154520 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マイマイロード

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

2012 ツール・ド・フランス

2012/07/24
XML
2009、2010年に続く3度めのツール・ド・フランス完走を果たした新城幸也(ユーロップカー)。2時間29分13秒遅れの

総合84位。シャンゼリゼにフィニッシュしてすぐ、チームバスの前で感想を聞いた。共同インタビューより。

  • ayano2012tdf20e-625.JPG


??パリにゴールする感慨のようなものはありますか?

エッフェル塔の横を通ってきて、(セーヌ河の)河岸で「ああ今日で終わるな」って感じはありますね。でこぼこの石畳を

だいぶ味わいました。ちゃっかり1周目は一番後ろで回ってみると、あまりにも集団が速すぎて一周の間前に上がれな

かったです。…あはは(笑)。今年はすごく速かったですね。


??ツールがスタートした時の目標は達成できましたか?

目標はまあ……達成ではないですけど、本当にいいツールでした。その一言ですね。僕が勝つにはまだ早いかなって

ことで、来年・再来年にチャレンジしていきたいなと思います。


??このツール・ド・フランスでのこだわりを教えてください。

見てのとおり、パリにたどり着く喜びと、あとは世界一のレースで自分がどれだけできるかという挑戦もあります。これ

以上のレースはないですから、その中でどれだけ走れるか、スポーツ選手だったらみんなそうかも知れないですけど、

その可能性に賭けるというか……優勝するために走ってるようなものですから。それができるのがツール・ド・フランス

だと思います。

あと、こうやって活躍すれば、みんな国が違えども応援してくれます。フランスのレースで優勝しても、フランス人は知っ

てるけど、他の国の方は知らないです。でも、ツール・ド・フランスで優勝すれば、フランス人だけじゃなく、いろんな国の

人が僕の名前を知ってくれる。それが応援される側にとってはモチベーションになったりします。すべてにおいてツール・

ド・フランスという名は大きいし、選手に対する影響もすごい大きくいです。なので、やめられないのがツール・ド・フラ

ンス……長くなりましたけど(笑)。

  • ayano2012tdf20parade-218.JPG


??来年のツール・ド・フランスに期待するものは?

もう少しいろんなことがしたいですね。今年は少しは登りで仕事ができましたけど、登りの中で、逃げが決まるような

ところで逃げたいと来年は思います。でも、そうなると平坦で逃げたり動いたりするのが逆に大変になるんですが。

自分の今できない、そういったことにチャレンジすることか、今できていることを伸ばすこともいいかも

知れません。それはまた来年のコースを見ながら、自分の走りを見ながら、シーズンはじめから見極めていきたい

です。でも、今は自分の力を伸ばすのがいちばん大切かな、と思います。

チームのエースと一緒に逃げに乗って、乗ることができたら彼をアシストをする。平坦~アップダウンのステージは

自分でも逃げを狙っていく。平坦の風が強い日はチームのエースを守る。こういったことさえできれば、チームとして

は必要な人間として見てもらえるので、それを伸ばしていければいいかなと思います。


??6日後のロンドンオリンピックについてはどうでしょう?

晴れることを願います。ロンドンは雨が多いらしいので(笑)。
月、火、水の3日間を休んで、木曜日にちょっと数時間走って、金曜日にまたゆっくり(身体を)起こして、本番に

挑みます。


??このツール中に、チームの監督や選手から言われた言葉で、一番嬉しい言葉を覚えてたら教えてください。

(ここでベルノドー監督がインタビュー現場に割り込んでマイクに向かってフランス語で「日本人で最初にツールで

ステージ優勝を挙げるのはユキヤだ」とメッセージを残す。)

