634846 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まいかのあーだこーだ

全7件 (7件中 1-7件目)

1

大森美香の脚本作品。

2021.09.12
XML
NHK大河「青天を衝け」。

栄一はすでにパリから帰国したので、
「一橋家臣編」と「パリ編」までが終わったことになります。

第1部につづき、
第2部・第3部も満足のできる内容でした。



クドカンの「いだてん」では、
ストックホルムを舞台にした海外編のときに、
やや勢いが衰えた印象があったので、
本作の「パリ編」がどうなるかを心配していました。
… [続きを読む >>]





最終更新日  2021.09.12 14:07:53


2021.08.29
NHKの深夜のイッキ見配信で、
「特撮ドラマ 超速パラヒーロー・ガンディーン」を見ました。
かなり優秀なドラマでした。

特撮が、
はたして最先端なのかアナログなのか分からないけれど、
スペクタクルの醍醐味も十分に味わえました。

これは、もちろん、
開催中のパラリンピックに当てこんだ企画なのでしょうが、

身障者というテーマをクソ真面目に扱うだけでな … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.08.29 10:00:10
2021.08.28
NHK大河「青天を衝け」第25話の内容が凄すぎて、
いまだに受け止めきれない。

経済人として知られる渋沢栄一の生きた時代が、
これほどの「乱世」だったのか、ってことの驚きもあるし、

大森美香の書くドラマが、
かつてないほど凄惨なものになった、ってことの驚きもある。



わたしは、いまから15年前、
朝ドラ「風のハルカ」のときに、
大森美香は、ただ不 … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.08.28 10:50:05
2021.05.13
NHK「青天を衝け」。
第二部の《一橋家臣編》がはじまりました。

ディーン・フジオカも登場して、
いよいよ大森美香ワールド全開って感じ?



女性作家による大河というと、
橋田壽賀子の「おんな太閤記」とか、
田渕久美子の「篤姫」なんかがあって、

それらは主人公が女性ということもあり、
女性作家らしさが明瞭に打ち出されていたと思う。

でも、今回 … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.07.13 17:26:52
2021.05.03
NHK『青天を衝け』第一部が終了。

とくに第11~12話、
「横濱焼き討ち計画」からの展開が、
とてつもなくスリリングで面白かった。

渋沢栄一って、こんなに過激でヤバい人だったの?
という驚きもあります。

もし、
彼らが本当に横浜を焼き討ちにしていたら、
その後の日本史は一体どうなっていたのでしょう?



武士の真似事をして、
「攘夷」などという … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.07.13 17:28:35
2020.09.18
第1シリーズでは、
百々瀬佐智(谷村美月)が「未解決の女」でしたが、
第2シリーズでは、
牧野孝蔵(竜雷太)が「未解決の男」になりました。



牧野は、
ヒイラギ製薬の株価が下がるのを恐れて、
会社に粉飾決済を強制しました。
不正を知った経理部の野田と釘本は、
内部告発を試みましたが、
弁護士の若林に雇われたチンピラ2人によって、
野田が殺され … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.07.13 16:48:10
2020.08.27
未解決の女~警視庁文書捜査官。

第4話。
かなり印象深い内容。
男性どうしの友情、
そして父と娘の物語でした。

やはり大森美香の単独脚本だと力があります。
もともと大森美香の「父」の描き方は独特です。



当初、
彼女が刑事ドラマを書くのは意外に思えたけど、
ふたを開ければ、やっぱりその作家性が際立ってる。

『あさが来た』の波瑠や山内圭哉 … [続きを読む >>]





最終更新日  2021.07.13 16:49:25

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.