440981 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マグカップばおたのブログ

PR

X

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

備忘録

2018年01月21日
XML
カテゴリ:備忘録
​​東急百貨店たまプラーザ店にLou Dumontの仲田さんがご来店されました!



今回は、非常に多くのお客さまで大盛況でした。
ワインがなくなってしまうのではないかとどきどきしながら並んで待って
なんとかワインを買うことができてホットしました(*^^*)
ワインを選んでいると、仲田さんの方から声をかけていただき、「すぐに飲むならモレサンドニがおすすめですよ」とのことで、モレサンドニとNSGとブラン・キュベ・ファミーユの3本を選び、その場でサインをいただくことができました^^
2014年について伺うと、「2014年は、調和の年でバランスのよいワインとなった。」とのことでした。
2015年については、「非常にわかりやすく親しみやすい年」とのことで、もうすぐリリースされるワインを楽しみにしたいと思います。

そして、多くのお客さま一人ひとりに丁寧に接している仲田さんは、大きくてがっしりとした温かい方でした!
素敵な時間をありがとうございました(^^)


引き続き、これからも応援させていただきます。

【参考】
2017年1月 仲田さんとお会いして(2017年1月)
2016年1月 仲田さんとお会いして(2016年1月)
2014年11月 仲田さんとお会いして(2014年11月)

#ブルゴーニュワイン  #ルーデュモン #仲田さん #
#bourgogne#vindebourgogne #bourgognevin #bourgognewine #burgundywine #bourgognewines #burgundywines #LouDumont #maisonLouDumont






Last updated  2018年01月21日 21時18分47秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年04月27日
カテゴリ:備忘録
先日ピエ・デュ・モン・ショーヴを飲むワイン会でピュリニー1級レ・ドモワゼルの2014と2011を一緒にいただく機会に恵まれました。



ピュリニー1級レ・ドモワゼルは、1級カイユレ(ピュリニー)の中にあり、モンラッシェ側の56畝までをドモワゼルと呼んでいるようです。なお、この区画は、シュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ドモワゼルにも接しています。
所有者は、ギィ・アミオ、コラン家(ミッシェル・コラン・ドレジェ&フィリップ・コラン)とピエ・デュ・モン・ショーヴです。

2014年のドモワゼルはフレッシュさと構成の美しさがあって、非常にまろやかで今からでも楽しめる優しさも感じました。
2011年は、落ち着きつつあって、鮮やかな酸、ピュアで美しい構成、まろやかな心地よさがどこまでも広がっていくような雄大なスケール感もあって、持てる力を存分に発揮してくれています。

いずれも、樽のニュアンスはほとんどなく、ブドウ本来の魅力を活かしたつくりで、この区画の持てるポテンシャルをじっくりと楽しむことができました。

機会があれば、是非また、飲んでみたいです。

そして、14ピエ・デュ・モン・ショーヴのワインも何とか手に入れたいと強く感じました。

貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

2017年4月某日の備忘録

関連記事(オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ)
2015年12月  2011 シャサーニュ・モンラッシェ・アン・ピモン
2014年 9月 2011 サン・トーバン1erル・シャルモワ・ブラン
2015 年8月 オー・ピエ・デュ・モン・ショーブ 2012水平ワイン会にて

・・・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴについて・・・
シャサーニュ村に本拠地を置くネゴシアン、Maison Picard/メゾン・ピカール社。同社が所有する約135haの畑の中から最良の区画のみを選出し、実験的にビオロジック&ビオディナミ栽培を実践してきた。それらの畑をメゾンとは完全に切り離し、高品質のワインを生産するドメーヌを設立する構想が持ち上がった・・・ことなどを機に最近設立されたドメーヌ。2010年が初リリース。
ドメーヌ名【AU PIED DU MONT CHAUVE】はモンラッシェの語源となる【はげ山のふもと】を意味する。
(ワイン・オリエンテッドHP※より引用)
 ※現社名:ヴァンクロス






Last updated  2017年04月27日 06時15分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月28日
カテゴリ:備忘録
1月は家族の記念日が2回あります。
成人式をすぎたころが自分の誕生日で、それから1週間ほどで、カミサンの誕生日がやってきます。
今回はカミサンの誕生日に開けたワインです。
その日は平日で、帰宅の時間が微妙だったので、デパートでディーン&デリューカのデリなどを買って、自宅で祝うことにしました。