「日本人で最初に勝つのは新城だ」って(笑)。まあ、それは嬉しい言葉ですよね。観客からもみんな応援に来る

人たちによく言われます。今年のツールで一番言われたことかも知れないですね。それと「よく働いた」と。

トマ(ヴォクレール)が2回目に勝った時に言われた「プロフェッショナルらしい」という言葉も。まあそういうのを含め

て「最初に日本人で勝つのはお前だ」と言われるのは嬉しいですね。

……いいときに(監督が)入ってきましたよね(笑)。本当ですよ、日本語わかってるよね
(笑)。


※新城は2009年ツールはトップから3時間16分44秒遅れの総合129位。2010年ツールは3時間13分20秒遅れ

の112位だった。

なお別府史之(当時スキル・シマノ)は2009年ツールを2時間55分21秒遅れの総合112で終えている。つまり個人

総合成績の過去最高順位は2010年の新城と2009年の別府の、ともに112位。総合タイム差を考慮すれば2009年

の別府の記録が過去最高だった。






最終更新日  2012/07/24 08:20:21 AM
2012/07/23
パリ・シャンゼリゼで行なわれたツール・ド・フランス最終ステージ。マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、チームスカイ)が

ゴールスプリントを制し、シャンゼリゼ4連覇を達成した。そしてチームメイトのブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チーム

スカイ)がツール初制覇
を達成!

  • 64-b.jpg


例年同様、ツールはパリ・シャンゼリゼでフィナーレを迎える。ハイスピードスプリントバトルの末、ブラドレー・ウィギンズ

(イギリス)とエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー)のリードアウトを受けたカヴェンディッシュが、4年連続最終

ステージを制した。


そしてウィギンズのツール初制覇が決定。イギリス人選手として初めてシャンゼリゼの表彰台に真ん中に登る

新城幸也(日本、ユーロップカー)は最終ステージを32位で終えた。


ツール・ド・フランス2012第20ステージ結果
1位 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、チームスカイ)           3h08'07"
2位 ペーター・サガン(スロバキア、リクイガス・キャノンデール)
3位 マシュー・ゴス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)
4位 フアンホセ・アエド(アルゼンチン、サクソバンク・ティンコフバンク)
5位 クリス・ボックマンス(ベルギー、ヴァカンソレイユ・DCM)
6位 グレゴリー・ヘンダーソン(ニュージーランド、ロット・ベリソル)
7位 ボルト・ボジッチ(スロベニア、ヴァカンソレイユ・DCM)
8位 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ベリソル)
9位 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、チームスカイ)
10位 ジミー・アングルヴァン(フランス、ソール・ソジャサン)
32位 新城幸也(日本、ユーロップカー)                       +09"

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌ
1位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)            87h34'47"
2位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)                 +3'21"
3位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)     +6'19"
4位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)         +10'15"
5位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)      +11'04"
6位 アイマル・スベルディア(スペイン、レディオシャック・ニッサン)       +15'43"
7位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)         +15'51"
8位 ピエール・ロラン(フランス、ユーロップカー)                +16'31"
9位 ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア、アスタナ)              +16'38"
10位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ・ビッグマット)               +17'17"






最終更新日  2012/07/23 08:07:12 AM
2012/07/21
ブラニャックからブリーヴ・ラ・ガイヤルドまでの222.5kmで行なわれたツール・ド・フランス第18ステージ。序盤から逃げた

新城幸也(ユーロップカー)はゴール14km手前で吸収される。ロングスプリントでマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、

チームスカイ)が勝利
した。

  • CORVOS_00019616-033.jpg


難易度の低い4つのカテゴリー山岳が含まれた第18ステージ。最終ストレートでロングスプリントを仕掛け、最後まで生き

残った逃げをゴール100m手前で追い抜いたカヴェンディッシュが、今大会2勝目をマークした。

今大会3度目の逃げを試みたユキヤは、ゴール手前の4級山岳で吸収。4分42秒遅れでゴールしている。総合上位

陣の順位やタイム差に変動は起こっていない。


ツール・ド・フランス2012第18ステージ結果
1位 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、チームスカイ)          4h54'12"
2位 マシュー・ゴス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)
3位 ペーター・サガン(スロバキア、リクイガス・キャノンデール)
4位 ルイスレオン・サンチェス(スペイン、ラボバンク)
5位 ニコラス・ロッシュ(アイルランド、アージェードゥーゼル)
6位 タイラー・ファラー(アメリカ、ガーミン・シャープ)
7位 ボルト・ボジッチ(スロベニア、アスタナ)
8位 セバスティアン・イノー(フランス、アージェードゥーゼル)
9位 ダリル・インペイ(南アフリカ、オリカ・グリーンエッジ)
10位 サミュエル・ドゥムラン(フランス、コフィディス)
115位 新城幸也(日本、ユーロップカー)                    +4'42"

