057785 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まいまい狂言会

PR

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

耳寄り情報

2010.10.04
XML
カテゴリ:耳寄り情報

2010-09-30 19:32:33

こんな見ずらい写真のアップでごめんなさいしょんぼり

9月29日付けの中日新聞朝刊の一面の見出しの下・・・!!

こんないい場所にカラー広告で掲載頂きました。

野村小三郎「私とプレミアム」星

みなさんよーーーく御存じの、サントリープレミアムモルツですよ!!

ビールの中でも一番高価格、でも、それでもいいから飲みたいと思うビール。

ありがたいことです。

最近、ちょっとずつですが、日本人が日本の文化に再び関心を向けている・・と感じるシーンに出会うことがあります。

これからは、「和」への回帰。

少しずつかもしれませんが、必ず到来する。

そんな風に考えている、まいまいさんですぽっ

「サントリープレミアムモルツ」飲みながら、そんなことに思いを巡らせるのであった・・・ハート

 

 

 







Last updated  2010.10.04 19:15:39
コメント(0) | コメントを書く


2010.09.23
カテゴリ:耳寄り情報

名古屋には「kelly」((株)ゲイン発行)という地域情報紙が出版されています。

そして、10年ほど前から「メナージュケリー」という、既婚のミセス向けの情報誌が発行さ

れています。

初出版の折には、何故か???まいまいさんもお声掛け頂き、のぶたかくんがまだ一歳過ぎ、ベビーカーで取材に応じた覚えがあります。

ちょうどその頃は、結婚してすぐに子どもを授かって、子育てと新しい環境に慣れることに必死の日々でした。

どうやって過ごしていたのでしょうねウィンク

自分のおしゃれの為のお買い物なんて、とても余裕がなく、髪の毛もさっぱりとショートでした。ぽっ

おんぶしながら家事育児お掃除、雑用も細々とありました。

そんな折の取材。

私自身、右も左も判らない社会で、周りから云われる通りに動いておりました。

今思うと、なんと純粋で可愛らしいことだったか・・・!!

あれからあっという間の10年・・・。

その間の日々は決して穏やかな優雅な毎日ではありません。

嵐のような日もあれば、春のような心が温かくなる日も、つらくて涙こぼれる日々もあり、

四季の変化のような10年でしたスマイル

また二番目も生まれ、もう幼稚園。

相変わらずのドタバタとした日々ではありますが、自分の考えや居場所もしっかりと主張

できるようになりました。

自分の思いや意見を主張する分、責任や厳しさも背負い、お陰で依存したり甘えたり、ゆ

ったりと心が解放されるという時間は少なくなってしまいましたが・・・号泣

でも、課題と目標、そしてそこからまた生まれる夢が、今の自分、これからの自分を支え

てくれています。

あれからわずか10年。

今発売の2010年「メナージュケリー」秋冬号。

また、御縁があって、まいまいさんも取り上げていただいています。

きらびやかな皆様の中、庶民的な私は異色ですよぽっ

機会があれば、御覧下さいませ。

これからの10年。

皆さんはどう暮らしたいですか?

まいまいさんは、自分の夢や目標を常に持ち続けています。(内緒ですけどね^^)

人生は短い。

今この時代に生きていられる幸せに感謝し、悩みながらでも小さな取り組みでも

いいから、積極的に前向きに生きて行きたいものですね!

最後に・・・N様、また御縁があって嬉しいです。これからもよろしくお願いします^^

 

 

 







Last updated  2010.09.23 10:56:35
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.20
カテゴリ:耳寄り情報

3連休のなか日に屋外で狂言の実演をしてきました!!

