000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MY SWEET

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

カテゴリ未分類

2012年02月06日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ここのブログの間が開いてしまいましたが、

掲示板の機能がなくなってしまいました。

ちょっとショックです。

なかなか書き込みができなかったせいもあるですが、

今までありがとうございました。

でも、また、映画やドラマは見ているので

いつかのせたいと思っています。






最終更新日  2012年02月06日 23時17分11秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年06月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類

幸せの1ページ.jpg



 

 

 

 



2008年、アメリカ

アビケイル・ブレスリン、ジョディ・フォスター、ジェラルド・バドラー

監督ジェニファー・フランケット、マーク・レヴィン


DVDをレンタルしていて、その予告で知った映画です。
とにかく、ジョディ・フォスターの演技が面白そうで
早速、レンタルしてみました。

最初にアニメタッチで始まり、潔癖症の冒険小説家のジョディ・フォスター。
無人島に海洋生物学者の父と暮らす、ニムという少女をアビゲイル・ブレスリン。
その父役と冒険小説にでてくる主人公役の二役をジェラルド・バドラー。

今まで、ジョディ・フォスターの映画は、数本しかみていせんが、
あの有名な「羊たちの沈黙」などちょっとシリアスな女優のイメージでした。
どっちかというと、女性捜査官とかそういう路線かと思っていたけど、
まったく違うコメディタッチの役で、以外にこういう方が
私は好きかもしれません。ジョディのファンになりました。

昔、映画好きの友人と私は当時は、私はジュリア・ロバーツファンで
友人がジョディが好きでした。ジョディも素敵かも!

とにかく、海がたくさん出てくるから、今からの季節に見るといいですね。
子どもも見られるから、夏休みでもオッケーです。

アビゲイルちゃんは、とっても上手な子役の一人です。
「リトルミスサンシャイン」などなど、
これからも楽しみですねd。









最終更新日  2011年06月29日 15時17分27秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年06月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
最高の人生の見つけ方.jpg


THE BUCKET LIST 2007 アメリカ
監督 ロブ・ライナー
ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン
ショーン・ヘイズ、ビヴァリー・トッド

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという名優2人の共演で贈るハートフル・ストーリー。自分本位な富豪の男と実直な自動車整備士が、ともに末期のガンで余命6ヵ月と宣告されたのをきっかけに、死ぬ前にやり残したことを実現しようと2人で病院を抜け出し冒険の旅に出る姿を描く。監督は「スタンド・バイ・ミー」「恋人たちの予感」のロブ・ライナー。
 家族を愛するまじめで心優しい自動車整備士のカーターと、一代で莫大な富を築いた傲慢で孤独な実業家のエドワード。そんな対照的な初老の男2人は、ひょんなことから同じ病室に入院、揃って余命6ヵ月の宣告を受けてしまう。そんな時、カーターはかつて恩師から教わった死ぬまでに叶えたいリスト“バケット(棺桶)リスト”を書き出してみるのだった。それを見たエドワードはこのアイデアを気に入り、バケットリストを実行しようと、2人で病院を抜け出し人生最後の旅に出るのだが… (allchinema)

映画予告から見たかった映画です。
やっと見ることが出来ました。対照的な雰囲気の二人の演技がとっても
素敵でした。
私も今、海外旅行にいろいろと行きたいし、チャレンジしたし、
末期ガンになっていくのは無理なので、早くいかなくちゃなんて思っています。
私もやりたいことリストを書いてみようかなぁ。。。。

ツタヤディスカスでレンタル


先週の月曜日に義母がデイサービスのリハビリ中に
転倒して大腿骨骨折をしてしまいました。
明日、手術をするのですが、三年半前にくも膜下の
手術をしたので、またまた、大手術です。
どうか、無事に手術がおわりますように







最終更新日  2011年06月19日 13時30分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
アカデミー賞受賞したので見たかった映画です。

女性向けだったのですが、主人に付き合ってもらいました

主人に悪かったなぁと思うくらい、私としてはあんまり。。。でした。

でも、ナタリーポートマンの本当のバレリーナのように細く可憐なところや

心理的な描写が上手に演じられていました。

ブラックスワン.jpg

月曜日に義母が転倒して入院しました。
骨折で手術です。
くも膜下から3年半ですが、また、手術なんて。。。。
私なら耐えられないけど、大腿骨なので大変です。
どうか、手術が無事に終わりますように。






最終更新日  2011年06月15日 23時23分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年02月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類
アカデミー賞の時期になると、wowowに再加入しています。
今日も午前中は、受賞式をみていました。
その中で映画館などで観てみたいのが、
「ソーシャルネットワーク」・・・終わってる?
「英国王のスピーチ」
「ブラックスワン」

映画館では・・・・
アクションやホームドラマ系は、家でゆっくりとみたいとおもっています。
「ファイター」「127時間」

こどもと「トイ・ストーリー3」を観たいし、
1と2も観ようかと思っています。1はわすれてしまったからです。

主演女優賞のなかで、ニコールキッドマンとミッシェル・ウィリアムズ
が気になっています。この二人の映画もチェックしたいなぁ。。

あと、主演男優賞にノミネートされたハビエル・バルデムの映画も。。。。
なんだか、観たい映画がたくさんです。










最終更新日  2011年02月28日 15時09分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年02月26日
カテゴリ:カテゴリ未分類
長女が第一希望の大学の付属校に合格しました。
ちょっと、ほっとしました。
これでたくさん映画やドラマが見られるぞ!
下の子も中1で今年進学します。
姉妹そろっての進学なのでちょっと忙しいです。
入学準備でいろいろとお金もかかりますが、
これも仕方がないなぁ。。。。







