000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MY SWEET

PR

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

韓国ドラマ&映画

2009年11月12日
XML
カテゴリ:韓国ドラマ&映画
今一番楽しく見ている韓国ドラマ、「19歳の純情」。
1話から見始めて、46話になりました。
コメディとロマンスや家族向けのお話とそんなに重くないお話が
とても面白いです。

46話「お兄さんは悪くない」

46話は、ウギョンがかっこいいです。優しくて大人しい印象だったけど
なんか男らしくなってる~~
ユンジョンが、好きになるのもわかる。それにしても。
何故、ジェソと結婚式を挙げてしまったのかしら。
ジェソを殴るウギョンに惚れ直すユンジョンもいつになく可愛らしいです。
一方、清掃員の仕事を一生懸命やっているグッカは、蛍光灯の交換を
しょうとしたら、ユヌが代わりにやってくれて、
そのお礼にって、「ラーメン」をおごれって。ぶっきらぼうな言い方だったけど。
こっちも随分とグッカに近づいている感じです。
二人でラーメンを食べている姿に食べたくなって、
その日のお昼にラーメン作って食べました~
韓国って、平たい両手なべにつついてラーメン食べるんですね。
グッカさんは、鍋のふたでたべていました。
それにキムチも。。。。食べたい!
胃が悪いけど、少しならいいかも。

ウギョンが家に帰ると、お母さんのオックムが、グッカにいやいやお見合いをさせたり、
今度は、会社の近くに家を借りてあげるという。
なんとか。自分の息子から離したいのでしょうか。
それを聞いたウギョンが、激怒してお母さんに怒るのです。
本当に今までのウギョンとは大違いです。
どうしちゃんたんでしょう。

19歳の純情2.jpg

グッカさんは上写真の左です。
中国から結婚しにはるばるきたけど、婚約者が交通事故でなったけど、
中国に帰らずに韓国で稼いで故郷に仕送りをしながら頑張っています。
無理矢理にお見合いさせられて可哀想。。。。

他では、現在放送中(ホームドラマチャンネル)「必殺!最強チル」や
ちょっと前までやっていた(LaLaテレビ)の「王と私」
こちらは見ていませんが、どちらも
「19歳の純情」とは全く正反対の感じの時代劇です。
「必殺!最強チル」の方が現在私もみています。


*****
子どもの学校の先生が新型インフルエンザに罹ったって
今日の新聞にも大人の接種1回になったから、今年中に受けられそうです。
なんだか。込みそう。。。。






最終更新日  2009年11月12日 13時12分12秒
コメント(2) | コメントを書く


2009年11月09日
カテゴリ:韓国ドラマ&映画
19歳の純情.jpg

2006年 韓国 KBS放送 全167話


ク・ヘソン、ソ・ジソク、イ。ミヌ、イ・ユンジ

ブログはお休みしていたのですが、スカパーにて
韓国ドラマは数本は、常に見ていました。
今とっても楽しみにしているのが、この「19才の純情」
主人公のグッカさんがとっても可愛いのです。
中国から来て、ちょっと世間知らずで明るく切り抜けていくところが
とっても見ていて楽しいところです。
いろんな事件というか。問題が起きるのですが、
大家族の中に居候して、幸せをつかんでいく、シンデレラストーリーです。
今は、録画で45話くらいを見ています。
全部で167話です。
韓国のドラマは日本よりも詳しくお話が展開するので私としては
とっても楽しみにしています。
グッカさんがんばれ!
チャチャチャ~!←グッカさんがドラマでいう台詞


年代がグッカさんと違うけど、もっと明るく前向きに
働きものにならないとなぁ。。。。
みんなのことを考えてあげられる人になりたいです。

これから、このドラマで日記を書きたいと思います。






最終更新日  2009年11月09日 13時32分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月07日
カテゴリ:韓国ドラマ&映画

