358458 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Main Sound Project  仙台のカーオーディオ・カーナビ・レカロ専門店です 

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Calendar

全552件 (552件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 56 >

2018/11/19
XML
カテゴリ:RECARO



一気に寒くなって着ましたね>。<


カレンダーも残すところあと一枚


(1枚に2ヶ月分書いてある奴に限りますが)


11月もあっという間に後半、師走に向けて


道路も通行量が増えてきました


移動時間が余計にかかりますが


(>。<


苛々せずに安全運転^^v




さて本日は





にナビのお取付ではなく




RECARO ST-Jのお取付^^



長年レカロをお使いいただいているお客さま



今回は、これまで使用いただいてたST-Jレカロが、


15年お使い頂いたでしょうか!?


大分くたびれてきたということで


お車の代替のタイミングで


今回当店展示品を^^ご購入いただきました





ご自身で取付されたことある方はおわかりかと思いますが


エアバックのキャンセルと


純正シートからシートベルトバックルを移植するのですが


こちらのお車シートベルト配線が、シートヒータ線と


コンビになっております^^;


エアバック警告等が消灯しているのと


シートベルトの警告等が正常に点灯/消灯


するのを確認して作業終了



N様ありがとうございました















Last updated  2018/11/19 10:28:02 PM
2018/11/15
カテゴリ:気紛れ猫ぶろぐ

テレビが点きませぬ・・・

リモコンの受光部完全ブロック


いじけているのかと思いきや




寝とる。。。(Zzzzz)

全く不思議なところで寝る生き物




に゛ゃー(うるさい!)



にゃ~♪(あそんでよ!)


やだ!




・・・・(・・・・)

やさぐれとる。


寝心地悪いが防水シーツにした


防水シーツ大活躍!


・・・


活躍して欲しくないのですよ。


これからの季節は


かわかないよね~T,T



もう一枚買わなきゃ>。<











Last updated  2018/11/15 09:11:28 PM
2018/11/06
カテゴリ:音源のお話


​​​​と・・・・言うわけで



本日はハイレゾCDのサンプラーなるものを購入してみた



ので、ハイレゾCDのお話



FLAC、WAV等 メモリーオーディオ全盛期に



入ろうとしているのに今更CD!?



と思わないでくださいね^^



ハイレゾCD自体はCD派の方にとって朗報ですが



その記録技術、圧縮技術は今後のハイレゾオーディオを



より楽しくしてくれるかもしれない


今後注目の技術^^かな



詳細な内容は

こちら https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/asakura/1140480.html



こちら https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1117564.html


前者のページの方がより詳しく

後者のページは、比較的わかりやすく


なっております


長い文書を読むのが嫌いな方向けに

上記の記事の内容をさらに端折ってみようかと^^;




サンプラーは通常CDとハイレゾCDの2枚1セットで聴き比べが出来るようになっています



先ずはハイレゾCDって何さ?


と言うのが率直な疑問


MQA-CD」と言う記録(圧縮?折込)方式を「UHQCD」と言う


最新のCDマテリアル技術に書き込んだ物


と言う事になるようです^^。


「UHQCD」は​​前々回の
https://plaza.rakuten.co.jp/mainspdialy/diary/201810300000/
の方で触れておりますが、詳細は​​
こちら




SHM-CD等に見られる記録媒体側の
読み込み精度向上による、音質向上技術の最新版



“MQA-CD”とは


MQAは大容量のハイレゾ音源が
小さなデータに纏めることが出来る
“ミュージック折り紙”と呼ぶ技術

しかも、MQAと言う記録形式だけで言えば
FLACやWAVよりも
データサイズ小さく出来るのに
音はFLACやWAVより良い
らしい

(注 MQA音源を対応した機器で再生した場合で
現段階でハイレゾCDが
FLAC/WAVよりよいということではない)

