737566 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

万葉の足あと【万年青日記】

2018.09.23
XML
カテゴリ:その他いろいろ
猛暑の影響が知りたく、今年は早めに植え替えて状態を確認しています。抜いてみたところ、

①芋吹きで芋切りした木の芋底が傷んでいる
②治療中の木が倒れた
③芋吹きの首が細く吹いた気が倒れた
④青煮えで数本の木が倒れた
⑤葉繰り悪い
⑥最後の葉が細くなっている

①は、芋を切るのであれば、それに備えて親も準備をしないといけないし、切ったあとの植え込みや管理にももっと気を配らないといけないと感じました。

②は、治療中で芋が弱っていると思われるので、猛暑に耐えられなかったのでしょうか。こうやって弱い木・弱くなった木は淘汰されていくのだと思います。

③は、首の太い芋吹きを目指して、切る前の芋作りと箱出しのタイミング、出したあとの管理をもっと気を配る必要があります。

④は、我が家ではほとんど出たことがありませんでした。青煮えになった木は、すべて今作をかける前に外から入れた木なので、棚に慣れていなかったことにしておきたいですね。

⑤は、羅紗全般に葉繰りが1~2枚です。しかし、気温が下がってきた今になって、少しづつ伸びています。この秋繰りに期待です。

⑥は、本当はもう1回肥料の交換を行いたかったのですが、猛暑の影響が怖くて交換しませんでした。このおかげで倒れた木が少なかったのか・・・それは今となってはわかりません。


結局のところ、倒れた木に「猛暑だから」と言った特別な原因はなく、万年青の本に書いてあるような基本中の基本が原因で倒れており、諸先輩方のたどった道は間違いではないことを改めて感じました。思うまま・感じるままに万年青を作ってきましたが、基本に忠実であることは大切であるなと、植え込みながら調整を加えました。






最終更新日  2018.09.24 23:21:09
コメント(2) | コメントを書く
[その他いろいろ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.