野真佐代さんより、
クラウド事務局運営に欠かせない各種のツール、
時間と距離の制約を克服するのにも欠かせないこれらのツールをご紹介いただきました。

マドレボニータでも、さまざまなツールを「まずは使ってみる」
そして「使い方をK.U.F.U.してみる」ことを常に心がけています☆

●ステークホルダーとの関係を大事にするデータベースの活用
~CANPANペイメントを活用した寄付集め~

3月9日には「ファンドレイジング大会2013」のセッションも担当する
准認定ファンドレイザーのもこちゃんこと太田
そして経理業務を支えてくれているくろろん、私北澤の3人で
マドレボニータのデータベース活用と、寄付ツール活用について
お話させていただきました。

ご参加くださっていた、マドレボニータのWEBシステムの父、
ワイズネクスト佐藤さんにも、セミナーならではのリアルなお話を
お聞かせいただきました!ありがとうございます☆
 

●ランチョンセッション~合宿、ラップ、寸劇の活用

今やマドレボニータの活動のさまざまな場面で登場する「ラップ」。
なんと、今日はご参加のみなさんにも、ラップを即興で作って発表していただきました☆
やってみるとわかる、この「言葉を研ぎ澄ます」感覚と
メッセージにがぜん力がこもる「ラップの力」!
みなさんにも感じて、持ち帰っていただければうれしいです。


●全国のメンバー32人が全員参加。
毎月の報告会の民主的な運営方法

毎月参加者自身も楽しみににしている、
密度の濃いマドレボニータの報告会!
その裏では日々運営方法の改善、K.U.F.U.を重ねています。
普段のSNSやブログではお伝えしてない、報告会の変遷についで代表吉岡マコが語りました。

●出席者も欠席者も、関わる人たちが積極的にコミットできる
~時間を無駄にしない効果的なSkypeミーティング~

NPO法人CRファクトリーの呉 哲煥さんにも登壇いただき、
スケジュール調整や議案の共有方法や、
skype通話やGoogle+ハングアウトのビデオ会議機能実演など
日頃の月例報告会でもおなじみのマドレ流会議運営方法を
広報担当ひかりん(宮下)よりご説明。

呉さんが、「サッカー解説者のように」的確でわかりやすい解説を
都度はさんでくださり、スタッフの私たちも「そうだったのか!」と
あらためて実感する場面も多数。呉さん、ありがとうございました!

 


●ワークシェアリング~仕事と時間を分け合い、知恵と愛を持ち寄る~
遠隔&在宅勤務スタッフの読みたい日報、書きたい日報~クラウド経理スタッフの12カ月~

事務局スタッフが日々実践している「朝メール・夕めーる」の手法をお伝えしたほか、
ここでしか聞けない!経理担当くろろん&ハラマリ(原)渾身のスライドによる
クラウド事務局の12ヶ月とその詳細を本邦初公開★
会計士さんと一度もお会いしたことがなくても…
密にコミュニケーションをとり、決算業務ができる!という話を
みなさん熱心に聞いてくださりました。
 

●脱・代表からの受け売りの団体紹介トーク
~団体-自分プレゼンテーションの効用~

マドレボニータでも昨年はじめて実施した、
CRファクトリーさんの『団体-自分プレゼンテーション』というツール。
自分のルーツ、想いと団体の交わる点、目指す未来を
あらためて掘り下げてプレゼンするという、
「号泣必須」(!)のワークショップなのです。

今回はスタッフまさこっち(吉竹)&まっきー(卜部)の渾身のプレゼンも実施!
ご参加者のみなさんとも、じっくり想いを分かち合える貴重な時間となりました。

●【クロージングセッション】しのぎを削る 
~ライバルを蹴落とさずに、業務の改善を加速する、

報告書をフル活用した「毎月の表彰」システム~

全国にインストラクターがいるからこそ、
毎月のクラスの振り返りも、みんなで共有し貴重な財産にできる!
その積み重ねが、すべての女性に産後ケアを
届けられる社会の実現につながると信じ活動しています。
その具体的な手法を代表吉岡よりお伝えしました。


以上、まる一日の濃~いセミナーとなりましたが、
ご来場のみなさまからも、熱心なご質問や熱いご感想等
多数いただき、一同感激しております

また機会がありましたら、ぜひ事務局運営につき
お伝えする機会を持てればと思っております。


ご来場下さった方、Twitterなどで応援してくださった方、
本当にありがとうございました!