雪の女王.jpg


2006年 韓国 全16話

ヒョンビン、ソン・ユリ、イム・ジュファン、ユ・イニョン


貧しい家庭に育ち将来の夢はサラリーマンになって家族と楽しく暮らすこと
というささやかな夢を持っていたハン・テウン(ヒョンビン)だったが、
実は韓国でも有数の進学校に進み、数学の天才と言われていた。
ある日、図書館で「雪の女王」が大好きだという少女に出会い、
その少女に絵本を手渡そうとするが、事件が起きて渡せないまま
8年という年月が過ぎた。。。。。


久々の韓国ドラマを見ました。

このドラマは、去年テレビ東京で吹き替えで放送されていたようです。

吹き替えは見ていないので、どうなんでしょうか?

お話やドラマの構成はアンデルセンのおとぎ話なので、空想と現実が

入り交じっていて私的には好きなドラマです!


ヒョンビンの前作の「私の名前はキム・サンスン」は現代的なドラマでしたが、

私は「雪の女王」の方が純粋で真面目な青年の役の方がいいと思いました。


あと、ドラマの中の曲が大好きで楽天から購入しました。

感想を書いたので購入リストに載せました。

今も聞いていま~~~す。



最近は、体調もよくてチョコレートの試作ばかりしていて、
食べて太っています。。。。。
せっかく痩せたのに。。。なぁ。。。






最終更新日  2009年02月07日 21時51分20秒
コメント(5) | コメントを書く
2007年07月16日
カテゴリ:韓国ドラマ&映画
2004年~2005年 韓国(全51話)KBS放送
チェ・スジョン、ソン・イルグク、スエ、チェ・シラ、キム・フンス

5月からいろんなドラマを見ていたんですが、この「海神(ヘシン)」の主演チェ・スジョンさんの
「あの青い草原の上で」を見終わってそれとは全く対照的と言えるくらいの歴史大河ドラマ
をみています。総制作費が150億ウォンというからすごいですね。
第1話からドラマとは思えない大スペクタクル。
「三国史記」という本にでてくる実在の人物のお話なのでちょっと難しいけれども
若手俳優が出演していて、とても見やすくなっています。

9世紀の東アジア。朝鮮半島の南端の清海で奴隷として生を受けたクンボク(チェ・スジョン)は、
今の生活のままで生きていくのがいやだったので、弟分のヨン(キム)と共に剣を習って強くなりたいと思っていた。
最初に剣を習ったのが、宿命的なライバル ヨンムン(ソン・イルグク)だったが。。。
一言では言えないほどにお話が長いのですが。。。私も今、三分の一を見ているところで
最後にチャン・ボゴという王になるという波乱に満ちたお話がとても楽しみにしています。
詳しくは。http://www.koretame.com/heshin/公式サイト
OSTはドラマをを見る前にチェックしたけど、始まったらもう楽天では売り切れでした。がっかり。。。

このドラマのヒロインのジョンファお嬢様役のスエさんは、ヨン様の新番組「大王四神記」にもヒロインで
出演するのですが、いつになったらやるんでしょうか。日本と同時とかいろんなこと言われていますが。。。
ジャミ夫人役のチェ・シラさんは、初めて見る女優さんですが、とてもきれいで他のドラマも見てみたいです。
ライバルであり友人でもあるヨンムン役のソン・イルグクさんもとってもステキで、
ドラマ「チュモン」が7月からやっていたのですが、見逃してしまいました~残念!

チュモン.jpg






最終更新日  2007年07月16日 09時40分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年05月31日
カテゴリ:韓国ドラマ&映画
2002年、韓国(全48話)MBC放送
チェ・ジンシル、リュ・シウォン、キム・ヘジャ、パク・ジンヒ、
キム・テヒョン、イ・ソジン、パク・イエジン

5月から始まった韓国ドラマで楽しみにしている3つのうちの2つめです。
主演のリュ・シウォンは、私が韓ドラファンになったきっかけの人です。
NHKの再放送の”美しき日々”を見てシウォン君とチェ・ジウさんが大好きになりました。
それから、この二人の共演の”真実”やキム・ハヌルさんと共演”秘密”をみました。
”真実”と”秘密”はちょっと深刻な感じのドラマですが、この”君に出会ってから”は、
おもしろいドラマのようです。