泡で乾杯


セーヴ・ブラン・ド・ノワール・エン・バルモン2008(オリヴィエ・オリオ)

ノンドゼのブラン・ド・ノワールです。裏にVTが表示されています。

柚子、リンゴ、イースト、シードル、蜂蜜などの芳香、艶っぽくて、シャープできめ細かな泡立ち、しなやかでまろやかなコクがあって、優しい包容力を感じるワインです。 

派手な感じはありませんが、体への負担もさほどなく、非常に飲み心地のよいシャンパーニュだと思います。
白ワインも開けるつもりでしたが、食中もこの泡で行けそうだったので、赤を開けることにしました。

赤ワイン


ヴォーヌロマネ・プルミエ・クリュ2002(キュベ・デュボー・ブロシェ)

自宅でしたが、記念日でもあり、贅沢してこのワインを開けることにしました。
抜栓すると、すぐに香水やフローラルな香りが全開で、赤い果実、球体感があって、妖艶で官能的な魅力があります。
開け時、飲み時に迷うワインですが、香りも味わいも期待以上で、リエットや鴨ロースなどと一緒に楽しませていただきました。
カミサンも喜んでくれて、開けた甲斐がありました。


年末からこの時期までイベントや記念日が続き、贅沢させていただきました。
これからは、少し体も絞りながら、しっかり働いていこうと思います^^;

2017年1月某日の備忘録






Last updated  2017年01月28日 07時44分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月15日
カテゴリ:備忘録
【追記】

本日(1月28日(土))、行きつけのワインショップにて、ルー・デュモンの仲田さんとお会いしました。
いつもながら、がっしりとした体格で、丁寧で優しい方でした^^
13ムルソー、ラドワ、ジュヴレ・シャンベルタンなどを試飲しながら、お話をいろいろ伺うことができました。
2013年は難しい年で、選果をしっかりと行う必要があったと話されていましたが、結果的に可憐な魅力のあるワインとなったようです。ムルソーは例年よりも新樽の比率を高めたとのことでしたが、スモーキーな中にもクリアーで美しい魅力あるワインでした。
ヴィラージュ2銘柄も、いい感じに開いていて、飲み応えもありつつ、近づきやすさもありました。比較的早くから楽しめそうで、かつ、寝かせてみても楽しみな感じでした。

それから、ドメーヌの13アリゴテ・キュベ1908のことを伺ったところ、
2012年に購入されたザルジエールの区画は以前のオーナーの方が一切植樹せず、全ての葡萄が当初のまま樹齢100年以上であること、葡萄も本当に小さな葡萄ができること、などを教えてくださいました。
13は154本でしたが、14はその数倍の収穫が得られたようで、ワインの本数も13よりも多くつくることができたとお話されていました。
14はかなりしっかりとしたよい葡萄だったようで、ワインも強力なワインになっているようです。

今回もボトルにサインを入れていただきました^^

3月半ばから4月ごろのリリースを心待ちにしたいと思います。
本日は素敵な時間をありがとうございました^^

2017年1月28日の備忘録

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日頃お世話になっているショップから届いた1月ワインフェアのご案内に、ルー・デュモンの仲田さんが来店されるとの情報がありました。
手帳に書こうとカレンダーと見比べてみると、日程が「1月28日の日曜日」とあり、28日が正しいのか、或いは曜日が正しいのか迷ってしまいました。

ちょうど、セール期間中でもあり、本日、ショップに買い物に行き、お店の方に確認したところ、
28日で間違いなく、曜日は土曜日で間違いない旨
 (正)        (誤)
 1月28日(土)   1月28日(日曜日)
を確認することができました^^

久しぶりなので、とっても楽しみです♪


(26年11月来店時のボトル)



【Lou Dumont 仲田 晃司氏 の来店情報】
日時:2017年1月28日(土)11:30~12:15 
     ※チラシ上での28日(日)は誤りとのことです。
場所:東急百貨店たまプラーザ店地下1階 和洋酒売場
問い合わせ: 045-903-2406 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ボルドーワインセール@東急たまプラーザ店】

