025781 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

映画三昧

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

カテゴリ未分類

2008.06.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「カオスな系では、初期条件のわずかな差が時間とともに拡大して、結果に大きな違いをもたらす」というカオス理論をモチーフに…とはいうもののどちらかというとRPG的というかライトノベル的という感じが。個人的にはそこまで…と思うものの、SFとして、青春恋愛映画として評価の高い作品。





【あらすじ】
幼い頃から度々記憶を失っていたエヴァンは、治療のため日記をつけ始める。13歳の頃、エヴァンは幼なじみのケイリーたちと悪戯をして大事故をひき起こすが、その瞬間も彼の記憶は空白だった。やがてエヴァンは引っ越すことになり、虐待傾向のある父と乱暴な兄トミーと暮らすケイリーに、「迎えにくる」と伝え残す。時が経ち、大学生となったエヴァンは、記憶を失うこともなくなっていた。しかし、昔の日記を見つけた時から、エヴァンの意識に変化が起きる…


【レビュー】
人生に「もしあの時…」ということはありえない。とはいえ、きっと誰もが考えたことがあることだろう。しかしもし仮にその時代に戻れたとして、都合よく、ある事象だけを変えるなどということはできないのだろう。主人公のエヴァンは幼少期から時々記憶をなくしている。しかしそれは「忘れたほうがいい」記憶だったのかもしれない。

エヴァンはその過去を取り戻そうとし、必ずしも幸福ではない現在を書き換えようとし、過去に干渉しようとする。うまくいかないからある時点に戻って、その出来事を書き換える。それでもうまくいかなければまた違う時点に戻ってその出来事を書き換えようとする。それはまさにRPGのように。しかし「うまくいくための」初期条件はどこにあったのだろうか。→続きを読む






最終更新日  2008.06.08 22:34:58
コメント(69) | コメントを書く


2006.07.31
カテゴリ:カテゴリ未分類
「今まで1番泣いた映画は?」と聞かれたら、この映画はその候補の1つにあげるだろう。「いまを生きる」や「陽のあたる教室」に比べたら無名に近いかもしれないが、この実話に基づいて描かれた物語は、必要以上に感動的な演出がないからこそ、リアルに直接、見るものの心を打つ。ただ泣ける、ただ心震える、そんな秀作。

白い嵐 アドバンスト・コレクターズ・エディション ◆20%OFF!


独自の教育方針で知られる海洋学校、オーシャン・アカデミーに入学した17歳のチャック(スコット・ウルフ)は、航海訓練生として、憧れの帆船アルバトロス号に11人の少年と乗り込み、南米を半周する船旅に出発した。期待と不安を抱いた若者たちと共に旅に出たベテラン・クルーは、船上教師のマックレア (ジョン・サヴェージ)とコックのジラルド(フリオ・メチョソ)、船長のスキッパーことシェルダン(ジェフ・ブリッジス)、彼の妻で船医の資格を持つアリス(キャロライン・グッドール)の4人。船長は早速、若い船乗りたちに「海を甘く見ることなく、海を制する者になれ。団結は力だ」と訓示を与える。訓練が始まって間もなくトラブルが発生。帆を下ろそうとしたチャックの首にロープが巻きつき、窒息死寸前の事態に。近くにいたギル(ライアン・フィリッペ)は彼を助けようとするが、最愛の兄を転落死で失った忌まわしい記憶から、マストに登ることができない。すんでのところで船長が助けに入り、一命を取り留めたが、彼はギルを非難し、恐怖心を克服させるためマストにまぼるよう命じる。しかし、ギルは怖さのあまり失禁し、泣きだす始末。周りには不穏な空気が流れ、船長に対する不信感が少年たちの心に芽生える。(goo映画より)