★当日のリアルな雰囲気は、こちらの
togetterまとめからもご覧くださいませ。
公式アカウントの「ボニータさん」も、キャラ濃く実況してくれています!
http://togetter.com/li/448920


★【おまけ】セミナー振り返りの風景






最終更新日  2013.02.17 11:33:04


2013.01.11

こんにちは、マドレボニータ事務局の北澤ちさとです。
インストラクターやスタッフそれぞれ決める今年の一文字、私はにしました!


マドレボニータも今週から仕事始めです。
月・火は「産後プログラム指導法集中講座2DAYS」を開催しました。
隔月開催している、文字通り産後プログラムの内容や意味をを
2日間集中して学ぶ講座です。


今回は群馬県で活動中のみねみねこと峰岸圭衣インストラクターも参加★

私は毎回、初日にスタジオに伺い
準備のお手伝いと参加者の皆さんにご挨拶させていただきます。

どんな方が、どんな気持ちで申し込んでくだっているのか
ワクワクしながらスタジオに向かいます。

もちろん、2日間単身でという、そう簡単ではないけど重要な機会を
選んで来て下さることに、尊敬と感謝の想いをこめて…!!
次回は3/4,5(月・火)に開催。ご参加お待ちしております☆

今週は、年の始めということもあり
水曜日には、理事&事務局で四半期ふりかえりミーティング。
10月から新年度なのであっというまに四半期過ぎてしまいました。

 
旅館じゃないですよ!!

区民センターをお借りして、地方在住のスタッフも
スカイプでつないで話し合い。
(ちなみにこの日のMTG、だんだん一人ずつ早退していき後私一人…おひとりさまで旅館に宿泊しているようでした(笑)

普段私たち事務局スタッフは在宅勤務。
ご参加者とも、内部でもメールのやりとりが中心だからこそ、
直接話したり、集まったりする機会をとっても楽しみにしています。

ランチは高井戸の「カレタナ」!
こうして、「同僚とランチ」というのも会社員時代は普通でしたが、今では貴重~~~☆

マドレボニータの活動は、
核となる「産後のボディケア&フィットネス教室」だけではなく
「NECワーキングマザーサロン」だったり、
寄付を集めるファンドレイジング、
行政との協働、英語で産後ケアを発信…と
あらためて見渡すと本当に多岐にわたっています。

もちろん各自が主な担当を持って業務にあたっていますが、
日々チャットやメールで確認しながら進めていても、
フト「この方向でいいんだっけ…?」と思ってしまうこともあったり。

だからこそ、四半期ごとのふりかえりや方向性を確認することや、
会えるときには文字通り「しっかり向き合って」話すことが
本当に大事だと、最近ますます実感しています。
(これって家族関係でもあてはまると思いますが…)

さて、来月にはそんな私たち事務局の働き方を
あらためて考えるセミナーを、
日本財団が開催されているNPOフォーラムの一環として
開催させていただきます!

私たちも日頃からたくさん学ばせていただいている、
CRファクトリーの呉 哲煥さんも登壇してくださいます。
組織…というよりあらゆるコミュニティ運営に、かならず役に立ちます★
NPO関係者の皆さまも、在宅勤務等の働き方にご興味がある方も、
ぜひ足をお運びくださいませ。

**********************************
CANPAN・NPOフォーラム「NPOのクラウド事務局1DAYセミナー」
~短時間勤務、ワークシェア、在宅勤務、多地域展開しながら

求心力を持ち続ける団体運営~
http://canpan0202.peatix.com/

**********************************

詳細(上記ご案内ページより)
2月の日本財団CANPAN・NPOフォーラムは、がっつり、団体の運営を考えるセミナーです。
しかも、単なる事務局運営だけではなく、CANPANらしくITツールを活用して、

遠隔、ワークシェア、他地域展開なども実現できる内容となっています。

今回は、短時間勤務、ワークシェア、在宅勤務など、柔軟な働き方を通して、
複数の事業を多地域展開させながら、求心力を持ち続ける団体運営を
実現しているNPO法人マドレボニータに全面協力いただき、開催いたします。

「産後女性の健康の回復と増進」のためのプログラムの開発・研究・普及を通じて、

母となった女性が心身ともに健やかに人生を送れるようサポートをしている
マドレボニータは、その活動だけでなく、運営方法も注目を浴びているNPO法人です。

どのように事務局運営されているかは、ぜひ本セミナーの内容をご覧ください!