シウォン.jpg

このドラマはとってもロマンチックラブコメディです。
それと、シウォン君のファンの間では、”韓国のヒュー・グラント”と言っている人もいます。
笑うとしわっぽい(失礼)笑顔やコメディがとってもいい感じだからでしょうね~♪

駆け出しのスポーツ記者ギウォン(リュ・シウォン)は部長と上海に出張したときに
ちょっとしたアクシデントがあり、韓国人の上海に住んでいるオクファ(チェ・ジンシル)に
助けてもうらう。オクファは韓国で仕事を見つけ、その上司がなんとギウォンの叔父だった。。。。

まだ、48話中4話なので、韓ドラは思いがけない展開になることもあるのでとっても楽しみですが、
これは、とっても愉快なコメディでシウォン君がドジで面白いです。

他の出演者も初めて見る俳優さんも多く楽しみですが、ちょっとさわやかな好青年ミンソクに
”チェオクの剣”のイ・ソジン、”四姉妹物語”で純粋な末っ子役だったパク・イエジンが
ちょっと勝ち気なお嬢様になってでてきます。

ドラマのお母さん役のキム・ヘジャさんもこのドラマでは、重要な役のようで、
お人好しでとても心の優しいお母さんのチョ・ナムドック。
これから、どんなお話や面白いシウォン君が見られるかものすごく楽しみです。

シウォン君のCDもファーストアルバムは持っているんですが、
もう4thアルバムがでているんですね。あれから3年で。。。♪
この前のGWにもNHK連続ドラマ”どんと晴れ”に出演していましたし、
本当に日本で活躍されているんですね。嬉しいです。♪
これからも頑張ってほしいです。






最終更新日  2007年05月31日 18時15分39秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年05月26日
カテゴリ:韓国ドラマ&映画
2005年、韓国(全16話)MBC放送
キム・ソナ、ヒョンビン、チョン・リョウォン、ダニエル・ヘニー

ゴールデン・ウィークから衛星劇場で、放送がはじまりました~~
wowowで最初やっていたときにとても面白いと評判だったこのドラマ。
こんなに早くみられるなんてとってもうれしかったです。

三十路のケーキ職人(パティシエ)のキム・サンスン(キム・ソナ)は、恋人に振られて、
就職するにも、年齢や太めで嫌みを言われるだけ。。。そんな落ち込んでいたときに、
ある面接で自分の作ったケーキを若社長のヒョン・ジノン(ヒョンビン)が気に入って
そこのレストラン”ボナペティ”のパティシエになるが。。。おもいもよらぬ契約をすることに。。。

主人公のキム・ソナは、このドラマの為に、8キロも体重を増やしての体当たりの演技。
第1話は、凄味のある感じでしたが、(今6話)見ているうちに、人間味のある人物で
だんだん、キム・サンスンが好きになっていく私です。
日本人から見れば、サムスンという名前はおかしくないのですが、スンが最後に付く名前は、
昔風の名前で、本人としては、ちょっと恥ずかしいようです。

若社長役のヒョンビンは、実際にも若いみたいです。とてもクールな役ですが、
こんどの新しい映画も楽しみです。

このドラマ、主な主演は、3月に終わった「春のワルツ」のフィリップ役のダニエル・ヘニーしか
知らなかったですが、このドラマが初主演らしく、イギリスとのハーフなので英語で話していたり、
やっぱり、とってもやさしい役どころがとってもステキです。

他にも今同時に見ている「商道(サンド)」に出ている女優さんが3人も出ています。
その中で、ヤン・ヒギョンさんは、かわいいお母さん役で私も大好きな女優さんです。
この「キム・サンスン」ではあまり印象的ではないですが、「あの青い草原の上で」では、
たくさん出てきます。