最終更新日  2011年02月26日 23時35分28秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年01月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、ファミマに行って、子供の大好きな
シュークリームを買おうと思ったら。。。。
合格祈願のおやつなどが棚にあったので、
ついつい買ってしまいました。
お正月に「カール」の”ウ・カール”のチーズ味とカレー味と
「キットカット」の”キットカツ”の大袋などはかったのですが。
今度は、おやつとカップ麺です。
レジに行ったら、2コに1つのグッズがもらえるということで
お守りとクリアファイルを頂きました。
クリアファイルは、人志松本の”すべらない話”
なんだか、合格した気分になれました。

いよいよ、明日は入試です。頑張って!

P1020876a.jpg






最終更新日  2011年01月21日 23時25分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年01月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
この「ブラックブック」は2008年3月に下書きしていたものです。
それとPINGEさんがこの映画のこと書いていたので、
私もブログに載せてみました。

ブラックブック.jpg




BLACK BOOK  2006年、オランダ、ドイツ、イギリス、ベルギー
監督 ポール・ヴァーホーヴェン
カリス・ファン・ハウラン、トム・ホフマン。セバスチャン・コッホ
デレク・デ・リント、ハリナ・ライン


1944年、第二次世界大戦にナチスに占領されたオランダで美しいユダヤ人の歌手ラヘル
(カリス・ファン・ハウラン)が南部に逃れようとしたときにドイツ軍にみつかり
家族は殺されてラヘルだけどうにか生き延びたのである。
ラヘルはエリスという別の名前でレジスタンスのスパイとしてドイツの将校ムンツェに
近寄るが。。。。


この映画は、テレビの宣伝だったかのか。よく見かけていました。
とくにこの主演の女優さんは誰なのだろうかと、とても興味がありました。
知らなかったはずです。オランダの女優さんだったんですね。
オランダ人にしては小柄で金髪に染めるとマリリン・モンローのような
キュートな感じでしたが、スパイになるというとても大役で
アクションはないものの米国アカデミー賞だったら主演女優賞にノミネートされ
ていたと思うくらい演技は素晴らしいと思いました。


私としては、この時代の特にナチスのお話はあまり好きではないのですが、
なぜか。見てしまうお話でもあります。
「シンドラーのリスト」と「戦場のピアニスト」とそして、
この「ブラック・ブック」なのですが、私は前にケイト・ブランシェット主演の
「シャーロット・グレイ」という映画がレジスタンスになる看護婦の役のケイトと
この映画のカリス・ファン・ハウランがちょっと似ていたように思いました。



共演のセバスチャン・コッホは、ドイツの俳優さんなんですが、
私は何故か。ドイツの俳優さんが気に入ってしまうところがあるんです。
この方もどこかで見たことがあるなぁ。。。。と思ったら、
「善き人のソナタ」に出ていた人だったのです。
ちょっとセクシーな雰囲気と真面目で優しそうなところがいいと思いました。
もっといろんな映画に出てほしいです。
(後ろの将校の人です)ステキでしたよ。
現在カリスと交際中とか。。。お似合いと言えばお似合いでしょうか。


79回アカデミー賞外国賞が「善き人のソナタ」でしたが、
この映画もオランダ代表だったけどノミネートもされてなくて残念でした。
お話もちょっとどんでん返し的なところあったし、最後の方で
やっと「ブラック・ブック」という題名の意味も分かりました。


BS2で録画してある「シンドラーのリスト」もいつか見ようと思っていますが、
まだ見ていません。ちょっと間をあけてみようと思っています。

追記・・その後「シンドラーリスト」を見ました。


セバスチャン・コッホが出ていた「善き人のためのソナタ」
これも

追記・・ココで下書きが終わっていました。
これも。。。って何を書こうとしていたのでしょうか?
「善き人のためのソナタ」ラストが印象的で、本当に”善き人”だと思った
覚えがあります。私はドイツの映画はやっぱり好きなんですね。

善き人のためのソナタ.jpg






最終更新日  2010年01月20日 08時31分08秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年01月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年も宜しくお願い致します。

去年は自分の体調不良で大変でした。
やっぱり、夏の草の花粉症が辛かったです。
去年から発症した花粉症がちょっと怖いですが、
今までの食事や運動の見直しで頑張りたいと思います。


去年は、海外ドラマばかりみていました。
映画館には、「天使と悪魔」と
マイケルジャクソンの「This is it!」を
見に行きました~~
あっきママさんが見に行ってよかったと言っていたし、
最後のマイケルの様子もみたかったからです。
亡くなってしまったのが嘘のように元気でしたね。
とっても才能のある偉大な人がいなくなって
しまって、寂しいです。
今年は、もっと映画がみたいです。

ブログも頑張りますね。






最終更新日  2010年01月11日 20時45分27秒
コメント(6) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.