名古屋久屋大通公園、もちの木広場にて開催された「生物多様性屋台村」

2010-09-20 10:53:57

実は前日からのぶたかくん、発熱怒ってる

当日も夕方からの舞台だったので、熱は39度近くまで上がり、いつもよりも大人しくなっていました。

舞台人は熱くらいでは休めません。

体調管理のことは母の責任、すこし申し訳ないなあ・・・と感じています。

普段なら、舞台前に体調がおかしい、と感じたら即病院にて診察してもらい、早い内に処置することにしているのですが・・。

連休の医療機関が休みも相まって、今回は医者にも掛からず頑張ってもらいました。

「梟山伏」

梟に取り憑かれて、「梟病」??になっている人間の役。

まさに病人の役ですから、本人には気の毒ですが、とてもリアルに演じていたように思いますウィンク

せりふも「ほーっほー!」のみ。

通常の狂言とは、少し異色の演目です。

まいまいさんも、涼しくなった屋外での狂言実演、久しぶりに楽しみました。

狂言を見るために来た人。

ベンチに座って、飲んだり食べたりを楽しみながら見ている人。

たまたま通りがかりで、立ち止まって見ている人。

歩きながら横目で見ていく人。

今回のような屋外イベントは、パブリックスペースを利用しているので、多くの人が行き交います。

街頭でのコンサートと同様、様々な騒音や雑音に阻まれながらも、いろんな人が行きかう

なかで、偶然にも自分の好きな音楽や、歌やショーに巡り会う可能性もあります。

これって、とてもわくわくする楽しさですね。

狂言もその昔は庶民のもので、屋外の神社や仏閣での芝生の上に「芝居」をしていたのだとか・・・。

今も昔も人の営みの基本は変わらない。

また、こんな機会があるといいな!!と思う1日でした。

 







Last updated  2010.09.20 11:33:35
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.27
カテゴリ:耳寄り情報

あいちトリエンナーレ御存じですか?

現在(2010年8月21日~10月31日)開催される、3年に1度の国際芸術祭のことです。

「現代美術と舞台公演、世界の最先端が集結します」

あいちトリエンナーレ  http://aichitriennale.jp/

2010-08-27 20:54:42

まいまいさん、基本的に美術と舞台なら・・・実は個人的にはね、ここだけの話ですよウィンク

幼いころから美術のほうが断然好きハート

だから美術館は大好きです。

絵も、彫刻も、オブジェ、工芸・・・そのものが持つ楽しさや美しさは、まいまいさんのような凡人には憧れるのです。

小難しいことは正直判りません(すみません)??

でも、作品の持つオーラや、色、質感、作家の歴史や生い立ちも含め、手先から生み出される美しさや醜さ・・・美術館は宝箱のような楽しさがあります。

・・・で、トリエンナーレの現代アートも、観に行かなくては!!と思っております。

さて、今回は美術ではなくて、舞台公演のお話星

下に見えるこの写真のこと。

「彩・祀・祭~SAI~」

2010-08-27 20:54:18

なんだか白地に黒い点々・・・・個人的には、「モーモーチラシ」と呼ばせて頂いています。

人物の顔が判らない、不思議さ、アートですよ^^

でもね、実はこの判らない顔の方達がこの公演にはキーになる出演者でもあります。

われらがこさぶろーせんせも、しっかり登場致します!!

モダンバレエ

コンテンポラリーダンス

狂言

長唄

ヴァイオリン

華道・・・・・

其の外にも、この東海地区でも活躍されている多くの若手芸術家が結集。

このトリエンナーレの為に、伝統芸能から現代までのジャンルの人たち30名近くが集い、

そしてぶつかり、コラボレートし、「祝祭」をテーマにトリエンナーレを盛り上げます。

これだけのジャンルが集まり、ひとつの舞台を作り上げることは初の試みです。

愛知県芸術劇場の小ホール(別名・ブラックホール)は200名程度のキャパです。

舞台を間近に見て頂き、舞台と一丸となり、汗も息づかいもにおいまで感じて貰えるよう

な?!至近距離で、観客もともに舞台を感じてもらうこと。

なかなか味わえない臨場感に浸って下さい。

今回を見逃したら、二度と見ることはない・・・そんなおもしろい企画です^^

詳細は・・・

日時 2010年 10月16日(土)19:00~

           10月17日(日)13:00~ 17:00~ ※開場は30分前

場所 愛知県芸術劇場小ホール 

チケット 3500円 (日時指定・自由席)

たまには東海地区の若手が結集・舞台芸術に是非とも観に来て下さいねハート

お問い合せはいつでもくださいね~~







Last updated  2010.08.27 21:24:43
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:耳寄り情報

