018647 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Magnet

PR

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(9)

Magnet

(11)

つれづれなるままに

(0)

コメント新着

Magnet office@ Re[1]:ashiato (Magnet、kiko+) 販売開始(05/09) >microさま はじめまして。 隠れペ…
micro@ Re:ashiato (Magnet、kiko+) 販売開始(05/09) かっこ 初めまして。『ashiato』誕生秘…
ひゃばらん@ ありがとうございます 反応がどうだったのか、イマイチ推測でき…
はるか@ ポートメッセなごや 良い反応が得られるといいですねっ!! 9…

フリーページ

プロフィール


Magnet office

2011.07.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
6月より販売が開始されましたashiato。
日本をはじめ、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど、様々な地域で
「動物のあしあとが残る下駄」として話題となり、特にねこが人気で
多数メディアや、ツイッター等の口コミにおいて紹介頂いております。

それに伴い、情報もあやふやな状態のものが多くなり、有名情報サイトなどにおいても
誤った情報が掲載されるといった状態も発生しております。

情報を掲載頂くのは大変ありがたいのですが、修正を依頼しても反映されない場合も多く、ひとまずMagnetのブログにおいて、ashiatoについての情報を整理させて頂きます。
情報サイトや紙面へashiatoを掲載頂く場合は、誤解や、誤った情報とならないためにも
(株)kukkiaのkiko+ブランドか、Magetへご連絡頂きたく、お願い申し上げます。

「ashiato」
ashiatoは、2005年に宮崎県で行われました杉コレクション2005において、特別賞を頂きました「足跡のダンス」が基となっております。

あしあと.jpg
あしあとのダンス
2005年 杉コレクション2005

そして、2007年の夏、国内生産という形で商品化を目指しつつも、コストや商品の納まりにおいて、なかなか思うようにいかないまま、大阪市において行われたART ZOO展へ、足跡のダンスを出品。この展示会において、(株)kukkiaのkaz*さんと出会いました。その後、kiko+ブランドから商品化したい!と申し出て頂き、kiko+とMagnetのコラボレーションアイテムとして「ashiato」の商品化に向けた検討を、kiko+のkaz*さんと共に行ってまいりました。

「足跡のダンス」から「ashiato」へ
「ashiato」は世界を舞台と考え、動物種の選択を、日本の野生の動物達という範囲から見直しました。また、色合いの選択も、動物が持つ固有の色という範囲から、動物が生きる環境も含めた関係の深い色とし、ビビッドな方向へと変更しています。下駄の鼻緒も、通常の下駄とは異なる特殊な形となっていたものを、kaz*さんからの素晴らしいアイデア!サンダルと同様のラバーへと最適化。歯となる部分の取り付けにおいても、ダボや接着剤の見直しといったMagnetではなかなか出来なかった実質的な検討を経て、kiko+の「ashiato」が生まれました。

あし
各動物のストーリーはこちら


「ashiato」サイズについて
kiko+においての「ashiato」は、現在XS(16cm)~L(22cm)の4種でサイズ展開をおこなっております。Lの22cm、これはあくまで下駄の大きさを示しています。
下駄はサイズに寛容なところがあり、実際はかかとを2~3cmだして履くので、足のサイズとしては24~25cm程度。もう少し大きくても履けるという方もいらっしゃると思います。
よく、紹介頂いているメディアで「子供用」と見かけますが、決して子供のためだけではなく、お母さんと子供が一緒に、もしくは女性も楽しく遊べるおもちゃとしてのサイズを選定しています。(今のところお父さんはごめんなさい・・)

「ashiato」は販売が開始されています
実際に手に取れるお店も、通信販売店においても取り扱われている商品です。
個別の商店様の紹介はこちらでは控えさせて頂きますが、ネットで検索いただければ
取り扱われている商店様について知る事ができます。

「ashiato」は、ねこだけではありません!
もちろん、ねこの肉球が砂浜に残る・・のは可愛いのですが、ashiatoは、世界にひそむ
5種類の動物の足型があります。それぞれの動物が生きる環境にあわせて、その足形は様々な形となっています。例えばフクロウ。このバッテンがフクロウ!と分かる人は少ないかもしれません。だからこそ、なぜ鳥なのにバッテン?といった疑問が生まれてきます。
そういった疑問が、その動物が生きる環境への興味となり、楽しみながら自然に親しみを持っていただくちょっとした「きっかけ」になればと考えています。
そして、使われている色もまた、その動物と関係が深い色を選択しています。
これらのストーリー・コンセプトは、動物種を変更した事で、内容を変えながらも、杉コレクション2005での「足跡のダンス」のコンセプトを引き継いでいます。

「ashiato」はみなさんがアーティストとなります
「ashiato」は、自分だけでなく(むしろ)まわりの人をも幸せにしてくれるアイテムです。
動物たちや、命の気配を「ashiato」は、砂場に残してゆきます。
その沢山のあしあとは、浜辺や砂場に生まれる新たなランドスケープとなります。
「ashiato」で遊ぶことで作られた、彫刻的なアート作品です。

世界中に笑顔が生まれる切っ掛けとなりますように。
みなさまへの感謝を込めて。


6月の販売が開始されてからまだ一カ月。
既に多くのメディアで紹介頂いております。
これも支えて頂いているみなさんのおかげです。
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


「ashiato」発表・掲載など

2011年

1月 MAISON&OBJET(Paris) kiko+ブースにてお披露目
6月頭より発売開始
6月10日 MILK Japan web
6月15日 JDN(ジャパンデザインネット)
6月24日 「歩くと、にゃんこの足あとが残ります。」と書かれたashitoの画像が
      Twitter画像ランキングにおいて1位、異なる写真も上位に
      1日で2000tweet、閲覧件数20000回を超える
6月27日 日経MJ TREND BOX
7月22日 TBS はなまるマーケット
      (7/22は下駄の日)
7月23日 YTV あさパラ!

その他、さまざまなメディア・新聞などで紹介頂いております。






最終更新日  2011.07.25 17:56:14
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.