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌ
1位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)            83h22'18"
2位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)                 +2'05"
3位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)     +2'41"
4位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)         +5'53"
5位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)      +8'30"
6位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)         +9'57"
7位 アイマル・スベルディア(スペイン、レディオシャック・ニッサン)       +10'11"
8位 ピエール・ロラン(フランス、ユーロップカー)                +10'17"
9位 ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア、アスタナ)              +11'00"
10位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ・ビッグマット)               +11'46"
84位 新城幸也(日本、ユーロップカー)                    +2h23'07"






最終更新日  2012/07/21 08:07:03 AM
2012/07/20
バニェール・ド・リュションからペイラギュードまでの143.5kmで行なわれたピレネー最終日、ツール・ド・フランス第17ステージ。

逃げグループから飛び出したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)が1級山岳ペイラギュードの頂上ゴール

を制した
。チームスカイが総合1位と2位のリードを広げることに成功している。

  • 61-b.jpg


超級山岳バレス峠を越え、1級山岳ペイラギュードの頂上にゴールするピレネー最終ステージ。標高1755mのバレス峠で逃げ

グループから飛び出したバルベルデがゴールまで独走し、2008年以来4年ぶりのステージ優勝を飾った。

マイヨジョーヌはクリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)のサポートを受けたブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)

がキープ。総合下位とのタイム差が広がる結果となった。



ツール・ド・フランス2012第17ステージ結果
1位 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)             4h12'11"
2位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)                 +19"
3位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)
4位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ・ビッグマット)                +22"
5位 ピエール・ロラン(フランス、ユーロップカー)                +26"
6位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)
7位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)     +37"
8位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)      +54"
9位 クリストファー・ホーナー(アメリカ、レディオシャック・ニッサン)     +1'02"
10位 ダニエル・マーティン(アイルランド、ガーミン・シャープ)         +1'11"

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌ
1位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)            78h28'02"
2位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)                 +2'05"
3位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)     +2'41"
4位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)         +5'53"
5位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)      +8'30"
6位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)         +9'57"
7位 アイマル・スベルディア(スペイン、レディオシャック・ニッサン)       +10'11"
8位 ピエール・ロラン(フランス、ユーロップカー)                +10'17"
9位 ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア、アスタナ)              +11'00"
10位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ・ビッグマット)               +11'46"






最終更新日  2012/07/20 08:06:55 AM
2012/07/19
再び新城幸也とトマ・ヴォクレール(フランス、ユーロップカー)がエスケープ。連続する難関山岳で逃げグループの中から

飛び出したヴォクレールが、山岳賞トップに立つとともにステージ2勝目をマークした。

  • 40-b.jpg


超級山岳オービスク峠、超級山岳トゥールマレー峠、1級山岳アスパン峠、1級山岳ペイルスルド峠というピレネーを代表

する難関山岳を越える第16ステージ。レース序盤に形成された38名の逃げグループの中に、ユキヤとヴォクレール

が入った
。最後の1級山岳ペイルスルド峠でヴォクレールはライバルたちを振り払い、そのままゴールまで独走。今大会

ステージ2勝目を飾った。


このピレネーのクイーンステージで総合争いも加熱。総合4位カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)

がそうそう遅れる中、1級山岳ペイルスルド峠で総合3位のヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)

がアタック。これを難なく封じ込めたブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)がマイヨジョーヌを守っている。