この作品の監督がリドリー・スコットだというとちょっと違和感を感じる人もいるかもしれない。とはいえ、「エイリアン」がただのSFホラー以上に、当時の日米経済摩擦を背景とした「不安」をベースにしていたり、「テルマ&ルイーズ」がフェミニズム的な女性差別論あるいは社会システムにおける自由と支配の問題を背景としていたりと、リドリー・スコットはただのエンターティメント監督ではないのも確か。そしてその映像は主人公への感情移入に頼るという安易な方法ではなく、冷静に物語を追いかけ効果的な演出を心がけるといっていいだろう。

そのため本来は、リドリー・スコットの作品は「感動」系の作品とは遠いはずである。こういう言い方すると何だが、「泣ける」映画というのは難しくない。「ゴースト」しかり「タイタニック」しかり、誰もに肯定される物語があり、リアルすぎることなくかつ一生懸命演じる役者がいて、彼らが演じる主人公に感情移入しやすい演出をし、ちょい感動系の音楽をかければ、多くの人は泣くのだ。

しかしこれは本当に心震わせているわけではない。→ 続きを読む






最終更新日  2006.07.31 12:25:15
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
世界の巨匠・北野武にして公開から終了までが1週間だったか2週間だったかというのは、名作「ソナチネ」以来のことだったのではないかあまりの公開期間の短さに、思わず見逃してしまったが、その間に聞いた感想で肯定的なものは何一つない。いずれにしろ、「その男、凶暴につき」以来の北野武ファンにとっては、他者の評価など関係ない。「3-4x10月」がなければ「ソナチネ」が生まれなかったように、北野武の映画はその作品で完結した評価ではなく「北野武」という文脈で読まれるべきだろう。

TAKESHIS’ ◆20%OFF!

芸能界の大スターとして、日々忙しく過ごしているビートたけし(ビートたけし)。芸能人として、そして世界に名だたる映画監督として、いわゆるセレブな彼はリッチな生活を送っている。一方、そんなたけしと外見がそっくりの北野(ビートたけし)は、しがないコンビニ店員。中年の峠を越えても売れない役者として苦闘中で、色々な舞台や映画のオーディションを受けまくっているものの、受かったためしがない。ある日のこと、北野とビートたけしが偶然にも出会う。北野は憧れのスター、ビートたけしからサインをもらうが、この出会いをきっかけに北野はたけしの映画の世界へと入り込んでいく。それは、虚構とも現実とも区別がつかない危険なファンタジーの世界だった。(goo映画より)


まぁ、何のことはない。難解だ、難解だという話の割には、「cut」などで北野武のインタビューを呼んでいた人間、北野武と映画との関係を知っている人間にとってはそうでもない。アプローチ自体もいくつかの取り組みに支えられているとはいえ、映像哲学に凝り固まった難解さとはほど遠く、いくつかの取り組みに支えられた、という程度だろう。この映画のベースとしては、やはり北野武という人間は「死」と向きあわざろうえないのだろうということと、登場人物が象徴している人物たちとの関係性だ。

北野武という男は「死」と「暴力」に向き合う作品が多い。「ソナチネ」はまさにその死生観が反映された代表作だが、監督デビュー作である「その男、凶暴につき」のもつ暴力性や「3-4x10月」、美しい物語であるが本人曰く「殺さずにはいられなかった「あの夏、いちばん静かな海。」に「Dolls」など、そこには「死」に取り付かれた男との一面が見て取れる。この映画での「タケシ」も常に破壊願望と自身の「死」をもつ存在として描かれている。

そしてもう1つのベースが、実際の「北野武」とこの映画の登場人物たちとの関係だ。→ 続きを読む






最終更新日  2006.07.31 12:21:00
コメント(0) | コメントを書く
2006.07.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
現実が「正義」と「悪」に分かれていて、「原因」と「帰結」が明確で、努力をうれば常に「明るい未来」が保証されているのであれば、この物語は必要ないのだろう。昔読んだ「童話」のように、昔見たTVドラマのように。でも現実はそんなに分かりやすくはない。それはこの物語のロスだけではなく、警官を信じられず、教師を信じられず、あるいは母親でさえ信じられない日本でも同じなのだろう。決して、明るくはない物語。しかし絶望することなく、優しい視線で「日常」の裏側をたどった秀作。



ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2人は白人夫婦の車を強奪。人種差別主義者の白人警官は、裕福な黒人夫婦の車を止めていた。階層も人種も違う彼らがぶつかり合ったとき、悲しみと憎しみが生まれる。その先に、あたたかい涙はあるのだろうか。(goo映画より)


忙し過ぎるのか、過度のストレスか、些細なことが人間関係のトラブルになっているケースが少なくないように思う。「そんな話聞いていない」「メールじゃなく、口頭で直接言ってください」言わなくてもいいような一言をいい、その結果、互いの怒りと後悔の念だけが残る。そんなとき、思ったこと・思った気持ちを直接そのまま言うのではなく、相手のことを考えて、言い方を変えたり言うのを我慢すればいいのに、と思う。そうすればそんなトラブルを避けられるのではないか―でも現実派そんなに甘くない。

感情を抑えた側の気持ちは伝わることなく、感情を爆発させる側は後先を考えない。反応がなければよけいに相手を追い込みはじめ、なぜ自分をわかってくれないのかと余計に一方的となる。抑えたほうもただ我慢を続けることはできない。その帰結は、逆切れなのか自暴自棄なのか。

黒人のテレビ演出家キャメロンと妻クリスティンの果たしてどちらが悪かったのか。

人種差別主義者の警官ライアンは、(黒人が)豊かな生活をしているものへのひがみなのか、その権力をかさに警官としてはあるまじき行為をする。この時点では心ある人であれば誰もが彼をろくでなしの警官だと罷免を求めるだろう。しかし彼のような警官が、人の命がかかったような場面、自分の抑圧された感情を忘れられるのであれば、命を投げ出し勇敢に職務をこなすことができるのだ。→ 続きを読む






最終更新日  2006.07.23 23:30:27
コメント(0) | コメントを書く
2006.07.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
原作の想いを踏襲できたかどうかは別として過激な映像とスリリングな展開で成功を収めた「オールド・ボーイ」の監督パク・チャヌクの復讐三部作の第三弾。「オールド・ボーイ」ほどではないものの、過激な映像表現と他の韓国映画とは一線を画する佳作。



天使のような美貌と残忍な手口で世間を騒然とさせた幼児誘拐事件の犯人クムジャ(イ・ヨンエ)は、服役中、誰に対しても優しい微笑を絶やさなかったことから「親切なクムジャさん」と呼ばれるようになる。13年間の服役を終えて出所した彼女は、自分を陥れたペク先生(チェ・ミンシク)に復讐するため、かつての囚人仲間に協力を依頼する。ペク先生により引き離された娘と再会を果たし、ついに彼を手中にいれた彼女だったが、本当の復讐はそこからが始まりだった……。

「オールド・ボーイ」がストーリ展開が鮮やかだったからか、この「親切なクムジャさん」はそれに比べるともう1つかったるさが残るものの作品自体としては決して悪くはないのだろう。

この物語の軸となっているのは、クムジャが獄中で親切なフリをして作った仲間の助けを借りて、自分を陥れたペクに復讐するというものなのだけれど、実際に物語が緊迫感を持ちうるのは、復讐の相手を捕らえるまでというよりは、その後の極私的裁判のシーンからといっていい。ここで現れるのは、クムジャだけでなく、自分の愛する子供たちを奪われた肉親たちの残酷なまでの復讐心だ。

このシーンの恐ろしさは、被害者家族を集めその殺害される様子を見せる、あるいはその極私的(欠席)裁判の様子を拘束されたままのペクに「音」だけで聞かせる(想像力のよって恐怖と不安を倍化させる)といったこともあるけれど、何よりもそこで交わされる会話と制裁の様子だろう。→ 続きを読む