そして、東急百貨店たまプラーザ店でも、ボルドーワインのセールに遭遇しました。
1月12日(木)~1月18日(水)の期間で地下1階のスキップコート(和洋酒売場とは別会場)で行っています。
東横店でのボルドーセール(12日~15日)の初日すぐに売り切れてしまったワインがあり、2本追加購入しました。



明日(16日)の夜に宅配便で届くワインなどと合わせて、結局12本購入しました^^;
家族からは、「そんなに買って、一体いつ飲むの~」と冷ややかに突っ込みが入りそうですw
個人的には楽しくお買い物ができたと思います^^

1月15日(日)の備忘録

東急百貨店たまプラーザ店のボルドーセールの案内(1月12日(木)~18日(水))
http://www.tokyu-dept.co.jp/tama-plaza/event/detail.html/?id=88







Last updated  2017年01月29日 09時13分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月12日
カテゴリ:備忘録
今日会社帰りに東京・渋谷駅隣接の東急百貨店東横店に寄ったところ、1階のイベントスペースでワインのセールをしていました。(ちなみに地下1階のワイン売場とは別の会場でした)

追記2】 12日に購入したワインが本日無事に届きました^^

左岸3本

05CHカルボニュー・ルージュ(ペサック・レオニャン)
06ラリヴェ・オー・ブリオン(ペサック・レオニャン)
06クロ・ド・マルキ(サン・ジュリアン)

右岸5本

05CHグラン・ポンテ(サンテミリオン) 
06CHラ・クロワ・ド・ゲイ(ポムロル)
06CHクリネ(ポムロル)
05CHボールガール(ポムロル)
06ラ・プティ・エグリーズ(ポムロル)

こうしてみてみると、ポムロルのワインが比較的お手頃でした^^
数本残して、ロッカーに預けてこようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【追記1】
 13日に再訪し、購入したワインです。(配送分は到着後に掲載予定) 


06ラ・プティ・エグリーズ(ポムロル)
 レグリーズ・クリネのセカンド的なワイン。見かけたのは初めてです。
 非常にお手頃(約2K)だったので、配送分とは別にもう1本購入しました。

05CHオルム・ド・ペズ(サン・ジュリアン)
 カーズ家(CHランシュ・バージュ)の所有。


(この写真はイメージです。)

あっと引き寄せられたのが、ボルドーワインで、05を中心にスーパーセカンドや高名なシャトーまでズラリと並び、価格も昔を思い出すような思い切った価格でドンと並んでいました。
素晴しいオーラを放っていて、気が付くと、買い物カゴを手に、思いっきり踊っていました^^

05のボルドーは、丁度ワインに興味を持ち始めたころで、ボルドーに夢中になるきっかけとなりました。
当時のことを思い出して、いてもたってもいられなくなりました。
保管スペースのことは後から考えればよいと一瞬で切り替え、直ちにお買いものモードに突入し、05や06の右岸を中心に8本購入・配送をお願いしました。

ずらりと並んだワインを前に幸せ気分を満喫しました^^
ネットでの購入も楽しいですが、実店舗で大好きなシャトーのボトルを眺めることは最高に素晴らしいと実感しました!
いつ飲むのかは、追々考えたいと思います^^;

また、明日も見に行きたいと思います。

1月12日(木)の備忘録

本ワインセールのリスト
http://www.tokyu-dept.co.jp/toyoko/foodshow/newwinefair/pdf/1701_05.pdf


東急百貨店東横店のリンク
http://www.tokyu-dept.co.jp/toyoko/scramble/event/detail.html/?id=3858






Last updated  2017年01月16日 21時28分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月08日
カテゴリ:備忘録
あるショップで14ロベール・シリュグが非常に手ごろなお値段で出ていました。


[2014] ヴォーヌ ロマネ ヴィエイユ ヴィーニュ 750ml  (ロベール シリュグ)(シルグ)赤ワイン【コク辛口】【GVB】【RCP】【wineday】^B0SIVV14^

グラン・エシェゾーが21k、プティ・モンが10k、ヴィラージュクラスが6k台、ACブル2.7Kなどです。
 ●ヴェリタスのロベール・シリュグ●

正規インポーター(AMZ)扱いではなく、並行輸入と思われますが、眺めていると、まるで、2010VTのころにタイムスリップしたようですね。

そう思って、ふと、ユーロ円をみてみると、8日(土)06:00現在で1ユーロ:115.30円 と 2010VTのブルゴーニュが輸入されていたころとほぼ同じ水準になってきています。