その技術を

CDの44.1kHz/16bitまでたたみ込むと
容量が完全にCDサイズへ収まり、さらにCD化することで
一般的なプレーヤーでも再生できるCDになる

MQA-CDは従来のCDと完全に互換を維持

音源としての時間軸をMQAと言う技術で
修正して記録されているので、従来のCDよりも

音が良い



具体的には


ハイレゾ音源のような精彩感や透明感がプラスされ

通常のCDよりも良くなる



と言う事^^




実際にデモボードで聞いてみると


咄嗟に「おお!」と思える曲と


じっくり何度も聞き比べると確かに違うという


ふうに感じる物はあります^^



再生機器の環境によってはわからない方も出てきそうです^^


興味のある方はこちら

https://www.universal-music.co.jp/international/mqa-uhqcd/



再生環境に自信のある方はサンプラー購入してみては^^


当店店頭でも、試聴いただけます






MQA

という記録方式といいますか

データの格納方式


FLACやWAVよりも音が良いらしいのです


しかもデータサイズがCDアルバムサイズになるらしいのです


MQA対応機器で再生した場合には


誰もがその違いにきずくほどらしいです





現在のWAVやFLACといったものは

高精彩で明瞭、情報量

と言ったところは問題ないのですが

時間軸方向の管理に問題があるようで、

MQAはそこを見直す?というか

修正した部分が、根本的に違うようです^^


徐々に再生機器の方も


対応機種もポータブルではソニー、パイオニア、オンキョー

などスマホでも一部機種で採用されるなど


じわりじわり広がっている模様^^


先端技術においては、時間の流れが速いので


何がどう変わって行き、どれが主流となりえるのかは


不明瞭な時代ですが、わくわくする時代でもありますね




「MQA」と言う物が今後の台風の目に


なっていって欲しいです^^


勿論、どんな物にもメリットとデメリットは



あるので、引き続きこのMQAについては


調べていきたいと思います^^


今のところのデメリットは、MQA対応機器が


手軽で身近なところに無いこと^^;



最大の問題ですね^^;



なので、ハイレゾCDで、MQAの片鱗を味わってみました^^v























​​​​






Last updated  2018/11/06 09:02:31 PM
2018/11/05
カテゴリ:カーナビ


今季初の積雪を観測したらしい蔵王

夕方も、めっきり冷え込みますね



さて、本日は


何気にCPの良さから結構売れている


CZ902 ^^


車両代替タイミングとの調整に付き


しばしカーオーディオ冬眠中でしたお客さまが



もう暫く乗る事になってので



冬眠からちょっと顔を出して



ヘットユニットを新調いただきました^^



オーナー様とお車も長いお付き合いになります



今回選んでいただいたのは


AVIC-CZ902






お持込TS-WH1000A


パワードサブウーファーの中では


唯一大人なサウンドを醸してくれる一台



スピーカーは既存の物を使用です。



が、当たり前田のクラッカー!


パッシブネットワークから


内蔵アンプマルチへ^^


このモデル買ってネットワーックモードで


使わないのは宝の持ち腐れですね^^






パワードサブウーファーといえど


お車のフロア形状やご予算にもよりますが


ごろんと転がしたり


マジックテープで固定するよりも


なるべくしっかり固定した方が


出方が良いです。


(固定の必要が無いくらい重い物であれば別ですが笑)


ということで、予算の範囲内で


なるべくしっかり固定できるように
  • DSC_1881.jpg
でこぼこのフロアに、ひと手間かけます
  • DSC_1884.jpg
  • 運転席下に設置

