3965479 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

大分金太郎の花鳥蝶月

2022.01.10
XML
晴れ。最高13.9℃、最低2.3℃。
一週間程前の散歩で、裏の葉が無くなったエノキに緑色の繭があるのを見つけです。
周囲の木を見ると3個有りましたね。

498
緑の繭(ウスタビガ)
写真を撮って見ると、繭には緑の糸が延びていて枝に固定されていました。
糸は枝が分かれた付け根まで。

498
緑の繭(ウスタビガ)
調べたらウスウスタビガ(薄手火蛾)の繭でした。手火は提灯の事。
ヤママユガ科の綺麗な大きな蛾で、繭から名前が付いたのを知りです。
また、10月から11月に成虫になるので、この繭は脱殻です。


498
テントウムシ 15:04
散歩から帰って軒下に居たら、テントウムシが横に飛んできました。

498
テントウムシ 15:05
芝生に飛んで行ったので、最初は接写で飛び立つ所を撮って見ましたが、中々上手く行かず・・

498
テントウムシ 15:12
軒下からズームで撮り直し・・
芝生が延びてないので、上手く飛び立てず転倒することが多く・・天道虫ではなく転倒虫でした。

498
テントウムシ 15:13
数回飛び立とうとするが上手く飛び立てず、芝生を動き回り・・・
その内、何処かへ居なくなっていました。






最終更新日  2022.01.11 21:12:11
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.