●ユーロ円5年チャート  
チャート画像
  ※ ヤフー・ファイナンスより引用。   

こうした為替水準がワインの店頭価格に反映されるには、ある程度タイムラグがあると思いますが、スポットで輸入されるバックVTのワインや並行輸入のワインなどには、手ごろな価格のものが出てくる可能性がありそうです。
もちろん、正規ものでも、14ジャック・カシューなどいくつかで13VTよりも価格が手ごろになってきているものもありますね。

2015VTは、ビッグVTとしてとっても注目されていることから、市場が過熱する前の束の間のひととき(今でしょ!)に2014VTの好きなワインや手ごろなバックVTを購入していきたいと思います。

とそんな話をしていたら、「ワインのストック本数を減らす話はどうなったのか」と家族から、鋭いツッコミが入りました^^;
それはそれで、一生懸命飲んでいますのでorz

そうこういっているうちに、悩ましいワインが^^


ドメーヌ・ルイ・ジャド ジュヴレ・シャンベルタン・1er・クロ・サン・ジャック [2007]750ml


約15K 好きな造り手の一人、ジャック・ラルディエール氏が造るクロ・サン・ジャックのバックVT。
お手頃だったので、ついポチりました^^

届くのが楽しみです^^

2016年10月8日の備忘録






Last updated  2016年10月08日 09時45分58秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年09月16日
カテゴリ:備忘録

会社の帰りに、いつも買っている雑誌をみていると、よくいくショップさんのことが掲載されていました。
いわゆる記事広告のようですね。
ページをめくっていくと、その広告内容を罵倒するかのようなコラムが掲載されていました。
コラムの主は、編集者のようで、その広告のことがお気に召さないようなので、社員や元社員の名前まで持ち出して、自分を正当化しようとしているように見えます。
そんなに気に入らないのだったら、掲載しなければすむのではないでしょうか。
お金はもらっておいて、チェックの及びにくいところでこき下ろしているようで、とてもプロの仕事ではないと感じました。
とっても残念です!!!












Last updated  2016年09月17日 00時09分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月03日
カテゴリ:備忘録
ダビッド・クロワ(ドメーヌ・デ・クロワ、メゾン・カミーユ・ジルー)が2016VTを最後にメゾン・カミーユ・ジルーを辞めるとの話が以前報道されていましたが、その後は2017年からジャンーマルク・ルーロ(ムルソー)と一緒にワイン造りをするようです。
なお、ドメーヌ・デ・クロワは引き続き続けるとのことです。
WINEHOG 8月2日のニュースより

ビックリしました。

山本さんのワイン・レポートにもいち早く(3日未明!)掲載されていました。
http://winereport.blog.fc2.com/blog-entry-2480.html






Last updated  2016年08月03日 08時36分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年03月06日
カテゴリ:備忘録
IMG_4982 - コピー縮小.jpg

アラン・ビュルゲ(ジャン・リュック&エリック・ビュルゲ)のジャン・リュックさんのお話を伺いながら、ワインをいただく機会に恵まれました。
気さくですごくエネルギッシュで細やかなお気遣いをされる方で、ワイン同様に素晴らしい方でした。
いろいろ伺ったので、今後、ワインをいただく際に思い出しながら楽しんで行きたいと思います。

MES FAVORITES(^^)






Last updated  2016年03月06日 12時24分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年01月24日
カテゴリ:備忘録
行きつけのワインショップにルー・デュモンの仲田さんがいらっしゃいました。
温かい素敵なお人柄で、和やかな雰囲気の中、少しお話もできました。

12年のブルゴーニュ・ルージュについて「自社畑のブドウと買入れしたブドウが入っている」とのお話があり、
よくよく伺ったところ、12VTから自社畑でのブドウづくりをされているとのことです。
何気なく仰っていましたが、本当に凄い快挙だと思います。

今回もボトルにサインを入れていただきました^^

IMG_4853 - コピー縮小.jpg

これからも仲田さんのワイン楽しみにしています。

2016年1月24日の備忘録






Last updated  2016年01月24日 13時43分23秒
コメント(0) | コメントを書く

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.