コントロールはヘッド側でするのでコントローラーは無し


内蔵ローパスはOFFにします
  • DSC_1885.jpg
CZ902の前に


ご使用頂いていたのは


サイバーナビ 初期の頃のVシリーズ^^


しかもしっかりまだ動いています


2000年台前半の物ですので


オーナーさんの使い方が丁寧だった賜物^^







ところで

当然ヘットはネットワークもーどで使用します


CZ902XSの基になるものですので、機能は同じになります


機能を理解して


不要な機能はOFFにして


しっかり調整さえ出来れば


コストパフォーマンスの高いモデル


使い始めは、少々硬さや鋭さもありますが


徐々に、良い塩梅に落ち着いてきます^^


当然ウーファーもナビも既に施工させていただいてる

バッテリー直電源にて動作させています


近年バッ直すらおざなりにされる時代T,T


目に見える部分に隠れた


電源や取付の基本の積み重ねでよい音は出来ていくのです^^



ローマへの道は一日にしてならず


カーオーディオの道も一日にして成らず^^


その道を、全力疾走するも


ゆっくり景色を見渡しながら歩くも自由


しかしながら近道はありません^^


ショートカットしても本当の良い音には


たどり着けませんね



S様ありがとう御座いました














Last updated  2018/11/05 09:10:06 PM
カテゴリ:管理人の独り言

二足歩行ロボットの進化


ここまで進んでいると


なんかわくわくする^^↓


ソフトバンクが2017年に買収したボストン・ダイナミクスの二足歩行ロボット



↓こちらはどうしても中にタレントの●●●さんが


入っているとしか思えない(笑




装甲パージしたら


コロッケさんが出てきそう(笑






Last updated  2018/11/05 07:40:06 PM
2018/11/01
カテゴリ:カーオーディオ
 




目が腫れております



正確には目の周り



瞼と、涙袋あたりが・・・



風邪と花粉症と猫アレルギーの合併症のような^^;


感じ


おかげさまで、普段でも小さい目ですが


いつにもまして


小さくなっております


(・。・←こんな感じ



対アレルギーめぐすり、抗菌目薬、アイボンAL と試しましたが



コンタクトしてませんが、



アイボンで洗眼が一番効きます^^;







さて本日は、続きの続き^^;


何故か、このお車のウエザーストリップボディー側は



このような状態のものが多いですね↓



大きな問題では無いのですが^^


「細かい事が気になるもので・・・」


と右京さんのようにぶつくさ言いながら



修正^^



こちらも^^






キャリパーも綺麗^^





ボディーも綺麗^^





車高もノーマルなので

当然足回りも全て純正


変えられていたのを戻したとかではなく、世に出てから


ずっとこのままの姿のようです^^


中古で車両を購入するならフルノーマルがいいですね^^



と言うわけで


今更言うまでもなく


超純正のままのR33GT-R


でした、あまりの状態のよさに


思わず長くなりました^^;


大切にしてくれるオーナー様にめぐり合えた


幸せな車です^^

























Last updated  2018/11/01 09:10:08 PM
2018/10/30
カテゴリ:音源のお話
​​
​​jacket_480x.jpg

既に多くの方がご存知かと思いますがこのアルバム


「Ultra Art Record」

カーオーディオ界では


コンテストの審査員としてもおなじみの



オーディオ評論家の潮晴男氏と麻倉怜士氏が共同で設立した


「高音質音源専門のレーベル」


お二人自らプロデュースを担当し、



アルバムの企画から録音・ミックス・マスタリングなど、



すべての工程に立ち会っておられる



第一弾のアルバムとなるようです



@管理人が最も期待を持ったのは



「こだわりは最初にいい演奏をして



いいエンジニアがそれを仕上げ



マスタリングなどの加工をなるべくしないでリリースする」



​​​スタジオに全員が集まった同時演奏にこだわっている



手直し編集なしのワンテイク一発録音、圧縮なしのピュア録音


と言う所にすごく惹かれました



きっと、生きた音楽がこの音源には入っているはず!



そう思ってすかさず購入



そして、これほど、このアルバムが



どのようにして、



ど言ういう意図を持って造られたのか



が、わかる音源はそうそう無いですよね。



この音源をどのように再生音として



表現したらよいかも、考えやすくなりますね


こちらのアルバムの詳細は⇒​こちら



リファレンスとして1枚もっていて損は無いですし



歌も演奏もご機嫌なので


お気に入りの1枚として持っておいても損は無いと



@管理人は思います^^



CDはUHQCDと言うメディアになりますね


公式サイト⇒​UHQCDとは?