仕事柄、メディアの方々とご一緒することは多々。

特に新聞記者さんとは、取材して頂く以上必然的にこちらが一方的に???普段より饒舌に話とすることが多いようだ。

お陰で、短時間で語り、また聞いて頂くことという行為でこちらもあちらもとても親近感が湧く(少なくともこちらは・・スマイル

そうした中で、御縁のある、朝日新聞社の敏腕女性記者さんであり、元気というか大変活発な双子くんのママでもある、川村さんから、メールが届いた星

まいまいさん、出版者がすぐご近所なので、近々に購入しに出向くつもりです。

双子を産んだコトも育てたコトもない、まいまいさんだけど、噂には聞いている・・・・

その大変さ。

彼女の本を読んで、共感したり疑似体験できるかもしれないなウィンク 

現在進行形の子育てを、どんな風に書いているのか、楽しみ!!です。

★下記、川村さんからのお知らせを抜粋させて頂きました★

私が2008年4月から2010年3月まで朝日新聞愛知版で育児コラム「双子ザウルス奮闘記」がこのたび、本になりました。
この5月からは朝日新聞の無料会員サイト、アスパラクラブhttps://aspara.asahi.com/community/community/Topのブログに引っ越しましたが、2年間の連載中、読者の方々を中心にいろいろと励ましていただき、今回、出版の運びとなりました。
内容としましては、双子育児の悲喜こもごも、NICU当時の思い出、父親のつぶやきなど、現在進行形の育児コラムです。
 
書店には、もう既に並んでおります。おび書きは、双子つながりから、ミュージシャンの山下久美子さんが書いて下さいました。
  ブログなどで紹介していただくなど、PRのアイデアなどがありましたら、ぜひ、お願いします。
一人でも多くの方に読んで頂きたいと思っています。   1冊1260円。
風媒社http://www.fubaisha.com/のHPからの購入も可能です。この場合、送料は無料になります。
その際、「川村からの紹介」と一言、添えていただくと助かります。   会社近くにおいでいただく機会があれば、私が直接、お渡しすることも可能です(笑)この場合は1冊1千円で結構です。   ちなみに、紙面での連載記事をまとめたものなので、印税はすべて朝日新聞社に入ります。
売れれば、会社の業績になる、というところでしょうか???
                             

〈上記抜粋以上〉   

 書いた本、なんと御本人には残念ながら印税なし・・・お気の毒です。

 でも、きっとおもしろい本だろうな。よし、夏休みが間もなく終わり、子どもから解放されたら絶対読みますぞ!!

子育て真っ最中のママさん、是非ご一読頂き、感想文なんてお寄せ下さいね^^   







Last updated  2010.08.27 20:42:43
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.08
カテゴリ:耳寄り情報

今年もやってきました!!

「小牧山薪能」 

9月18日(土)午後6時開演

会場は小牧山史跡公園

お問い合せ 0568-76-1188 

名古屋城も熱田も薪能が消えてしまい、なんとなく寂しかったのですが・・・

小牧山で観られます。

是非遊びにお出掛け下さいね!







Last updated  2010.08.08 21:29:46
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:耳寄り情報

玉響(たまゆら)、御覧になりましたか?

見てきましたよ^^

愛知県芸術劇場大ホールにて、大盛況の模様のなか、友人と駆けつけました。

たまゆら???

初耳の方も多いでしょう!だって名古屋では初めてのコンサートです。

三響会という囃子方の先生(というとえらく高齢に思えてしまうのは、まいまいさんだけ??)で若手のご兄弟が主催する会、こちらがプロデュースした企画だとか。

ピアノ稲本響 ギター村地香織 和太鼓 尺八 藤原道山と、三響会の亀井先生らお三方。

ここに、歌舞伎の市川亀次郎さんがなんと、・・・素踊りでゲスト出演されました!!

踊りがすごい上手くて美しい・・・びっくり

印象的なのは体の線は細いのに、とても大きく見える。 

そして、手が綺麗なのです!!

遠目でみても、体の隅々までピンと神経が行き渡っているのが感じられる。でも動きはとてもとても軽やかで本当に無駄も無理もない。

ほんとに器用でお上手でした。

素人の私でも、その芸のうまさに圧倒されて、すっかりファンになりましたよ。

ギターと尺八でタンゴの演奏。

ピアノの演奏、囃子と舞。

いろんな形で始め方終わりまで飽きさせない内容でした。若い世代の芸と柔軟さと、遊び心にすっかりやられてしまいましたよ。

次回も是非観たい!!と久しぶりに思った、「和」のコンサートでした!!