ツール・ド・フランス2012第16ステージ結果
1位 トマ・ヴォクレール(フランス、ユーロップカー)              5h35'02"
2位 クリスアンケル・セレンセン(デンマーク、サクソバンク・ティンコフバンク)  +1'40"
3位 ゴルカ・イサギーレ(スペイン、エウスカルテル)               +3'22"
4位 アレクサンドル・ヴィノクロフ(カザフスタン、アスタナ)
5位 ブリース・フェイユ(フランス、ソール・ソジャサン)             +3'58"
6位 イェンス・フォイクト(ドイツ、レディオシャック・ニッサン)         +4'18"
7位 ダニエル・マーティン(アイルランド、ガーミン・シャープ)          +6'08"
8位 シモーネ・ストルトーニ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)
9位 ジャンパオロ・カルーゾ(イタリア、カチューシャ)
10位 ローレンス・テンダム(オランダ、ラボバンク)                +6'11"

11位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)     +7'09"
12位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)
13位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)
14位 ニコラス・ロッシュ(アイルランド、アージェードゥーゼル)          +8'07"
15位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)
16位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)
17位 アイマル・スベルディア(スペイン、レディオシャック・ニッサン)
35位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)         +11'56"

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌ
1位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)            74h15'32"
2位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)                 +2'05"
3位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)     +2'23"
4位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)         +5'46"
5位 アイマル・スベルディア(スペイン、レディオシャック・ニッサン)       +7'13"
6位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)      +7'55"
7位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)         +8'06"
8位 ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア、アスタナ)              +9'09"
9位 ピエール・ロラン(フランス、ユーロップカー)                +10'10"
10位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ・ビッグマット)               +11'43"






最終更新日  2012/07/19 08:09:09 AM
2012/07/18
2回目の休息日を迎えているツール・ド・フランスに激震が走った。フランク・シュレク(レディオシャック・ニッサン)の

ドーピング検査で利尿剤が検出
。チームはUCIの勧告を受けシュレクのツール即刻退去を決めた。

  • ayano2012tdf15e-208.jpg


7月17日、UCI(世界自転車競技連合)はシュレクに対して14日に採取した尿サンプルから利尿促進剤キシパミ

ドが検出されたと通告した
。キシパミドは利尿促進剤であり直接的に運動能力を向上させる薬物ではないが、禁

止薬物の使用の痕跡を消すマスキング(隠蔽)作用があるため、アンチドーピング機関による特定物質リストに入っ

ている薬物だ。

この結果を受けてUCIは夜7時、チームレディオシャックの滞在するポーのホテルに出向き、シュレク本人に検査結果

を通告するとともに、チームにはシュレクを除外するよう勧告。チーム側もこれを受け入れ、シュレクのレースからの

即刻退去を決めた


シュレク側はBサンプルの再検査を要求することができ、それまでは陽性が確定するわけではない。チーム側はシュ

レクの解雇等の処分については決めていないが、事実が解明されるまで反ドーピング機関に協力すると発表している。






最終更新日  2012/07/18 08:07:49 AM
2012/07/17
サマタンからポーへと至る158.5kmで行われたツール・ド・フランス第15ステージ。序盤に形成された6名のグループが

逃げ切りを成功させ、最後は2人でのマッチスプリントを制したピエリック・フェドリゴ(フランス、FDJ・ビッグマット)

がステージ優勝
を挙げた。

  • CORVOS_00019603-020.jpg


先頭から11分50秒遅れでゴールしたメイン集団の先頭を抑えたのはアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ベリソル)。

総合上位陣は全て同一集団内でゴールしたため、順位に変動は無かった。



ツール・ド・フランス2012第14ステージ結果
1位 ピエリック・フェドリゴ(フランス、FDJ・ビッグマット)       3h40′15″
2位 クリスチャン・ヴァンデベルデ(アメリカ、ガーミン・シャープ)    
3位 トマ・ヴォクレール(フランス、ユーロップカー)            +12″
4位 ニキ・セレンセン(デンマーク、サクソバンク・ティンコフ)
5位 ドリス・デヴェナインス(ベルギー、オメガファーマ・クイックステップ) +21″
6位 サミュエル・ドゥムラン(フランス、コフィディス)            +01′08″
7位 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ベリソル)           +11′50″
8位 タイラー・ファラー(アメリカ、ガーミン・シャープ)
9位 ペーター・サガン(スロバキア、リクイガス・キャノンデール)
10位 クリス・ボックマンス(ベルギー、ヴァカンソレイユ・DCM)