ITツールを活用しつつ、団体、事務局としてのコミュニティ作りにも
独自の工夫をこらしているマドレボニータの事務局運営の秘訣をぜひ一緒に学びましょう。

コミュニティマネジメントの専門家であるCRファクトリーの呉 哲煥さんも
講師にお招きし、その極意をさらに深く考察します。


また、分科会形式ですので、団体として複数名で参加されることを本当におススメします。
長丁場で、内容の濃いセミナーにぜひお越しください。

 ■日時
2013/02/02 (土) 10:00 - 17:00

■会場
日本財団ビル2階会議室

■チケット
参加費(一般) ¥6,000
参加費(団体割引2人目以降) ¥1,000
参加費(午前のみ) ¥2,500
参加費(午後のみ) ¥4,000

お申込みは以下のサイトからお願いいたします☆

http://canpan0202.peatix.com/


(文責:マドレボニータ事務局 北澤ちさと)
-------------------------------------------------------------------
マドレ基金バナー

マドレ基金ではみなさまからのご寄付を募っています。
マンスリーサポーター制度もスタートしました!
継続的にご支援くださるマンスリーサポーターのみなさまには、
月に一度「マンスリーサポーターニュース」をメールでお届けしています。

ひとり親、多胎の母、障がいをもつ児の母、低体重出生児や早産児の母、
10代の母、東日本大震災で被災した母など、
社会的に孤立しがちな母親たちのひとりでも多くに産後ケアが届けられるよう
みなさまからの継続的なあたたかいご支援をお待ちしております。

button_Monthlysupporter.png






最終更新日  2013.01.12 01:13:15
2012.03.19
みなさんこんにちは。
2012-02-01
東京都北区赤羽を中心に、荒川区から宇都宮まで
活動しております、インストラクターの水口陽子です。

「まだ知られていない北関東地域にまでマドレボニータ普及させよう!」と、
キタカン☆ボニータなるグループが昨年11月に結成されました。
早速twitterfacebookページでも活動紹介をしていますので、
フォロー&いいねをしていただけると嬉しいですダブルハート

さてさて、先週の木曜日は月に1度のマドレボニータ定例報告会でした。

スタッフやインストラクターが顔をあわせる貴重な時間なので、
開始前から、続々と集まり、打ち合わせや相談などを始めています。


みんながそろったところで、
全国のインストラクター&事務局とスカイプで繋がります。
1331786538848.jpg


早速現在進行中のPJや今後の出展イベントのスケジュール、
そして転居や新クラスまで共有。

「引越しは出産後より妊娠中の方が、産む前に地域につながれる」
「妊婦に引越し作業はさせない!手配も含めてパートナーに」
などなど、よってたかっておせっかいするのがマドレ流の転居サポートです^^

DSC_1128.JPG
そして、今月の報告会で報告書のコメント&アワード係だった私。
台紙と副賞をご用意させていただきました☆

DSC_1123000.JPG
副賞は、キタカン☆ボニータマスコットキャラクターの
「ボニ子さん」です。「可愛い!」「軽い!」と大反響で
嬉しい限りでしたスマイル

「こんなものが副賞?」と馬鹿にする人がいない、それどころかむしろ好評(笑)。こんな遊び心もマドレボニータでは大切にしているところです。

ちなみに、このボニ子さんを獲得したのは、
マドレアワード自慢部門を受賞した山田千秋インストラクター
マドレアワード教訓部門を受賞した高橋葉子インストラクター
でした。おめでとうございます☆

DSC_1129.JPG
そしてそして、事務局のK.U.F.U.アワードに輝いたのは、
くろろんこと黒田美穂さんでした☆

受賞のコメントで思わず言葉を詰まらせるくろろん。
マドレボニータへの深い・熱い愛情がいっぱい、、、であるとともに、
こんなに明るく頼もしいくろろんも、日々、プレッシャーと重い責任を感じながら、
粛々とお仕事をしてくださっているのだと頭の下がる思いでした。



報告会終了後も、残れる人で産後プログラムのひとつ
「シェアリング」について語りあいました。

「こうするのが良いor良くない」ではなく、
「自分が現場で感じたこと」を発言する、
いわばシェアリングのシェアリング。

422509_369451583086042_100000636111422_1237321_824791296_n_2.jpg

話をしたり、聞いたりする中で、
「シェアリングをどういう時間・空間にしたいのか」ということが、
さらに深まってきました。やはりシェアするって大切!

業務連絡から個人の思いまで共有しあい、
ちょっと暑苦しいのだけど(笑)産後女性のことを考え尽くして
活動している全国のインストラクターに、ぜひぜひ会いに来てください。

インストラクター&事務局スタッフ一同心よりお待ちしていますスマイル

(文責:水口陽子)






最終更新日  2012.03.21 18:58:39
2012.01.03
2011年のふりかえり、5月~いきます!

