1359983 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お気楽主婦☆まるの自由帳

愛着の投稿文たち 2

真冬には、ヨーグルトが固まりにくくなることを知らず・・・こんな一文が

出来ました。


「小さな命」


「あ~っ、出来てない~~!」

カスピ海ヨーグルトをご近所の方からいただいたのは、もう2年近く前のこ

と。面倒くさがり屋の私だが、これだけは欠かさずに作ってきた。

 夜、少量を「タネ菌」としてマグカップに入れ、牛乳を注いでかき混ぜる

こと100回。朝起きる頃には、しっかり固まっている。

 「作るのが面倒だな」「今日は食べたくないな」という日も、頑張ってき

た。その甲斐あって、友達が「毎日大変だからやめたわ」と挫折していく

中、こうして食べ続けることが出来た。

 しかし今朝は、固まっているはずのヨーグルトが、まったくとろみのない

状態。こんなことは初めてで、何がいけなかったのかと混乱した。混ぜても

混ぜても変化なし・・・ショックだった。

 我が家で育ったヨーグルトが途絶えてしまうと思うと、長年可愛がってき

たペットが亡くなってしまったような感覚だった。

 すぐに捨てる気にはなれず、マグカップをしばらく放置しておいた。昼過

ぎになっても、諦めきれず、かき混ぜてみた。すると、わずかではあるがと

ろみがついている。

「生き返った!!」

危篤状態から人工マッサージで息を吹き返したよう。ささいなことなのに、

心底うれしかった。

 こんなに小さな命にさえ情がわくのだ、と思った。


© Rakuten Group, Inc.