韓国版「ブリジットジョーンズの日記」と言われていますが、私はちょっと前にみたので、
内容を忘れてしまったので、「ブリジット~」をまた見たいとおもいました。
そんな感じで、私としては、日本ドラマのキムタク主演の「ロングバケーション」の方が
思い出してしまいました。”LALALA LOVE SONG”の雰囲気にぴったりです~~♪

ブリジットジョーンズの日記.jpg






最終更新日  2007年05月26日 08時59分42秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年04月22日
カテゴリ:韓国ドラマ&映画
韓国、2001年~2002年(全50話)
イ・ジェリョン、キム・ヒョンジュ、イ・スンジェ、ション・ボソク、パク・インファン、ホン・ウニ
キム・ユミ、ハンヒ、イ・ヒド、キム・ジャオク、キム・ヨンゴン、キム・セジュン

韓国MBC放送の創立40周年を記念してこの”商道”が放送されました。
脚本チェ・ワンギュ、演出イ・ビョンフンは韓国の大河ドラマ”ホジュン”と同じで、
イ・ビョンフンはあの”チャングムの誓い”の演出でもあります。

今、私は、CS放送の衛星劇場にてこの「商道」と「あの青い草原の上で」の
2本を見ていて、今日も午後はこの「商道」をみていました。

題名のとおり商売人のお話ですが、200年前の朝鮮時代に商権を握っていた
松商、京商、湾商、来商が中国などと貿易をして、
このお話では松商と湾商のお話が中心になります。
主人公のイムサンオク(イ・ジェリョン)は、幼い頃より訳官になるのが夢だった父の影響で
中国語が上手だった。両親は貧しい行商人だったので、幼いサンオクは、言葉の通じない
行商人の手伝いをしていた。サンオクも訳官になるためにお金を稼ぐために
危険な行商で中国へ行くことに。。。そこからの出会いで商売に興味を持ち、
得意の中国語と持ち前の機転の良さで商人の道を歩み始めるのである。
波瀾万丈な道であったが、晩年は、金儲けだけでなく、財産を社会に貢献したり、
自分は適した財産だけあればいいと、周りの商売人からも尊敬された人物で、
従三品まで出世したお話です。このサンオクb大河ドラマだけあって、たくさんの人物が出てきます。

今までみたドラマにも出ていた人も多いし、でも、何故か。
人物がはっきりしているからか。わかりやすいです。
「ホジュン」ではいい役だったイ・スンジェは今回はちょっと松商の悪徳商人役ででいます。
サンオクを慕いながら松商の娘で女大行者として才色兼備な役がダニョン役の
キム・ヒョンジュは「ガラスの靴」ではちょっと愛らしい役ででていました。
他にも他のドラマでみたことのある人が多く出ていたので見やすいドラマでした。
サンオクをとりまく女性たちもこれからどのようになっていくのか。
松商、湾商とのライバル争いなど、これからが楽しみなお話です。

このドラマは、前にやった「ホジュン」に似ていることや、同じ時期にSBS放送の「女人天下」の
視聴率が高くてちょっと低迷していたとか。
「女人天下」は韓国版大奥みたいなお話ですが、機会があったら見てみたいです。
この”商道”の原作でもある長編小説は、韓国ではミリオンセラー小説でお話は
面白いみたいです。

5月は、韓ドラも海外ドラマも増えるのでたのしみです。






最終更新日  2007年04月22日 18時03分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年02月28日
カテゴリ:韓国ドラマ&映画
2003年、韓国
チェ・スジェン、チェリム、ユン・テヨン、チェ・ジョアン

今、とっても楽しみに見ている韓国ドラマです。
題名もいいと思ったし、なんせ「イブのすべて」「四姉妹物語」のチェリムがでています。
「イブのすべて」のもよかったけれど、このドラマのチェリムはとってもとっても
可愛いですよ。