【5月】
NECワーキングマザーサミット

3月に予定していたものの、震災の影響で中止にせざるをえなかったサミット、
5月に延期して無事開催することができました。

たくさんのかたが集まってくださり、盛り上がりがすごかったー!
ご自身もワーキングマザーである佐々木恭子アナも、母たちの熱気に感激。
イベント終了後も、フロアにおりてひとりひとりとお話していました。

Ust録画がのこっているので、ぜひその雰囲気味わってみてください。

Ust録画(第一部)
1年間のNECワーキングマザーサロンの成果報告。
フジテレビアナウンサー佐々木恭子氏とのトークショー。

Ust録画(第二部)
会場にいるみなさんでシェアリング。
参加者のリアルな声が切実…

Ust録画(第三部)
ファシリテーターが語る、母となってはたらくとは。
ラストの佐々木恭子アナの涙涙の朗読は必見。

ちなみに、今年度のワーキングマザーサミットは1月23日(月)に開催されます。
お申し込みもスタートしています☆
こちら

NECワーキングマザーサロン
ファシリテーター研修

サミットと前後しますが、2011年度のワーキングマザーサロンの
ファシリテーター研修が始まりました。
(オンライン研修はすでにその3カ月まえから始まっていました。5月はスクーリングです。)

今年度もマドレボニータの正会員さんから候補生を募り、
23人のファシリテーター候補生が研修に臨み、自分の住む地域で
サロンを開催する準備をスタートさせました。



NECワーキングマザーサロンのファシリテーター研修報告ブログはコチラ

産後セルフケアインストラクター
実技試験


1月よりスタートしていた産後セルフケアインストラクター養成コース6期生の実技試験。
これに合格したら、そのあと3カ月間のアシスタント研修とデビュー準備の研修に取組み、
9月にはデビューです。




【6月】







最終更新日  2012.01.10 03:42:53
2012.01.02
年が明けてしまいましたが、2011年を振りかえっていきます。
代表の吉岡マコです。

昨日のつづき、3月11日以降…

あの日から、世界はすっかり変わってしまいました。
東京でも停電や物流の滞りなど、異常事態は続き、
インターネットではジョークすらつぶやけない空気。

そんななか、自分たちがすべきこと、できることは何だろう…と自らに問いながら、
まずは、自分自身が健康でいること、が大事だということに行き着きました。

そして、こんなときにも心身ともに健康でいられるために必要なことは、
次の2つだということがわかりました。

1)人と会うこと
2)からだを動かすこと


そこで、まずは、インストラクターやスタッフで、
産後間もないマドレスタッフのハラマリのうちに、みんなで集まったりしました。



そのときのブログがのこっているのですが、驚いたことに、
これを書いたこと、全然おぼえてないんです…
そのくらい当時は憔悴しきっていたということだとおもいます。


【5日目】東京で、新生児と日中ふたりきり…


いろんな情報がRTされたり、リンク集ができたりするなか、
何かしなきゃとおもいながら、なかなか動き出せずにいて、
どんどん重たいものがのしかかってくるような感覚に苛まれ…

マドレボニータとしてやっとお見舞いの声明を出せたのが5日目の3月16日。

そして
1)人と会うこと
2)からだを動かすこと

を実現させるべく、産後クラスもできるだけ中止にせずに実施。

参加者のみなさんに、お伺いのメールを出したり、お電話をしたりして、
ご参加の意思を確認したところ、
「ほんとに心細かったのでご連絡いただいてホッとした」という声もいただきました。
3/17に産後クラスを実施したときのブログ

また、教室に来られないかたのために、
リラックスするためのセルフケアの動画をアップしたり、
いますぐに出来ることをやってきました。





また、震災直後に東京都助産師会の宗先生(松ヶ丘助産院の院長)がたちあげた
東京里帰りプロジェクトにも全面的に協力。

震災で中止になったクラスに参加できなかったぶんの受講料を
返金するかわりに、このプロジェクトに寄付する
という選択をしてくださったかたも多くいらっしゃいました。

また、このプロジェクトのボランティアスタッフを、
マドレボニータの会員さんから募集したところ、
まさに適任!なかたが手をあげてくださったり(今でも活動は続いています)