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌ
1位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)             68h33'21"
2位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)                  +2'05"
3位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)      +2'23"
4位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)          +3'19"
5位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)          +4'48"
6位 アイマル・スベルディア(スペイン、レディオシャック・ニッサン)        +6'15"
7位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)       +6'57"
8位 ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア、アスタナ)               +7'30"
9位 ピエール・ロラン(フランス、ユーロップカー)                 +8'31"
10位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ・ビッグマット)                +8'51"






最終更新日  2012/07/17 08:07:24 AM
2012/07/14
サンジャン・ド・モーリエンヌからアノネー・ダヴェジウまでの226kmで行なわれた第12ステージ。レース前半の1級山岳で

形成された5名の先頭グループがゴールまで逃げ切り、デーヴィッド・ミラー(イギリス、ガーミン・シャープがスプリン

トを制した。

  • CORVOS_00019588-030.jpg


前半の2連続1級山岳でアタック合戦が繰り広げられた結果、ミラー、ジャンクリストフ・ペロー(フランス、アージェー

ドゥーゼル)、エゴイ・マルティネス(スペイン、エウスカルテル)、ロベルト・キセロフスキー(クロアチア、アスタナ)、シリル・

ゴティエ(フランス、ユーロップカー)の5名の逃げが決まる。

総合に関係のないこの逃げをメイン集団は容認。たっぷりと11分のリードを得た5名がステージ優勝争いを繰り広げ、

ゴール前の緩やかな登りでペローとミラーの2人が抜け出す。最後はスプリント一騎打ちでミラーが先着した。

メイン集団はこの日もチームスカイが徹底的にコントロール。ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)がしっか

りとマイヨジョーヌを守っている。


ツール・ド・フランス2012第12ステージ結果

1位 デーヴィッド・ミラー(イギリス、ガーミン・シャープ5h42'46"

2位 ジャンクリストフ・ペロー(フランス、アージェードゥーゼル)

3位 エゴイ・マルティネス(スペイン、エウスカルテル+05"

4位 シリル・ゴティエ(フランス、ユーロップカー)

5位 ロベルト・キセロフスキー(クロアチア、アスタナ)

6位 マシュー・ゴス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)+7'53"

7位 ペーター・サガン(スロバキア、リクイガス・キャノンデール)

8位 セバスティアン・イノー(フランス、アージェードゥーゼル)+7'54"

9位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)

10位 ルーカ・パオリーニ(イタリア、カチューシャ)

個人総合成績 マイヨ・ジョーヌ

1位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)48h43'53"

2位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)+2'05"

3位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)+2'23"

4位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)+3'19"

5位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)+4'48"

6位 アイマル・スベルディア(スペイン、レディオシャック・ニッサン)+6'15"

7位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)+6'57"

8位 ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア、アスタナ)+7'30"

9位 ピエール・ロラン(フランス、ユーロップカー)+8'31"

10位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ・ビッグマット)+8'51"






最終更新日  2012/07/14 08:12:09 AM
2012/07/13
4つの難関山岳を含む148kmコースで行われたツール・ド・フランス第11ステージ。逃げグループから飛び出したピエール・

ロラン(フランス、ユーロップカー)が1級山岳ラ・トゥッスイールの頂上ゴールを制した。
ライバルたちの攻撃を防ぎき

ったブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)が総合首位をキープ。



超級山岳マドレーヌ峠、超級山岳クロワ・ド・フェール峠、2級山岳モラール峠、1級山岳ラ・トゥッスイールが詰め込まれた

アルプス難関山岳ステージ。レース序盤から大きな逃げグループが形成され、最後のラ・トゥッスイールで独走に持ち込

んだロランが勝利した。ユーロップカーは2日連続山岳ステージ制覇。

ラ・トゥッスイールでは同時にマイヨジョーヌ争いも激化。ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)