何不自由なくとてもいい両親のもとで育つお嬢様育ちでちょっとおちゃめな小児科医に
ヨノ(チェリム)と家族も多くて、いろいろと苦労の多いが、誠実なMjジュウ自動車の
セールスマンのテウン(チェ・スジェン)とお互いに育った環境が違う二人が
いろんな人を交えて起こるラブコメディなドラマですが、いろんなドタバタ劇も
あったり、韓国の普通の家庭もみられて楽しいホームドラマでもあります。
でも、題名の「あの青い草原の上で」がどのようになるのかとっても
これから楽しみです。
他のドラマでもいろんな役で活躍している俳優さんもたくさんでています。

主演のチェ・スジェンは、ドラマ「初恋」でペ・ヨンジュンの兄役ででていて去年
その「初恋」が昼の1時にやっていましたが見られませんでした。
でも以前、半分だけ見たことがありました。たぶんヨン様が兄のいるソウルに行くところ
までだったような。。。。このときのチェ・スジェンはあんまり覚えていないんですが、
このドラマはとってもステキなんで、今度「海神」も機会があればみたいです。

それと、弟役のテマン(ユン・テヨン)は、兄のテウンとはまったく違って
無鉄砲な感じで素直にできないちょっと突っ張った感じの役で、ちょっと
ドラマの中でも面倒を起こすタイプです。
ところが実際は役と違って?このユン・テヨンはある大手会社の息子さんで
このドラマの妹役のイム・ユジンと、今年のバレンタイン挙式されたそうです。
このドラマが縁だったわけですね。とっても盛大な結婚式だったみたい。
その中にペ・ヨンジュンも招待されていて、
今度、ペ・ヨンジュンとユン・テヨンは5月にやるドラマ「太王四神記」で
共演するそうです。こちらもとっても楽しみです。

大王四神記.jpg

他にも見たいドラマがたくさん始まります。
全部。。見られるかしら。。。






最終更新日  2007年02月28日 22時28分48秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年01月22日
カテゴリ:韓国ドラマ&映画
2004年、韓国(ドラマ全20話)
イ・ドンゴン、キム・ハヌル、キム・ソンス、黒田福美、ユミン(笛木優子)、金子昇


17日から衛星劇場にてイ・ドンゴンまつりの集中放送を見ています。
前に観た「ホジュン」と同じ午前5時からの2話ずつなので録画しています。
見ての通りで、日本との共演のドラマです。ロケ地も日本(神戸)と韓国で
撮影しています。
神戸のクルージングと夜景と神戸の街並みが最初の方に出てきます。

1989年、韓国慶尚北道館(ウェグワン)にシン・ジス(キム・ハヌル)がやってきた。
意気投合したハン・ドンジュ(イ・ドンゴン)とパク・ギテ(キム・ソンス)は、
三銃士契約を結ぶ。
ドンジュウとギテでジスを生涯守っていくというものです。
そんな仲のいい幼なじみでしたが、
あるとき、ジスの大切なオカリナが川に流されて、それを取ろうとしたドンジュが
川にながされてしまった。それから、12年後・・・・・


私は、朝5時からの2話ずつの放送なので、録画していますので
まだ4話までしかみていませんので
見ての通りに日本人が出ていますが、まだ、金子昇さんはでてきていません。
いったいどんな人物なんでしょう。もう少しで出てきそうです。

この中で、謎というわけでもないんですが、やはり知る人ぞ知る笛木優子ことユ・ミンです。
なんだか、日本人らしいのですが、見ているとまったくわかりません。
韓国語もお上手です。ちょっと敵役の方になっているみたいです。

黒田福美さんは、以前、渋谷のオーチャードホールで「冬のソナタ」のコンサートを
聞きに行ったのですが、
そのときの司会者でやはり韓国語がよくおできになっていらしたようでした。
韓国にも住んでいらしゃるようなお話でした。
私は、このドラマを見るときになんにも内容も観なかったし、日本人がでているというのも
しりませんでしたが、でも黒田さんがでてきたときは、自然にみれました。
ドラマでは、日本人の役なので日本語でした。