最終更新日  2006.07.08 22:38:08
コメント(0) | コメントを書く
2006.06.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
原作の島村和彦のマンガを知っている人間にとっては、あのシマムラの熱血系パロディ的世界観を実写にすることほど無謀なことはない、と思いつつも、「少林サッカー」のあの「お馬鹿さ」に対抗できるとしたら、またシマムラの作品しかないだろうとも思う。オープニングこそぎこちなさが残っているが、話が進むにつれ(慣れるにつれ?)魅力的なお馬鹿さに仕上がって作品。

DVD 逆境ナイン 全力版 <送料無料>

全力学園の弱小野球部キャプテン・不屈闘志(玉山鉄二)は、ついにある日、実績を重んじる校長(藤岡弘)から廃部を言い渡される。愛する野球部を絶対につぶしたくない不屈は、無謀にも校長に「甲子園出場」を誓ってしまう。イマイチやる気に欠ける部員たちを言葉巧みな屁理屈で操り、猛特訓を開始した不屈だったが、野球を知らない監督・榊原剛(田中直樹)の就任、様々なピンチにさらされる部員、そして不屈自身もマネージャー・月田明子(掘北真希)との恋と野球の板挟みに陥るなど、次から次へと「逆境」に襲われてしまうのだった…


「炎の転校生」や「風の戦士ダン」で島村和彦マンガの衝撃を受けた人間としては、あの世界観は劇画タッチだからこそ。さてどこまで実写であの魅力がでるのか、というところだったのだけれど、オープニングの校長との対立シーンなどを見ると、正直、やはり厳しいかな、という感じ。むしろこうした「熱血ぶり」というのは、高橋いさを(劇団ショーマ)らの方が魅力を引き出してくれそうな感じが。→ 続きを読む






最終更新日  2006.06.10 23:28:48
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
京都という街は不思議なところでただの歴史ある地方都市というだけではなく、「左翼」と「右翼」「在日朝鮮人問題」「同和問題」というものが狭い街の中に混在している。大学構内を覗けば、「民青派」やら「革マル派」「中核」やらといった文字が記載されたビラが配られ、その一方でそれらを毛嫌いし「天皇」がいかに大事かを話す連中がいる。バスに乗ればチマチョゴリを着た女子学生がいて、「このあたりは部落だから治安が悪い」という会話が当たり前のようになされている。そんな京都の1968年を舞台に在日朝鮮人と日本の高校生の青春を描いた井筒監督の秀作。

グループ・サウンズ全盛の1968年。京都府立東高校の空手部と、朝鮮高校の番長・アンソン(高岡蒼佑)一派は、激しく対立していた。両校の親睦をはかるためにサッカーの親善試合の申し入れを行うはめになった松山康介(塩谷瞬)は訪れた朝鮮高校で、偶然、アンソンの妹のキョンジャ(沢尻エリカ)に一目ぼれする。彼女が奏でていた美しい曲が、「イムジン河」という朝鮮半島に思いを馳せた歌だと、自由人・坂崎(オダギリジョー)に教えられた康介は、キョンジャと親しくなりたい一心で、ギターの弾き語りで「イムジン河」を練習し、朝鮮語の独学を始めるのだった…

パッチギ!スタンダード・エディション ◆20%OFF!


話はいたってシンプルで、対立する2つのグループの男女が恋に落ち、男はもう1つのグループに溶け込もうと努力する。2つのグループの対立はまだ続いてはいるけれど、個々人では友情と愛情で融和の可能性を切り開いた――。そんなところだろう。ただこのグループの一方が「在日」だったりすると俄然この問題は難しさをともなってくる。

そもそも何故「在日」が存在するのか?結局、作品のモチーフに「在日」が絡んだ瞬間からそれが既に「在る」状況として物語を進めていくわけにはいかなくなる。「在日」を扱った瞬間、物語はその歴史を背負わされ、「連れてこられた者」と「その後もいつく者」という対立する解釈をもつ観客達に晒されることとなる。