らが積極的にアタックを仕掛けるも、クリス・フルーム(イタリア)の協力なサポートを得たウィギンズが総合リードを守った。

ライバルたちから1分30秒以上遅れたカデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)が総合4位に

ダウンしている。



ツール・ド・フランス2012第11ステージ結果

1位 ピエール・ロラン(フランス、ユーロップカー)             4h43'54"

2位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ・ビッグマット)              +55"

3位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)

4位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)        +57"

5位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)

6位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)

7位 クリスアンケル・セレンセン(デンマーク、サクソバンク・ティンコフバンク)+1'08"

8位 ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア、アスタナ)            +1'58"

9位 ヴァシル・キリエンカ(ベラルーシ、モビスター)             +2'13"

10位 フランク・シュレク(ルクセンブルク、レディオシャック・ニッサン)    +2'23"

11位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)

12位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)


個人総合成績 マイヨ・ジョーヌ

1位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)          48h43'53"

2位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)               +2'05"

3位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)   +2'23"

4位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)       +3'19"

5位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)       +4'48"

6位 アイマル・スベルディア(スペイン、レディオシャック・ニッサン)     +6'15"

7位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)    +6'57"

8位 ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア、アスタナ)            +7'30"

9位 ピエール・ロラン(フランス、ユーロップカー)              +8'31"

10位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ・ビッグマット)             +8'51"






最終更新日  2012/07/13 08:14:28 AM
2012/07/12
「フランスで最も厳しい峠」と呼ばれる超級山岳グラン・コロンビエール峠を越えるツール・ド・フランス第10ステージ。

序盤から新城幸也のアシストを受けて逃げ、グループ内の勝負を制したトマ・ヴォクレール(フランス、ユーロップ

カー)が優勝。同時に敢闘賞とマイヨアポワを獲得した。


  • 65-b.jpg


休息日翌日、マコンからベルガルド・シュル・ヴァルスリーヌまでの194.5kmで行なわれたツール第10ステージ。レー

ス序盤からユキヤやヴォクレールを含む25名の逃げグループが形成され、ユキヤがチームメイトのために献身的に走っ

た。

ゴール43km手前の超級山岳グラン・コロンビエール峠で逃げグループは分裂し、ユキヤはここで脱落。最後は

5名によるスプリントに持ち込まれ、ヴォクレールがミケーレ・スカルポーニ(イタリア、ランプレ・ISD)らを振り切った。

メイン集団からはヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)やユルゲン・ファンデンブロック(ベル

ギー、ロット・ベリソル)が動きを見せたが、決定的なタイム差は奪えず。ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チーム

スカイ)がしっかりとマイヨジョーヌを守っている。



ツール・ド・フランス2012第10ステージ結果

1位 トマ・ヴォクレール(フランス、ユーロップカー)            4h46'26"

2位 ミケーレ・スカルポーニ(イタリア、ランプレ・ISD)             +03"

3位 イェンス・フォイクト(ドイツ、レディオシャック・ニッサン)         +07"

4位 ルイスレオン・サンチェス(スペイン、ラボバンク)              +23"

5位 ドリス・デヴェナインス(ベルギー、オメガファーマ・クイックステップ)    +30"

6位 サンディ・カザール(フランス、FDJ・ビッグマット)            +2'44"

7位 エゴイ・マルティネス(スペイン、エウスカルテル)

8位 ピエール・ロラン(フランス、ユーロップカー)

9位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)

10位 デミトリ・フォフォノフ(カザフスタン、アスタナ)            +2'52"

11位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ・ビッグマット) +3'16"

12位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)

13位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)


個人総合成績 マイヨ・ジョーヌ

1位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)          43h59'02"

2位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)       +1'53"

3位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)               +2'07"

4位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)   +2'23"

5位 デニス・メンショフ(ロシア、カチューシャ)               +3'02"

6位 アイマル・スベルディア(スペイン、レディオシャック・ニッサン)     +3'19"

7位 マキシム・モンフォール(ベルギー、レディオシャック・ニッサン)     +4'23"

8位 ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)       +4'48"

9位 ニコラス・ロッシュ(アイルランド、アージェードゥーゼル)        +5'29"

10位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)    +5'31"






最終更新日  2012/07/12 08:15:09 AM

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.