主演のイ・ドンゴンは、日本語をしゃべる場面があって、片言ですが上手な日本語で感激しました。
そう言った意味でも韓ドラがいまいちの人でも観やすいドラマかもしれません。
ロケも日本ですし。。。
ところが、韓国では、視聴率が悪くて2話短くなっての放送になってしまったらしいです。
18話に。。。。
今、私がみているのは、ニューバージョンで20話になっています。
このドラマのあとの「バリの恋人」がとっても知られているみたいです。まだ見ていません。


このドラマのイ・ドンゴンは、とっても優しさとクールさがあってステキな感じですが、
4話を見ていて驚いたのは、
つい最近見た、「オスカーワイルド」の格言をドラマの中で言っていました。
“悪い女は迷惑だ。いい女は退屈だ。”という言葉があるよ。言っていて、わぁ~偶然でも
オスカーワイルドの言葉が韓ドラで聞けるなんてちょっとびっくりしました。

もう1人の主演のキム・ハヌルは、日本に親しみやすい顔をしていて優しくて
おっとりした風で私は結構好きな女優さんです。日本人に近いイメージですね。
映画は2つくらいみたんですが、どちらも暗い印象の役だったので
このドラマはちょっと期待しています。

あと、ギテ役のキム・ソンスは、初めて観る人でした。
結構体格がいい人で、韓ドラにある支えの役のようですが、ちょっと強引なころもある
役柄でもあります。
これからは、どんな風になっていくのでしょう。


以前、視聴率が悪かったとはいえ、私は面白く観ています。
結末が。。こんなだったのというのをちょっと耳にしたので、気になりますが。






最終更新日  2007年01月22日 13時03分12秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年12月10日
カテゴリ:韓国ドラマ&映画
美しき野獣
2005年、韓国
クォン・サンウ、ユ・ジテ、オムジウォン

土日は、韓国のドラマや映画ばかりでした。
あまり映画館に行かない私ですが、子供と「チキンリトル」
を見たときに同じ時期に上映していて
ドラマ「天国の階段」をみたばかりだったので
子供と別れてみようかと思いましたが、やめて、
「チキンリトル」を一緒に見ることにしました。

それが、今日、衛星劇場でやっていたので見ることが出来ました。
クォン・サンウのアクションは素晴らしかったです。
この映画のエピソードは分からないのですが、たぶん、
自分で格闘シーンなどはやっていたように思います。
本当に動きはものすごく素早いし、「天国の階段」のときも
よく走っているシーンがありましたが、走るの速いみたいですね。
ちょっと、ハードなアクションで「天国の階段」のイメージとは
まったく違って、最初見ていて驚いてしまうと思います。

日本の映画のやくざものは見ないので、分かりにくい感じもしました。
クォンサンウは、刑事役でしたが、感情の激しさもあったり。。
やくざ映画さながらな感じで最初はがっかりでした。

検事役のユ・ジテは、どこかで見たような。。。。。
チャングムに出ていたチ・ジニともちょっと似ている感じがしましたが、
チャングムの誓いのイ・ヨンエ主演の「春の日は過ぎゆく」を
BS2で見たときに出ていたのが、ユ・ジテでした。
まったく正反対の検事役だったので、全く見ているときは分からなかったのですが、
この映画では、クォンサンウが動ならば、ユジテは静のイメージ。
でも、最後の40分は、この映画みてよかったとおもいました。
ラストは、意外な感じで終わりますが、私は涙が出てきました。

この映画は、法律においても権力の上に弱いものが、泣いている世の中を
描いたものらしいです。韓国でもいろな意見がでたようです。
悲しい結末でしたが、ラストはとても考えさせられました。
最後まで見ないと良さが私にはわからなかったです。


今日は、近くの教会のミサに行ってきました。
初めて行ったので、シスターにいろいろと教えていただきました。
韓国は4分の1がクリスチャンという、キリスト教の信者が
多い国です。だからか。日本よりも外国っぽい感じがします。








最終更新日  2006年12月11日 22時31分12秒
コメント(2) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.