「あなた朝鮮人になれる?」

その一言はおそらく他のどの対立よりも深い。→ 続きを読む






最終更新日  2006.05.03 18:53:07
コメント(0) | コメントを書く
2006.04.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
常に最適なオペレーションを提供するためには、オペレーティングシステムといえども開発した状態ではいられない。それは時には「パッチ」というような形式でもよいのかもしれないが、ソフトウェアのバージョンアップそのものが必要になることもある――ということがこの映画のテーマなのだろうか?あるいは完璧なシステムなど存在せずある種の不確実性を内包することでより安定的なシステムを構築することができる、ということか。今更なんだけれど、「マトリックス リローデッド」「マトリックス レボリューションズ」を見た感想がそういったもの。

マトリックス リローデッド(期間限定) ◆20%OFF!


救世主ネオ(キアヌ・リーヴス)は、マシン軍団に包囲された人類最後の都市ザイオンを救うべく、超人力を全開させる。反乱軍のリーダーであるモーフィアス (ローレンス・フィッシュバーン)は、救世主が戦いに決着をつけてくれることを疑わなかったが、ネオには葛藤があった。まもなくネオとトリニティー(キャリー=アン・モス)とモーフィアスは、再びマトリックスへ乗り込む。敵の大軍との総力戦を開始。やがて、人工知能=A.I.の命令に逆らい宿敵ネオを倒すことに執着するエージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)が、自分をコピーする方法を身につけて、しつこく襲いかかる。やがてネオは、マトリックスの設計者(ヘルムート・バカイティス)と対面。救世主である自分までもがシステムに操られていることを知る。それでも彼は仲間たちと共に、ザイオンを救うため、戦いを続けるのだった…


第1作のマトリックスが、「AKIRA]や「Ghost in The Shell 攻殻機動隊」といったジャパニメーションの影響が大きいことは有名な話だけれど、この2作もその続編としてSF映画や日本のマンガの影響が色濃く残っている。しかし正直、作品の完成度というと、映像の迫力や撮り方の斬新さなどは◎だけれど、ストーリーとしてはちょっと無理があるだろう。例えば「スターウォーズ」のように、原作がありもともと大きなストーリーとしての骨格・背景があれば、1作目ではあくまでルーク・スカイウォーカーという一兵士の物語として描きつつも2作目以降に壮大な物語を展開したとしても無理はないかもしれない。が、「マトリックス」の場合、2作目以降で展開された物語がかなり「後付け」的な展開になっている。

1作目では機械の支配とそれを知り独立を目指す人間たちの戦いというのがベースであったが、それが2作目であきらかになったことが、そうした人間たちの抵抗さえも安定した支配のためにシステムに折込積みのものであるという風になっている。こうした設定自体は決しておかしいものではないのだけれど、そもそも1作目の人間の体熱がコンピューターのエネルギーになっているという点からかなり無理がある。それが1作目ではまぁ、物語自体の面白さもあって無視できたのだけれど、それが2作・3作と妙に設定にリアリティを持たせ始めると無理を感じざろうえない。→ 続きを読む






最終更新日  2006.04.17 00:42:05
コメント(0) | コメントを書く
2006.04.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
ロン・ハワードに駄作なし、というと言い過ぎかもしれないが、個人的には監督の名前で映画を見てもいいかなという人の1人だ。「コクーン」「バックドラフト」「アポロ13」「身代金」、それにアカデミー賞を受賞した「ビューティフル・マインド」などなど。基本的には派手な映像美やCG、斬新なカット割を使ったりするのではなく、オーソドックスにヒューマン・ドラマとして「物語」を創りあげていくタイプ。だからこそ安心して見ていられるのだ。そしてこの「シンデレラマン」もその路線。決して派手な映画ではないけれど、物語が進むにつれて深く心に刻まれる秀作。

シンデレラマン ◆20%OFF!

 ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は、前途有望なボクサー。美しい妻メイ(レネー・ゼルウィガー)と、天使のような3人の子供に恵まれ、家には笑い声が絶えることがなく、幸せの絶頂にいた。だが、1929年、右手の故障がきっかけで勝利に見放されたジムは引退を余儀なくされる。時を同じくして《大恐慌》がアメリカの経済を壊滅状態にし、人々の生活は困窮した。国中に溢れかえる失業者の一人となったジムは、過酷な肉体労働でわずかな日銭を稼ぐが、そんな仕事にすらありつけない日の方が多かった。
 出口の見えない不況の中で、男たちはプライドを失い、自分自身を失っていった。ジムもまた貧困の中で、子供を他所に預けざろうえない状況に。しかし彼は家族が一緒にいることに固執する。そんな時、ボクサー時代のマネージャーだったジョー・グールド(ポール・ジアマッティ)が、新進ボクサーとの試合の話を持ちかけてきたのだ。勝ち目などない、一夜限りのカムバック。だが、その報酬は今のブラドック家にとって大きな救いだった。夫の身を案じるメイをふりきり、ジムは再びリングに立つのだった…。

この映画がこの2005年という時代に登場したことはある意味不思議だ。アメリカバブル説が囁かれているとはいえ、空前の好景気で不況感がないというのに。むしろ数年前の日本にこそ求められていた映画ではないか。

「下流社会」などと言われながらも、今の日本はそれなりに豊かだ。最近ではミニバブル状態になったりもしているが、これらにしても企業の「リストラ」や「コスト削減」によるもの。特に現代は通常の経済学で扱うような在庫調整的な景気サイクルだけでなく、IT化・市場のグローバル化というパラダイム変化、就労人口の年齢分布の変化ということもあって、そうした変化に置いてきぼりにされた多くの中高年が何らかの「敗北感」を抱いたことだろう。

折角、年功序列の社会で苦労して築き上げてきたものがパラダイム変化とともに否定される、しかもホリエモンや三木谷浩史といったITと金融技術に長けた連中が現れ、次から次に会社を買収し、何億という利益を得ていく。いらだちや憤りはある。しかしそれは抵抗してもどうにもならない「時代の変化」なのだろう…。

当時が同じような環境だったとは思わない。ただともに男たちが自信を喪失していた時代だったことは間違いないだろう。→ 続きを読む






最終更新日  2006.04.09 23:26:38
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
例えばジャパニメーションの影響力がこれだけ凄くとも日本国内でもアニメ映画を馬鹿にする人は多数いる。まぁ、確かにアニメとの出逢いの多くが「サザエさん」「ドラえもん」の家族向けか少年・少女向け番組が殆どであり、そのイメージを引きずっている限り、「子供だまし」的な期待しかできないだろう。しかしこの「千年女優」はロボットもでないし、未来が舞台なわけでもない。にも関わらず、実写ではこれだけの表現はできないという代物。とりあえず一度は「体験」してみてもらいたい作品。

千年女優 (通常版)【BCBA-1547】=>18%OFF!千年女優 (通常版)


かつて一世を風靡した大女優・藤原千代子。三十年前忽然と銀幕から姿を消し、人里離れた山荘でひっそりと暮らしていた彼女の元に、時を越えて古びた小さな鍵が届けられる。鍵が記憶の扉を開くように、千代子は昔を語りはじめる。漕ぎ出すは、記憶の大海。その物語は千代子の生きた現実の時の流れから溢れだし、 “映画"という幻想の海流を通って、太古から未来まで広がってゆく。そして、閉ざされた想い出に隠された千代子の情熱が浮かび上がってきた……

この映画の魅力は何と言っても1人の女優の半生(現実)と彼女の出演した映画作品(虚構)とのが渾然一体となって、数百年という時を越えての恋愛物語として成立しているところだろう。アニメも虚構じゃないかといってしまえば実も蓋もないのだけれど、物語の中で成立している「現実(千代子の半生)」と「虚構(映画)」とが見事に繋がっているところだ。→ 続きを読む






最終更新日  2006.02.26 20:10:09
コメント(0) | コメントを書く

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.