410955 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まいかのあーだこーだ

2020.10.28
XML
カテゴリ:ドラマレビュー!
この朝ドラは、
当初、脚本家の降板騒ぎがあり、
バラエティ系の演出家が脚本を兼ねるということで、
ややイロモノ的な作品になるのかと思っていました。
実際、前半はそういう面もありました。

でも、戦中のパートになったら、
いままでの作品にはないほど硬派な表現を見せて、
それは戦後のパートになっても続いています。
このような展開は、とても予想外だったので驚きです。



戦後になって大きく変わったことは、
人々の姿が、とても下品になったということです。
これは、かなりリアルな戦後の表現なのだと思います。

戦前は、
とても上品で優雅な人々の生活が描かれていました。

しかし、戦後になると、
汚い建物、汚い服装、
人々の粗暴な行動、品のない言葉遣い、
そういったものが目立つようになりました。

実際、戦後というのは、
けっして明るい時代ではなかったと思います。
「明るい時代にしよう」という希望をもった人はいたけれど、
けっして誰もが明るく生きられる時代ではなかった。

市街には戦傷者や孤児があふれていたし、
物資や食料は不足していたし、
家族が死んだ記憶や、人を殺した記憶が、
多くの人々のなかに生々しく残っていたし、

なりふりかまわずに、
他人を押しのけるような人間でなければ、
生きていけなかった時代だと思います。
そういう人間ばかりが生き残ったともいえます。

日本人は、
戦前のような端正な美しさを失って、醜くなったと思います。
本来の礼儀正しさや品のよさは、失われてしまった。

バブル期にも、
悪徳業者やヤンキーが増えたのですが、
戦後にも、
詐欺師やチンピラが町にあふれかえって、
社会は荒廃したと思います。



お金持ちのお坊ちゃんだった久志が、
酒や博打に溺れるようになったのも、
けっして例外的なことではなかったのだと思います。







最終更新日  2020.10.28 10:20:04


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

Way Down in the Rus… New! 幻泉館 主人さん

北方ジャーナルの記事 New! みらい0614さん

山口県岩国市:華麗… 天地 はるなさん


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.