「玉響」いいですーー!!

次回は狂言も入れてくれたらどうでしょう??なんてウィンク

2010-08-07 22:09:04

(ごめんなさい、縦に上手くアップできていません・・・)







Last updated  2010.08.08 21:26:29
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:耳寄り情報

今年で第9回目を迎える「狂言三の会」

今年は8月20日金曜18:30開演の、ちょっと大人の時間を楽しみたい方にお薦めです^^

そして、今回の特徴は野村又三郎家の故12世野村又三郎が育てた弟子達が、シテとなって演じます。

  「三修三様」で演じるのは・・・

 松田高義、野口隆行、奥津健太郎の三人、相手役は野村小三郎が相務めます。

これは珍しい!!必見ですぞ^^まだお席ございますので、是非、暑気払いに名古屋能楽

堂にお出掛け下さい

三の会のチラシなど、詳しくはこちら ・・・

http://nougaku.iappfun.com/archives/3881

 







Last updated  2010.08.08 21:11:46
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.29
カテゴリ:耳寄り情報

野村又三郎家には個性的な役者が揃っている。

中でも、野口隆行氏。

彼のブログはとても面白い。

古風なイケメンとまいまいさんの周囲ではこっそり老若男女のファンがいる・・・(御本人には伝えてないけど^^)

語り口もつぶやいているようで、とても面白い。

時にウィットに富んでいたり、洒落ている時もあれば、とぼけている時もある。

個性と人柄がでていて、個人的に彼のブログの大ファンです。

狂言に関する四方山話なども沢山盛り込まれている。

ご一読あれ  

野口氏ブログ  /noguhttp://nogu.air-nifty.com/







Last updated  2010.07.29 14:30:55
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.19
カテゴリ:耳寄り情報

  まいまい狂言会の強力なメンバーYさんの本業はお庫裏さん。

彼女のお寺で、狂言ロボット・ベースくんを制作頂いた「ロボベース」さんのロボット教室が開催されます!!

夏休みのたっぷりと時間のある時に、お子さんとじっくりと物づくりを楽しんでみませんか?

まいまいさんちの息子もロボット大好きです。

ロボベースの皆さんは、本当にお人柄も良く、丁寧に親切に指導してくれます。

ロボットキットも込みでの参加費・・・絶対参加してなくてはーー!!

まだ募集に間に合います。ふるってご参加下さいねウィンク

夏休みロボット工作教室てらロボのご案内

 

大須のロボット専門店ROBOBASEさんのご協力で、夏休みのロボット工作教室てらロボを開催します。2チャンネルリモコンボックスを使って自由に動きをコントロールできる昆虫型のロボットを組み立てます。モノづくりの楽しさを体験しましょう。

と き 2010年7月30日(金)13:30~15:30

●ところ 平田寺(北名古屋市九之坪宮前6番地)

●対 象 小学校3年生以上(2年生以下のお子さんは、大人と一緒にご参加ください)

●参加費 3500円(キット代込)

●定 員 30名 

●お申し込み締め切り  7月20日(火)

●お申し込みは、メール またはお電話でお受けします。

・参加されるお子さんのお名前  ・年齢(学年)  ・保護者さんのお名前 

・ご住所  ・お電話番号  ○クワガタムシ・カブトムシどちらかを選択してください 

上記の必要事項を記入の上、onden@tim.hi-ho.ne.jpまでお申し込みください。

件名は「てらロボ」でお願いします。折り返し連絡させていただきます。

尚、平田寺では「鉄崎幹人さんのトークライブ」「花火会」「マイ箸作り」など様々な催しを行っています。興味のある方は、ブログ「てらてら 平田寺」http://plaza.rakuten.co.jp/heidenji/をご覧ください。

 

お問合せ 大雲山 平田寺

北名古屋市九之坪宮前6番地   電話番号 0568-48-6806

(名鉄犬山線「西春」駅から徒歩8分/地下鉄鶴舞線「上小田井」駅から車で5分)







Last updated  2010.07.20 00:15:48
コメント(0) | コメントを書く

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.