704357 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

万葉の足あと【万年青日記】

全1126件 (1126件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

2019.07.30
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

気温が高くなってきましたね。日中、35度を超す、熱中症に注意!と言われますが、万年青は大丈夫なのでしょうか。さて、この暑さの中、当支部では展示会を催そうとしております。

日時 8月4日(日) 10時~18時
場所 TSUTAYA高松サンシャイン通り店
   (香川県高松市林町2217番21)

当日はラーテルグリーン(当支部の支部長さんの娘さんのお店)とコラボし、万年青を使った景色盆栽作りのワークショップを同時開催します。

全国的に万年青の会員が減少する中、一般の人に万年青を広めようとする当支部の取り組み第1歩です。

さて、この展示会には、通常の展示会とは趣旨が異なることから、展示物も万年青を知らない人でも楽しめるように「わかりやすい品種」を中心に展示します。さて、どんな展示会になるでしょうか。お近くの方、同好者お誘いあわせの上、ご来場ください。お待ちしております。






最終更新日  2019.08.01 06:14:58
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.29
カテゴリ:登録品

愛玉殿です。










古い品種ですが、現在でも通用する見事な姿にほれ込んで作っています。今年はまだ2枚しか繰っておらず、このまま秋繰りを入れても良くて3枚、3年葉をもたせたいですね。

週末、気温が一気にあがり、温室は39度になり、万年青たちを風通しのよい外棚に出しました。羅紗・縞甲系を中心に外に出し、残りは温室で夏を越します。ダイオネットが破れています。補修せねば。張り替えたいのですが、だれか簡単にお金がかからず張り替える方法を知っていたら教えてください。




よく乾燥しています。水を撒いてもあっというまに乾いてしまいます。ユキノシタも枯れ気味で、一部、無くなっているところも。




温室の中から抜いてきて植えました。これから毎日水がかかるので、問題なく育つと思います。




これから夏本番、夏はよく短い夏とも言われますが、あと一か月もすると展示会に向けてあわただしくなってきます。秋の植え替えも。無事に夏を越せますように。







最終更新日  2019.07.29 21:30:02
コメント(2) | コメントを書く
2019.07.27
カテゴリ:登録品
根岸松の図です。







我が家で1番図性の良い木です。父の代からあり、〇〇性とかはわかりません。今年は例年より木に勢いを付けたところ、図の出も良いようです。この図の系統はこの株だけなので、今後はこの木を中心に数を増やしたいと思います。






最終更新日  2019.07.28 03:32:51
コメント(2) | コメントを書く
2019.07.26
カテゴリ:登録品
旭翠です。





これまでに何度も挑戦してきましたが、いまだに思うような作ができません。思ったような葉幅をだすことができず、凝り固まったように委縮した木になってしまいます。のびのびとスッキリした葉を展開させたいですが、思うようになりませんね。
もうひとつ目指しているのは、でっぷりと丸々と太った姿です。過去に1度だけその旭翠を見たことがあり、肥満気味だと評価されるかもしれませんが、ただただ肥料をたくさん置いただけでは、太った・・・言い方悪いですね、葉幅のある木はできません。きっと何か他の工夫があるのだと思います。作場を見てみたいなあ~。






最終更新日  2019.07.27 01:43:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.25
カテゴリ:登録品
武蔵です。





昨年の葉で十字になり、最後の葉は肥料切れ?高温?、小さい葉になっています。今年の葉は勢いが付き過ぎたのか、葉には芸が表れていません。あまり大きく育てると花が付いてしまうので来年は危険です。

ここ最近、毎年のように異常気象と言われ、その気候にあわせてコンスタントに同じ葉を繰らすのは至難の業ですよね。工夫次第で良い芸・姿を見せてくれ、二つと同じものができないところが、私にとっての万年青の魅力です。






最終更新日  2019.07.26 03:49:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.23
カテゴリ:未登録品
何度かお披露目している実生です。






ずっと増えなかったのですが、昨年、子があがり、続いて今年も1本、子が出てきました。

昨年割った子です。






丸く、愛嬌ある葉で順調に育ってほしいです。

今年の梅雨は例年にはない梅雨でしたが、いよいよ明けそうです。クマゼミが朝早くから鳴いています。夏だなって感じがしてきました。まだ雲が多く、すっきりと晴れていませんが、万年青の環境も夏モードの用意をしないといけませんね。






最終更新日  2019.07.24 06:28:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.22
カテゴリ:実親
麒麟の海です。





今年、我が家で一番元気がいい木です。早くから葉は動き出し、現在、4枚目が伸びているところです。十字になった古い葉はもうすぐ落ちることを思うと、秋の姿が楽しみです。






最終更新日  2019.07.23 06:11:59
コメント(2) | コメントを書く
2019.07.21
カテゴリ:登録品

力和、4本です。










昨年の葉はどれも丸っこい葉に芸をのせた力和らしい葉で、ここ数年、うまく育てられるようになってきたと思っていましたが、今年、がっかりするような葉がでました。でも、ここ数年してきたことと、今年したことで、明らかに違うことをしたので、力和の育て方でNGがひとつわかったような気がします。

最近、思うことは、万年青は棚の中に1つは棚にあったてよくできる木があると思っていましたが、それに加えて、万年青は作る人の性格も万年青の成長・姿に現れ、性格にあった木もよくできるんだなと思うようになりました。もちろんそれだけではありませんが。しかし、羅紗の芸を引き出すのは、改めて至難の業だと実感しました。







最終更新日  2019.07.22 03:06:46
コメント(2) | コメントを書く
2019.07.20
カテゴリ:未登録品
五岳山(ごがくさん)未登録品です。






大葉で羅紗地、覆輪で縞が入ります。この親木は父の代からずっとある木で、辰王丸や関白など、父の思い入れのある木として絶やさないようにと育ててきました。現在、親木がもう1本、若木が2本、外に数本出ていて、絶えることはなくなったと思います。はっきりと縞が入った木は、この親木だけです

今年の葉はこれまでで一番はっきりと縞が入りました。派手ですね。今のうちに縞の入った木を増やしておきたいです。





子は今年の葉にまだ縞が出ていません。昨年の葉には出ているので、出てくれることを期待しています。






最終更新日  2019.07.21 10:32:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.19
カテゴリ:登録品
関白です。





父が万年青を始めるきっかけになった木で、今も我が家に5鉢ほどあります。白と緑のコントラストが特に綺麗な木で私も好きな木の一つです。この2鉢は大株にしようと育てています。素一本でも魅力はありますが、細い葉がや柄の出ない葉があったりするので、大株にしてそのあたりをカバーしようとしています。大株にするには出てきた子を外さないのは基本ですが、そのまま育てていると、出てきた子の根と親の芋の根が密集する部分で根落ちが発生するので、私は根を間引いて密集しないようにしています。さて、秋には見ごたえある大株に仕上がるでしょうか。






最終更新日  2019.07.20 17:14:31
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1126件 (1126件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.