741590 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

万葉の足あと【万年青日記】

2012.02.06
XML
カテゴリ:その他いろいろ
関帝の芋吹です。胡麻斑の羅紗特有の荒れた地合いに丸い葉は見ていて惚れ惚れします。愛嬌の良い芋吹きです。

関帝

関帝


こちらも関帝です。昨年秋の姿です。縞の木で秋に2本割り子がとれました。この木は縞だからなのか、地合いもつるんとした感じがします。

関帝

関帝


こちらは力和の縞です。が、関帝の縞と良く似ているんです。
力和縞


関帝の縞の木ですが、そこそこ深みのある芸をしていたので昨年の萬遊会に持って行ったところ、力和では?ということで出品を取りやめました。真相をつかみたいので、手っ取り早い方法として作り比べることにしました。今のところ、芋吹きのほうは関帝の親木を想像できるような地合いと葉姿をしています。縞の木のほうと力和の縞は・・・・そっくりです。どちらも2本の割り子がとれているのでほぼ同じ条件で比べるにはもってこいだと思います。芋吹き含めて3種類、今作でどのような姿に変わっていくでしょうか。私としては縞の関帝は本物であってほしく、覆輪でもまわってくれればと思うのですが・・・。






最終更新日  2012.02.07 01:10:53
コメント(0) | コメントを書く
[その他いろいろ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.