簡単に言うと


最新の記録媒体素材(フォトポリマー)を使用する事により


読み取り精度の向上を図ったCDかな^^


D7X-Ⅲなどで再生するCD派の方はこちらでしょうね


ハイレゾ派の方は


e-onkyo  サイトにて


FLACとWAVがあります。


普通に考えて


非圧縮のWAVを購入するのが良いかと思いますが


(後に自身でFLAC変換すればよいので^^;)


あわてんぼう@管理人はFLACを購入してしまいました


(自分の変換過程で劣化しない確信もないので^^;)


後日、WAV版も購入して比較してみようかとおもいます^^;







今の世の中、それ程でなくても宣伝力と販売力のあるものが


売れ、売れてるんだから良いものなんだという


認識になってしまい、売れる事、利益が最優先のものづくりに


なってしまう時代ですが



こちらのレーベルのように


手間隙惜しまずに、



本当に良い音源を輩出してくれるレーベルはオーディオファンが



どんどん応援しないとですよね^^









かつて、カセットテープから、デジタル音源への


変遷期


CD DCC MD DATが


世に出てきたときに


もっとも良い音のDATは、ソフトが諸々の事情により


普及しなかった為に、一般に普及せず


デジタルだからどれでも音がいいんでしょ!?


だったら、お手軽便利なものが良い


といった間違った解釈な感じでMDが一気に普及


そして、そのフォーマットMP3が世に氾濫することになった


時代を知っているものとしては


本当に良いものに生き残って欲しいとおもうので



現在の普及しているレコーディング手法
(コストや、時間、手間や加工手軽さの都合で、ばらばらに録ったものを
一つに纏めるような手法の、加工、編集に依存しきったレコーディング、マスタリング)



今一度、レコーディングの段階からの良い音というものを



多くの方に関心を持っていただければいいなーと思います^^




で、本日は、本当は


ハイレゾCDサンプラー買って見ました^^



ので




MQAとか、


ハイレゾCD


と言うものについて書いてみようと思ったのですが


そのお話は気紛れな次回に^^;












​​​​​
​​






Last updated  2018/10/30 09:10:08 PM
2018/10/28
カテゴリ:カーオーディオ
​​


目が痒いです


多分と言いますか、ほぼほぼ


アレルギーです


ブタクサ、ヨモギ、イネ科、カナムグラ


カナムグラってなんだろ!?


ビールの原料のホップの近縁種


山とかに良く生えているヤーツ>。<



もうね、水泳のゴーグルか


シュノーケリングのあれ付けて外出するしかないですね


半端なく痒いです10分毎に目薬です


30分毎にアイボンです








で・・・前回の続き



そのお車は!








こちら!


オーディオ交換の為には


まず上側のステアリングコラムカバーを外すのが


定石^^


外さずに養生して


なんて考えないで外すのがお薦め


既に、クラスターパネル外す時に


こすった跡がありますが^^;


ちゃんと外して作業します





今では希少種3ペダルマニュアル^^


サクッと切れる純正クラッチ


は、さておき


クラスターパネルを外して


クラリオン製の当時物のカセットデッキを取り外し・・・




そういえば


とうとうクラリオンも


日立の傘の下から外れたようですね・・・


新たな資本を得てなんかスンゴイオーディオ



作ってくれるかなぁ


とか言いながら





助手席シートを外すとゴロンと無造作に


またしても、クラリオン製アンプ 固定されていません


この車相手に、バッテリー直電源も引かず、こんな大胆な


作業が出来るとは^^;


そちらこちらに動いて当たった跡が・・・



今回は、お客さまのご要望により


動かないように固定して再利用^^






室内は、現在のオーナー様によって綺麗に掃除されているので


作業は快適^^ですがリヤシート座面取り外しは


気合が必要!躊躇するとろくな目にあいませんので


迷わず行きたい所ですが、いかんせん経年数が気がかり


ちょいちょいさぐりを入れましたが


やはり迷わず、躊躇せず力技で、無事クリップを破壊することなく


取り外し^^





バッテリーさんこんにちは


バッテリー直電をひいてデッキとアンプに供給


ついでに既存のCDチェンジャーのDINケーブルを撤去


近年「CDチェンジャーって何ですか?」


と言う質問がぼちぼち出てくる^^


カセットテープの方がまだ、メジャーだったりするので


面白いですね。





しっくりと落ち着いた佇まい^^




ディマーコントロールもちゃんと動作します


この当時、他メーカーがイルミ電源と言っていたのに


アルパインだけ「ディマーコントロール」


って言ってたかな^^


本当に音が良かったアルパインはこの世代まででしたね^^;