4月には、アースディにも出展

earthday2011-1.png

なんとなく落ち着かないムードのなか、しかも外は雨…
募金や、ハラマキ、レッグウォーマーを集めたりしました。


そして、3月14日に行う予定だったのが、
中止になってしまったNECワーキングマザーサミット
延期して5月におこなうことが決まり、
すこしずつ準備が始まりました。

ゲストにきてくれる予定だったフジテレビアナウンサーの
佐々木恭子ちゃん(大学の同期)のスケジュールも奇跡的に都合がつき、
(中止ではなく延期して実施できることをすごく喜んでくれました)
ほぼ3月の予定どおりに、実施できることになりました。

とにかく、人とあって、話をすること、が、
こんなにも価値のあることだということを、あらためて認識した時期でした。

まだまだ落ち着かない4月でしたが、そんなときこそ、
報告会もいつも通り実施。





震災にまつわる話の共有が当然多くなりますが、
こうした共有が、ひとりひとりのインストラクターの力になっていったと思います。

(つづく)

(文責:吉岡マコ)






最終更新日  2012.01.09 03:44:27
2012.01.01
あけましておめでとうございます。
代表の吉岡マコです。

元旦のブログということで、新年の抱負を、、、と思ったのですが、
年末に本当はやるべき2011年のふりかえりというのをやってなかったので、
まずはそれを先にやりたいとおもいます!

【1月】

【ビジョンミーティング】
大晦日に採用面接をさせてもらった吉竹雅子さん(まさこっち)を事務局スタッフに迎え、
新年恒例のビジョンミーティング

この時点で、マドレボニータの事務局スタッフは
原万里子、北澤ちさと、黒田美穂、秋山裕子、藤永幾代、吉竹雅子の6人。
2012年のいま、太田智子、宮下ひかり、卜部 眞規子が加わり9人の大所帯に。

IMG_0073.jpg

ビジョンシートのプレゼンと、今年の漢字一文字をシェアし合いました。
半年に一度のビジョンMtgはひとりひとりの目標を明らかにし、シェアしあうだけでなく、
お互いを知る、お互いをもっと好きになる、応援したくなる、そんな仕掛けでもあります。

【マドレラジオがスタート】

madreradiobanner-300x109.jpeg

ほぼ毎週更新のマドレラジオが1/20にスタートしました。
毎週木曜日更新で、ほとんど休まず(3回くらい休んだかな)続けてきました。

第一回目からしばらくはジングルもなく、エンディングの音楽もなかったのですが、
われらが竹下浩美インストラクターのお連れ合いの竹下亮さんが
カッコイイジングルを提供してくださいました。

また、エンディング曲は、SRサイタマノラッパーつながりで仲良くなった友人
ラボさんが素敵な曲を提供してくださいました。
(ちなみに、私はラボさんの影響でラップを始めました☆)

どのくらいのリスナーがいるのかまだよくわからないのですが(笑)
お便りをいただいたり、ご感想をいただいたりして、
すこしだけ(笑)、手応えを感じております!
というわけで、2012年もひきつづき、配信していきますのでよかったら聴いてください。

ちなみに私の今年の漢字は「録」(録音、録画の「録」)ということで、
いろんな音や動画を録りました。

【2月】

【新人インストラクターが3人デビュー】

マドレボニータのインストラクター養成コース5期生として訓練を重ねてきた
藤見里紗(ふじみん)(東京)、野村智子(のむさん)(東京)、
永野間香織(かおりん)(北海道)がデビュー。


網走にいて東京のアシスタント研修に参加できないかおりんは、
こうしてyoutubeでフォローアップ研修に取組んでくれていました。


東京のアシスタント研修では、
いまではすっかりおなじみの「わっしょい」が産まれたのでした。


3人とも、デビューしてまだ一年たってないなんて、、、信じられないくらい。
それぞれの地域で心強いサポーターを得て、大活躍しています。

【養成コース6期生がスタート】

2月には養成コース6期生もスタートしました。


【3月】

3月は、11日の前と後ではすっかり世界がかわってしまいました。

11日の前は…

【『産後白書2』入稿】

過去2年間のNECワーキングマザーサロンの活動から、
「母となってはたらく」について考え、語った1400人の声をまとめた
『産後白書2』の原稿を1日に入稿し、あとは完成をまつばかりでした。


【NECワーキングマザーサミットの準備】

3/14(月)に控えていた大きなイベント「ワーキングマザーサミット」
の準備をせっせとしていました。


【3/10の報告会】
ちなみに、わたくしごとですが、この日は私の息子の13才の誕生日でした。
13年前のこの日に出産したことをきっかけにマドレボニータの活動がうまれました。

