727964 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

万葉の足あと【万年青日記】

全87件 (87件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

未登録品

2019.07.23
XML
カテゴリ:未登録品
何度かお披露目している実生です。






ずっと増えなかったのですが、昨年、子があがり、続いて今年も1本、子が出てきました。

昨年割った子です。






丸く、愛嬌ある葉で順調に育ってほしいです。

今年の梅雨は例年にはない梅雨でしたが、いよいよ明けそうです。クマゼミが朝早くから鳴いています。夏だなって感じがしてきました。まだ雲が多く、すっきりと晴れていませんが、万年青の環境も夏モードの用意をしないといけませんね。






最終更新日  2019.07.24 06:28:00
コメント(1) | コメントを書く
2019.07.20
カテゴリ:未登録品
五岳山(ごがくさん)未登録品です。






大葉で羅紗地、覆輪で縞が入ります。この親木は父の代からずっとある木で、辰王丸や関白など、父の思い入れのある木として絶やさないようにと育ててきました。現在、親木がもう1本、若木が2本、外に数本出ていて、絶えることはなくなったと思います。はっきりと縞が入った木は、この親木だけです

今年の葉はこれまでで一番はっきりと縞が入りました。派手ですね。今のうちに縞の入った木を増やしておきたいです。





子は今年の葉にまだ縞が出ていません。昨年の葉には出ているので、出てくれることを期待しています。






最終更新日  2019.07.21 10:32:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.11
カテゴリ:未登録品
羅紗獅子の辰王丸(たつおうまる)です。







2本目。






地合いは荒れていてすごくいいです。



父の代からあった木で、1本の親から2本の芋吹きがとれ、私の記憶ではかれこれ2本の芋吹きは15年は育てていると思います。まだ完全覆輪といえるものは4才になる木が1本だけで、2本目の左奥のような深さの覆輪になれば見ごたえも出てくると思います。総数は10本になり、多少のことがあってもこの種が全滅することはなくなったと思うので、あとは完全覆輪の木を増やしたいと思います。






最終更新日  2019.07.12 06:08:25
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.26
カテゴリ:未登録品
萬祥です。





芸の早い木のように思います。大きめの割り子を棚入れし、1作でこの芸です。萬祥は、父がまだ元気だったころに吹きを棚で見たことがあり、名前だけは知っていたので、いつかは棚入れしたいと思っていました。これからどのような芸を見せてくれるのか楽しみです。






最終更新日  2018.09.26 23:19:02
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.29
カテゴリ:未登録品
未登録品の雷晃(らいこう)です。






この暑さをものともせず、味のある葉芸に輝かんばかりの白さで、我が家ではこれまでで一番良くできたと思います。惜しむのは昨年の葉を消毒不足で傷めたことで、今年は特に消毒には気を付けています。






最終更新日  2018.08.30 00:33:26
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.28
カテゴリ:未登録品
もう何年も作っている縞甲実生です。





獅子ではないのですが葉が巻き気味に育っていました。今年、少し作り方を変えてみたところ、木勢も出て葉芸も増してきました。




どのような作り方がこの木にあうのかはまだわかりません。以前のまま獅子のように巻き気味の葉姿で仕上げても面白いかもしれませんし、今のような激しい芸で揃えてもまた面白いかもしれません。この木はまだそんなに数は無いと思うので、覆輪目指しながら姿ともに完成させたいです。

まだまだ暑いですね。我が家ではほとんど見ることがなかった青煮えで1本倒れました。倒れた木は外から入った木で、まだ我が家に順化していなかったのだと言い聞かせながらも、これから他の木に出ないか見守っているところです。






最終更新日  2018.08.29 02:49:05
コメント(2) | コメントを書く
2018.08.03
カテゴリ:未登録品
久々に登場の辰王丸(たつおうまる)です。










元気に育っています。父の代から2本で引き継ぎ、現在、ようやく順調に増えてきました。作も色々と試すことができ、木の芸も安定してきたと思います。覆輪がもっと深く入ればと思うのですが、これが限界かな。






最終更新日  2018.08.04 07:30:15
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.04
カテゴリ:未登録品





地合いの良さが見てとれます。ちらっと端によった縞があとの葉に続きませんでした。

過去、縞を維持するには、手堅く育てるより、少し力をこめたほうが柄の出方が良かったように思います。力をこめると大きな葉が出たりしますが、この木は美術木を目指すよりも覆輪を目指しているので、バランスを崩すような葉が出ても全く問題ありません。今年は昨年より力を入れてみようと思います。いずれも私の感覚なので、参考程度にしてくださいね。

昨日・今日と萬風展、名品展が登録品の大会なら、萬風展は未登録品の大会かな。行きたかったな~・・・(涙)







最終更新日  2018.03.05 02:57:56
コメント(2) | コメントを書く
2018.01.26
カテゴリ:未登録品
未登録の獅子です。







玉姫に似ていますね。作を少し失敗しているので、この木の本来の良さを十分に引き出せていません。作り直して再びお披露目したいと思います。






最終更新日  2018.01.26 02:44:46
コメント(2) | コメントを書く
2017.10.13
カテゴリ:未登録品

学松(がくしょう)です。未登録品です。





我が家で作ると、波涛の千代田斑バージョンかなと思います。大きさは波涛より小さいかもしれません。

そろそろ支部展(11月4~5日)に出品するものを植え替えていきます。まだ完成形ではありませんが、波涛が支部展の支部指定品種であるので、話題作りに参考品として出品ようと思います。







最終更新日  2017.10.14 10:56:03
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全87件 (87件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.