え!?F1があるだろうって? ^^;ねぇ・・・



でね、既にお解りの方も多いでしょう


1DINサイズの3連メーターといえば


名機 RB26を積んだ



このお車


そして、綺麗に手入れのされた


完璧に純正然としたエンジンルーム



既にアメリカでは神格化したこのお車


ここまで、純正コンディションを維持していると


神の中の神ではないでしょうか^^


も少し続きますが、アイボンの時間が来たので


今日はこの辺で^^;


















​​






Last updated  2018/10/28 08:20:07 PM
2018/10/27
カテゴリ:カーオーディオ

さてさて、本日は

懐かしい機器をお持込頂きました^^

昔、ずっと付けたかった機器が手に入ったのでということで、

お取付のご依頼でした

しかしながら、入手時点で電源が入る事意外確認できていないと言う事で

先ずは動作確認を、と言うご依頼^^










ご依頼を頂いた機種は↓
当時、ナカミチと共に一時代を築いた名機^^

JUBA 7909J

バブル期に作られたコスト度外視の贅沢な機種として

未だに人気の高いモデルですね


前オーナーさんも大事に使っていたようで

状態もよさそうです


で・・・


早速お客さまの目の前で

電源を繋ぎ動作確認



電源通電OK!

CDローディングOK

読み込みOK

イジェクトOK

出力・・・


およ?


出ません 音・・・


7909Jでは良くある事のようで


グーグル先生に尋ねたところ


概ねDC-DCコンバーターの不具合に該当しそう


当該症状であれば西九州電子さんでまだ修理可能


かも知れないため、お客さまにご案内して


万が一修理不能や、他不具合であった場合も


一番納得がいかれるかと思い


お客さまの方で直接修理依頼をしていただく事に^^




暫くして、無事に修理出来たので取付を依頼したい


とのご連絡を頂きました^^


恐らく代替部品を使用したのかとは思いますが


オーナーさんにとっては嬉しい事ですね



さて、無事に修理から上がってきて


お取付するお車は


今では滅多にお目にかかれないであろうと思われる


ピカピカ且つ、超フルノーマルのお車


オーディオ意外は、足回りその他ビス一本まで


純正かと思われるお車^^


近年弄りたおされたお車は良く見かけますが


ここまで、純正状態を保持したお車は

珍しいのではないでしょうか



そのお車とは



次回に続きます^^











Last updated  2018/10/27 08:20:09 PM
2018/10/26
カテゴリ:管理人の独り言


未明の宮城県沖地震には


久々に肝を冷やしましたが


微妙に地震の間隔が加速していたような


気もしていた矢先でした^^;



そして


日本時間午前7時54分



ギリシャで大きな地震が


相関関係はわかりませぬが


間に海があろうが、山があろうが


地球はひとつ♪


割ったら2つ♪♪


(↑@管理人世代のガッチャマンネタです^^;)




ところで



この記事が真実であるなら


https://www.houdoukyoku.jp/posts/25043


被災地を食い物にしているとしか思えないですよね

近年、大きな災害が続いていますが

もっと真摯に、被災地の事を考えて欲しいものです

各地の被災地が同様の状態にならないように

なんとかして欲しいものです。

増税の前にするべきことがありますよね。

いろんな事がうやむやのまま

国民の税金を入れておく

国の財布に穴が開いていて、それを放置したまま

国民に増税を強いる

全くもって、優秀な経営陣ですね

株式会社 ニッポン












Last updated  2018/10/26 09:40:07 PM
このブログでよく読まれている記事

全552件 (552件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 56 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.