翌日にあのような大震災が起きることなどまったく予想もできず、
報告会を開催していました。




そして、翌日3/11の大震災。

この動画にあるように、報告会やミーティングではスカイプやメールでつながっている
全国の頼もしい仲間。
この仲間の存在が、3.11後の私たちをおおいに支えてくれました。

そして、それが、これまでのマドレボニータのささやかな被災地支援と、
2012年から本格的に着手する東北キャラバンや東北のインストラクター養成スカラシップの
プロジェクトにつながっていくのです…

今回はココまで…
続きはまた明日以降に…

こんなふりかえりは本当は年末にやるべきだったんですがーーー!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!
新年の抱負も、今年のビジョンMtg後に、発表しますー!

(文責:吉岡マコ)

【お知らせ】
『産後白書3』の先行予約が始まっています。1/20(金)まで☆






最終更新日  2012.01.04 20:33:02
2011.12.27
どうもー!インストラクターの吉田紫磨子でっす!
この日のために、1年を駆け抜ける…とも言える(笑)マドレ忘年会@我が家でしたうっしっし

P1020066.jpg

いやいや、ちょっと待て!!
午前中はしっかり各自仕事して、13時に我が家に集合。
2012年の年間スケジュールを決めます。

skypeの向こう側には全国各地に事務局スタッフが!
15時からの飲み会めがけて、真剣でっす(笑)。

P1020075.jpg

まさりんは、色々調整しつくして子連れで一番乗り。
そしてマダム道子は体調不良の中、「スパムおにぎり」を作りに!!
本当に作るだけ作って、乾杯してご帰宅。。。

P1020060.jpg P1020061.jpg

P1020063.jpg P1020064.jpg

広島のくろろんと、函館に帰省中だったまさこっちから、
あたいたち好みの(笑)酒と乾き物が!!!

昨年に引き続き、大黒屋商店のこんにゃく詰め合わせと、
みやじ豚BBQセットも用意したのですが、
なんとココで大問題発生ショック

参加者の層が厚くなり(笑)、しかもそれぞれの意気込みが熱くなってきたため、
つまみが食べきれない量に!!!!
というわけで、みやじ豚にもこんにゃくにもたどりつかずショック

>来年の私へ
飲み物用意に専念すれっ!

P1020078.jpg

テーブルに乗り切らない食べ物!!
超おいしかったーーーー!!
もう、みんなムキになって(笑)、美味しいものさがし。

初参加のウッチーはパークハイアットで、高級パテを3種!
「一度買ってみたかったんですー」って。
ま、それをカオリさんが、ガツガツ食ってましたがスマイル

P1020089.jpg

子ども達が大きくなって、
もう勝手に遊んでいてくれます。
そして、小さい子たちも増えたんですが、
いろいろお世話したり。

P1020090.jpg

子どもが子どもらしくいられるために、保育の大切さを実感していますが、
だからこそ、たまにこうしてごっちゃごちゃで
遊ぶのがとても楽しい!!!

P1020095.jpg

そして、この日12月27日はマドレボニータ代表吉岡マコの誕生日ですお誕生日
忘年会にかこつけて(!?)一緒にお祝いしていますー!!

P1020099.jpg

全国各地から寄せ書きも!!
メッセージ寄せてくださった皆様、ありがとうございますーーー!
マドレ基金にご寄付くださったみなさま、本当にありがとうございますーーーーーー!

来年の忘年会(笑)は12月28日!!
スケジュール帳に記入しておいてねーーーダブルハート
よし!来年も忘年会に向けて駆け抜けマーッス。

こちらにもアルバムあります
(文責:吉田紫磨子)






最終更新日  2011.12.28 17:00:25
2011.12.20
どうも!産後セルフケアインストラクターの吉田紫磨子です!
本日はNPO法人マドレボニータの総会でした☆

P1020003.jpg

インストラクター、事務局スタッフだけでなく、会員さんたちも

P1020005.jpg

NECワーキングマザーサロンのファシリテーターもご参加くださいましたー!!


P1020010.jpg

NPO法人の総会というと、事業、収支報告したり、計画書の承認をしたり・・・
かたくるしいものを想像しがちで、
じっさいに堅苦しい内容もありましたがウィンク

P1020013.jpg

それすらもわかりやすく(だって内容がよくわかんないのに、承認とか…したくないもんね)、
そして楽しんでおこなっちゃいます。
平成22年度はマドレ基金という寄付も募り始めました。
マドレ基金によって、これまで出会ってこれなかった人たちに出会えたことが最大の成果です。
出会う人の種類も増えました。
産後ケアの普遍性を証明できたのでは!?
双子、三つ子母、シングルマザー、、、
中々踏み込めない関係性の方達とも出会えました。

P1020015.jpg

監査報告は、なんとスカイプ越しに広島からくろろんが!



そして総会終了後は、ワールドカフェを!

お題は「マドレフィロソフィーって、なんだろう?明文化してみると…」

P1020018.jpg

3セットおこなって、その後は全体シェアリング!
各グループで書いた内容を持ち寄りました!

P1020021.jpg

すごいオモシロかったー!!

P1020025.jpg

いろんな入り口からはいってきて、マドレボニータと出会った方々。
たくさんの目と、たくさんの知恵と、
たくさんの時間と、たくさんの愛。。。。

P1020027.jpg

今後とも、NPO法人マドレボニータをよろしくお願いしますスマイル

【当日の様子をおすそわけ】


【マドレラジオでも当日の様子を公開しております】
マドレラジオ第41回、42回







最終更新日  2012.01.08 23:25:05
2011.11.17
こんにちは、代表の吉岡マコです。
ひゃーもう11月、、、このあいだ総会をしたばかりと思ってましたが、
12月の総会の準備をしなければ…1年たつの早すぎです。

そんなあっというまの1年でしたが、ひとつひとつ活動を積み重ねてきました。
毎週のレッスン、毎月のMtgや報告会。ひとつひとつが大切な宝物です。

11月の報告会(毎月第三木曜日におこないます)も、
胸があつくなる出来事がいっぱいでした。

UfG0c.jpeg

まずは、1月から産休にはいっていた事務局スタッフのハラマリさんが今月復帰し、
報告会にも久々に復帰、みんなで再会を喜びました。

UfQ7W.jpeg



みんなの嬉しそうな顔、興奮の歓声!

毎月の報告会、私はいつも30分前くらいに会場に行くのですが、
この動画にあるように、早く来たひとで会場の設営をし、
すこしずつ人が集まってきて、報告会が始まるまで、それぞれ作業したり、
あちこちでやりとりが交わされたり、っていう風景がとても好きです。

それから、今年のお正月に、産休に入る直前のハラマリさんのお家に
事務局スタッフと役員が集合しておこなったビジョンMtgで、
「事務局でも表彰のシステムをつくりたいですね」
といった話が出たのですが、それから11カ月越しの夢がかないました。

事務局スタッフの表彰システム、K.U.F.U.アワードが今月から始まりました。



スタッフの功績をたたえるだけでなく、
スタッフ同士がお互いをリスペクトし、大切に思う気持ちを、
こうして形にしてあらわせる機会でもあるんですね。

初回の選者のちぃさんの発表のスピーチをききながら、感動して涙がぽろぽろ…

UfYUp.jpeg

K.U.F.U.の第一回目の栄えある受賞者は、太田智子さん(もこちゃん)。
この受賞を、もこちゃんの友人やご家族(パートナー)もとても喜んでくれて、
もこちゃんの情熱を、身近な大切な人たちも、理解して応援してくれているんだ、
ということがわかり、そのこともすごく嬉しいことでした。

ちなみに、K.U.F.U.アワードというのは、
ライムスターのK.U.F.U.という歌にインスパイアされてできた賞です。



UfsEE.jpeg

そして、恒例のマドレアワード。
インストラクターたちの報告書から、
教訓of the monthと自慢of the month
が選ばれます。

今月は、名古屋の千秋インストラクターが教訓アワードを受賞。
東海地区でたった一人のインストラクターだった頃を思いだし、
監修コメントをした葉子さんも感極まって涙声に。仲間たちの優しい表情にもじーん。



そんな千秋さん、今月は、にんぷクラス研修ということで、東京に研修にきていました!
なかなか普段は会う機会がないからと、インストラクター仲間が、
ひとめ千秋さんに会いたいと駆けつけました。

LgksZ.jpeg

photo.jpeg



IMG_0061.JPG

こうやって、短い時間でも、仲間に会うためにかけつける
愛情のあらわし方、身内褒めになっちゃうけど、ほんとうにいいなぁと思います。
仕事仲間と、これだけ「好き」合えるってほんとに幸せなこと。

UfLNk.jpeg
(初司会のうっちー)

報告会では、アワードの発表のほか、
さまざまな議題があり、この機会にたくさんの話し合いがなされます。

今月は、今年たちあげたばかりのマドレ基金について、
現場の事例も蓄積されてきたので、現場からのフィードバックをふまえ、
みんなで運営の改善方法などなど、アイデアを出し合いました。

みんなでアイデアを出し合いながら、改良していくのがマドレ式です。



報告会も、今年はあと1回。
12月は総会もあり、忘年会もあり、年末のお餅つきもあり、
スタッフとインストラクターたちの絆を強める行事がめじろ押し。
それを励みに、忙しい年末も頑張りたいとおもいます!

(文責:吉岡マコ)






最終更新日  2011.11.21 11:58:30
2011.08.22
こんにちは。マドレボニータ事務局のくろろんこと黒田美穂です。

fasi_kuroda3.jpg

もう広島在住は覚えていただけましたか?
(ちなみに出身は秋田県です^^)

さて先日はマドレ合宿1日目、しかも前半だけをお伝えしましたが
すでに盛りだくさんの内容でしたよね。

が、しかし!
伝説がはじまるのはここからかもしれません・・・
どうぞお見逃しなく☆


若菜家を出発した後、ガジュマル温泉でまさしく裸の付き合いをし
汗をさっぱりと流した後は
宿泊先の『ブラウンズフィールド』にチェックインです。

コテージ2011-07-30 16.24.35.jpg

とっても素敵ですよね~


そしていよいよ、この合宿のメインプログラムのひとつ、
『ラップ講座』のスタート!

講師はなんと!なんと!
P.O.P ORCHeSTRAの双子ラッパー、上鈴木兄弟です!!
映画『サイタマノラッパー』シリーズのラップ製作、監修もされています☆)

この講座の最終目標は「自己紹介ラップ」をつくること。

ラップ講座

TKD先輩こと上鈴木伯周さんのラップの講義のあと、
数曲視聴しながら日本におけるラップの変遷をたどりました。



そのあとは、自己紹介ラップの作成。
与えられた15分の中で
インストラクターも事務局スタッフも一緒に自分の語彙をひねり出しています(汗)。

ラップ作成中


そしていよいよ自己紹介ラップの発表タイム!
MCタナシーこと事務局スタッフのも子ちゃんを皮切りに
マイクをつなげていきますよ~



みんな15分でつくったとは思えないほどの完成度!(完全手前味噌ですが・・・)
ラップでやる方が普通の自己紹介よりも
耳に入ってきて覚えやすいし、印象に残る。
それよりなにより、とっても楽しいのです☆

最後は講師のお二人にベストパフォーマーを選んでいただくことに。
兄鈴木賞は・・・・MC YO!こと高橋葉子インストラクター!
そしてTKD先輩賞は・・・・私、MCヒロシマこと事務局クロダがいただきました!!
(単なる自慢ですねwwありがとうございました^^)

大盛り上がりのうちにラップ講座は終了。
興奮も冷めやらぬまま、夕食へと向かいます。


今回お世話になった『ブラウンズフィールド』は
オーガニックな野菜やお米を作り、季節に応じて?油や味噌、梅干し等発酵食品を手作りしながら
持続可能な暮らしをめざしている場所です。

夕飯はカフェでいただくことに。

BFカフェ内BF夕食

中島デコさんのマクロビ料理は
カラダに優しくて、かつ充分に満足できるおいしさでした☆

お腹がいっぱいになり、美味しいビールでほろ酔い加減になった頃、
スタートしました!マドレ合宿夜の部!!

オープニングアクトは
われらがマコさんとシマコさんのHula。

そのあとはAKB5による振付完コピや(本家超えたかも?!)
事務局シスターズによるアルゴリズム体操3人バージョン、
ふじみん先生の性教育講座、
B-hackならぬC-WacKのゴスペルなどで大盛り上がり。

いい大人(しかも母!)が「仕事」や「子育て」以外に本気になる姿を
思う存分に発揮してくれました。

そして極めつけは上鈴木兄弟によるミニライブ。
(↓↓↓こちらで少しご覧になれます↓↓↓)



あのア↑コガレのお二人の生ラップを1m(もない)目前で観られる幸せ・・・
こうしてこの夜は伝説となったのでした。

夜の部終演後は、コテージに場所を移して
こどもたちを寝かしつけた後、
大人たちはデッキで夏の夜の続きを。
日付がとうに変わった頃、お開きとなりました。

ここで充実のマドレ合宿1日目が終了。
2日目の内容はまた次回に続きます・・・・

(文責:黒田美穂)






最終更新日  2011.08.27 18:49:08

全92件 (92件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.